冷静に対処

 先週末の東京株式市場はNYの大幅続落で7000円も割ってしまうかという感じの印象を受けましたが、始まってみれば7400円どころを底に切り返し、高値は8000円も見えそうな感じの上昇となりました。目先の底値は7500円どころかと予測しておりましたので、まあほぼ当たりだったかと思いますが、金曜日の朝は正直読み違えたか!?という気持ちでありました。

 そして金曜日の夜のNYは大幅反発となり、週明けにはシティの追加救済が発表されて大幅続伸となり、NYの二日間の大幅下げはこの二日間で解消してしまいました。知っていたわけではありませんが、金曜日の朝にレポートさせて頂いた投資方針の内容そのままの動きでありました。

 今現在私が売買している銘柄は、実は結構メジャーな銘柄だったりするのですが、数日前まではこんな銘柄はあまり妙味がないのではないかとか、そんなご意見もいただいたりしておりましたが、週末だけで10%近い上昇ですし、本日も上昇してくれることでしょう。予測通り相場は確実に変化していると思いますので、しっかりとした投資方針をもって対応して行けばしっかりとした利益を取っていくことができることでしょう。

 ちなみにですが、どうして結構メジャーな銘柄を選別しているかと言いますと、前にも書いたとおり今は新しい投資家が多いのです。今までの投資家のほとんどはこの暴落で死んでしまったのです。そして、新しい投資家というものはほとんどの場合メジャーな企業しか知らないのです。いずれはメジャーな企業は値幅が無いと感じた投資家は中小型株へとシフトして行くのですが、今はボラが高いこともあってしばらくはメジャーな大型株とかで十分な値幅が確保できているのでこの辺で売買を繰り返すと思われ、これがメジャーな銘柄を選別している大きな理由となっております。闇雲に上がりそうとかそんな理由で売買しているわけではなく、こんな理由があったのですが、いずれはこの方針も変わってきます。変わり目にはまたご説明させていただきたいと思いますが、今しばらくはこの様な感じでいいのではないでしょうか。

 確実に相場は変わってきていると思いますが、ここで絶対に勘違いしてはいけいことは、これから史上最悪のクリスマス商戦が始まり、世界は実体経済の悪化を骨身にしみて実感することになるのはこれからだということです。株価自体はすでに織り込んでいるからこそここまで売られているのですが、実態経済の悪化が鮮明になった時にしっかりとした政策が打ち出せないと、負のスパイラルは止める事が出来ないのです。

 特に今の東京市場は個人と年金が買い支えている状態が続いており、新しい投資家の皆様はこれで反発相場がとか考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的には外資は売り姿勢になっておりますので、そう簡単には行かないということを実感することになるでしょう。正直言って世界経済の行く末なんて見えて来やしません。当面は混沌の中だと思って良いでしょう。その中で起こる小さな変化に気づき、それを売買に行かせるかが勝負の分かれ目であります。

 当面は押したら買いで、噴いたら売りの姿勢に変化はありませんので、先週末に買えなかった方は見送るかリスクを取りに行くかしかないのですが、週末の安いところを買った方は私と一緒にウハウハの週明けを楽しみましょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。