結果の出せなかったサミット

 しきりに成果があったと協調はしているものの、先週末に行われた金融サミットは全く無意味であったと言っても良いぐらい無駄なものとなってしまいました。そもそも今回の金融危機の震源国であり、サミットの議長国でもある米の代表が、任期後僅かのブッシュ大統領ではどんな約束が行われても無意味に等しいという感覚しか無いというのが実情でありましょう。成果が出せなくて当然と言えば当然です。

 任期が後僅かと言えば、日本の麻生太郎首相も世界からはそういう目で見られているかもしれません。いつ解散総選挙が行われて政権交代となるかもしれないし、次のサミットに現れる人物が小沢かもしれないという予測をしている人の方が多いかも知れません。次にやるサミットは米も日も新しいリーダーになってからが望ましいだろう・・・だとすれば4月か・・・。という理由で次のサミットが4月に約束されたのかもしれません。

 まあ、これはちょっと行き過ぎた考えでしょうけれども、頻繁に開いたところで何も解決できないであろうという感じであったことも確かでありましょう。ブッシュ大統領も麻生首相も盛んに成果を強調しておりますが、そもそもサミットで首脳宣言として出された成長回復へ協調という内容のものがあるのですが、当面成長を回復させるのは無理であることは分かり切っていることのはずなのです。GMが潰れるとか、もはやAIGどころの騒ぎでは無くなってきている経済状態において、どうしてこんな無責任な発言が出来るのでしょうか。

 民主党の代表として当選したオバマ新大統領は、票を頂いた自動車業界を助けなくてはならないので、おそらくはGMを救済する方向に向かって行くと思われるのですが、そもそもGMの車が今の世の中に求められていないからこそこんな経営危機が起ったのですから、雇用を守るためという単純な理由で救済したならば、この悲惨な経済状態はますます悲劇的な結果を生み出してしまう結果になるのです。

 実際にこれだけ株式市場が悲惨な下げを演じたわけですが、ダメな企業は売られて当然であり、ダメな企業は潰れて当然なのです。企業の生き死には企業に任せて、行政は企業の生まれ変わりを後押しするする様な内容でなくてはならないのです。今のGMを助けるということは、心肺停止で脳だけが生きているところへ人工心肺を付けて延命させようとしているだけです。確かに命は延びるが、そこから劇的に回復する可能性はほぼゼロに近いのです。

 米株式市場は史上最大のカラ売りが入っていたということをご存知の方も多いかも知れませんが、カラ売りが大量に入っていたということは、この下げで大儲けした人も沢山居るということですし、悲劇的な業種に目が行ってしまいますが、儲かっている業種もあるし、米には勝ち組の企業だってあるのです。儲かっているところが新しく経済を立て直して行くのが自然の流れであり、少なくともこの流れを曲げる様な政策を出すようでは本当に大変なことになってしまうでしょう。

 これ以上悲惨な結果を生み出すような政策が出てこない事を祈りますが、どうもそうは行きそうにもありませんので、スタンス的には下落警戒とカラ売りといったところでしょうか。

突っ込みを狙え!

 先週末は予想通りの寄り天で、高く始まったものの結局は値を消してこれも予想通りの8500円割れでの大引けとなりました。しかも、サミットは不発状態でありましたから、今週は8000円割れもあるだろうという風に強く感じております。麻生首相はサミットの成果を強調しておりましたから、株式市場を守ろうと下値には公的を入れてくる可能性がありますし、簡単には突っ込まないかもしれませんが、無理な買いは結局役に立たないということになる可能性が高いと思います。特にGMの問題を抱えておりますから、今は無理にやれないはずなのですけどね・・・。

 単純に8000円を割れば買いかと聞かれれば、単にそれだけを目的にやっていると痛い思いをすることになるかもしれません。狙い目となるラインとは考えておりますが、実際に買うかどうかはその時の場の雰囲気次第でもありますので、私が買い出動した場合はメンバーズでご連絡するという感じにさせていただきたいと思います。それが皆様の参考になれば幸いであります。

 しかし、週末に色々と相場の予測を立てるために色々と調査などをしていたのですが、このままでは本当に世界経済は大変なことになってしまいそうです。このままでは世界恐慌は避けられないのかもしれません。非常に恐ろしいことでありますし、出来ることならば避けたいとは思うのですが、そもそも世界の景気をけん引してきた米のバブルは崩壊しているのですから、いくら頑張っても無理なのかもしれません。

 世界恐慌を避けたとしても、成長路線に復活させるのは数年は無理であり、少なくともあと一年は売られ続ける様な感じではないでしょうか。業績が悪くなるのが確実な業種は反発したらカラ売りし、ピンポイントで狙える銘柄をピックアップして突っ込みを買うような感じがベストではないでしょうか。私が売買している銘柄については、メンバーズで取り上げておりますので、参考にしてみてください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。