今日は米朝首脳会談の共同宣言が出される日で、様子見の雰囲気ですが、どんな中身になるのか想像が出来ておりません。

米は北に対して核を放棄すれば投資を行うような話を持って行っているのだろうと思うのですが、北は核を手放すのでしょうか?

多くの有識者は、北は核を手放すはずがないと言いますし、米は本土を狙えるミサイルを開発しなければ妥協するのではないかという話もあります。

確かに北を取り込めば、中国は非常に苦しい状態になりますし、実は折れるのは米ではないかとも思ったりもするのですが、いくら中国を潰したいとは言え、北のトップは多くの高官を粛清しておりますし、そもそも人民という名の奴隷に支えられた国なのです。

人権も何もあったものではない。

それが北朝鮮であり、そんな国と仲良くする米国というのは、流石に違和感を感じるのです。

北を開かれた国にするとすれば、人民は真実を知ってしまう訳ですから、統制は効かなくなるはずですし、どう考えても北は米からの投資が魅力的だとしても、受け入れられないのではないか?

大金を手にして王朝を手放し、トップとその周辺が外国に逃げるという選択肢はあるのか?

これならば可能性のありそうな話にはなるのですが、実際に狙いがどこなのか?




とりあえず美味しい話を餌に色々約束させて、後々冷静になった北がそれを反故にし、米が怒って北を叩き潰す・・・。

せいぜいこんなシナリオではないかと思うのですけどね。

そもそも朝鮮半島の人達は約束を守るという概念がなく、この時点で国家の体をなしていないのですが、そういう国であることも承知の上での交渉だとも思うのです。

まあ、どうなるかは後少しで分かる訳ですし、内容を見てまた先行きを考えて行きたいところです。

トップが交代したら多国間との約束を反故にする。

これは絶対にやってはいけない事ですし、恥ずべき事であると言えるのですが、よくよく考えてみたら日本にも居ました・・・。

普天間基地の移転を米と約束していたにも関わらず、鳩山元首相が「最低でも県外」と、約束を反故にしたのです。

当然沖縄には基地に反対する人も居ますし、特にメディアがこういう案件が好きなのです。

そして、メディアに煽られ、県外、そして国外からも活動家が侵入してきて今の騒ぎですからね。

確かに日米地位協定などは見直さなくてはならないと思うところもありますが、現実的に米軍が居るから周辺国が日本に手出しできずにいるようなものなのです。

また、米軍は出ていけ!は良いとして、その後はどうするの?という事です。

そこまでのプランがあり、それが日米共に納得のいくものであるならば、話し合いを発展させて行けると思いますが、単に出ていけでは話にもならないのです。

今の沖縄を見ていると、韓国とあんまり変わらないな・・・と、沖縄は絶対に日本だと思っていますが、このまま行けば本当に分断されてしまいそうで恐ろしくなります。

分断されればあっという間に沖縄は中国領土になってしまうのであろうと、危惧しているところです。

何とか良い方向へ行って欲しいものですけどね・・・。

さて、相場の方は材料株相場は継続中だと思っていますが、今日はちょっと静かですね。

動いている銘柄は動いているのですが、少し活気が無くなってきた様に感じます。
まあ、調整は必要ですし、こういう場面が無いと買えませんからね。

勝ちたいならば、こういう調整のところで強気になって欲しいものです。

そして、こういう場面で買うべき銘柄は、メンバーレポートを参考にして頂ければと思っております。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

イギリスのメイ首相はブレグジットの実行日を先送りしましたね。

このまま実行すれば、確かに混乱は大きくなるでしょうし、それ以外の選択はないのでしょう。

まあ、物と金は自由で良いが、人は自由に行き来してはいけないという判断は、イギリス的には美味しい選択ですが、EU各国から見れば自分本位の美味しいところだけの選択であり、受け入れられるはずもないのです。

人が自由に行き来することによるメリットよりも、結局はデメリットの方が大きくなったために起こったブレグジットという決断ですが、この行く末はどのようになるのでしょうか。

まあ、分かりませんが、人、物、金を自由に行き来させると、結局は混乱しか起こらないという明確な結果なのではないかと思うところです。

物と金はある程度自由が良いと思うのですが、やはり人を自由にしてはいけないのです。

世界が一つにと言えば聞こえはいいのですが、現実には人種間の価値観が違う訳ですし、そう簡単なものではありません。

人を自由に行き来させるためには、同じ教育水準と、同じ価値観が必要であり、そうした事が平均化されてから行えるものだと思うのですけどね。

同じ国の中でも教育が違うし、価値観も違うのですから、本当の自由というものは、永遠に手に入るという事はないのだと思っているところです。

ですから、何でも自由が良いような風潮ではありますが、少し考えを改めないと、結局は今のイギリスの様な事になります。

日本も「人手が足りないから外国人を」と今でも新聞は書き立てておりますが、国内に埋もれた労働者は沢山いるのです。

まずは働いていない国民を働けるようにする。

ここから始める必要があると思うのです。

それでも足りないとなれば、外国人にも働いてもらえば良いのです。

人手が足りないから日本に招き入れて、年数が経過したら国に帰ってもらう・・・。

帰りたい人は帰ってもらって良いと思いますが、強制的に帰すのは人権的にも問題があると思いますし、そんなご都合主義は許されない様に思うのですけどね。

どうも先行きが明るくなりませんし、不安しか感じない世でありますが、それらを反映してか、株式市場は非常に弱気です。

225は確かに上昇してきているのですが、その足取りは非常に弱弱しく、とても大幅に上昇しそうな気配がありません。

下げて利を得る商品である1357ダブルインバースの商いが増えているのも弱気を表す指標と捉えられますし、とにかく強気な投資家がほとんど見当たりません。

ですが、だからこそ相場は面白いのです。




本当に恐ろしい相場というのは、市場参加者のほとんどが強気になった時です。

誰もが騰がると思った相場の方が、誰もが下がると思っている様な相場の100倍怖いのです。

ですから、今の相場で私も気分的には弱気なのですが、行動は強気です。

皆が弱気の時に弱気・・・。

だから儲からないのです。

皆が強気の時に強気。

だから損をするのです。

利を得るためには、皆が弱気の時に強気。

これが大事なのだと思っています。

まあ、買うべきは材料株であり、225ではないのですけどね。

225も上に行く可能性が高いと思って見ておりますが、やはりここは材料株なのです。

これを理解できた投資家だけが利を得て行くものだと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は引き続き強いですね。

米中通商交渉が終わり、3月1日からの追加関税は交渉継続という形で先延ばしとなりました。

米が突き付けた条件は、中国が簡単に飲めるものではありませんし、このまま交渉がまとまるとは思えないのです。

ですから、最善で延期だろうと思っていたので、結果は最善と言えば最善でしょう。

この結果を受けても米国株は強いですし、上海株に至っては5%もの上昇ですが、それに比べると日本株は弱いですね。

まあ、今日は円安の恩恵もあって高い相場になるのだろうとは思うのですが、世界の株から比べて見て行きますと、やはり違う問題があるのではないかと思ったりもします。

消費税増税も控えておりますし、既にデフレに戻ってきておりますからね・・・。

買われなくとも当然と言えば当然なのですが、この辺は色々調べながら冷静に判断して行きたいところです。

ただ、225は買われないとしても、材料株は非常に面白くなってきております。

サンバイオショックで当分駄目かと思っていたバイオセクターは、4563アンジェスに大材料が出て同社株が連続S高となっており、セクターの雰囲気が一変しました。

4588オンコリスバイオもまた凄い動きですし、今更入りたくはないのですが、やはりバイオは材料株の王様だと思っていたところでした。




残念だったのは、アンジェスもオンコリスバイオも安いところから推奨していたのですが、サンバイオショックに巻き込まれて、おかしくなる可能性が浮上してしまったので、利食いではありましたが早めに手仕舞いとしてしまったことです。

あの局面では致し方なかったと思っているのですが、それにしても逃した魚は大きかった。

メンバーの安全を考えれば、無難にせざるを得ない判断であったのですが、この点に関しては今でも株価を見る度に悔しいです。

馬鹿にする方も居られるかも知れませんが、それはバイオセクターの怖さを知らない人でしょう。

失敗したバイオ株というのは、正にサンバイオの様なものであり、本当に悲惨な事になるのです。

私はそういう怖さを知っているだけに、伸びる可能性が高い銘柄でも手仕舞いせざるを得なかった・・・。

悔しいですが、見ている方向は正しかったですし、これからもこうした可能性のある銘柄を推奨して行きたいと思っているところです。

さて、これから期待の大きい銘柄ですが、これは推奨当初から既に5割上昇してしまい、もはや買い場ではないと判断しております。

ただ、ここからでも数倍に育つ可能性はある銘柄であり、見るだけでも価値はある銘柄でしょう。

今のところは全く押し目無く推移しているのですが、そろそろ押し目もあるのではないかと予想をしているところです。

まあ、このまま行ってしまうかも知れませんけどね・・・。

メンバーには一部利食いを入れて様子見を指示をしているところです。

もちろんこんなに高くなってしまった銘柄ではなく、もっと買いやすい銘柄もありますので、そういった銘柄を買って行って頂ければよろしいのではないかと思っているところです。

材料株相場は、いかに良い銘柄を仕込めるか?

この一点のみです。

良い銘柄を見つける自信がない方は、来月からでも、メンバーレポートを参考にして頂ければと思っております。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

2月は3週連続週末が陰線でしたが、4週目となった先週は陽線となりましたね。

前日比マイナスでしたので、弱いと言えば弱いのですが、寄りよりも高く引けてきたという事は、市場参加者がやや強気に傾いてきたことを表していると思っています。

空売り比率も42.5%と引き続き40%台ではあるのですが、ここのところとしては低水準でしたし、こうして強気になりながら上昇しそうな感じですね。

ただ、ブレグジットの問題とか、米中通商交渉の行方とか、気になる材料は沢山ある訳です。

大きな下げというのは、大抵上げた後に起こるものですし、こうして強気の上げが始まってきますと、逆に警戒を強めるしかないと思っているところです。

まあ、未だ多くの投資家が弱気ですし、多くの投資家が強気になるまでは大丈夫でしょうが、それでもここは無理をする場面ではないでしょう。

そもそも今は225中心の相場ではなく、材料株相場なのですから、225はこの位モタモタしている位でちょうどいいのです。

225のモタモタが続けば続くほどに材料株相場は続くと思ってよいのです。

そして、この材料株相場こそが、最も儲けやすい相場なのです。




225もばっちり当てれば儲かると言えば儲かるのですが、225で儲けるためには先物とか、OPとか、ちょっとレバレッジのかかった無理な取引をする必要があるのです。

一瞬の判断ミスで大損害になる事もありますし、世界中のどこかで余計な事が起こっても大損害になる可能性があり、非常に不安定なものとなる訳です。

しかし、材料株は225程レバレッジを掛けずとも、大きく儲かるし、損もそれ程という事になる訳です。

もちろん銘柄選びが重要となる訳ですが、そこは得意な分野ですので、お任せいただければと思っているところです。

もちろん、全ての推奨銘柄が狙い通りに上昇する訳ではないのですが、数銘柄に分散しておけば、大幅に上昇する銘柄を掴む可能性は高まる訳です。

今一番期待しているのは某銘柄ですが、これはどんどん有名な投資家が買いに来ている事が分かっています。

誰とは書けませんが、毎日コツコツ拾われているのは確かだと思われます。

既にある程度は上昇しているのですが、もしかすると、今年一番の出世株になるのではないか?

そんな期待すらも抱いている銘柄ですので、多くは買えないとしても、多少は買っておいたら良いと思っているところです。

まあ、3808オウケイウェイヴの件がありましたので、ここから買って良いとは言いませんけどね。

オウケイウェイヴは安いところからのテンバガーとなったにも関わらず、対処を間違ったために、一部のメンバーにご迷惑をおかけしてしまいました。

しかし、今度の銘柄はそんな失敗をしないと誓って、慎重に指示を出しているところです。

結局、メンバーに安いところから上手く推奨しても、どこかで買うのを強く止めさせなければ、逃げるに逃げられないという事になる訳です。

ですから、これから入会して、この銘柄を教えてくれとなりましても、教えはしますが、今更の買いは推奨しません。

たとえ、ここからテンバガーになると思っていてもです。

株は何が起こるか分からないですからね。

まあ、リスクを承知で買いたいと思うならば、それはそれで結構な事ですが、売り場に関しては、買い推奨した値段以下で仕込んでいるという前提で書きますので、ご了承ください。

さて、実はテンバガー候補はこれだけではありません。

先週から推奨しているあの銘柄も可能性がありそうなのです。

マザーズの銘柄なのですが、取引先が大手携帯電話会社が主で、業績がうなぎ登りです。

未だ安いところですし、先の銘柄と比べるとこちらを買いたくなるかも知れませんが、それは各自の判断という事になります。

さて、危機が訪れるまでにどれ程儲けられるかでありますが、全力でサポート致しますので、共にご精進いただければと願っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は経済指標が悪化していたために売られたのですが、指標の割には大した下げではなかったですね。

値位置を考えますと、もっと下落しても良いぐらいなのですが、強くて驚いておりました。

ここのところ米中通商交渉が良い方向に行くとの思惑があるようですし、今も尚これに期待している様な感じなのですかね?

まあ、中国がベタ降りで、米の要求を飲むということになれば面白いのですが、米が求めているのは正常な経済活動と共に、人権弾圧をするなとか、南シナ海の軍事開発問題の解決等であり、決して貿易だけの話ではないのです。

全てを飲めば、中国共産党の存在意義が無くなりますし、そうなれば香港系の企業などは中国から逃げ出すことになるでしょう。

少なくとも米が妥協することはないはずですし、とにかく中国がどう出てくるかなのですが、さてさて・・・といったところです。

それにしても日本株もしっかりしておりますね。

225先物が安かったので、安くは始まっておりますが、どんどん売られる訳でもないですし、意外としっかりとした買いも入ってきております。

ただ、先週も書いたと思いますが、強くはなってきているのですが、大した強気ではないのです。

本当に強気ならば、大引けにかけて買われて陽線で終わると思うのですが、まだそこまで強気にはなっていないと思うのです。

まあ、安く始まっているので、若干陽線という事はあるかも知れませんが、おそらくは陰線か、良くて若干の陽線といった程度の動きだと思っているところです。

そして、この週末の弱さですが、これが陰線の内は弱気が強く、相場の天井はまだという事になるであろうと見ているポイントです。




まあ、陽線だとしてもその度合いによる訳で、今日でいえばマイナスで引けている分には弱気と見てよいでしょう。

こうして相場の強弱を観察しながら先行きを予測して行くのですが、派手に上昇しないでこうした若干強気な相場が続いてくれますと、材料株が賑わってくるので、非常にやりやすい相場という事になります。

材料株の値動きが良い相場程やりやすい相場はありませんからね。

さて、今日は日経新聞に「日本株出遅れ鮮明」という記事がありました。

確かに出遅れてはおりますが、既にデフレに逆戻りしている状態で、増税までするというのです。

これで株が騰がる方がおかしいとも言えますからね。

それと、政府も全くダメですね・・・。

例えば、大騒ぎの韓国ですが、あんな程度の国も黙らせられないなんて、国際社会から見たら情けない国としか見えないでしょう。

自衛隊がいくら優れていても、手出ししてこないと分かっている軍隊なんて、何も怖くはないですからね。

火器管制レーダーを照射されても反撃してこないなんて、他国では考えられないですからね。

平和を愛する国というよりも、平和ボケした国でしかなく、その辺も株価に影響していると言わざるを得ません。

日本が本格的に変われる日が来るのか?

そして、日本株が本格的に買われる日が来るのか?

今日は竹島の日ですが、韓国がどんな挑発を行ってくるのか?

そして、日本がどう対応するのか?

まあ、日本政府のダメ振りが顕著になるだけの様な気がしますけどね・・・。

さて、この環境でどうやって儲けるかですが、引き続き材料株しかないと思っているところです。

良い銘柄を買って、利益を手にして行って頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

一日本人として、韓国の言動には日々憤りを感じているのですが、2月22日は竹島の日で、彼らは勝手に独島と名付けて22日を同じく記念日としていますので、明日はこのネタでまた何か言ってくるのでしょうね。

まあ、何を言って来ようが株には影響はないでしょう。

政権が交代する度に約束を反故にする国ですし、こちらから歩み寄る必要は微塵もありません。

相変わらず朝日新聞は歩み寄りが大事だとか、冷静な対応が必要だとか、韓国を擁護する寝ぼけた記事があるようですが、そもそも韓国をつけ上らせたのは朝日新聞の従軍慰安婦ねつ造記事です。

これさえなければ、ここまで韓国が暴れる事もなかったのではないか?

まあ、竹島を占拠して長くなりますし、なんだかんだとネタを探しては揺すってきていたでしょうけれども、それにしてもな・・・と、思う日々です。

結局は戦後教育が悪いから、こうなった訳ですが、多くの国民は嘘の歴史を教えられてきているのですから、ここを改めて行けば自分達が言っている事がいかにおかしいか分かることでしょう。

まあ、歴史を大して知らないとしても、日韓請求権協定で片付いている徴用工問題を、いまだに日本に押し付けてくるのですからね。

とにかく韓国は話にならないし、今更話をする必要もないでしょうね。

ですから、韓国からの渡航は受け入れる必要が無く、ビザなし渡航はさっさと中止すれば良いのではないでしょうか。

そうこうしている内に、韓国は自滅してくれるでしょう。




さて、ロシアにも触れておきましょう。

二島返還で話が進むのかと思っていたのですが、こちらが妥協したと思ったら足元を見てきましたね。

そして、今度の日ロ首脳会談では返還は無理という事になりそうです。

この背景にあるのは、もちろん足元を見てきたというのもあるのですが、やはり原油価格が上昇している事が原因だと思います。

この値段では未だ苦しいはずですが、ここまで戻ればロシアも多少は自信を取り戻すのかも知れません。

地下資源だけで生きている様な国ですからね・・・。

原油価格に国家の命運がかかっているので、その言動は原油価格次第。

ですから、次の北方領土交渉は原油価格が下がってからの方が良いでしょうね。

今はベネズエラの問題もあり、産油国が減産ムードで来ておりますので、こうして価格は上昇してきておりますが、また下落する場面は来るでしょう。

一大消費国であった中国が消費できなくなっているのですから、それはもう必然の流れです。

ただ、それにしても原油の値上がりが強いような感じがするのです。

苦しいと伝えられていた中国ですが、ここへ来て復活の兆しでもあるのでしょうかね?

単に減産が効いているだけだと私は思うのですが、とにかく中国の情報はネット社会になっても入り難くて困ります。

ただ、消費が回復していないのだとすれば、原油価格上昇は中国にとって更なる悲劇となっているはずです。

とは言え、今のところはまだ憶測の域を出ないのですが、実際はどちらなのでしょうかね?

さて、今は材料株相場だとしてきました。

いくつか銘柄をご紹介しているのですが、現在急成長中の銘柄もご紹介しておきましょう。

1100円付近でメンバーにご紹介した3816大和コンピューターは本日1500円台に乗ってきました。

決して煽る訳ではないのですが、3808オウケイウェイヴの様な雰囲気を感じております。

オウケイウェイヴもこの位の値段から8000円越えまで行ってますからね・・・。

まあ、大和コンピューターがそこまで行くとは思っておりませんが、色々な面からそういう雰囲気を感じるのです。

注目して頂ければと思っております。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株高に連れて良好な相場が続いてますね。

225の予想は得意な方ですが、今の相場には上昇の確信が得られておらず、どうしても225は見送りたいのです。

ただ、直ぐに急落するような状況でもないでしょうし、実際にそうした状況が続いているので、故に材料株がいい感じであり、これはこれで良いと思っているところです。

そんな中で、昨日から今日にかけては満月ですね。

いつもという訳ではないのですが、加熱している相場では満月を起点に相場が急変することもあり、NYダウには危機感もあったのですが、昨夜のNYダウは落ち着いた展開でしたので、これならば問題は無いだろうと思っていたところでした。

いつの相場だったかは思い出せませんが、何度か重要な変化になった場面に遭遇しておりますし、これからも相場と月は合わせて観察して行きたいと思っているところです。

まあ、オカルト的な話ではあるのですが、テクニカル分析自体もオカルトみたいなものだったりしますし、一つの可能性として考えておくのは良いのではないかと思っているところです。

さて、相変わらず馬鹿な国会が続いておりますが、注目は何といっても消費税増税ですね。

名目GDPが実質GDPを下回ってしまいました。

これはどういうことかと言えば、物価が下落したという事であり、もはやインフレがどうというレベルの話ではなく、デフレになってしまったという事です。

この状態で消費税増税をすればどうなるのかはもう火を見るよりも明らかです。

何度も語っておりますが、消費税は弱者狙い撃ちの逆進性の税です。

これを増税して弱者を助ける?

馬鹿も休み休み言えとはまさにこのことですが、何故にこんな愚かな決断がなされようとしているかと言えば、メディアと官僚に騙された不勉強な国民が多いからです。

とにかく、日本人は人が良いのです。

ですから、将来世代にツケを残すな!と言われると、それはそうだな・・・と、妙に納得してしまうのです。

将来世代にツケを残すのは増税だというのに・・・。

結局のところ、いつも消費税の増税が景気を悪くし、その時に社会に出る若者が酷い目に遭うのです。

学生を終えて就職が出来ず、非正規雇用でつないでいる内に30代、40代となってしまい、正規雇用にたどり着けなくなった人がどれだけいたか。

その影響は未だに社会の闇でありますし、人口が増えないのもその辺が強く影響したのでしょう。

本当に愚かな選択ですが、とにかく財務省のプロパガンダが上手いのです。

政治家は、結局は投票されなければ政治家で居られない訳で、国民の多くがそうした思考で増税やむなしと思っていれば、それを実行する方が良いと考えるのです。

先の景気など全く関係なくです。

これが日本のダメなところです。

テレビを観れば「日本凄い!日本人凄い!」と、賛美した番組ばかりですが、ニュースを見れば無差別殺人やら、子殺しやらで、酷い奴らも随分います。

しかし、とにかく酷いのはこの財務省で、今まで増税でどれだけの雇用と賃金を奪い、どれだけの人間を自殺に追い込んだか!

日本は確かに良いところがあるし、世界に比べたら良い国の部類に入るのでしょうが、賛美する程良い国だとは思えませんけどね。

とにかく、実質デフレ入りしている訳ですし、このまま増税では本当に悲惨な事になります。

既にIMFから、日本は実質無借金であるというお墨付きをもらっている訳ですし、堂々と公共投資でも何でもすればいいのです。

勿論、くだらない箱物投資は無しですし、ありもしないアイヌ保護だとか、無駄な事にカネは使うべきではないのですけどね。

とにかく、利権構造が多くなりすぎており、これらはある程度整理して行かなくてはならないでしょう。

さて、1100円のところから推奨していた某銘柄が1300円台に乗ってきました。

920円のところから推奨していた銘柄が、押し目を入れた後に1000円台に乗ってきました。

扱いはやや上級者向けですが、いずれも期待の高い銘柄です。

何処まで続くかは分からない相場ですが、危機が訪れるまでに買いで稼いで行けば良いと思っています。




怖い相場ではありますが、怖いが故に相場になるのです。

誰もが騰がると思ったら天井ですし、誰もが下がると思えば底値です。

皆が本気になるまでが稼ぎ時と考えて行けば良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国はプレジデント・デーで休日だったので、225は非常に動きにくい状況で、寄付きから方向感は無く小幅なレンジでの揉み合いのスタートとなっておりますね。

昨日は米国株高からの買いで大幅に値上がりしたので、今日はその反動でやや安いのではないかと思っていたのですが、そう考えればやや強い相場であるという事になるでしょうか。

まあ、225に関しては、今は分からないので興味がなく、大幅に下げさえしなければ良いと思いながら見ているところです。

今はとにかく材料株で、これを上手く回せた投資家が儲かる相場であり、この流れに乗れないと苦しい相場と言いますか、面白くない相場だと思うところです。




では、どんな銘柄を買うべきなのかですが、今一番注目しているのはちょっと品薄で買い難く、一般公開は不可能ですが、少し出来高もあって買いやすい銘柄をご紹介しておきます。

この銘柄9417スマートバリューは19年春からカーシェア事業へ参入するのですが、本業はクラウドソリューションとドコモショップの運営となっております。

業績は順調に伸びておりますし、買い集めているファンドもある様で、次第に上昇角を上げて行くのではないかと見ております。

まだまだじっくり型の動きをしておりますので、今の内にコツコツ拾っておくとよいかと思っているところです。

さて、大きなニュースはないのですが、相変わらず韓国が暴言を吐きまくりですね。

先週は天皇陛下を侮辱する発言まで飛び出す始末で、もはや手に負える状態ではなくなってしまいました。

親韓で極左の朝日新聞でさえ、これはおかしいという論調の記事が載っていたようですし、もはや止めようがない状態ですね。

韓国と友好を結ぼうという考えが根本から間違っている事が明らかになった訳ですし、潰れてもらうしかないですね。

今までの政治は、あちこち我慢しながら隣国とは協調すべきという方針だったのだと思いますが、これは完全に見直さなくてはならないでしょう。

そして、今後は妙なところに妥協点を見つけるのではなく、竹島を返してくれるまでは何の話し合いもしないし、国交も正常化しないとしておけばいいのです。

まあ、本来は力づくで竹島を取り返しに行くのが一番なのですけどね。

結局、韓国は力にしか屈しないので、こっちが強いというのを見せつけないと絶対に謝らないし、言う事も聞かないのです。

「下に見た奴は、徹底的に下!」という考え方が韓国文化ですので、下手に出たらその時点で全ての交渉は負けが確定なのです。

だから日本と韓国は上手く行かないのでしょうね。

日本人は、心のどこかで「話せばわかる」と思っている事が多いのですが、韓国人に対してはこれは全くの無意味なのです。

これはもうDNAに刻まれた性質であり、変え様はないのです。

力でねじ伏せるか、一切関わらないのが正しい判断なのではないかと思うところです。

力でねじ伏せると言えば、品薄株もそんな感じですね。

下手に関われば大けがをしますが、力のある所に付いて行動して行けば勝てる可能性が高いのです。

怖ければ関わらず見ているだけ。

正にこんな感じです。

株の世界では力のある所が一番強いのです。

ただ、本当の勝利を収めるためには、この力のあるところが買っている内に売り抜けなくてはなりません。

いくら力があっても、最後は売り抜ける事がほとんどですからね。

まあ、最後はファンドに嵌めて終わりって話もありますので、力あるところが売るまで大丈夫だったり、嵌められたファンドが更に仕掛けて行ったりという事もありますので、奥の深い勝負になる事も多いです。

例えば、安いところから買い集めて仕掛けが行われた4588オンコリスバイオは、既に大方売り抜けている状態のはずなのです。

それでも1800円台に居るという事は、また別のどこかがこれを大量に買っている状態だと思われます。

それが困った状態なのか?それとも承知の上の事なのか?

まあ、何にしても多くの資金は次の銘柄にシフトしている訳ですし、次の銘柄を買って行くのがお勧めです。

銘柄毎に色々な癖があったり、性質があったりで、何でも一括りに出来る訳ではないのですが、性質を見極めながら相場を楽しんで行って頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株が物凄く強いですね。

主な材料となっているのは米中通商交渉が合意に向けて動いているという観測からだと思われますが、米が中国に求めているのは「泥棒をやめろ!世界標準で公平な取引をしろ!」というものです。

中国がこの要求に何処まで応え、どこまで米から妥協を引き出せるのか?

丸呑みすれば中国は崩壊しかないので、その交渉力がいかほどのものなのかが気になるところですが、既にボロボロになっている中国にどれほどの交渉力があるのかは微妙なところです。

中国の景気は相当落ち込んでいる様で、せっかく作った新幹線も乗る客無しで赤字状態だそうですし、あちこちで倒産も相次いでいる様ですからね・・・。

このまま自壊してくれれば良いのですが、追い詰められた後に何が起こるのかは、今のところ予想することは出来ません。

ただ、どう考えても米の目的は中国に覇権は握らせないという事であり、何をどう合意したとしても、いまのまま中国が発展して行く未来は無いでしょう。

いずれにしても米にはマイナスにならないのではないかと思っているところです。

今の米は、もはや中国からの安い製品に支えられている国ではないのですからね。

判断は難しいのですが、今はこの楽観論に乗って相場を張っても良いのではないかと思っているところです。

まだまだ弱気な投資家が多いですし、今ならまだ買いで良いでしょう。




さて、買いは良いとして、何を買って行くかですが、例えば急騰で注目を浴びた4588オンコリスバイオでありますが、安いところから仕込んで仕掛けてきていた筋は1800円近辺で上手く抜けていると推測しております。

完全に上手くやり遂げた状態ですが、次にこの資金が向かうのは何処なのか?

この答えはメンバー限定となりますが、情報を持って相場を張るのと、持たずに相場を張るのには大きな差があるでしょう。

これが高値であるならば、ちょっと怖さも感じるところなのですが、幸い押し目で安い局面ですからね。

この辺をコツコツ拾っておけば、相場になる日も近いと思っているところです。

そして、先週注目を浴びた8186大塚家具は急落しておりますが、仕掛けていた筋は売り抜けに成功しておりますので、これもまた次の銘柄に資金をシフトさせていくはずです。

現在全力で調査しているところですので、分かり次第メンバーにお伝えしたいと思っております。

もちろんですが、大塚家具はとっくに手仕舞い済みです。

ところで、品薄ではありますが、非常に期待できる銘柄の仕込みも継続中です。

なかなか上手く買えない銘柄だとは思いますが、期待は大きい銘柄ですので、緩い場面を狙ってコツコツ買いを入れて行って頂ければと思っているところです。

しばし強い相場が続くと思いますし、この機を逃さず買いで勝負して行きたいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は荒れた動きとなっておりますが、チャートに忠実な荒れであり、荒れて当然の局面でしょう。

特別チャートを重視している訳ではありませんが、確かにそうなる可能性が高いと思う場面はありますからね。

100%ではないとしても、80%位でその動きをするだろうと思えば、それに従っていれば良いと思っているところです。

さて、米国株は下げたとはいえ、意外としっかりで、理由としては米中通商交渉が良い方向に行くのではないかという甘い見通しが支えになっている様なのです。

何度も書いておりますが、米が中国に迫っているのは「国際ルールを守る普通の国になれ!」という事であり、貿易赤字を削減が主ではないのです。

あれはメディアが貿易戦争だと騒ぎ立てるためにピックアップしている題材であり、保護主義がどうだとかと話ではありません。

これは民主主義と、中国共産党帝国との戦いであり、我々は民主主義側で戦わなくてはならないのです。

とにかく、中国に歩み寄るような姿勢を見せつつも、結局はファーウェイの重役を逮捕したりしておりますし、世界中にファーウェイ製品の排除を求めたりして行っているのです。

これは、どう考えても中国と融和する気など無く、叩き潰す!という意思の表れでしかありません。

その辺が理解できないと、いざという場面に対応できなくなるという事を知っておいて頂ければと思っております。

という訳で、今日は荒れ気味の東京株式市場ですが、テクニカル的に押す場面でしかないので、特に問題はないが、世界情勢の変化が急であると本物の下げにつながる可能性もある。

そんな風に考えてみて行けば良いでしょう。




さて、上昇しても上値は重いですし、下もそれ程下げ圧力はないと思っているところですので、ここで注目していくべきは材料株という事になります。

最近、強めに推奨していた8186大塚家具は、材料発表もありました。

今日はファイナンスの発表をしておりましたが、価格が安すぎますので、やはり荒れるだろうな・・・と思っています。

まあ、既に手仕舞いした銘柄であり、今後はどうなろうとあまり興味はないのですが、とにかく注目される前に買って、注目されたら売る。

そんな感じの取引が一番手堅いでしょう。

さて、ここで一つプレゼント銘柄です。

相場全体が軟調なために注目されていないのですが、7254ユニバンスが好決算を発表しておりました。

第三四半期で通期予想を上回っており、3か月後の本決算では大幅な上方修正が必至です。

現時点でもPER7倍ちょっと、とPBR0.4倍以下は余りに割安です。

相場全体も影響もありますし、そもそも人気株ではないという事で動きは鈍いのですが、買っておいて損は無い銘柄だと思っています。

この好決算が浸透して来れば、次第に上値も買われると思いますし、期待できる相場になる可能性は高いでしょう。

慌てて上値を買う必要はありませんが、緩い場面を狙ってコツコツ拾って行けば、一足先に春を感じることが出来るのではないかと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は引き続き堅調ですね。

225は先行して上げていたので、今日は小幅な上昇での取引となっておりますが、しばし強い相場は続きそうな感じがします。

ただ、米国株が強い背景にあるのは「消費者物価指数(CPI)がインフレが抑制した状態で、早期利上げの必要はなさそうだ」とか「米中通商交渉が良い方向に向かっている」とかであり、どれも危うい材料であるような感じがしております。

ここのところ原油価格は上昇してきておりますし、米中通商交渉が融和的になるとも思えないのです。

ですから、目先は意外と盛り上がってきている相場ですが、高値を追って買いに行く様な事はしたくないと思っているところです。

何度も書いてきておりますが、米は中国を潰しに行っているのであり、中国が元気になるような結果にはならないはずなのです。

貿易赤字に不満があるというのは真っ赤な嘘で、それを理由に中国に対して改革を迫っている訳です。

戦争とは武器で殴り合いをするだけではなく、経済で打撃を与えるのもまた戦争であるのです。

貿易戦争と言ってしまうと、この時代に何を!?と言いたくなると思うのですが、そうではないという事を理解しておくべきでしょう。

また、CPIについてですが、現在は原油価格が上昇してきており、それが多方面に影響を与えてきておりますので、インフレ圧力は高まってきている可能性があります。

ですから、今のところは問題なしとしても、必ず問題となる時が来ると思っている方が良さそうです。

さて、連日ご紹介していた8186大塚家具ですが、会社側は報道内容を否定しましたが、資本業務提携の道を模索して動いているのは確かですね。

今日の決算は3期連続赤字という事で、会社側はかなりのピンチですから、締結まで持っていけていない話をリークして株価を維持しようとしたのかも知れませんね。

この手の話は、どこが出資するかで評価が全く変わってしまいますので、現時点では買えない話という事になりますが、間違いなくどこかには決まって会社の再建策が出てくると思っていて良いでしょう。

残念ながら発表内容が中途半端ですし、株価は先行して買われておりましたので、今日は売り気配スタートでありますが、こうした事態も想定して昨日の内に一部利食いは出しておりますし、今日は残りも利食いしてしまえば良いと思っているところです。

今後の材料次第では再度買われてくる可能性はあると思っておりますので、引き続き監視は続けて行きたいところです。

まあ、短期でそこそこの利益が取れたので、これはこれでももう良いと思っているところですし、おそらくはこれを利食いした資金がどこかへ向かいます。

それを探り当て、また良いところから仕込みを開始したいと思っているところです。

ちなみに、5G関連で注目して推奨している某銘柄がいい感じで高値更新となってきております。(某銘柄は6778アルチザネットワークス)




先日までは4592サンバイオがバイオ相場を牽引しておりましたが、これが終わり新たなテーマが何になるかと思っていたのですが、睨んだ通りに5Gが賑わってきております。

相場においてテーマはとても重要ですので、こういう視点でも相場を見て行けば良いのではないでしょうか。

さて、色々候補はあるのですが、次は何処に狙いを定めようか・・・。

今後の推奨銘柄にも注目して頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は21000円を回復してきましたね。

警戒感を持って見守っていた相場でしたが、意外にも直近高値更新へと向かってきました。

21000円を超えても21200円付近には75日移動平均線があるために、そう簡単に上昇出来るとは思っていないのですが、それにしても強い相場だという印象です。

懸念していた米の今年度予算は与野党が合意しましたし、明るいニュースもあった為だとは思っているのですが、弱気の意見が多かったですし、相場はその逆を取りに来たのでしょうが、意外な強さに少々驚いているところです。

まあ、意外と言っても、空売りするほどの下げに期待していた訳ではなく、上げなら上げで利益は出ます。




連日ブログでもお伝えしている8186大塚家具は、今日も順調な伸びを見せており、500円台まであと一歩のところです。

ただ、問題は明日が決算発表であり、ここで良い数字が出る可能性は低いでしょうね。

良い数字が出ないが故に、会社側は何らかの対策を練っているはずで、その何らかの対策が発表されるのではないかと見ているところですが、以下3つのシナリオが考えられます。

・悪い決算と同時に材料出し

・時間差で材料出し

・まさかの無策

まあ、予想外に良い数字が出るというシナリオもなくもないのですが、この場合は株価も上昇につながる可能性は高いので、問題はないでしょう。

ただ、予想外に数字が良かった場合は、無策でしょうね。

今の相場は業績を買いに行っているのではなく、新たな策に期待した相場だと思っているので、下手に良い数字が出れば出尽くしで売られる可能性もあるでしょう。

ですから、無難に行くならば、今日は確実に一部利食いを入れておくべきでしょう。

さて、最近は飲食店の馬鹿なアルバイトが営業妨害につながる動画を投稿して吊し上げられる事件が頻発しておりますね。

バイトテロなんて言われてますが、この問題の背景にあるのは何であるのか?

単に馬鹿なのか?とも思うところではあるのですが、真面目に働きたくなるような環境の職場ではないのではないか?

そんな疑問もなくはないですね。

そもそも、もっと給料が高かったら、おそらくはこんな馬鹿な事をする奴は激減するのではないでしょうか?

そして、そもそもこういう程度の低い従業員を雇わずにも済むのではないでしょうか?

昔からこの手の従業員にこういう輩が多かったのでしょうが、昔はスマホやネットが無かったので、発覚しなかっただけとも言えます。

スマホやネットというのは、本当に恐ろしい武器になるなと思っているところですが、これらの事件を見ていて私が思い出すのは、実は北朝鮮なのです。

どういうことかと言いますと、あの国は日本株を空売りしておいて、ミサイルを飛ばして日本の株価が下がったところで買い戻すのです。

酷い話ですが、国家ぐるみで行える荒業であった訳です。

しかし、今の世は考えようによっては個人でも同じような事が出来てしまうのです。

あのようなバカ動画が原因で対象となった企業の株価は下がることが多いのです。

最近では、くら寿司が6日に130円下落し、時価総額約27億円が飛びました。

損害賠償がどれ程の額になるかは分かりませんが、上手くやればそれ以上に儲ける事は可能だろうと思うのです。

昔は国家ぐるみでやるとか、大規模な仕掛けが必要だった悪行ですが、今や個人レベルでもそれが可能になってしまったのです。

私自身もスマホ無しで生活できない状態ではありますが、この小さな機械に人は支配されている様で、本当に恐ろしい世界になったと感じているところでした。

企業はこういう事も起こり得ると認識して欲しいと願っております。

事件が起こると従業員を教育して・・・というコメントが毎度出てきますが、教育以前に待遇はどうなのですか?と、そんな話です。

くれぐれも、この話を参考にして犯罪を犯さない様にお願いしたいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

色々と悪材料があるので警戒しながら相場を見ているのですが、思ったよりも強い展開ですね。

まあ、警戒しているとはいえ、買いスタンスであり、上げれば素直に嬉しいのですが、とにかく読み難い相場であることは確かです。

ですから、買いはお勧めしているのですが、あくまでも控えめですし、こうして予想外に大幅に上昇して来れば一部利食いはして頂くように助言しているところです。

例えば、先週一般公開を行った8186大塚家具は460円台に乗ってきておりますが、推奨は1月18日の402円からで、押し目でも買うようにとしておりましたので、それ以下で仕込めているメンバーも多いでしょう。

それでこうして大幅に上昇してきているのですから、当然一部は利食いすべき頃です。

しかし、それでも強いです。

まあ、まだまだ本格的な上昇ではありませんし、余裕があるのならば、持ったままでもいいのですが、とにかく相場が不安定で、しかも読み難いのですから、無理せず着実に利益を積み重ねて頂きたいところです。




勝負所ならばこんな場面でも「買いだ!」としても良いとは思うのですが、やはり株は安く買って高く売るものであり、そうするためには安くなっている場面を買いとするのが一番なのです。

もちろんスタートしたか、スタート間近の上昇局面で乗るという手もあるのですし、そういう銘柄を推奨することもあります。

ですから、全ての銘柄に言える買いタイミングという訳ではないのですが、とにかく押したところで買えれば利食いできる可能性は格段に上がると言って良いでしょう。

そして、今日買いたいと思っている押し目の銘柄は〇〇〇〇ですが、これは少し品薄で、やり難いと言えばやり難いのですが、先週ちょっとした仕掛けて買われる局面があり、今日はその反動安です。

この安い場面は、おそらくは提灯の振るい落としであり、こういう場面こそが買いになると思って見ているところです。

買われた後の嫌な場面。

ここで買いに行けるかどうかが勝敗を分ける事が多いのです。

高いところを追って行くと、こういう場面で売らされるし、そういう売買をしていると、いつまで経っても利益を手に出来ないのです。

特にロスカットを重要視するような売買ですと、本当にロスカットばかりが増えてどうにもならないという事になりかねない訳です。

まあ、ロスカット重視の売買の場合はこういう銘柄は選択しないのかも知れませんけどね・・・。

その辺はよく分からないのですが、とにかくこういう安い場面でこそ強気で集めて行くべきだと思っているところです。

夢を見たい相場環境ではありませんが、この銘柄は倍増から3倍増位はあるかも知れない銘柄となっております。

さて、世界の問題ですが、色々あり過ぎて難しい状況なのですが、今週末は嫌な感じですね。

特に気にしているのが米の政府機関の再閉鎖で、そうなれば民主党に責任があるとトランプ大統領が言っておりました。

今の民主党は強固な反トランプであり、今のところは妥協しそうな雰囲気はありません。

国境の壁は差別につながるとか、国境の脅威は作られたものであるとか、ドローンで警備しろだとか、どう考えても民主党の考えはおかしいのですが、何故かそれがまかり通っているのです。

今のところは壁の建設に反対している米国民も多い様で、それが民主党の強気につながっているのだとは思うのですが、それにしても道理が通らない話であり、米国民というのはやはり知性が低いのかも知れない・・・と、思ったりもするところではあります。

まあ、日本も大分低いですけどね・・・。

モリカケ問題を2年もやって、結局確たる証拠は何もないのですからね。

それでも国民の多くは、きっと何かはやっているに違いないと思っているのでしょう。

確かに役人も政治家も酷いのが多いのですが、こんなところにスポットを当てている陰で、極悪非道な案件は山ほどある訳です。

例えば、関西生コン事件とかは逮捕者が16名とかで、とんでもない事件なのに一般メディアは全く報道しませんね。

これも政治家が絡んでいるのでしょうが、安倍首相が絡んでいないのでメディア的には面白くないのかも知れませんが、本当に日本ってどうなっているんだ?と、恐ろしくなってきます。

くだらない事でも安倍を攻撃できるとなれば、どんどんやるが、重大な事件でも安倍を攻撃できなければ報道すらしない。

これが我が国のメディアの現状です。

ですから、米国民は知性が低いとか言ってられないですし、韓国すらも笑っていられないしょう。

まあ、流石に韓国よりは良いとは思いますが、それでも馬鹿にできる程、日本は立派な国ではないなと思うところです。

本当に恐ろしくなってきますが、とにかくメディアの論調に流されない冷静な目が必要だと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

2月のSQを通過しましたね。

今後の消費税増税であるとか、政治動向等を考えて行きますと、国内景気が良くなることは無いでしょうから、先々は下げであろうと思っているところです。

そんな中で出てきたのが欧州の経済見通しです。

この内容は、各国大幅な下方修正で、特にイタリアに至ってはマイナス成長になりそうな感じですし、ドイツの落ち込みも酷いです。

まあ、中国があれだけ落ち込んでおりますし、中国べったりだったドイツも流石に距離を置いてきておりますが、その影響は避けられないといったところでしょう。

更にイギリスのブレグジット問題もありますので、欧州の先行きは暗さ以外の何があるのかといったところです。

一方好調なのは米国ですが、好調を背景に対中政策を強固にしており、その調子で頑張って欲しいのですが、やはり経済的な打撃は多少なりともあるでしょう。

今回、米中通商交渉が調整できず、首脳会談は無期延期状態であることが発表され、これが悪材料視されている様ですが、こうなることは必然でしかなく、私にとっては何の意外性もありませんでした。

米が中国に求めているのは「泥棒を止めろ!人権弾圧を止めろ!強引な領土拡大政策を止めろ!」ですが、中国はこれらの政策で生きている国ですから、辞められる訳がないのです。

それは、パンダに笹を食べるなと言っているに等しい話であり、止めれば死ぬしかないのです。




まあ、人間も食べずに点滴と流動食で生き続けれますから、パンダもそうすれば生き続けるかも知れませんので、中国も何とか生き続けるかも知れませんが、少なくとも共産党は解体するしかないでしょう。

ですから、中国が米の要求を飲むはずが無く、この結果は必然だという事になるのです。

不可解なのは、先日トランプ大統領が、良好な話し合いができているとかなんとか、少し思わせぶりな発言をした点です。

中国に揺さぶりをかけるためだったのか?

それとも、自分が折れるつもりだったのか?

真相はよく分からないのですが、あの発言を市場は好意的に受け止めて、株価も上昇したのです。

全く理解に苦しむ展開でしたが、結局行きつくところは変わらないのであろうと思っているところです。

ですから、目先いくら世界経済が苦しくなろうとも、このまま中国をのさばらせるよりは良い。

そんな感じで見て行けば良いでしょう。

さて、目先が読み難い相場が続いておりますが、やはり材料株は面白さが継続しておりますね。

先日から一般公開はまだ早いか・・・と思いながらも公開に踏み切った8186大塚家具は、本日も続伸となっております。

どうして高級家具の販売で苦しんでいる銘柄を推奨したのか?

来週14日は決算を迎えますが、良い数字が出るはずもないのです。

まあ、詳細は書けないのですが、要するに悪すぎるから手が打たれるだろうという事です。

どんな手が打たれるのかは、もちろん分かりません。

ただ、打たれるであろうという状況証拠は積み上げております。

何と表現したらいいのか分からないのですが、私は知ることが出来ない情報ですが、そういうのを知っていると思われるところはあるのです。

もちろんそういうところは巨額の資金を運用しておりますから、情報網は凄いのだと思うのです。

何処からどうやって情報を取っているのかは知らないのですが、絶対に何かを握っているのだと思っています。

知れば私も同罪になりますので、それを知ろうとはしませんが、知っているだろうと目星をつけているところの動きはしっかり監視をしている訳です。

もちろんどうやって監視しているのかは企業秘密ですけどね。

そうして有望な情報を掴み、それをメンバーの皆様にお届けする。

それが私の仕事であり、生き甲斐です。

また面白くなりそうな情報も入ってきておりますので、新しい情報にもご期待頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

何とも難しい相場ですね。

米国株は堅調そのものなのですが、日本株の弱い事、弱い事。

原因はあり過ぎて、何が問題だと指摘し難いのですが、とにかく弱い事だけは確かですね。




その中でも材料株は、それなりにいい感じで動いているものもあるのですが、その数も大分絞られてきておりますね。

例えば、ここ数日押し目買いの銘柄ですという事でヒントを出していた銘柄は8186大塚家具です。

今日もじりじり値上がりしておりますが、未だ上値はあると思っており、推奨も継続しております。

利食い場所までは一般公開しませんが、とにかく今日はこのまま推奨を継続しますし、まだ売るつもりはありません。

これから面白くなると思っておりますので、ここからでも注目してみてはいかがでしょうか?

それと、どうも納得いかない動きをしているのは4592サンバイオです。

どう考えても高過ぎだと思いますし、どうしてここで売買がされているのかが、いまいち分からないのです。

先日の連続S安から寄り付いた時点で4500億円ものカネが消し飛んだ訳ですが、一気に戻してきておりますからね・・・。

何処まで反発するのかは分かりませんが、最終的には2000円割れ位までは売られるのではないかと思っておりますし、触るつもりは全くないのですが、それにしてもここまで戻るというのは本当に驚きです。

まあ、これが株の怖さであり、面白さでもあるのですけどね・・・。

とにかく、サンバイオは観賞だけに止めておいて、楽しんでいようと思っているところです。

それと、恐ろしいのは9984ソフトバンクGですね。

戻り高値を狙って空売りしてやろうと狙っていたのですが、ここへ来て自社株買いの発表で急騰。

売りで狙うべき値段にも見えますが、孫さんの執念の様なものを感じますし、ここは下手に触らない方が良さそうだという判断に変わりました。

個人的には先のある企業だとは思えないのですが、孫さんは株価のためには何でもやってくる可能性がありますし、そういう意味では売り時はまだ先なのかも知れません。

何かを売りのターゲットにして行こうと思っているのですが、とりあえずこの銘柄はターゲットから外し、他の銘柄を狙って行こうと思っているところです。

ただ、私は基本的に買い屋であるため、無理に売ろうとまでは思っておりません。

やはり押し目を買って値上がりで利益を得る事が自分のスタイルだと思っているからです。

さて、後はどの銘柄の押し目を狙って行くかですが、いい感じで押してきた銘柄がありますので、この辺を狙って行くのが良いだろうと思っているところです。

なかなか難しい相場ではあるのですが、分からないところに手を出さず、分かるところで売買して行けば、利益を得て行く事は可能でしょう。

分かる銘柄を増やし、利益も増やして行って頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

やっと4592サンバイオが寄り付きましたね。

ただ、一歩早いかな?とは思いながら見ておりました。

気になったのは、某有名個人投資家が大量に買って、その旨をTwitterで流し、その直後から提灯がどっと付いて、値上がりしたようなのですが、そのタイミングでその投資家は売り抜けた様で、ざっくりではありますが、1億円ほど儲けたのではないかと噂されているところです。

まあ、実際に売買しているものをTwitterで公開することは違法ではないですし、情報の利用する側が気を付ければ良いだけの事なのですから、特にこれに関して意見がある訳ではありません。

ちなみに我々投資顧問は金融庁が監督しており、表現が悪かったりすれば改善命令がありますし、とにかく自己売買については厳しく監視されており、自由に売買が出来ない状態です。

先日も抜き打ちの定期検査で証券口座のデータや銀行口座の写しを全部持っていかれましたからね・・・。

まあ、うちは潔白であり、何の問題もないのですが、少しはTwitterなどで暴れている輩も取り締まるべきではないかと思ったりはします。

Twitterでは明らかに風説の流布を行っている、悪質な人が結構いますからね。

まあ、これほどの数のつぶやきがあれば、どれをどう取り締まったらいいのかも分からないでしょうし、これからもこうしたつぶやきは放置されて行くのでしょうね・・・。

引っかかる方が悪いとは思うのですが、そんなことを言ったら全て無法地帯になりますし、取り締まるべき事案は取り締まるべきですからね。

何にしても公平性は確保して欲しいなと願っているところです。

さて、実はここのところ期待を寄せている銘柄があるのですが、これが数日前までちょっと押していたのです。

あの場面を買って行けば良いと思っていたところですが、昨日の上昇で推奨した辺りに戻ってきました。

これで売ってもトントンか、微幅の利益確保となって行くはずですが、どうも何かありそうなのですよね・・・。

決算は来週で、それまでの間に何かが・・・と思っているのですが、本当に騰がり出したならば、材料など何も出ない方が良いのです。

株が上昇するために必要なのは、真実ではなく、真実を思わせるようなものだけがあれば良いのです。




上昇してきた場面で下手な材料が出ますと、それで出尽くしとなる事も多いですからね。

ですから、押しているならば材料が出てこないかと期待するのですが、上昇してきたならば、何も出てくれるなと思いながら見るのです。

高いところで材料の出てきた銘柄は、大抵ろくな動きにならないですからね・・・。

上昇してくると材料期待!何ていう投資家も多いですし、実際に私もそんな風に思ってしまう事もあるのですが、それはあくまでも時と場合によるし、材料の中身にもよるのです。

良く使われる言葉としては「材料出尽くし」ですが、この言葉の意味はよく理解しておくべきだと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

4592サンバイオがやっと寄りそうですね。

S安なら買いのチャンスなのですが、どうも手前で寄りそうですし、ちょっと迷いどころですね。

狙っている方も多いと思いますが、途中で寄れば博打要素が高まりますので、もし買いに行くなら画面から目を離さない事です。

ただ、動きが早いので、動きに合わせて売買しようとしても、思ったよりも安く売ってしまったり、高く買ってしまったりと、なかなかうまくは行かないかも知れません。

やるとするならば、寄付きを買って、上手く値上がりしたら半分売って、下がってしまったら手仕舞い。

上手く騰がってくれたら半分をそのまま様子見で持ち続ける。

まあ、こんなところでしょうね。

博打と割り切って遊びたいという方は、参考にして頂ければと思います。

話題のサンバイオを売買したいのであればこんな方法で良いと思うのですが、私が気にして見ているのはバイオセクター全体です。

サンバイオの寄付きで損失が確定し、更に他の銘柄にも売りが出てくる可能性があるのですが、全体を見ていると米国株高にも助けられ、意外としっかりした相場が続いております。

まあ、サンバイオによる損失が出るのは既にある程度は計算ができている訳ですし、処理が進んでいると思いますので、それ程キツイ売りは出ない様な感じはしているのですが、それでも寄り付けばそこから色々売りが出てくる可能性は残っておりますので、今はある程度の警戒は続けておく必要があると思っているところです。

それと、バイオ株全般に激震が走った訳ですが、意外と立ち直りが早いですし、サンバイオはサンバイオと、割り切った動きにも見えます。

もちろんバイオは相場になり難くなったと言えますが、そういう目で見ている投資家が多いと思いますし、それが逆にプラスに働く可能性もあると思っているところです。




ただ、先にも述べたとおりですが、今は少し様子を見て、サンバイオが寄り付いた後に動きを見極めて行動に移して行けば良いと思っているところです。

売られたら買いでしょうし、買われたら様子をうかがっておく。

こんな感じで良いと思っているところです。

もちろん買うべき銘柄はじっくり観察をし、狙いを定めておく必要があると思っています。

どうなるかではありますが、特に売られそうなマザーズのバイオの中に狙いを絞ってみるのも良いだろうと思っているところです。

ところで、先日ご紹介した3541農研ですが、サンバイオショックで売られてからもしっかりした値動きを続けておりますね。

既に書いたかもしれませんが、これで終わりの銘柄ではありません。

再度高値を更新して行くような場面が出てくると思いますので、引き続き緩い場面は買って行くと良いと思っているところです。

この他にも色々あるのですが、まずはこの辺に注目していくと良いかと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株高に牽引されて、225もなんとか21000円が見えてきましたね。

ただ、なんとか見えてきただけで、超えたとしても21500円程度ではないかと思いますし、この先があるような気はしません。

依然として4592サンバイオは寄り付きそうもありませんし、混乱の火種は残ったままだと思っています。

サンバイオだけで、既に3000億円以上が消えた訳ですが、寄り付くまでは更に多くのカネが消えてなくなりそうです。

相場全体の雰囲気が悪くないので、意外と影響が少ないと思っているところですが、実際は多くの個人投資家が傷つきました。

本当に酷い話なのですが、今後もこの教訓として注意しておくべきことをまとめておきます。

・一番注意したいのは、空売りのできない銘柄なのですが、特にこれは新興市場に集中

・二番目は個人投資家の参加率の高い銘柄ですが、これも新興市場に集中

・三番目は信用買い残が異常に膨らんだ銘柄

・四番目は外資の空売り状況

煽って、煽って、個人がどんどん参加して、信用買い残が膨らんだところを、外資は貸株売りで下げの準備をしてきますので、信用買い残が膨らんできたら貸株売りの状況を注意深く観察する必要があるでしょう。




以上の事を要約しますと「マザーズの人気化している銘柄」は注意という事になります。

マザーズの人気化している銘柄を見つけましたら、冷静に分析して乗るかどうかを決めて行けば良いし、例え乗ったとしても日計りに限定しておけば良いでしょう。

下げは確かに酷いのですが、その前に物凄く騰がりますからね・・・。

このチャンスを逃すのもどうかと思うので、やるならこのようにすれば良いでしょう。

さて、買いたいと思う銘柄の話に移りますが、先日ご紹介した3541農研は、現在も推奨継続中です。

サンバイオショックに巻き込まれましたが、何ら問題はありません。

大手との業務提携も発表されておりますが、まだまだこんなものではないと思っています。

この他では公表していないバイオ銘柄が好調ですが、短期的にこの位値上がりすれば、一部利食いは入れておくべきでしょう。

バイオに逆風の相場になる可能性が高いので、今は無理はしないでコツコツと確実に回転を利かせて行けば良いと思っているところです。

もちろん利食いできない分は、慌てて売る必要は無く、少し待っていれば良いでしょう。

いずれ本気になって買って行く相場になるとは思いますが、慌てる必要はないだろうと思っているところです。

ところで、実はある銘柄の空売りを狙っています。

225はもう少し伸びるかも知れませんので、慌てる必要は無いのですが、そろそろ少し売っても良いのではないかと考え始めております。

まあ、今日は逆行安ですし、先に壊れたかな?とも思えるので、売ってみたいという衝動はあるのですけどね・・・。

ただ、無理をすべき局面ではないので、もう少し様子を見ようとは思っています。

その内本格的に空売り銘柄として推奨して行くつもりですので、メンバーは今のうちに観察だけでもしておいてください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日も4592サンバイオはS安売り気配となりそうですが、週明けは値幅二倍という事になりますので、ここでは寄ってくるだろうと予測しております。

寄った際に生じるのが損失の確定ですが、この損失を埋めるための売りがどれ程出るのかは、現時点では分かりません。

ただ、問題発覚初日に相当な換金売りが出されておりましたし、ある程度は織り込めている様な感じはします。

Nasdaqが高かったですし、環境的にも悪くないですからね・・・。

まあ、何とかこのまま落ち着いて欲しいと願っているところですが、サンバイオが寄り付くまではどうなってもおかしくないと思って、慎重に取り組むべきでしょう。

これを機に売られた銘柄があれば、そこはチャンスになる訳ですが、先に買っていると損失が発生するだけですからね・・・。

売られたところで買いに行けるようにしておくのが一番だと思っているところです。

ですから、今日は無理をせずに様子見しているべきでしょう。



ただ、それでも買っておきたい銘柄というのは存在するのです。

例えば、昨日から推奨している銘柄なのですが、6778アルチザネットワークスは、5G関連の穴株です。

一昨日のサンバイオショックで多くの銘柄が売られる中で飛び抜けた動きを見せる場面があり、これを推奨のきっかけとしました。

実はこの銘柄は、前から注目しており、どのタイミングで推奨しようかと検討していたのですが、なかなか押し目を作ってくれず、推奨できないでいたのです。

そして先日のサンバイオショックで「これはチャンス!」と思って見ていたのですが、下げるどころか上げ始めたのです。

これは思ったよりも早くに上昇してしまう可能性が高いのではないか!?

そのように判断しまして、昨日から推奨することになった訳です。

まあ、ちょっと薄い銘柄で、なかなか取り組み難いのですが、それが故に騰がりだすと止まらなくなるという性質も持っております。

中身には非常に期待できますし、昨日の段階ならば買っておいて良いだろう。

そんな判断でありました。

この他にも色々注目しており、どのタイミングで推奨して行こうかと考えている銘柄もあるのですが、出来るだけ良いタイミングで推奨したいと考えておりますし、近い内にまた良い銘柄をメンバーには推奨して行けるのではないかと思っているところです。

さて、昨夜は米国株が米中通商交渉で進展があるような大統領発言が材料となって買われた訳ですが、世界中で中国のファーウェイ排除の動きが広がっておりますし、カナダではファーウェイ幹部が拘束された状態で、その内米に引き渡される状況にある訳です。

それに対して中国はカナダ人を不当逮捕したりと、とてもまともな交渉が出来るような状況ではないと思うのですけどね・・・。

ただ、それでも中国は相当困った状況に追い込まれているのは確かであり、何とか交渉は進めているのでしょうかね?

まあ、交渉と言いますか、要は米が突き付けている条件を飲むかどうかだけであり、どれも飲めば中国の弱体化につながるものばかりであり、簡単に飲めるようなものではないのですけどね。

飲んだら飲んだで、中国共産党が崩壊する可能性すらあるものですから、本当にこの交渉がどういうものになっているのか、私も非常に興味を持っているところです。

株式市場としては以前のままの方が株価も騰がっていいのですが、米は株価よりも中国が力を付けて覇権を握ろうとしているところが許せないのです。

これを潰すためには、多少の返り血は致し方ないという覚悟もあるのでしょう。

株目線だけで物事を見ていると、本当のところを見誤ってしまう可能性がありますので、この点は十分に気を付けなくてはならないと思っているところです。

ただいま2月メンバー募集中です。

12年間にわたり、多くの個人投資家が選択する私の投資情報を、1か月だけでも試しにご利用になってみてください。

新規入会の方で、納得ができなければ理由を問わず返金も致しております。

自信があるのにはそれなりの理由があります。

平日は朝昼晩の3回以上のレポートをお届けし、新情報や、相場に変化があれば、即座に臨時レポートを発行しており、相場対応が臨機応変に出来ます。

また、メンバーは私に直接、質問が可能で24時間以内に回答するようにしております。

情報を基に売買してみたいと願っているならば、私の情報を利用してみてください。

無料では決して得られない、良質な情報のお届けをお約束致します。

本日の申し込みが最もお得です。

→ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。