イスラエルの戦争と米は無関係なのか

 今回の経済危機に関連して、どこかで戦争が起こると見ておりましたが、いよいよそれが現実のものとなってきたのがイスラエルとパレスチナの戦争ということになるでしょう。もしも戦争の定義が軍と軍が戦う事というものであるならば、現時点では戦争というよりも虐殺であるとしか言いようがないのですが、とにかく中東でのいざこざが始まりました。

 対パレスチナという意味では圧倒的なパワーを持って侵略すればたやすく制圧出来ると思いますが、周辺の中東諸国はかなり怒りが溜まってきている事でしょう。レバノンからロケット弾が撃ち込まれたのは、中東諸国の怒りの現れではないかと感じております。これを起因として本格的な戦争へと突入して行くかもしれないと思うと、本当に心が痛みます。

 本当はイスラエルに対して強い怒りを表明し、パレスチナを助けるべきが正義であろうと思うのですが、親米派というか、米の属国である日本にはその様な行動は出来ないことでありましょう。もしかしたら、勝手にやっててくれと思っているのかもしれませんが、もしも正義というものがあるとするならば、私はパレスチナを助けたいと思います。そもそもどうしてイスラエルに対してロケット弾が撃ち込まれているのか?パレスチナのおかれた状況を見れば、それもまた納得が行く話ではないかと思います。

 今回の武力行使に対し、米だけは当然の権利としてイスラエルを擁護しておりますが、この紛争のおかげで国債乱発の結果として出てきたドル安を緩和する事が出来ておりますし、イスラエルに対して武器が売れますので、米にとっては国外の遠いところでドンパチやっててくれた方が嬉しいに決まっているのです。その対応にムカついた過激派勢力が米国内で再度テロを実行してくれれば、米は更に喜んで戦争を拡大させるような行動に出る事でしょう。戦争は景気回復の最強手段と思っている国ですので、イスラエルを擁護するのは当たり前でありましょう。

 また、国の生い立ちも似たようなところがあります。米という国は、先住民を殺し、侵略した土地に築かれた国で、しかも黒人をさらってきて奴隷として働かせていた国です。イスラエルという国は、パレスチナ人を殺しながら追い出して、パレスチナ人は職や住宅を失いつつも、安い給料でイスラエルで働くという状態でありました。奴隷ではない分だけましですが、相当安く働かされていたという話は聞いております。米は自分の国にそっくりなイスラエルを非難する事が出来るはずもありません。

 いくら苦しくてもテロという形で対抗するのは問題であるとは思いますが、それに対して一般人も巻き込みながら虐殺をするというのは現代社会においてあってはならないことではないでしょうか。何とかこの戦争を止めたいとは思いますが、私にはここでこうして訴えること以上の事は出来ません。後はせめて早くこの戦争が終わってほしいと願うことだけであります。

 という現状が横たわった国際社会でありますが、この戦争がレバノンのロケット弾発射を受けて拡大の方向へと動くのか、それとも縮小の方向へと動くのか、現状では良く分かりません。拡大するならばドルは買われるでしょうし、縮小するならドル買いは続かないということになります。あってはならないことだとは思うのですが、世界中ほとんどの国で戦争が起こればドルは買われるのです。不安が拡大すればするほど・・・。

 米は経済的に第二次世界大戦戦後最悪の窮地に立たされているのです。ですから、何が起こっても不思議ではないということになりますので、特に影響の大きい様な輸出関連等は慎重に見極めなくてはならないということになります。出来ることならばそのような銘柄は売買せずに、もっと先を見据えた銘柄で勝負して行くべき時なのではないかと思います。

先を見据える力

 為替の急変によって売られていた輸出関連株が急騰したり、ボロ株がフィーバーしたりと、かなりめまぐるしい相場が続いております。上がる数日前に買って待ち伏せていたものが一気に値上がりするならば、それは素晴らしい成績を得ることになるとは思いますが、明日は何が上がるのかということまで行くと、どうしたって分からないというのが現状であります。こんな相場で上がっている物に目を奪われ、それに飛びつくような行動を繰り返していたら、ほとんどの場合は負けてしまう事でありましょう。

 しかし、上がっている銘柄というのはどうしても目に付くもので、どうしても買いたくなったりしてしまいます。買うなとは言いませんが、買うなら日計りに徹するべきで、基本的には明日はないと思って行動するべきでありましょう。今の相場で上がっている銘柄で売買するというのはその位の覚悟を必要とすると思います。

 私がここ数日というか去年末から力を入れてきた銘柄で、このコーナーで食品関連のということで書いてきた銘柄ですが、昨日決算を発表しました。中身は非常に良好であり、全ては読み通りの中身でありました。これは8178マルエツだったわけですが、今後も業績は拡大傾向が続きますので、今後も注目して行って頂ければと思います。私は売るだけであり、今後買い増しする予定はないのですが、まだ未消化の状態が続くと思います。

 相場全体としては、連休前でちょっと難しいところではあるのですが、銘柄を絞って対応すれば持ち越しでも行けると判断しております。私が持ち越す銘柄に関してはメンバー様にレポート致しますので、そちらを参考にして行ってください。

 おかげさまで年明けから入会者が多数となっており、予定よりも早く今月分の募集を締め切る可能性が高まってきました。来週中には締め切る事となりそうですので、ご検討中の方はお早めにお申し込みください。次回募集は2月1日からとなります。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。