数か月から数年が経てば、今の相場は非常に安い局面であったということになる可能性は非常に高いと思うのは確かでありましょう。世界的に有名な投資家であるバフェット氏は、短期的にはどうなるかはわからないが、投資家心理や経済の状況が改善する前に市場は上向くとコメントしておりますし、私も全くその通りであろうと考えております。

 ただ、本当に目先の事は分からない状態であり、今後の動きを読むのはかなり困難であろうと考えております。経済状態は歴史上存在したことのない新しい局面であり、テクニカルも何もあったものではないというのが今の相場であります。特に、1日の値幅が1000円にも達する日が当たり前のようにありますから、この様な状態でまともに動けるはずもありません。信用取引でギリギリの勝負をしようものなら一瞬にして殺されてしまう可能性もあると言えるでしょう。

 当たれば一瞬にして大金持ちになれるのも事実でありますが、私がやりたいのはギャンブルではありませんので、この様な相場が続くと非常に疲れてしまいます。中長期ではそれ程心配では無いのですが、とにかくもう少し落ち着いてくれないとといった感じであります。

 ところで、この週末に色々な方と意見交換などをしてきたのですが、ある不動産関連の債務処理を専門とする方がかなり恐ろしいことを言っておりました。8500番台のある金融会社が、倒産へ向けて手持ちの不動産の売却を加速させているということなのです。バランスシート的には黒字なので、とても倒産するとは思えないのですが、これだけ相場が下がればそれもあるのかもしれないという感じがしました。

 実際は噂の状態であり、必ずそうなるかは分からないですし、カラ売りができる銘柄ではありませんので、公にこの話を出すことはありませんが、メンバー様の中でもしかしたら自分の持っているこれかも?という心配をお持ちの方がいらっしゃいましたら、こっそりご連絡ください。その銘柄が今回の噂の銘柄かどうかの判定だけを出させていただきます。ただし、あくまでも当たるかどうかは分かりませんので、その銘柄をどうするかはご自身でご決断ください。ちなみに、XDAYは12月に入ってからということでした。

 それと、12月を越せない不動産会社や建設会社。そして、もはや修復不能なREITもいくつかあるようです。資本がしっかりしていて絶対につぶれない不動産会社があるのも事実ですが、目先は相当苦しくなりそうな気配であります。買いスタンスであるならば、しばしこのセクターは避けておく方が無難であろうという気がしてなりません。

 とにかく辛い相場で、何とも難しい状況が続いて行きそうですが、最低限の基本を守れば稼げるチャンスが無いわけではありません。最低限の基本は、何度も書いてきてはおりますが、高い時は買わず、突っ込んだら買うということです。ただし、私の様に効率を目指す方は、危険と判断したならば即座にロスカットすることです。

 ちなみに、先週末にお伝えした食品会社は、結構面白いのではないかと思っております。噂通りの展開になったら嬉しいですね!続きはメンバーズでお伝えしようかと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。