おはようございます。

昨夜の米国株は原油が小幅ながら続伸となりましたが、NYダウは小幅安で、NASDAQは小幅高と、方向感のない展開でありましたが、今夜の米雇用統計の発表を前にすれば、このような展開でも仕方がないだろうと思うところです。

とは言え、雇用統計で相場が大荒れになるほどではないと思いますし、これを通過してもそれ程大きな変化があるとも思えませんが、こうして大きく買われないし、大きく売られない相場は非常にやりやすく、個人投資家が利益を得るチャンスは続くと見ているところです。

ところで、本日から名実ともに新年度相場となるのですが、去年の相場を振り返ってみますと、日経平均は2015年4月1日のスタートから2016年3月末までに2371円下落したことになります。

そして、その間に為替は約8円の円高になったのですが、こうして考えると1円/300円説が証明されてしまっているのです。

結局、日経平均は企業の儲けがどうだとかではなく、為替次第なのです。

アベノミクスとは、単なる円安誘導政策でありますから、景気は悪くなる一方で株価だけが乱高下であり、もはやこのような政策では日本に先はないと言わざるを得ません。

ただ、少しは気付いているのか、財政出動を伴った政策を出そうとしている様ですし、財政出動に一番懸念を示しているドイツを説得して財政出動をさせるつもりもある様ですから、それなりに本気かな?とも思います。

とにかくG7で成長路線に乗せるための話し合いがなされるのでしょうし、そうなってくれれば良いと思うところでありますが、結局成果を見せるためには日経平均を上げなくてはならないのですし、そのためには円安が必要・・・。

果たして各国首脳は円安を容認するでしょうか?

そもそも通貨安競争はしないと言う事が前提になっていると思いますし、今回のサミットで大きな成果を得られるとは思えませんが、良くも悪くも動けないという結果になるのかも知れません。

ただ、財政出動の増加は間違いないと思いますので、日経平均はともかく、材料株は面白くなるはずです。

まあ、既に面白い状態ですが、更に面白くなると考えて行動すべきでしょう。

さて、一般向けにもご紹介している8946ASIANSTARですが、好調ですし、見ておられる方も多いかと思いますが、253円にて推奨後、350円で一部利食い指示の後まだ推奨継続中です。

いずれ全利食いを出してご報告させて頂きたいと思いますが、どこで売る判断をすべきかは、メンバー向けにレポート致します。

また次に買うべき銘柄もメンバーには既にお伝え済みです。

8946ASIANSTARはもう出発してしまったので遅いのですが、この銘柄はまだ間に合います。

ご興味のある方は思い切って一度メンバーになってみてください。

会員になるのには10800円の月会費のみ必要です。

その他の費用は一切ございませんのでご安心ください。

また、初回の方はご不満でしたら無条件で返金致します。

S氏の相場観は関東財務局に登録済みの正規の金融商品取引業者です。安心してご利用ください。

http://soubakan.com/

「今日の記事は面白かった!」
そう思って頂ければクリック ⇒ 

ではまたお会い致しましょう。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。