対ドル上昇は円のみの恐怖

 米国発の世界金融危機は、先進国から新興国へと向かっていたマネーが一気に逆流するという局面に入り、ほぼすべての通貨がドルに対し暴落の様相を強めており、更には日本の円に対してはその強いドルも悲惨なほどに売られております。ということは、世界の通貨で円が一人勝ちの状態であるということであり、今一番世界で信用される通貨であるということになるので、それはそれで嬉しいことではあるのですが、輸出立国日本としては大変な状態であるということになります。

 バブル経験のある日本は、大企業は社員の首を切る事によりよりスリムな体型を作り、不況に強い会社になってきました。怪しげなサブプライムローン関連の金融商品にもほとんど手を出していなかった事が、日本企業の大ダメージを回避させたのですが、ここまで円高が進んでは結局輸出企業も耐えきれないということになるかもしれません。

 とりあえず、先にもレポートしているとおり、ユーロもドルも大型の財政出動をしているわけですから、当然売られて当然であり、対円でのドルは95円位までは売られるであろうと見ておりますし、ユーロもそれに準じた動きになっていくように見ており、この流れはそう簡単に変わる事はないと思います。

 ただ、目先としては95円位までの下落で一服するのではないかと思いますので、慌てて混乱したりすることの無い様にしたいところでしょう。有効な手だてが出せない状態が続くと、年末に向けて80円台突入という状態も考えられますが、そうなってくると完全に日本株は敬遠しなくてはならなくなってきますので、この状態が続くのは想定以上に辛い状態を作り出してしまうかもしれません。

 問題は先進国の投資資金の換金売りで、株にしても商品にしても債権にしても、とにかく現金にしないと不安だというスパイラルがもたらしていることなのです。実態経済はそこまで悪くないはずなのですが、資金逃避のスパイラルが実体経済に影響しているのは事実であり、これを止めるのが政策なのです。世界は有効な手段を打ち出せるのでしょうか!?その答えは、はっきり言って分かりません・・・。分かるならば誰も苦労しませんし、分かるならば毎日株式が何百円も行ったり来たりしないのです。

 こう考えると本当に恐ろしく感じますし、底なんか無いのではないかと思ったりしてしまうのですが、それでも底はありますし、必ずどこかで切り返すのです。どんな嵐だって必ず止みますし、どんな大地震だって必ず収まるのです。今回の災害は本当に悲惨な状況ですけどね・・・。あ・・・災害といっても米の人災ですかね・・・。

週末は見送りが一番

 昨日は8000円割れもあるかも知れないというほど売られましたが、8000円近辺は手ぐすね引いて待っている状態でありましたから、日経平均が8000円に近づいたころから買い出動とし、カラ売りしていた銘柄もその水準で利食いしてしまうこととしました。大引けにかけてだいぶ戻しましたので、安いところで買った分も粗方利食いしてしまったのですが、持ちにした分は本日中に売却してしまう予定です。長期目的の銘柄は保有しているのもありますが、オーバーナイトだけでも冒険なのに、週末を株を持ったまま過ごすのは怖すぎるといったところです。

 しかし、本当に酷い相場でありますが、夢のある銘柄が出てきているのも事実であります。私が注目している例の食品株ですが、これだけ酷い相場にあって、本当に堅調な動きをしております。本来は高値など手を出さない主義なのですが、これならここも買ってもいいのではないかと思ったりしてしまいます。多分結構良い結果を出させてくれると思いますので、引き続き保有してみようと考えております。

 カラ売り銘柄は、反発したところで再度売ってということも考えましたが、売ったまま週末を過ごすのはちょっと嫌な感じでありますので、今日は見送りとしたいと思います。カラ売りの根拠となっている銘柄はかなり下げましたが、12月には退場になるだろうと予測しております。もう少し時間があるので、目先は慌てない事であります。

 これ以上あまり書くことも無いので、今日は昨日の記事に対するコメントを頂きましたので、そちらを転載させていただきたいと思います。

ブログでの感謝のメッセージ。
素晴らしいですね。

確かに、この相場でS氏のコメントがなかったら、
即刻退場となっているでしょう。

また普通の投資顧問のように、いいなりになって、
うらみつらつら損失を膨らましてしまうこともないので、
「自分で考えて取引」
は原則だと思います。

メールなどで問い合わせができるようですが、
そうすると、自分の勘と拮抗する場合があるので、
ブログのアドバイスのみ参考にさせていただいていますが、
なんと、この暴落相場で、利益がぐんと上がっています。

これでは、暴落相場しか対応できないのでは、という
一抹の不安もありますが、
なんでも経験はいいことだとわが身に言い聞かせています。

今後も鋭い勘を提供してくださるようお願いします。



暴落相場しか対応できないのではという不安ですか・・・。
この相場は、はっきり言って私はやりにくいのです。
落ち着けばもっと面白くなると思いますよ。
今はこんな相場でも利益を出すにはこうするしかないというか、まあ、ギャンブル情報に近い感じではないでしょうか?
とても投資情報と呼べるような代物では無い様な気がしてなりませんが、お役に立ててるというのは本当に嬉しいものです。

 ただ、確かに今の相場というのは、現実の世界でいうところの戦争状態であり、戦争から帰ってきた兵士が一般の生活に戻るのが大変な様に、相場が落ち着いた時に普通の相場でのやり取りができなくなっているかもしれませんね・・・。
確かにちょっと不安ではありますが、それでもその状況にも慣れることと思いますから、今からそんな心配をしなくてもいいかもしれません。
戦争状態はまだまだ続きそうですからね・・・。
 
備考:メールで問い合わせを頂いても個別での回答は行っておりません。
投資家の皆様が思っている疑問や質問に対しては、全体へ向けて回答する形を取っております。
新聞の株式相談コーナーみたいなものです。
質問がある方は、お気軽にメールしてください。
ただし、回答の方はメンバーからの質問には100%回答するようにしておりますが、一般の方からの質問には不採用の場合がございます事をご了承ください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。