SFCGの次に破綻するのは・・・

  臓器を売ってお金を返せに代表される恐ろしい取り立ての手口で有名なSFCG(旧商工ファンド)が民事再生法を申請し、事実上の倒産という事になりました。今までは40%近い高利息での融資をしてきていたので、物凄い収益力があったわけですが、利息制限法により過払い請求が激増し、もはや過払い返還は不可能という判断ではないでしょうか。借り手にとっては過払い分が戻ってくるというのは非常にうれしい事ですし、あまりに高い利息を払い続けてきたのですから、それは返ってきて当然と思いますが、皆で一気に請求すれば払えなくなって当然と言えば当然でありましょう。このままでは過払い請求分が全て戻ってこなくなるでしょうし、結局は借り手が損をするようになっているという事でありましょう。

  同社が倒産することにより、資金繰りが悪化する中小企業が出るという話もありますが、そんな高額の金利を支払いつつも存続できていた様な会社であれば、銀行がお金を貸せばもっと楽に経営できていたはずであります。リスクは取らないのが銀行であるとは言いますが、結局は銀行の機能不全がこうした高利貸しを成長させていたということでしょう。退場は大いに結構と思いますが、この銀行の機能不全を何とかしないと、本当に暗い世の中になってしまいそうです。

  同社の経営危機は、去年からささやかれており、その噂が出始めた当初は年を越せないのではないかという話でありましたが、とりあえず年内の倒産は無くなったという話が出ていたのですが、結局は2月末まで、もたなかったという結果になりました。時期はずれましたが、やはりダメなものはダメなのだろうと思うと共に、次はどこが危ないのだろうと過去の情報等を整理していたのですが、次は銀行がバックについていない某大手ノンバンクが危ないのではないかと見ております。blogranking

  他の大手ノンバンクは合併を繰り返し、更には銀行の傘下に入って今までよりは低利でも経営できるように体質を改善してきたのですが、色々と事情があるために銀行の傘下に入る事ができない同社にとっては非常に厳しい世の中という事になりました。詳しい事情については差し控えさせていただきますが、おそらくはこのまま消えて行ってしまうのであろうという気がしてなりません。

  ただ、ないとは思いますが、もしかしたらどこかが支援してくるかもしれませんし、必ずそうなってしまうというわけではありません。あくまでもそうなる確率が高いというだけの話でありますので、同社がカラ売りできると言っても安易にそうした行動は取らない方が良いのではないかと思います。

  そのほかにも不動産でも危ない物件が多く存在し、なかなか正常化には遠い状態ではあるのですが、借りるのが悪いという話もありますが、今まで個人を苦しめてきた高利貸しがこうして清算されて行くのはそんなに悪い事でもないように思います。目先は資金繰りに困ったりという事があるかもしれませんが、それを乗り越えた先は明るくなっているのではないかと思います。blogranking

  世の中というものは、求められる物は残り、要らないものは消えるのです。ただ、麻薬の様に求められても消えなくてはならないものもあるわけで、今回のノンバンクの清算というものは、借り手にとってはある意味試練ではありますが、簡単に麻薬が止められないのと一緒でありますから、これは何とか我慢して他の手段を使うしかないのではないかと思います。

今日の行動計画

昨日は前場がかなり安く始まり先物で7190円まで下落したのですが、公的と見られる買いが相場を反転させ日経平均はプラスの局面まで見える様な値動きとなりました。お昼のメンバー向けのレポートの中で、これは100円高とか150円高に持って行くつもりではないかということを解説させて頂いたのですが、結局は小幅安にとどめるというやや不可解な動きで終わってしまいました。夕場では先物が7440円まで上昇していたので、明らかに今日につなげるつもりだったのだろうとは思うのですが、NYが大きく下げましたので、本日の下げの緩衝材的な物で終わってしまいそうです。

 昨夜のNYの下げを見ていると、特に新しい何かがというわけではなく、悲観的なところに悲観的な話が出て、市場がそれに同調してしまったための下落ということになりそうです。250ドルも下がると何か新しい悪材料が出たのかという気がするのですが、単に弱気に火が付いただけという感じでありましょう。要は感情的に売っているに過ぎないと思えば良いのではないでしょうか。blogranking

 これだけ下げた翌朝の東京株式市場ですから、当然の如く嫌な下げで始まるわけですが、公的は今日も入ってくる事でしょうし、そのまま下げさせるような事はないと考えてよいと思います。朝から下げて売り気配がきつい銘柄ほどチャンスとなります。ただ、いつも書いていることですが、どんな銘柄でも良いというわけではありません。銘柄の選別はしっかりとしておいてください。万が一捕まったとしても、先が見える銘柄であれば利益が取れる可能性が高いですが、先が見えない銘柄では利益が取れない可能性が高くなるのです。

 今日の行動計画としては、とにかく朝にどれがどれほど売られるかを観察し、上手く突っ込みそうな銘柄を朝のうちに狙い撃ちする事です。その後は大して下がらないだろうし、おそらくは切り返してくる事でしょう。今後保有する予定の買いは終了しておりますので、とにかく日計り狙いでありますが、今日はそんな計画を立てております。

 最後になりますが、今の相場の状態を例えるならば、森林伐採であるように思います。色々な木が生い茂る豊かな森。中には日が当らず育ちの悪いものもあれば、病気になっているものもありますが、当然良いものもあるのです。ただ、お金に困った業者はとにかくこの森を伐採して、お金に変えたいのです。とにかく切って切って切って・・・中にはいいものも含まれているのですが、それを見ている余裕なんてないのです。そうして切られた木でも、良い物はまた芽を出すのです。ですから、今は切られ過ぎてダメかと思うものもあるかもしれませんが、良いものさえ選んでおけば必ず良い結果が得られると思います。blogranking

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。