GMは破綻するのか?

 昨日の中川事件は本当に酷いものでした。日本の恥さらしであり、まともな神経ならばもはや表舞台に立てないほどの愚行でありましょう。麻生総理は時差ボケとか、風邪薬とか睡眠薬とかの影響とか言っておりましたが、いつの間にか睡眠薬が追加されておりました。仲の良い薬剤師の方に、風邪薬であのような状態になる事はあるのでしょうかという質問をぶつけたところ、日本で売られている風邪薬であのような症状になるようなものはありませんとのことでした。きっとイタリアで買った風邪薬だったのでしょうね・・・。 blogranking

 官房長官も影が薄い感じですし、現内閣は本当に良いところがないといった感じですが、追加の景気対策として公共事業の大幅前倒しという材料が出てきました。自民党でなくては出せないという内容ではなく、現政権の力であるとは言えないのですし、結局は借金で実行する事業でしょうから、とてもそれがまともな策だとは言い切れないのですが、GDPがマイナス12.7%の状況下においては借金をしてでもある程度の支えをしなくては成らないのは確かな事でありますので、私はこの材料はそれなりに評価したいと思っております。

 今回、この追加の景気対策が出てきたことにより、底の見えない不況という状況に変化が出てくるのではないかと思うのです。生保の損失も明らかになってきており、国内の悪いものはとりあえず出尽くしてきたように見えますし、世界中でも大分悪いものは出尽くしてきている様に思います。

 これから出てくる大きな悪材料として、GMが破綻するのではないかという噂もありますが、GMは年金だとか医療だとかの保障等が大きくのしかかっているのが痛手であり、これらは破綻する事によって諦めてもらうしかないと考える事はできないでしょうか。GMを再生するのに必要なのは新しい技術ではなく、こうした負の遺産的なものなのです。破綻した上で再生というのが最も効率的であるといえるでしょうから、破綻する可能性は十分あると思います。ただ荒れるのは目先だけという事になるような気がしてなりません。

 また、公聴会に出席するのに自家用ジェットだとか、そんなピントのずれた行動をしていた経営者達ですが、本当にそこまでバカなのでしょうか・・・。私は「頭がこんなんじゃ会社もダメだ・・・」という諦めの心を芽生えさせるような芝居のように感じます。まあ、本当であればバカなのかもしれませんが、中川はもっと上を行っているのは間違いないので、日本人としてこれ以上意見をする事はできないといったところでしょうか。

 あとは、イギリスとロシアのデフォルトとか、共産国の収支がどれほど信頼できるものかとか、色々な不安はありますし、日本だけが景気対策をやったって意味はないわけですし、各国がどれほど協調して経済対策をしてくるのかというところも見極めなくてはならないのですが、私は相場が変わり始めて来ている様に感じております。完全なる強気ではありませんが、私はここで買っておかないと後悔するような気がしてなりません。

 ただ、何を買っても大丈夫というわけではありません。これからも史上最悪のペースで倒産や上場廃止になる企業が出てきますし、闇雲に投資していては痛い思いをするだけです。銘柄はしっかりと選別し、上手く対応して行かなくてはなりません。また、だからと言って明日から上がるとか、そういう時間的な事ははっきりとは分かっておりません。もしかしたら本格的な上昇の前に押しが入ってしまう可能性もありますし、ここで買ってもしばらく我慢という事になる可能性はあります。出動しておかなければ後悔してしまうと思いつつも、場合によっては我慢が続く状態になってしまうかもしれません。

投資方針の修正

投資方針を修正したいと思います。こちらは明日の寄り付き前に無料メルマガにて配信致します。
ブログの右上から簡単に登録できますのでご興味のある方は是非ご登録してみてください。blogranking

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。