おはようございます。

日米ともに金融政策にらみの相場であり、利上げはどうなるんだ?マイナス金利の深掘りは?などなど、日々出てくる材料で一喜一憂している状態ですね。

おそらく予想通りになるだろうと思ってはいるのですが、ここまでいろいろな材料で揺さぶられますと、どうなってもおかしくはないなと思い始めてしまいますし、こうなっては休むしかないとも思うところであります。

しかし、本当に当局者たちはどうするつもりなのでしょうね・・・。

相場で勝つための鉄則として重要なのは、「分からない時は乗らない」です。

今の相場はあまりに分からない状況でありますので、ここで無理をしてはいけません。

結果は立会日数で後2日ですし、慌てる必要はないのです。

特に今回の日米の金融政策に関しては、結果が出てから作戦を練っても全然問題ないと思います。

さて、ここのところ相場を賑わせているのがVR(バーチャルリアリティー)関連株ですね。

スマホを利用したタイプもあるようですが、頭部といいますか眼前装着して立体映像でゲームを楽しむものが注目されている様で、今回の東京ゲームショーはこのVRが話題の中心となっているようです。

大抵ゲームショーが開催されると、それで出尽くしになることが多いのですが、今回は値持ちが良いようで、意外としっかりしている様です。

ところで、このVR関連で良い銘柄はないのか?と聞かれることもあるのですが、個人的な感想としてVRが本当に流行るのかどうかは非常に疑問なのです。

3D映画でも疲れますし、実際に3Dテレビなんてそんなに売れていません。

携帯ゲーム機にも3D表示機能がついていたりしますが、使っている人はそれほど多くないと思いますし、慣れれば別ですが、VRで10分も遊んだら具合が悪くなるのではないか?と。

確かに面白い機能であるし、夢もあるとは思うのですが、需要もまた非現実の様な気がしてならないのです。

最初は話題で売れると思いますし、メディアも煽るとは思うのですが、もしかしたらゲーム史の汚点になるのではないかなと。

まあ、具合の悪さよりも面白さが上回れば、人々は3D酔いを乗り越えて没頭するのかも知れませんが、そこまで人々を没頭させるほどのゲームは登場するのでしょうか?

私は疑問であると考えているところでありますが、あくまでも個人的な感覚であり、実際のところはよく分かりません。

ですから、よく分からないので手は出さないし、様子見していればよいかと思うところなのです。

「今話題だから!」

これが投資判断の一つになることもあるのですが、あまりに分からない物には手を出さないことでしょう。

儲けたいと思うならば、自分が出来るだけ分かる銘柄や状況を重視することです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。