景気の行方

 昨夜のNY株式市場は大幅反発となりましたが、特に目立った材料があったわけではありません。あえて理由を付けるとすれば、週末のG7への期待感が全くなかった為に売られ続けてきた流れに、もしかしたら何か良い事があるかもしれない!?という期待感というか、一方的な流れに急ブレーキをかけた格好であります。ボラが高いために一度方向が変わると極端にその方向へ動いてしまうため、本当に難しい感じでありますが、反発のサインとかそういう類のものではないということだけは確かでありましょう。

 今の米国は瀕死の自動車業界を助けるため必死で救済策を考えだしている状態でありますが、どう考えてもまともに助ける事は出来ないはずなのです。住宅バブルが崩壊し、サブプライム景気が終わってしまったのに加え、意外と高い環境意識が石油消費と温暖化の関係に興味を持ってしまった国民が、高排気量のガソリン垂れ流しの車を買う事を拒否した結果がビックスリーの衰退の主因なのです。米政府がどう支援しようとも、サブプライム景気は復活しませんし、ビックスリーが環境対応自動車の生産に方向転換するのは容易ではないのです。日本車メーカーとの合併を取り持つのだろうかとか、いろいろと展開を予測しては見ておりますが、よほどのマジックでも使わない限りはどうにもならんというのが現状でありましょう。マジックと言えば聞こえは良いですが、要するにイカサマですからね・・・。ただ、イカサマだとしても、何とかしなくてはものすごい数の失業者が出て、世界は恐慌へと突入して行ってしまう可能性が否定できません。オバマ次期大統領の手腕が問われる重要な局面でありましょう。

 また、先日AIGに追加で資本注入というニュースがありましたが、前にも述べたとおり、基本的な担保である住宅の価格が下げ止まらない限りは幾ら入れても足りないという結果になるのです。もっと思い切った資本注入をしないと、本当に日本の辿った道を巡るだけとなります。サブプライム景気は復活しませんが、下落を止めてやることができれば、これ以上信用が収縮することもないでしょう。その上で必要なものとそうではないものが選別され、新しい経済と相場が始まって行くのです。本来ならば基本的な信用の部分を保つ手伝いをし、後は市場経済に任せるのが資本主義であるはずなのです。

 特にGMは米国人のシンボル的存在の会社かもしれませんが、当の米国人がその車にNOを付きつけている結果が今のGMなのですから、助けるにしても方法を間違うと大変な結果になりかねないと言えるのではないでしょうか。今後の景気の行方はかなり怪しそうな気配が漂っている様な感じがします。 

大引けまで保てるか?

 今日の東京株式市場は昨夜のNY株大幅反発の流れを受けて大幅反発となりそうですが、果たして大引けまで朝の勢いを保つことができるでしょうか?週末は大荒れになると予測しており、その内容は本日の寄り付きが8000円を切るような感じになるのではないかという意味だったので、この予測は大外れという感じになってしまいましたが、8800円近くまで上昇出来たとしても大引けは8500円以下であろうという感じはします。もしかすると前日比変わらず辺りまで値を消す事もあるかもしれません。大引けにかけては結局大荒れになるかもしれませんので、決して気を抜かない感じで対応すべきでしょう。

 ちなみに、こういう反発の局面には絶対に付かないのが私の方針でありますので、今日は完全に見送りとなりそうです。8000円を割るようならば買いに行くつもりだったのですが、そういう意味ではちょっと残念な感じです。ただ、大荒れの本番はこれからかもしれないという感触もあるので、決して気は抜かない感じであります。

 見送りが故に書くことも無いのですが、裏話を含めた特別レポートはメンバー様専用とさせて頂きます。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。