オバマ米大統領の演説

 流石は米大統領というべきかもしれませんが、われわれが良く知っているブッシュやクリントン、レーガン等に比べても素晴らしい演説をする人物であるという印象が深いオバマ大統領。演説の内容は多くの人の共感を得る事が出来る内容でしたし、色々な配慮があったりと、その中身は日本のわびさびをも感じさせるようなものでした。現時点ではこれからの話をしているだけで、それが本当に実行されるのかは分かりませんし、実行できなければ嘘つき大統領ということで終わってしまう可能性もあるのですが、米国民を勇気づける位のパワーはあった様に思います。相変わらず武力で解決という部分も見えておりますので全てに賛成できるわけでは無いのですが、ブッシュよりははるかに良さそうな感じがしました。本当に頑張って頂きたいところであります。

 しかし、それに比べて我が国の長の情けない事・・・自国の文字すらも読み間違うのですから話になりません。オバマ大統領は原稿なんてチラ見すらしないであれだけの演説が出来るというのに、この差は一体なんだというのでしょうか。もしも私が同じ立場なら、オバマ大統領の演説を見た後に辞意を表明する事でしょう。とても恥ずかしくて表に立てません。

 話は少し脱線するのですが、他国の状況は良く分からないのですが、どうして日本の国会というのはああもヤジが飛ぶのでしょうか?それが慣習なのかもしれませんし、文化なのかもしれませんが、どうもおかしすぎると思うのは私だけでしょうか?私はたぶん幼稚園か小学校に入ったころには、人の話は黙って聞きましょうと教えられ、それが当たり前だと思って育ってきましたし、今でもそれは正しいことだと思っております。なのに我が国の国会は、私とは違う教育を受けた人達が集まっているのか、人の話を黙って聞く事が出来ない人が沢山居るのです。良く見ると隣の人とこそこそ話をしているとか、もうどうにもならんという気がしてなりません。

 つまらないことを言ったとか言わないとか、そんな言いあいにも莫大な運営費がかかっているわけで、無駄をやるにも程があるとしか言い様がありません。最近大きな話題になっている消費税増税を明記するかどうかという話ですが、当分の間はこのまま経済が回復することはないですし、景気が良くなったら増税するという条件が付くのであれば付ければ良いのです。そもそも本気で景気を回復させたいと思うなら、給付金などというつまらない事も言わないと思いますし、根本的にずれまくっているのです。問題はそんなくだらないことで毎日何億円も使って国会を運営していることだということに国民が気付き、声を大にして訴えるべきなのです。

 あまり過激な事を書くと私も潰されかねませんので、この辺にしておきますが、今日本が置かれている状況というのは、大変だ大変だと騒いでいても、まだまだ危機の入り口であり、本当の辛さはこれからだということはしっかりと認識しなくてはならないのです。落ちるところまで落ちれば上に行くしかないのですが、まだ落ちるところに落ちたとは言えないというのが現状でありましょう。株価は目先の底は打っていると思いますが、4月以降はどうなるか分かったものではありません。オバマのニューディール政策に期待などという話も聞こえますが、少なくとも即効性のある話では無いと思います。悲観ばかりしているわけにはいきませんが、絶対に楽観できるような状況では無いというのは確かなことでありましょう。

大きな流れをつかめ!

 昨夜のNY株式市場は大幅反発となりましたので、当然東京株式市場も反発という流れになるのですが、重要な事は昨日の下げで買うことができていたかということです。昨日の下げで、しかも昨日の朝寄りから1時間以内に安いところを狙えたかどうかというのが重要なポイントとなります。私はメンバー向けレポートで寄り前にお伝えした通り、昨日の寄りつき辺りで突っ込んだ銘柄を仕込んで行き、そのほとんどを日計りし、その一部はお楽しみとして残しておりました。本日はそのお楽しみ部分を利食いする日となるわけです。そして、その前日に買ってしまってつかまっていた分が助かりそうであれば、それは助けてしまうという感じでしょう。詳しくはメンバー向けレポートを見て頂ければ分かると思いますので、興味のある方は次回募集の2月1日を待ってご入会頂ければと思います。ただ、現時点でも問い合わせが多数寄せられており、次回の募集は更に短期間で終わってしまう可能性があります。いたずらにメンバーを増やすような事はしたくありませんので、今回も予定人数に達し次第募集を締め切らせて頂きます。

 さて、個別の銘柄の話はメンバーズということになるのですが、大きな流れさえつかんでおけば失敗する可能性は低くなりますし、成功確率も上がると思います。これから起こることをしっかりと把握できるかどうかが勝敗を分ける大きなポイントとなりますので、そこをしっかりとおさえて行動していくべきでありましょう。

 これから起こることとは、主にオバマ大統領の演説の中にその答えの多くが含まれておりますので、とにかくこの内容を把握する事が重要かと思います。とりあえず、劇的に経済が回復するような事はないと思って良いと思いますので、ポイントがずれた投資をすると相当痛い思いをしてしまう可能性が高いと思います。とりあえず、某銀行を除いてその他の銀行へは当面資金を入れないようにすべきでありましょう。これは今後相当きつい状況になる可能性が高いと感じます。

 そして、買うべきところは内需関連でありましょう。輸出産業は当面ダメです。残念ながらこればかりは時が来るのを待つほかはありません。当面は苦しいですから、ここも避けておくべきでしょう。状況が変わり始めればお伝えしていきますが、今しばらくは値ごろ感などで出動しないようにすべきと考えます。

 買うべき個別銘柄ですが、これはどうしてもメンバー様が中心となってしまいますが、基本さえ守ればなんとかなるはずです。ただ、選別は重要です。見通しの甘い様な企業はやられてしまいますので、見極めはしっかりとして行ってください。

 本日の見通しですが、いつも書いている通り高ければ買わないという方針です。今日の様に反発が目に見えている様な時は見送るのが基本です。ここで買う銘柄を探している様ではいつまでたっても勝てないと思います・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。