楽観的な施政方針演説

 昨日、国会では麻生太郎首相による施政方針演説が行われたのですが、100年に一度といわれる経済危機において、あまりに緊張感が足りないのではないかという気がしてならない内容でありました。特に気になったのは、2011年度までに景気を回復させて消費税を増税するという行でした。

 過去の消費税導入と、増税の時を見れば分かるのですが、単にそれだけを国民に押し付ければ株価は下がります。消費税増税は仕方がないとしても、例えば所得税を減らすとか、何らかの措置を取らなくてはほぼ間違いなく株価は下がっていくことになるでしょう。そもそも2011年度までに景気を回復させるという時点で無理がありますし、日本の力だけで景気が回復するということはないのです。あの人は本当に分かっているのでしょうか・・・。

 そもそもこの不景気は米国のバブルが崩壊したから起こったのであって、日本が引き起こした問題とは違うのです。そして、この最悪の景気悪化はこれでもまだ入り口であり、本当に酷いのはこれからなのであります。米にけん引してもらっていた景気が元に戻るためには、米に戻ってもらわなくてはなりませんが、元に戻るのはもはや不可能なのです。そんな大変な状況下において、僅か2年で景気を回復させるなどという無責任な楽観的話が出てくるという事自体が間違いなのです。何度も書きますが、バブルは崩壊したのです!

 今日本がやるべきことは、問題を起こした米の経済立て直し政策を見極め、できる事なら先回りをする位の感じでの対応が必要なのではないでしょうか。米はグリーンニューディール政策と呼ばれるものを柱として経済を立て直そうという計画なのですが、元には戻らないとしても、大きな財政出動があるためにこれ以上景気を悪化させずに回復路線に乗せる位の事はできるのではないかと思います。米の購買力がある程度回復すれば、輸出立国である日本もある程度回復する事ができるという感じになります。

 どうしても米の動向を見なくては日本の未来は見えず、米の政策が完全に見えない限りは残念ながら日本には何もできないといっても過言ではないのです。本来ならば内需を拡大させて輸出に頼らない国に成れば良いのですが、輸出抜きで日本が今までの様な経済力を保てるわけがないのです。米の政策を見極めて、日本企業がその政策に乗って一緒に発展できるような対応ができるように持って行くのが今の日本政府に必要なことなのではないでしょうか。どんなに威張っても所詮は敗戦国である日本は、勝戦国であるアメリカには逆らえないのですから、せめてそれを利用する位の知恵を持った首相が求められるところであります。そして、いつの日か米に負けない国を作って頂けるようになりたいというのが私の願いです。

 あげればきりがない施政方針演説への不満ですが、日本経済を立て直すなどという小さな事を言っている様では何も変わる事はないのではないでしょうか。世界経済が不況に陥っているのですから、もっとグローバルな視点で問題を解決するように考える必要があるのではないかと思います。

節分天井

 今年は節分天井ではないのかという雰囲気もあったのですが、月末の株価を意識してかPKOが断続的に観測されおり、日経平均は上昇に転じてきました。パターン的には節分天井という感じなのですが、それを意識する意見が多く出てきており、ひねくれ者の私はそうではないとするとどういうことが予想できるのかという事を考えるようになりました。もしかしたらこのまま上昇するのかもしれないとか・・・。しかし、どう考えてもこのまま上に行ける事は無いような感じで、やはり節分天井かという感じで良さそうなのです。ただ、本当の節分である2月3日が天井ということではなく、今日か明日が目先の天井ということになるのではないかと見ております。

 上に行けない根拠としては、8400円以上になってくると今まで下で買っていたPKOも利食いに回ってくる水準となりますし、とにかくこの為替ではとても上値は買えないのです。材料株なら行ける銘柄もあると思いますが、相場の中心的銘柄に関してはまず無理という風に見ておいた方が良さそうです。

 ちなみにですが、二日新甫は荒れるという格言があるのですが、今年の2月はこの二日新甫に当たる月であります。この格言は土曜日も半日立ち会いがあった時代のものなので、今の相場に当てはまるかどうかは微妙なところではあるのですが、週明けはこの二日新甫の状態に当たるため、利食い出来るものは今日明日で利食いしてしまえば良いのではないかと思います。たとえこのまま上昇したとしても、そう長くは続かず、ほぼ間違いなく再度8000円を割る局面が出てくる事でしょう。ですから、ここから更に上昇するという感じで高い銘柄を買いに行くと・・・。お気を付け下さい。

 注目している材料株は比較的元気なものが多く、こういった材料株に関しては全てを利食いとかそういう対応では無くと考えているのですが、詳細についてはメンバーズサイトをご覧ください。

 来月募集するメンバー数が確定しますので、1日より新規のメンバーの募集を再開します。ただし、今回も定員になり次第募集は締め切りとさせて頂きます。メンバー入りをご検討の方は、今回も募集期間は短いものとなりそうですので、お早めにご対応されるようにお願い申し上げます。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。