売られ過ぎた反動

 業績を無視した恐怖が支配する換金売り相場は終わったようですが、それにしても戻りの速度が速すぎる様に思います。日経平均で8000円以下という水準は売られ過ぎという感じが強いのですが、これだけ経済が荒れ始めている時に株価がこのまま1万円を回復というのもどうだろうという感じがします。9000円を超えて上昇してきたところにあるのは警戒感だけの様な気がしてなりません。

 日本を含め、世界中がバラマキ型の財政出動をし、その効果も反動もこれから現れるという局面において、株価がこれほど上昇するとは思っておりませんでしたし、実際にこの上昇を目にしても付いて行こうという気は起きません。株価が急落し始めて一か月が経ったわけですが、底値は見えたとしてもバブルが崩壊したわけですから、当然元に戻れるわけもないのです。

 元の水準がどこなのかという事でも意見は分かれるかもしれませんが、住宅バブルの始まりの水準がNYダウで1万ドル前後とするならば、当然この水準よりも下で調整をしなくてはならないということになります。当時よりも自動車産業は悲惨な状態にありますし、住宅関連や不動産関連も悲劇的な状態にあるわけですし、株価急落による実態経済への影響はこれからが本番なのです。NYダウでの8000ドル辺りが底値となる可能性はあるかもしれませんが、1万ドル回復という様な都合の良いことも無いと考えるべきでしょう。ただし、瞬間的に上がりすぎて1万ドル回復ということはあるかもしれません。あくまでも1万ドル以上で推移するような回復は無いだろうという意味での話です。

 今の反発相場は、あまりにも急激に下げた反動とか、共和党から民主党へと政権が交代する事に対する期待感であって、現実を無視してしまっている様に感じます。まあ、株価というものはそういう要因で動く物ですから、これが間違いというわけではないのですが、ここから上を買うと痛い思いをしそうだという感じが強いです。

 相場に絶対はありませんし、全てが上手く行って経済も株価も回復という状況になれば、それはそれで喜ばしいことではあるのですが、基本的にバブルが崩壊しているということを忘れない様にしたいものです。皆が上昇しそうだと思ったら、とりあえずその相場の上昇は終わりということになり、今がその時かと思います。更なる上昇があったとしてもそれほど続かないと予測しております。

完全に見送り

 完全に売られ過ぎた反動の相場だと思いますので、とても買う気は起きません。相場が安い時から保有してきた例の食品株も、流石に利食いを入れたくなるぐらい相場が過熱してきている様に思います。ただ、一度売ってしまうと買い戻せなくなる可能性が高いと感じているので、全てを利食いする様な事はしません。あくまでも一部利食いであります。

 万が一踏まれたらと思うとカラ売りもしたくない感じですので、とにかく今日はする事なしといった感じです。今日も明日も高かったとしても、安くなる局面は絶対にあると思いますので、今日は昼寝をしていた方が良いかも知れませんね。下手に手を出す方がよほど危険なように感じます。

 ただ、明らかに選別は進んできている様に思いますので、物によっては投資できるものが出てくるかもしれません。情報網のアンテナ感度をMAXにしておきますので、出動したいという方は新しい情報が入るのを待つのも良いかもしれません。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。