トヨタの決算を嫌気した売りにより633円安まで売られた日経平均ですが、急速に持ち直して後場には100円安付近まで急回復してきました。要因は売り気配だったトヨタが寄りついたことであるといえるのですが、どうして今日寄りついたのかと言えば、それは公的資金の投入があったからに他なりません。政府は意地でも株価を守り抜く姿勢の様です。

 守るラインはもう少し下だと思っていたので、今日の安値が8000円を割ったところが出動タイミングと考えていたので、ちょっと乗り損ねておりますが、やはりトヨタの寄ったところは買い場でありました。

 しかし、守るにしてもちょっと前に出過ぎじゃないでしょうか・・・。サッカーで言うならば、キーパー以外は全てセンターラインを突破している状態でしょうか・・・。下手をすればキーパーも攻めに参加しているかもしれません。いくらなんでもやり過ぎの様にも感じますが、やるからには徹底的にやって欲しいものです。攻めの手を緩めると一気に逆転されてしまうのですから・・・。

 このまま徹底的に公的を入れるという姿勢を貫けば、流れは一気に株高へと変わって行く可能性が出てくるという事になります。出動してくる場所が高過ぎる様には感じますが、この意思は相場関係者に伝わっていくことと思います。日本株は政府が支えているから安心感が高い!サブプライムの損失も限定的だし、明らかに売られ過ぎて居る銘柄が沢山ある!流れはこんな感じになって行くのではないかと思います。

 そして、ここから主役になって行くのは中低位の材料株ということになって行く可能性が高いと考えます。私のメインとしている食品株は、今日も赤札であります。スーパーでは赤札は値下げ品ですが、株の世界では高いものにつくのが赤札であります。本当はこんなところで買うべきではないと思ってはいるのですが、買っておかないと夢も見れませんからね・・・。夢を見たい方は是非とも注目してみてはいかがでしょうか?

 補足ですが、例え資金が日本に集中してきたとしても、日経平均的には11000円程度が上限と見ております。あくまでも主役は中低位の材料株ということになります。公的が出てきたということは、下はないが上もないのです。公的だって利益が出るとなれば売ってきますからね・・・。


来週からブログの更新は11時前後になりますのでご了承ください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。