おはようございます。

為替は104円付近でありますし、日経平均も17000円台を回復ですね。

上昇と見てガッチリ買っていた訳ではありませんが、基本的に上昇期待で張っておりますので、この動きは非常に嬉しいものであります。

予想通り材料株も動いてきておりますし、まずまずな感じかと。

話によりますと、米はまだ利上げできまいとして、ドル売りに賭けたFX投資家が多かった様ですが、誰でも読める内容で動くのは危険としか言いようがありません。

私も利上げはまだ出来ないと予想しておりますが、それでもドルを売ったり株を売ったりなんてことはしません。

あくまでも、余裕は持たせますが、それでも買える銘柄を探して行動して行くだけです。

結局、誰でも読める行動は、いつも逆手に取られて投げ飛ばされるだけなのです。

例えば、あなたが大金持ちだとして、一般大衆が「売りだ!売りだ!」と騒ぎだしたらどうしますか?

最善の策は売らせつつ買い集めて、売りが途切れて来そうになったら買い上がります。

そうしたら、売っていた一般大衆は最初は抵抗するかもしれませんが、いずれ損失に耐え切れなくなって買い戻します。

そこに利食いの売りを出す。

これで大儲けであります。

これは、私がチャート分析を重要視しない理由にも通じます。

皆が同じような分析結果を出したならば、大金持ちはそれを逆手に取ればよいのです。

一般人が行動の元にするチャート分析のやり方は教科書に書いてあるのですから、一般人が買いたくなるような動きを作ってやればいいし、売りたくなるような動きを作ってやればいいのです。

皆がチャート分析をやり始めたら、間違いなくこれで潰されて終わります。

ですから、もしもチャート分析が今でも効果をもたらしている部分があるとすれば、私の様な人間が逆らっているからとも言えるのです。

私の様な人間までもがチャートに頼ったならば、間違いなく大金持ちの餌食でありましょう。

結局、なんでも思い込んだら負け。

これが相場の世界です。

数字の向こうに居るのは、結局は人であり、心理であるのです。

まあ、心理が働かない様にコンピューターに任せたCTA取引もありますが、根本的な指令を出すのは人間なのです。

ですから、個別の売買に私情は入らないとしても、根本にはやっぱり人が居ると認識して行けば良いと思うのです。

とは言え、いずれCTAが相場を独占する日は来るのでしょうけれどもね・・・。

そして、最終的にはCTA対CTAの戦いで、人間はその戦いを見ては一喜一憂し、どのCTAが強いかに賭ける。

もはや株式投資ではありませんが、そんな時代になるまでは、私の様な人間でも生きて行けそうです。

CTAが何を売買しているか知りませんが、私には大口投資家が何を買っているのか?ファンドがどの銘柄を買い集めているのか?などが分かりますし、まだまだそういう情報が有用な世界であると思っています。

今日はどの銘柄に、どんな思惑で、どんな資金が入っているのか?

こんなことを考えながら行動した方が、強いCTAを探すよりは楽ですからね。

まあ、いずれは私も「お勧めCTA」なんてレポートを書くのかも知れませんが、今はこのままで良いかな?と思っているところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。