またも北朝鮮はミサイル発射で、ICBMが完成と宣言しましたね。

おまけに核兵器も保有していると。

確かに核兵器を持たない独裁国家は、陰謀によって潰される事が多いのですが、ここまであからさまにやると米国を刺激するのは間違いないのです。

現時点ではICBMはアラスカまでが精いっぱいで、ワシントンやNYは狙えないと見られておりますし、核弾頭の小型化、体験再突入技術などには成功していない可能性があろうかと思うところですが、この様な技術は米・露を中心に何十年も前に確立された技術でありますので、このペースで行けば北朝鮮も手にする技術であることは確かだと思うところです。

米国は、先日同胞を北朝鮮に殺害された経緯もあり、相当怒っているはずなのです。

これに加えてミサイル発射の強行と、核兵器保有宣言ですからね・・・。



中・露は北朝鮮をこれ以上刺激するなと呼びかけますが、本当に言うべきことは、北朝鮮に対して米をこれ以上刺激するなと言うべきであろうと思うところです。

既に米は単独での武力行使も宣言しておりますし、武力行使の可能性は相当高まっていると言わざるを得ません。

この状況で安心して株を売買できるはずもなく、ポジション縮小をメンバーにレポートしているところですが、本当に迷惑極まりない話です。

まあ、期待の大きい銘柄は継続方針ですが、ちょっと怪しいところなどは整理対象にしております。

しかしまあ、北朝鮮は本当に何を考えているのでしょうね・・・。

潰されたくないのは、分かるのですが、何もしなければ潰されることはまずありません。

西側に潰された独裁国家で有名なのは、リビアのカダフィ政権でありますが、あれは今世紀最高の福祉国家であり、国民の支持率は異常なまでに高かったのです。

それが何故に潰されたのか?

それはカダフィ大佐がアフリカをもっと良くしようと考え、アフリカ中央銀行を作ろうと動き出したからと言われております。

その後の情報操作などからカダフィを追い詰め、殺害し、結局最後にアフリカに中央銀行を作ったのはユダヤ資本ですからね・・・。

本当に恐ろしい限りです。

自国のみで幸せを満喫していれば良かったのですが、本当に残念です。

北朝鮮に話を戻しますが「核兵器を持っているぞ」と宣言し、米国は認めないと反発しておりますが、持っているというのならば「認めてやるから見せてみろ」の話で、確認できたら認めれば良いだけの事でしょう。

ただ、問題は北の態度であります。

核兵器を持つのは良いとして、それでも他国に対しては専守防衛を貫くとでもしておけばいいのです。

そうすれば、米だってあそこまで怒ったりしないはずですし、少しは穏便に国家を継続できるのではないかと思うところです。

ただ、現状は本当に攻撃してくる可能性がある国が核兵器を持つのは脅威でしかありませんし、潰すしかないところまで来てしまったのではないかとは思うところです。

話し合いで解決できそうな国ではなさそうですからね・・・。

全く面倒な事ばかりをやってくれる国がすぐ隣と言うのは、気が休まりませんね。

実際の危機・・・所謂戦争勃発によって東京も標的になる可能性ですが、総理や天皇陛下の行動を見ていたら分かるかも知れません。

特に天皇が東京から離れた時は、警戒が必要かも知れません。

首相は代わりがいても、天皇は代わりがいないですからね・・・。

行動予定にはよくよく観察して行く必要があろうかと思うところでありますが、何にしてもそこまで行かないで解決してくれたら良いなと願っているところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。