225は米国株高の流れを引き継いで高く始まり、24500円位後52円ほどのところまで迫りましたが、その後は売り物が出てきて小幅ながら安いところまで売られてきました。

原因として伝えられているのは、米国の南シナ海における航行の自由作戦に抗議し、中国が軍の艦艇を派遣したというニュースがきっかけだとか・・・。

まあ、あり得なくもない話ではありますが、戦争するつもりなら黙って攻撃するでしょう。

「派遣した」と、当局が発表しているという事は「そっちに家の軍艦が行くけど、攻撃しないでね!」でしかありません。

これを材料視して225が売られる・・・。

そんなはずはないと思っているところです。

また、一方では「高値警戒感から利食い売りが出て・・・」というものがありました。

ここで思うのですが、この「利食い売りが出て」の下りですが、どうして「利食い」だと断言できるのでしょうね?

空売りかも知れないし、高いところで飛びついたカネが恐怖に耐えきれずに投げたのかも知れません。

まあ、実際に見ていると、利食いも出ているだろうな・・・と、思う場面はありますけどね。

しかし、気軽に新聞記事に出来るようなコメントではないと思ているところではあります。

特に今日の下げの場合は、売り仕掛け外資の必死の抵抗である可能性もありますからね。

昨日は再度空売り比率が高く、41%台でしたし、今日もおそらくは40%を超えてくるのではないかと思っているところです。

上昇すれば利食いを出したくなる個人投資家の多くは、既に売ってしまって株を持っていないような状態ですし、ここのところ買いに来ている外資は、この程度の値上がりで売ってくるとも思えないのです。

まず、この個人の話ですが、既に怖くて持っていられない状態ですし、もしかしたら空売りで取ろうとか考えているかも知れません。

外資については、短期筋と中長期筋とがありますし、当然上手い外資もあれば、下手な外資もあります。

ですから、売っているのも買っているのも外資の相場。

そんな感じであろうかと思っているところです。




という訳で、ちょっとした報道でも色々気になる事があったりするものです。

漠然と相場のコメントを読むのではなく、もっと深く考えながらコメントを読んで行くと良いでしょう。

さて、やはり相場で大事なのは材料株をいかに選別するかであるのですが、225に関しては目先過熱感が強まっておりますし、そろそろ押し目が入る頃でしょうから、ここを買うべきとは思っておりません。

今朝のメンバー向けのレポートでもそのように書いております。

また、買うべき銘柄についても書いてあるのですが、それは完全に出遅れている新興市場銘柄という事でお伝えしているところです。

どの銘柄かまでは公開できませんが、ここでしっかり銘柄を選別して買って行けば、良い結果が得られるであろうと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

沖縄県知事選挙が野党推薦の玉城デニー氏の勝利となりました。

正直な話、日本の国益という面では大きなマイナスです。

デニー氏は、所謂「米軍出ていけ」のスタンスであり、辺野古への基地移転には当然反対という立場です。

そもそも国がしっかりしていないから駄目であるとも言えるのですが、米軍基地というのは国家安全保障上の話でありますし、これは国が決める事であり、県が決める事ではありません。

一言でいえば、沖縄が日本を脅かす存在になってしまった。

そういう選挙結果でもあるのです。

もちろん国にも問題はあります。

多くの米軍基地を沖縄に押し付けてきてしまった事実がありますし、本土の人間は沖縄県民に対する感謝の気持ちが足りなかったと言えるでしょう。

その根強い沖縄の不満に火をつけたのが先の民主党政権の鳩山由紀夫氏であり、彼が問題をぐちゃぐちゃにしてしまったのですから、彼の責任は重大であると言えますが、そもそも不満が溜まっていたからという事実もあるのだと思っています。

沖縄が荒れるという事は、中国にとって喜ぶべき状態であり、今後は更に中国からの揺さぶりが強くなるでしょう。

沖縄の領土の乗っ取りは中国の野望ですからね。




現在の沖縄は、政策的に送り込まれている大量の中国人観光客によって支えられている部分が大きくなっている様ですが、中国は簡単にこれを止める事が出来ます。

これがどういう事かと言いますと、沖縄経済は中国によって支配されつつあるという事です。

中国と喧嘩をすれば、沖縄に中国人観光客が来なくなり、経済は大打撃を受けるので、中国に対して強い態度で出られなくなるという事です。

今はご存知の通り、米中は戦争状態です。

中国は以前に米と世界を二分しようと提案したのですが、当然日本は中国側の支配という意味です。

米はこれ以上中国を好きにさせては、本当にその様な状態に持ち込まれると懸念して中国との戦いを始めたのです。

当然日本は米側に付いて戦わなければならないのですが、この選挙結果で米と共に戦えるでしょうか?

当然辺野古移転は遅れるでしょうし、米の信頼は得られないでしょう。

これが今後日本経済にどのように影響し、株価にどのように影響して行くのか?

今のところは何事もなかったの如く日本株は買われておりますが、いずれ面倒な悪材料となる事は確かです。

とりあえずは悪影響が無くて良かったと思っているところですが、あらゆる場面で影響してくる悪材料でありますので、心の片隅に置いておかなくてはならないと思っているところですが、とにかくこの県政は何事もなければ4年間続くのです。

結果は真摯に受け止めなくてはならないのでしょうが、本当に大変な事になったと思っております。

我々本土の人間は、沖縄に対する非礼を詫びつつ、真摯に反省し、沖縄が今後も日本であり続けられるように努力しなくてはならないと思っているところです。

さて、株の話になりますが、とりあえずこの問題は株式市場では懸念されていないようですね。

どこかで悪材料として認知されて行くと思っておりますが、今は上昇気流に乗っておりますので、こういう時はこの程度の悪材料は無視される傾向にあります。

まあ、この程度と言いましても、私はかなり大きな悪材料だと思っているのですが、今のところは急反応ではなくて良かったなと。

現在も基本的には買い姿勢であり、上昇を予測しておりますからね・・・。

相場の世界というのは、分かりきった事でも後からその材料を評価することが多いですからね。

と言いますか、株価の動きに合わせて評価を変えているだけとも言えますし、その判断は難しいところなのですが、とにかく今のところは上昇継続と見て行けば良いと思っているところです。

さて、長く推奨してきた銘柄ですが、押し目を作ったものの、高値圏まで戻ってきた銘柄があります。

メンバーからも「レポート通り安いところでどんどん買い増しした結果、現在凄い利益になってきている!」との喜びの声も頂いているところです。

本番はあくまでもこれからであると考えており、出来るだけ早い内に買っておいて欲しいと願っている銘柄でありますが、この時点で利益が膨大であるならば、いくらかでも利食いはしておくべきだと思っております。

自信はあるのですが、株は何が起こるか分かりませんからね・・・。

安いところでは、買っておいても大丈夫と思う事が多いのですが、高いところではやはり慎重に行動すべきなのです。

未だ持っていないのであれば、それはまあ買って行けば良いだろうとも思うのですが、既に利益が出ていれば話は別というものです。

この他にも買っておいたら利益が出るであろうと予想している銘柄はいくつもあります。

例えば、早めの公開としていた2929ファーマフーズも、持っていないならば買っていいところだと思って見ておりました。

先週末は高値を取った後に急反落しましたが、あのような場面は見逃したくないですね。

後は、もちろん安いところに放置されている有望株であるとか、スピード感はないが、じりじり値上がりしている銘柄もあります。

意外と注目度が高いのは、このじりじり値上がりしている銘柄で、実は結構楽しみにしております。

本当に遅いのですが、気が付いたら1割、3割、5割と、そんな感じで値上がりして行くのではないかと予想しているところです。

世界情勢は色々厄介な時ですが、常に冷静に相場を観察し、大きな間違いをしないように注意しながら勝負を挑んで行けば良いでしょう。

ただいま10月メンバー募集中です。

11年間にわたり、多くの個人投資家が選択する私の投資情報を、1か月だけでも試しにご利用になってみてください。

新規入会の方で、納得ができなければ理由を問わず返金も致しております。

自信があるのにはそれなりの理由があります。

平日は朝昼晩の3回のレポートをお届けし、新情報や、相場に変化があれば、即座に臨時レポートを発行しており、相場対応が臨機応変に出来ます。

また、メンバーは私に直接、質問が可能で24時間以内に回答するようにしております。

情報を基に売買してみたいと願っているならば、私の情報を利用してみてください。

無料では決して得られない、良質な情報のお届けをお約束致します。

本日の申し込みが最もお得です。

→ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。