悪い予感 

 建国記念日の前のレポートで、どうも嫌な予感がするので現金化とカラ売りのヘッジをすべきではないかというものを書いたのですが、その夜のNYは米が不良債権の買い取り機構の創設という材料を出したものの、市場が期待したほどの内容ではなく、株価は大きく売られて年初来安値を更新ということになりました。

 ただ、私が感じていた悪材料とはちょっと違いますし、年初来安値を更新したといっても昨年来の安値を更新したわけではなく、大幅安ではあったのですが、これもボックスの動きの中の一つといった感じでありました。安くなりそうだという悪い予感は当たってましたが、しっくりきているわけではなく、市場の期待に届かなかったというだけで期待を裏切ったというほどのものではありません。

 金額にしても他の材料同様に増額して行くことが考えられますので、足りないという風に思ってもそのままということはないでしょう。例えば10兆必要だとしても、最初から10兆必要と言ってしまっては国債は売られますし、当然ドルも暴落してしまいます。まずは1兆としておいて、その状態に慣れた頃に足りないからと言って増額してくるような感じではないかと思います。ですので、金額的な懸念はあまりしなくても良いように思います。

 よって、一昨日の晩に大幅安となったNYは気になりそうな感じではあるのですが、あまり考え過ぎる必要はないのではないかという風に感じております。昨夜はやや反発しておりますし、建国記念日に助けられたといった感じでしょうか。あの大幅安のまま東京市場が動いていたら結構混乱したかもしれません。

 ところで、私の感じている悪い予感ですが、最近話題になっている郵政関連の問題が、どうも想像以上に悪い方向に行くような気がしてならないのです。先日、麻生総理が私は郵政民営化には反対だったという発言をした時にも指摘させていただきましたが、本当に有り得ないほど間抜けな話になってきております。小泉元総理のご意見番を自称していた森元総理も、郵政民営化をやりたかったのは小泉だけだと言う始末です。元々まともだとは思っておりませんでしたが、ここまで来ると本当に嫌気がさしてきます。何でこんな人達が日本の総理大臣を務めているのでしょう。

 この郵政問題で最大の悪材料となりそうなのが、オリックス絡みの簡保の宿売却問題なのですが。当時の担当大臣の事を考えたりすると、どうも政治的にもまずい材料になっている様な気がしてなりませんし、鳩山氏は何かを掴んでいるように思えてなりません。問題は空気を読むのが苦手と思われますし、言っていい事と悪い事の区別も苦手と思われるので、発言の仕方が悪いと大変な事になるかもしれません。

 というわけで、原因は違いましたが一昨日はNYが大幅安となり、結果的に備えていたので良かったということではあります。ただ、原因が違うのですからこれで悪材料出尽くしというわけにも行きません。もう一発郵政絡みで悪い材料が出てくる可能性があると考えた方が賢いように思えます。

 そして、最近は上がると売られるという風に取られている公的資金ですが、それと同時に下がれば買ってくるのです。悪材料で突っ込んだところが出たら・・・。どうすべきかは言うまでもありませんね。

突っ込めば買いですが・・・

 今日は安くはなるでしょうけれども、NYの大幅安から1日置いているので、ちょっとだけ楽な感じとなりそうです。理由は違えども下落に対する備えはしておりましたので、特に大きな問題はありませんが、どこで出動するかということになりますと、ちょっと難しいという感じはします。

 基本的には今日の突っ込みで買って良いと思うのですが、もう一発悪材料が出る可能性があるので、日計りは良いとしても本格的な仕込みとかナンピンというのはちょっと様子を見なくてはならないように考えております。海外にしてもヨーロッパでの悪材料が懸念されますので、どうしても慎重にならざるを得ません。

 週末はG7という事もありますが、これで劇的に何かが変わる事はないと思いますし、あるとしてもこれ以上悪くならない程度ではないでしょうか。特にこれを意識する必要は無いように思います。

 メンバー様にヘッジ用にご紹介していた8591オリックスですが、二日連続で大幅安となってきており、特徴的には外資系が良く使う売りの手法が観測されておりますし、まだまだ下がって行きそうな気配であります。既に大幅利食いが可能な状態でありますし、ここから新規で売りという事はしませんが、ここから先もしばらくはヘッジ銘柄として活躍してくれそうな感じがします。

 また、買いの主力銘柄として買い集めている銘柄は、特に大きく下げそうな気配でもなく、上がるわけでもないですが比較的安心感は強いといった感じであります。こんな相場の状態でありますから、多少は下げる局面もあるとは思いますが、ふらふらせずにしっかりと見つめて行きたい銘柄と考えておりますので、この程度の相場では全く見方が変わるという事はありません。

 後は見直しを迫られている銘柄もあるのですが、とにかく必要な事は下がったところで出動できる状態にあることです。下がったところで資金がないというのが一番問題でありますので、絶対に余裕を持って行動しておくべきでしょう。本気になって買う水準でもありませんし、行動はとにかく慎重にといったところです。

 もう一発何かがあった時に喜んで買いに行っている姿を想像できる様に行動して行くようにすると良いと思います。今日も1日頑張りましょう!

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。