5月も今日で最終日となりましたね。

誰もがないと予想していた米朝首脳会談が実現する運びになり、有意義な中身となれば朝鮮半島の緊張は緩む訳ですから、リスクオフムードは変化するであろうと読んでいるところであり、実際にそうなっていくと思います。




ただ、ここへきてイタリアの政治的混乱が大きくなっておりますし、米中の対立もまた深刻化しそうな気配を見せておりますので、そこまでやすやすとは行かなそうな雰囲気ではありますね。

北朝鮮に対する経済制裁は本当に強力であり、いくら独裁国家で人民を奴隷のように使っていたとしても、このままでは金正恩も痩せてしまいかねない状態であり、早く何とかしなければいけないという焦りはあるのでしょう。

ですから、北は対話姿勢を見せている訳ですが、そのまま上手く行ってもらっては一番困るのが中国です。

一時は金正恩を呼びつけて、反発しろとでも言ったのでしょうけれども、その時の些細な反発ではありましたが、トランプ大統領は即座に会談中止を決定し、これに焦った北は即座に詫びを入れた状態となった訳です。

この時点で米の勝利はほぼ確定であり、会談は上手く行く可能性が99%だと思っておりますが、問題は上手く行ってほしくない中国がどう出るか?

1%の失敗の確率は、この中国の動き次第でありますが、こればかりは正直読み切れません。

ただ、トランプ大統領は非常に狡猾であり、中国へ対する釘の刺し方も上手いと思っています。

間違っても首脳会談に乗り込んでこられないように、貿易関税であるとか、航行の自由作戦であるとかで、あまり馴れ馴れしくできないようにしているように思うのです。

下手に仲良くしていると、米朝会談にも混ぜてくれと言い出すかもしれませんから、このぐらいの釘は刺しておいていいと思うのです。

結局、北は米と和解せねば日本との貿易が再開できませんし、中国と仲良くするよりも利益は大きいはずなのです。

まあ、日本と仲良くするには拉致問題を完全に解決しなくてはならないですし、米もその辺は分かっていると思いますので、これを機に拉致問題も一気に解決してしまうかもしれないと、期待を寄せているところです。

安倍首相は12日の米朝会談の前である7日に日米首脳会談を設定できた様で、トランプ大統領と最終調整をしてくるものと思われますし、なんとしてでも上手く事を運んでいただきたいと思っているところです。

一般のマスコミは相変わらず「モリカケ問題」ばかりを取り上げておりますが、この重要な会談を前にしてもなおそんなことをやっているのかと・・・。

「頑張れ安倍首相!」「今度こそ拉致問題を解決してくれ」位の報道をしてもいいのではないかと思うのですけどね。

ここを逃したら、もう拉致問題の解決などあり得ないのです。

皆寿命で死んでしまいますからね・・・。

絶対にここで妥協をしてはいけないのです。

しかし、何故にここまで拉致問題が解決できずに放置されてきたのでしょうか?

おそらく、平和憲法とやらで、日本は何をされても怒らないと担保されているからではないでしょうか?

対話は大事でしょうし、経済的に追い詰めるというやり方もありなのでしょうけれども、国益の為には怒らせたら怖いぐらいの印象は持たせておいてもよいのではないでしょうか。

私も平和は好きですし、ずっと平和であってほしいなと願ってはいるのですが、力のないものが平和を語れる世界ではないのです。

かろうじて日本が平和を語れているのは、米軍が日本にいるからなのです。

二言目には「米軍出ていけ!」と安易に言う人たちが見受けられますが、その辺りの事情は理解しているのでしょうかね?

まあ、大分話が逸れましたが、とにかくこの米朝会談が山場です。

これが上手く行くようになれば、相場も目先は大分良い雰囲気になるでしょうし、今は上手く行ってほしいと願っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

アメフトの悪質タックル問題で、遂に監督とコーチが追放となりましたね。

嘘くさい会見を延々と見せられてきていたのですが、連盟の出した明確な判断の根拠などには擁護は見られず、正常な判断が下されたと思っております。

ただ、少し気の毒なのは反則を行った選手で、命令であったとしても反則を行ったことに対する非難の声もあるようですが、あそこで命令に従っていなければ、おそらくはあの監督につぶされた選手なのだと思うのです。

反則で世間に注目されたからこそ、やっと救われたのであろう。

勿論、怪我をさせられた選手が一番かわいそうなのですが、こうした異常な指導者が根絶されるまで、切磋琢磨していって欲しいと願っているところです。

さて、この事件を見ていて思ったのですが、私もメンバーを指導と言いますか、助言する立場です。

まあ、命令はしませんし、あくまでもメンバー各々が最終的な判断をできるような要素を残したレポートを心掛けているのですが、どうも受け取り方は人それぞれであり、命令されて買ったような感覚になる方も居られるようです。

まさかとは思うのですが、なぜかそうなるのです。

当然ながら下げる局面になると、そういう意見が出てくるのです。

命令していないのは明らかで、レポートを読み直していただければ分かることなのですが、確かに自信のある銘柄は自然と力が入ってしまうことがあり、「買え!」という意図に捉えられることはあるのかもしれません。




また、相当力が入ってきますと、心の中では「買え!ここで買っておかないと儲からんぞ!」と、本気で思いながら書いていたりするのも事実です。

ですから、決して命令ではないのですが、そんな空気が伝わってしまい、勘違いなさってしまうのかな?と、思ったりはします。

皆様には本当に儲けてほしいと願っておりますし、儲けるためには買うべき銘柄、買うべきタイミングがあるのです。

そういうものを見逃して欲しくはない。

ただ、相手は相場でありますし、すべて思惑通りに行く訳ではありません。

思ったよりも待たされたり、思ったよりも押したり・・・。

そんな時にどうするか?

そこで良い判断ができなければ負けなのです。

ちょっと下がると不安になって質問してくる方もおられますし、その気持ちもよく理解できるのですが、いつも言う通り「株の利益は恐怖の代償」であるのです。

何の恐怖も感じずに利だけを得ようなどというのは甘い考えだと言わざるを得ませんし、見込みの利益が大きければ大きいほどに、恐怖も大きくなる可能性は高いのです。

これを上手くレポートで伝えるのがまた難しいのですが、間違いが起こらないように私も日々精進しているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

思ったよりも相場全体は軟調な雰囲気ですね。

米朝首脳会談は関係者が会談実現へ向けて再度動いている様なので、おそらくは実現するのであろうと思います。

会談が実現するということは、北朝鮮の非核化の約束は取り付けられるということであり、日本周辺の危機はやや後退するということになるでしょう。

ただ、一つ気になっているのは、北朝鮮のバックの中国が今回の米朝首脳会談を快く思っていない張本人だとみられる点で、後2週間の間にどれほどの破壊工作を実行してくるかです。

結局、北が暴れている間は南シナ海の軍事要塞化を伴った占領による領地拡大から目をそらせるので、北には暴れ続けてほしいのだと思うのです。

そこで、米朝首脳会談が設定された後に、電撃的に習近平と金正恩が会談を行い、その直後に金正恩は米に対して少し強気の反発を見せたのですが、これはどう考えても中国からの焚き付けといったところであり、金正恩もちょっと強気になってしまったのでしょう。

対日交渉であるとか、今までの米大統領ならば、功を焦ってある程度の妥協などもあったかと思いますが、トランプ大統領相手ではそうは行かないのです。

この点が、凄い大統領だと思っています。

トランプ大統領は、その反応を見て、即座に会談の中止を打ち出し、金正恩は一気に青ざめた訳です。

ただ、これまたトランプ大統領の凄いところですが、会談を中止としながらも、非常に丁寧な書簡であったようで。

「気が変わったらいつでも連絡してくれ」というような旨であったそうで、金正恩は直ぐにこれに応えて、会談の申し込みとなった訳です。

ここで、面白くないと思っているのは、間違いなく中国です。

このまま非核化なんてとんでもない。

きっとそう考えているに違いなく、これから会談までの間にあらゆる妨害を行ってくるのではないかと。

米朝は上手く和解し、ロシアもこの和解の後押しをすると思いますが、中国だけはどうなるか・・・。

米朝問題が解決すれば、次は間違いなく南シナ海問題ですからね。

米は「航行の自由」作戦を再度行うとしておりますし、覇権をめぐる争いは、次の段階に進んでいると思っているところです。




最後にもう一言述べておきますと、ミサイルが飛んでくる可能性のある米が怒るのも当然ですが、一番影響を受けるのは、どう考えても日本なのです。

もしかしたら拉致被害者の問題も解決するかもしれませんし、本当に米には感謝しなくてはいけません。

それを、いつもトランプ大統領を小馬鹿にしたような報道しかしないメディアは、断罪すべきです。

国会を見れば、相変わらず「加計学園問題」を根掘り葉掘りやっておりますし、メディアもまたそれを喜んで放送している。

国会議員もメディアも暇人の集まりなのか?

それとも、国民をあらぬ方向へ誘導しようとしているのか?

恥ずかしい連中を国会に送り出した我々有権者も反省しなくてはならないと思っているところですが、それを過激に報道するメディアはもっと反省すべきでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

先週、トランプ大統領が米朝会談の中止を宣言し、それを知っていたかのような売られ方をしていた株式市場でしたが、週末は一転会談の再調整ということで、再度会談の可能性が高まったようですね。

北朝鮮が完全非核化を受け入れるはずもないので、会談は実現しないと言い切る評論家もおりますが、私は米が折れるはずがないのであるから、最終的に北朝鮮が折れる以外に選択肢はないと思っているところであり、折れさせるための駆け引きの最中であろうという認識です。

まあ、北朝鮮が焼け野原の道を選択する可能性がゼロではないのですが、北朝鮮のことを考えたならば、非核化で経済支援を受ける道を選ぶであろうと思います。

とにかく、多くのメディアはトランプ大統領を小馬鹿にしておりますが、私は選挙の時から凄い奴かもしれないと思って見ておりましたし、この問題は強引に解決してしまうように思っているところです。

反グローバル政策に対してケチをつけたいメディアの報道は、本当に偏っており、メディアの言うことを鵜呑みにしていると、真実を見誤ってしまいますので、かなり注意する必要があるでしょう。




そこで、国内でもかなり気になっている問題があるのですが、そのうちの一つに「加計学園問題」があります。

総理のご意向だとか、よく分からない事をネタに朝日新聞が大々的に批判記事を書いたことから始まっているのですが、冷静に分析すれば、単に政治でしかないのではないか?

獣医学部が日本に一校増えるだけのことに対して、何故にここまで問題が大きくなっているのか?

そこで、色々とこの週末に調べていたのですが、一見数字的に足りているようにも見える獣医師でありますが、足りていたならば、口蹄疫であるとか、鳥インフルエンザとかが大流行し、あちこちで殺処分が行われることがないはずなのです。

そうしたことが起こっているということは、獣医師が足りないか、獣医師の質が悪いからに他ならず、放置すべき問題ではないのです。

単純に公務員獣医師が足りないということもあるようですが、それは給料や待遇を改善すれば足りる問題であり、それだけであるならば新設の必要ないのですが、やはり獣医師の質の問題も相当大きいのであろうと思います。

獣医学会は獣医師の人数を絞り、既得権益を守るという行動に出ており、関係省庁に対するロビー活動は相当なものだということです。

そして、正常な判断のもとに、獣医学会等の反対を押し切って何とか新設までこぎつけた加計学園でしたが、報道の情報や印象操作によって安倍総理が悪玉に仕立て上げられ、今の問題になっているようなのです。

新設に反対する獣医学会の利己的な行いは、とにかく酷いとしか言いようがないのですが、そこは全く報道では取り上げられておりません。

家畜の病気が蔓延し、あちこちで殺処分が行われている日本において、質の良い獣医師の増強は不可欠であり、おそらく安倍総理はその辺を認識しているのだと思うのです。

私は個人的には安倍総理はあまり好きではありませんが、別に無能だとは思いません。

ちなみに、日本の獣医師の質は世界に比べて相当低いらしいです。

行政もまたひどく、最悪レベルであると言えますが、例えばその中の一つに狂犬病予防接種があります。

日本はWHOが認める狂犬病清浄国ですから、日本には狂犬病がないのです。

そして、他の清浄国はどうしてるかといいますと、どこも狂犬病の予防接種は中止しており、実行しているのは日本だけです。

他の清浄国が何故に中止したかといえば、予防接種の副作用によって死亡する犬があまりに多く、健康を害する犬も多いのです。

ですから、病気が無くなった以上、予防接種をすることは好ましくないとし、どの国も接種を中止しているのです。

しかし、予防接種は毎年儲かるドル箱イベントであり、日本では犬の健康や命よりも獣医師の儲けの方が優先されるのです。

ですから、清浄国であったとしても、いつ入ってくるかもわからないという理由で、未だに予防接種を続けているのです。

予防接種は不要で侵入予防の検疫だけで十分にもかかわらずです。

おそらく、獣医師に良識や良心があるならば、日本も狂犬病の予防接種は中止されていたはずです。

しかし、行政も学校も質が悪いせいか、我が国の獣医師たちは、未だに犬の命と健康を犠牲にしながら続けているのです。

そんなゴミのような世界に、他のどこよりも講師の数と質を上げて新設を認められた加計学園でありましたが、既得権益を守りたい獣医師会が反発しない訳がないのです。

その片棒を担いだのが朝日新聞であり、その人気に乗った他のメディアでありますが、本当に酷いとしか言いようがないですね。

いずれ真実が認められれば、朝日新聞は従軍慰安婦問題に次いで大きなフェイクニュースをばらまいた捏造新聞社ということで、廃刊も余儀なくされるのではないかと思うほどの悪行であります。

さて、少し長くなってしまいましたが、株の話に行きましょう。

ブログでも何度も取り上げている3808オウケイウェイヴでありますが、3000円台まで急落した後に5000円台を回復してきておりますね。

メンバーに向けては3000円台は買い場として、強力に推奨しておりました。

そして、今はどうしているかと言いますと・・・。

というわけでありまして、主役はこのような状態でありますが、こればかりが推奨銘柄ではありません。

先週は21日月曜日から6191エボラブルアジアを割り切り推奨したのですが、順調な値上がりでありますし、明後日辺りには一部昇格を発表するのではないかと見ている銘柄(ヒントは3900番台)も悪くない値動きです。

これからまだまだ面白くなるのではないかと思いながら相場を見ているところでした。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米朝首脳会談が中止となりましたね。

相場は当然の如く下落で反応しましたが、特に225はその二日前から仕掛け的な売りで下げていた訳で、これはもう知っているところが仕掛けていた可能性が非常に高いです。

まあ、相場の世界ではよくあることですし、別に驚きも何もないのですが、これこそがインサイダー取引であろうと思うところであり、こういう取引こそが本来規制されるべきだと思うのですが、SECが扱うのはこうした大罪ではなく、そこらの軽犯罪レベルのものばかりですからね。

どうせやるならここまで徹底して大罪を犯せば、SECも手出しできないということでしょうか。

それにしても酷い話だなと思うところです。

SECは、いつかこうした大罪も裁いてほしいなと、切に願っているところです。

ただ、逆を言えば相場は世の流れを先取りしているとも言えます。

こうして知ったところが先に仕掛けてくるのですから、仕掛けを見たらこの先何かあるのかもな・・・と。

ですから、本来は許されるべきではないことではあるのですが、相場を読む上では必要悪ともいえるように思うところです。




そうそう、事件といえば某銘柄の噂です。

私は毎日、株のネタを探して色々と調べているのですが、どうもこの会社がやっていることが事件になりそうだとか・・・。

もし持っているならさっさっと手放した方がよさそうな銘柄だと思いましたので、メンバーには警告しておきたいと思います。

最近自社株買いの発表で急上昇しておりますが、誰かの売り抜けに使われているかもしれませんね。

最悪の場合はWで事件かもしれません。

まあ、真実は分かりませんが、色々と調べているうちに行き当たった情報で、そこそこの自信はありますが、この手の事件は揉み消されることも多々ありますので、持っているなら手放せばいいと思うという程度のものです。

そもそも空売りができない銘柄ですし、株価を操作する意図は全くありませんので、この点悪しからず。

さて、ここのところ大荒れとなっていた3808オウケイウェイヴでありますが、これからどうなっていくのか気になりませんか?

詳細はメンバー限定に発信して行きますのでメンバーは引き続きご期待ください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

以前は未公開株の詐欺が多く、株式市場でも大分問題になっていたのですが、最近は仮想通貨の方にその詐欺がシフトしていっているようですね。

所謂未公開株というのは、上場の予定が全くないものを魅力的に宣伝して資金を集め、結局上場しないであるとか、最初から存在すらしない株式に金を払わせるなどの詐欺です。

普通は見抜けるレベルの詐欺でありましたが、仮想通貨は一般人の多くはその価値を正確に見極められないので、詐欺集団にとっては最高の素材であると言えますね。

知り合いに仮想通貨に詳しい人物がいるのですが、そんな彼でも完璧な判断できないそうです。

まあ、「ほぼ詐欺」とか「詐欺的」というのは分かるそうですけどね。

いくら皆が知っているような芸能人が広告塔になって宣伝していても、それが上手く行くとは限りませんし、未公開の状態で買うということは、非常にリスクが高い行為なのです。

株だって上場したら100%儲かるかといえば、そうではないのですし、そもそも上場しない可能性だってあるのが今流行りの未公開仮想通貨なのです。

確かに思惑通りに上場すれば、何倍にも何十倍にも、もしかしたら何百倍にもなる可能性がある話だとしても、これほどリスクの高い話はないのです。

ですから、リスクとリターンを考慮して、10万円なら付き合おうとか、手持ち資産の1%位を投入するぐらいなら、詐欺でも宝くじ感覚で諦めればいいと思うところですが、なぜか己の欲に負けて、諦めきれない額を入れてしまう人がいるのですよね・・・。

おそらく、そうした被害が徐々に広がってきておりますので、そろそろニュースで大々的に仮想通貨詐欺の訴訟がどうだとかというのが出てくるのではないかと思っているところです。

こういうのは昔から騙す奴が一番悪いのは確かなのですが、騙される奴もそれなりに悪いのです。

なぜ株式市場というちょっとは危険はあっても、詐欺の可能性が少ない、リスクに対するリターンのバランスが非常によい市場があるのに、よく分からない仮想通貨に巨額の資金をつぎ込むなのかと・・・。




仮想通貨を全てを否定するつもりはありませんが、せめて投資先は分散し、諦められる額に限定する。

取るリスクを徹底すれば、もしかしたら未公開仮想通貨でも大儲けすることができるかもしれません。

まあ、選ぶのは難しいですし、おそらくそこらで出回っている話の多くはだめなのではないかと思います。

本当に良いものはプロ連中が買い漁ってしまっていますからね・・・。

要するに、安易にやるなということです。

やるならリスクとリターンのバランスが良い、株の方がずっといいと思います。

100倍は無理でも、10倍ぐらいなら、十分可能性があるのですからね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

新興市場が息を吹き返しつつあるような気配を感じた昨日の東京株式市場でありましたが、今日は一転して軟調な銘柄が多いですね。

上げた反動もあるので、特に問題となる程ではありませんが、このまま行ける程に甘い相場ではないということなのかもしれませんね。

基本的には1月の高値期日である7月に入ってからが本番ではないかと思っているのですが、徐々に活性化している銘柄が増えておりますし、期日向かいの相場が出る銘柄は予想よりも増えそうな感じで見ているところです。

期待できる銘柄は、こうして軟調なところを上手く拾っていくとよいだろうと思っているところです。

さて、目先としてももう少し強さが継続するかと思っていた3808オウケイウェイヴでありますが、昨日は大引けにかけて売りが出て予想外の反落になりました。

まあ、予想外とはいえ、それに対応できるようにしておくのが私のやり方であり、昨日はメンバー向けに事前に一部利食いは入れておくようにと指示しておりました。

あれだけの下げでありましたから、流石にV字回復ではやりすぎですし、どう考えても当局に目を付けられますからね・・・。

もう一歩あるとは思っていましたが、そこは期待しつつも冷静に行動するというのが正解であり、まさにそんな動きであったと思うところです。

そして、今日は反発となっておりますが、伸びきれないと見た売りがパラパラと出てきておりますね。

どこまで押して、どこまで上昇するのか。

こればかりは何とも言えないところなのですが、これ以上は押さないと予測している重要なラインがありますので、狙い目はこのライン付近ということになります。

ただ、流石にそこを買うのは少し難しいだろうな・・・とは思っているところです。

どんな銘柄も目先の予想は難しいものですが、少し先を見ればそれほど難しくはないですし、そうした視点で取り組んでいって頂ければと思っているところです。

まあ、この他にも期待できる銘柄は沢山ありますし、今日も一本新規銘柄を発表しております。

確かに減益予想となったのですが、それにしても過剰に反応しすぎであろう・・・。

そんな銘柄であるのですが、こういう銘柄を、こうして安いところで拾えれば、それほど難しくなく利益が得られるでしょうし、得られなかったしても、大して損もしないだろうと思っているところです。




分かりやすく言えば、リスクに対するリターンのバランスが良いと言った感じでしょうか。

皆様も良い銘柄を仕込んで、良い利益を手にしていって頂ければと願っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

3808オウケイウェイヴは昨日もS高でしたし、今日も大幅に値上がりしておりますね。

18日の安い局面は「勝負をかけたい場合はここが一つのポイント」と、強めにメンバー向けにレポートしたのですが、良い判断であったと思っているところです。

もちろんですが、あそこが買い場であるとの判断は、単に勘で言ったわけではありません。

根拠があってのレポートであるし、ここで買えばほぼ確実に儲かるであろうという自信があってのものでした。

そして、あの局面で買えたメンバーは今頃嬉しい気持ちでしょうし、私としてもとても嬉しい気持ちです。

まあ、まだ利食いは済ませておりませんし、今回は一部利食いの指示も出しておりません。

したければご自由にしてもよいのですが、今回の上昇による目標は10000円越えであり、まだ利食いはちょっと早いだろうと思っているところです。

「ならばここからでも買いではないか!」と、思われる方もおられるかとは思うのですが、ここからの買いはリスクも高くなるので、あまりお勧めいたしません。

株というものは何が起こるか分からないのですし、儲ける人というのは、あの辛い局面で買い向かい、恐怖に打ち勝つことができた人であるのです。

まあ、普通はできないと思いますし、できなくて当たり前でありますが、そこをサポートするのが私の仕事です。

とはいえ、私も失敗はありますからね・・・。

そこが株の難しいところでもあるのですが、それでも「ほぼ外さない重要なポイント」はあるのです。

「あれだけの下げを見せられて、回復して行くなんて信じられない」とか「こんなチャートは見たことがない」とか言われますが、チャートを重視しない私には何の意味もないことです。

まあ、無視はしませんが、重視はしないのです。

大事なのは、情報と分析と経験なのです。

ただ、そうはいってもあれだけの下げですと、流石に私も気持ちよくはありません。

当然メンバーだってそうです。

例え、7000円越え付近で利食いも入れているとしても、普通は具合が悪くなりますし、その気持ちは全て私のもとへ届きますので、当然私も具合は悪くなるのです。

しかし、そこはグッと堪えていかなければ、株の利益はないのです。

何度も言うように、株の利益は恐怖の代償でしかないのですからね。

ですから、メンバーが苦しむ以上に私も苦しんでいるのですが、そこで苦しいとか、怖いとか弱音を言ってしまったら、そこで全ては終わりなのです。

自分の情報と、分析の結果を信じ、それをメンバーにお伝えすることによって、皆様の不安と恐怖を肩代わりしているといいますか、とにかく一体となって共に歩んでいるのです。

この銘柄が仕上がっても、まだまだ面白くなる銘柄はありますし、これで儲けても終わりではありません。

ですから、今回儲けそこなっていたとしても、別に焦る必要はないのです。

また次もあるのです。




辛さもあるのがこの世界でありますが、楽しさも沢山あります。

良い選択を積み重ねていって頂ければと願っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

乱高下している3808オウケイウェイヴでありますが、18日に3500円近辺でメンバーにレポートしたのは

「底値に届いたと思うので、ここで買っておけば短期3倍が狙える」

「勝負をかけたい場合はここが一つのポイント」

という内容のものでありました。

そして、結果的にはS高となり、本日も大幅高のスタートとなっております。

元々1000円台後半から推奨し、8000円越えまで行ったのですが、7000円から上はしっかり利食い指示も入れており、回転もさせて頂いておりました。

今のところ、オウケイウェイヴは本当に相性の良い銘柄だと思っております。

ただ、一つだけ問題があったのは、5000円割れまで売られた時に、もうこの辺で止まるのではないかと判断したのですが、それがちょっと甘かったのです。

8000円到達の後はきつい調整が有ると読んでおりましたし、メンバーにもそのようにレポートしたのですが、まさかここまで深く押すとは・・・。

それでもまあ「覚悟の出来ない方は売買禁止の銘柄」としておりましたし、私が常日頃から言っている「恐怖の先の利益」というものを、メンバー各位は理解しておられるはずで、恐怖を感じながらも耐え抜いて利益を手にしてやろうという気概は持っていたと思うところであります。

実際に、2000円ぐらいで買っているものをしっかり握りしめているとのメールも頂いておりましたし、上手に行動できている方の方が多かったのではないかと思います。

とは言え、現時点では今回分の利食い指示はまだ出しておりません。

まだまだ恐怖と戦っている最中だと思いますし、これからも決して楽な相場ではないと思っています。

しかし、情報はしっかり取れておりますし、今後も期待して頂いて良いと思っているところです。

ところで、今日は2340極楽湯が好決算でS高となっておりますね。

少し前に買い集めている筋があり、メンバーにも推奨していたのですが、全体相場の雰囲気が悪くなってきて、下げているという程ではないが、時間がかかりそうだと判断して推奨を打ち切ったのですが、結局待てていればこれ程の相場になった訳です。

ここのところ決算で明暗が分かれる銘柄が多く、ここまで来てさらに継続できたかどうかは微妙ですが、基本的に目の付け所は悪くなかったと思っておりますし、こうした経験も踏まえて次の銘柄も選定して行きたいと思っているところです。




そこで、一つ鳴かず飛ばずの銘柄(ヒントは銘柄コード8000番台)があるのですが、これは本当に動きが無くなっておりますが、下値はしっかりしておりますし、こういうところでしっかり仕込んでおけば、その内大きな相場に発展するのではないかと思っているところです。

本当に動かないので、ちょっと飽きてしまっている方もおられるかも知れませんが、この値段は買っておいて損はないと思っているところです。

まあ、未だきっかけが見えない銘柄を大量に買うのはどうかと思いますが、とにかく少しでも買っておかないと観察しないので、一単位だけでも買って、毎日横目で眺めるようにしたらよいと思うのです。

そうすることによって、変化にも機敏に反応出来るようになると思いますし、その銘柄の中身も調べるようになるのです。

これは非常に良い事だと思いますし、是非そうした行動をして頂きたいと願っているところです。

全体は、まだまだ不安要素が多いですし、新興市場は7月に高値期日を迎えますので、そう簡単に誰でも取れる相場ではないと思いますが、レポートを参考にして頂ければ、相場の割には良い売買が出来るのではないかと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

3808オウケイウェイヴが急落しましたね。

下げることは予想しておりましたし、レポート済みですが、ここまで下げるとは正直予想できておりませんでした。

予想外に下げてしまった理由があるのですが、どうして下げたのか?

まあ、色々憶測はあろうかと思っているところですが、本当のところはメンバー限定にレポートしております。

さて、昨日は新興市場中心で上昇した一日でありましたが、今日はそのままの流れを継続とまでは行けていないですね。

多少盛り上がったとはいえ、底値からリバウンドした程度に過ぎない銘柄が殆どでしたし、嵌っている個人投資家が戻り売りで待ち構えておりますからね・・・。

そう簡単に上昇して行けるほど甘い相場ではないでしょう。

ただ、相場の空気は徐々に変わってきている様には思います。

今日は米中貿易会談があるのですが、貿易戦争に発展しそうな雰囲気は大分後退しましたし、当たり障りない程度で上手くまとまりそうな空気が強くなってきております。

また、反発を見せている北朝鮮ですが、米から体制保障を強く提案されており、これを受けない手はないでしょう。

まあ、約束が守られるとは限りませんけどね・・・。

それでもまあ、他に道があるとは思えませんし、北は核放棄を受け入れざるを得ないのが現状でしょう。

また、今は強気のアナリストがほぼいないのも良いですね。

ですから、引き続きイランの問題はあるのですが、相場は徐々に回復の方向ではなかろうかと思っているところです。




まあ、銘柄は選んで行かなくてはなりませんし、全てが簡単に上昇するとは思っていないのですが、基本的には「強気姿勢」で行くべきだと思っているところです。

弱いところで弱気では、勝てるものも勝てないのです。

とは言え、1月までの上昇相場で調子に乗った個人投資家の信用期日は7月になりますし、期日向かいの相場には期待薄です。

多くの個人投資家が売らされてからが本番だと思いますし、これ以上大きく押さないのであれば、時間をかけて振るい落としてからという事になるでしょうから、本番相場はまだ少し先という事になる可能性が高いように思うところです。

ただ、それまでの間にも個別材料株は盛り上がるものがあると思いますし、そうした銘柄を売買しながら7月以降の本格相場を待って行けば良いだろうと思っているところです。

良い銘柄の押し目をしっかり拾って言って頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

一筋縄でいくとは全く思っておりませんが、北朝鮮は米朝会談の中止を示唆してきており、またも混乱しそうな気配を見せておりますね。

どう考えても北に選択肢はないのですし、最後の悪あがきと言いますか、国内向けの体裁づくりといったところでしょう。

ですから、基本的には気にする必要のないニュースですが、やはりこうしたニュースが出て来ると多少は動揺してしまうというのが人の心というものですね。

しかし、ふと思ったのですが、日米共に核放棄なら北朝鮮の体制保証をすると言っておりましたが、あの人民が奴隷の様な国の体制を保証するという事は、相当の譲歩であるなと・・・。

ある意味では正気かと、疑いたくもなる内容ですが、それだけ北に核を持たれるのは困るという事であり、その約束が守られる保証はないとしても、その約束を取り付けられただけでも北の交渉力は結構高いという事になるのでしょうか。

約束は守られない可能性はあるものの、基本的にバックにはロシアと中国が居るのですから、米もあまり乱暴な事は出来ないでしょう。

そう考えて行きますと、これ以上の条件はないし、北もそこそこメンツを保てるので、最終的には乗ってくるでしょうし、そういう計算なのではないかなと。

ただ、ちょっと残念なのは、こうした交渉の末に毎回カネを出させられるのは、我らが日本であり、いつも貧乏くじばかり引かせられるなと。

結果的に一番被害に遭っているのは日本でありますし、本当にいい加減にして欲しいと思うところです。

さて、相場の方ですが、個人は相変わらず弱気と言いますか、弱気でいるしかない状況ですね。

どういう事かと言いますと、1月にかけての新興市場相場で捕まってしまった投資家が多く、その期日は7月です。

現在は含み損を抱えた銘柄が、期日前に上手く処分できるかどうかだけを考えている状態でありますから。この状態で相場が盛り上がる訳がないのです。

為替は円安基調になってきておりますし、為替レートを円高に修正した企業の多くは第一四半期決算を迎える7月頃から上方修正が相次ぐと思いますので、その頃には相場もそれになりには盛り上がると思っているところですが、その頃には多くの個人は整理された後という事になりそうです。




本当に残念な事ではありますが、新興市場が盛り上がっている時に、高値をどんどん買って行った結果はいつも同じであり、今回もまたという事でしょう。

銘柄によっては整理が済んでいたり、材料があったりで盛り上がってきているものもありますし、これからも出て来ると思いますが、やはり本格的には7月以降かな・・・と。

それまでの間に上手く見込みのある銘柄を仕込んで、本格的な相場に備えたいですね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

1-3月実質国内総生産は前期比0.2%減、年率換算0.6%減0.6%減と9期ぶりのマイナス成長となりましたね。

昨日の朝刊に消費税増税に絡む減税の話が出ており、何故今日?と思って見ていたのですが、GDPが悪い事を知っていた政府がショックを緩和するために先回りして出してきた材料という事でしょうか。

そもそも1%にも満たない成長率で消費税を上げようという暴挙ですが、これがマイナス成長にまで行ってしまいますと、増税した場合のショックは計り知れないでしょうね・・・。

減税でごまかせる話ではありませんし、増税がある限り、日本の未来は暗いなと思う次第です。

経済を読むというのは本当に難しい事であり、ノーベル経済学賞を受賞した教授であっても間違う事がありますし、きっと正解など誰にも分からないのだとは思いますが、一方誰にでも分かる結果もあるのは事実です。

例えば、増税ですが、これはデフレ効果であり、増税でインフレになる事はありません。

ですから、インフレにしたいと願う国が増税という事はあり得ない政策ミスであるのです。

インフレになれば税収も増える訳ですから、インフレ政策を執って行けば良いのです。

所謂「損して得取れ」の政策であり、そういう不確定な事はしたくないというのが財務省であるのですが、そこを政治力で当たり前の方向へ持って行くのが政治家の本来の仕事だと思うのですが、結局政治家には能力も信念もないという事なのでしょうね・・・。

そういう意味では、駄目な政権なのですが、悪いところもあれば当然良いところもある訳で、外交力だけは大したものだと思って居りますし、今退陣させても相対的に得はないと思っているところです。

また、どう考えても今の野党に政権担当能力があるとは思えませんし、これ以上騒ぎ立てられるのは勘弁してほしいと願わずにはいられません。

震災前に民主党に交代した時は本当に悲惨以外の言葉が見当たりませんでしたからね・・・。

さて、株の方ですが、今日はいつも以上にパッとしない銘柄が多いですね。

ここのところ市場参加者が少ない状態が続いておりますし、様子見になりがちな水曜日ですからね。

何か相場を牽引してくれるような銘柄が出てくれると嬉しいのですが、現時点ではなかなかそこまでの銘柄は出てきておりません。

そろそろ、そうした銘柄も出て来るのではないかと思っておりますし、特に悲観している訳ではないのですが、待っている間というのは実にもどかしいものです。

以前にもお話ししておりますが、株で本当に楽しいと思える日は、年に三日ぐらいしかありません。

後は、耐えながら大幅な利益を得られる時を待つものです。



まあ、私はこの耐える時もある意味では楽しいと思っておりますので、言う程は苦しくはないのですけどね。

こういう苦しいところも愛せるようになれれば一人前の投資家だと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

あれだけ騒がれた北朝鮮問題も、水面下で交渉は大分進んでいる様で、戦争が勃発する様な観測は急速に縮小して来ましたね。

以前からレポートしている事なのですが、どう考えても北に戦争という選択肢はないのです。

核放棄の見返りもどんどん提示されて行っておりますし、北も放棄の方向で行くしかないだろうと思いますし、大体予想通りに行くのではないかな?と思っているところです。

ただ、依然として読めないのがイランです。

こちらは原油価格を高くしておきたいとの思惑が産油国の間にあるので、巨額のマネーが絡んだドロドロの内幕があると見られ、最終的にどこまでやりたいのかを読み解くのが難しいのです。

また、国内の政治もちょっと酷過ぎであり、この辺が相場に暗い影を落としている事は間違いないでしょう。

森友だ、加計だと、連日騒ぎまくっている野党ではありますが、本当にこれを解明する事を国民は望んでいるのでしょうか?

という訳で、一番近く、一番大きな問題であった北は片付きそうですが、まだまだ安心できるような状態ではありません。

引き続き警戒は続けなくてはならないと思っている相場ですが、225は先物中心でじりじりと値を上げて行っておりますね。

そして多くの材料株は蚊帳の外であった訳ですが、ここへ来て少し流れは変わってきた様に思っているところです。




個人投資家が買いに転じているとまでは思いませんが、個人投資家が好きなタイプな銘柄の動きが徐々に良くなってきているのです。

まだまだ酷い銘柄は多いのですが、例えば先日ご紹介した4998フマキラーであるとか、9157イーレックスもいい感じでしたし、この他にも色々動きが変わってきているのです。

本日はフマキラーに続いて、産廃関連株を推奨しましたが、これもいい感じになると思っているところです。

どうして産廃関連なのか?

そして、どうしてこの銘柄なのか?

その辺はメンバー限定情報になります。

さて、注目の3808オウケイウェイヴが乱高下中ですね。

振るい落としとの見方が一般的ですが、ここまで何度もやられると、本当にそう思い込まされてしまい、嵌め込まれる事もありますので、時には信じてはいけない時もあります。

現在のオウケイウェイヴがその状態に当たるのかどうかは明かせませんが、あまり一般的な噂は信用しない事です。

それと、ここまで騰がったオウケイウェイヴを今更買うよりはもっと良い銘柄があるとしていた銘柄がありましたよね?

あれは、良い押し目が有って、現在戻り足に入っております。

高いところからはちょっと押しましたが、非常に良い買い場でありまして、怖がっていたメンバーもおられましたが、今頃は頑張ってよかったと思って頂いている頃ではないかと。

まあ、押し目を買えるようにとしているのに、高いところで資金を使い果していたとすれば、売らされてしまったかも知れませんがね。

今後も売買のポイントは出来る限りお伝えしておりますので、そこをしっかり守って頂ければ、きっと上手く行く事が多いであろうと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

ここのところ日経平均はそこそこ盛り上がってきているのですが、225採用銘柄でも多くの銘柄は軟調であり、底値を這っている様な銘柄も結構あるという事にお気づきですか?

企業決算も悪くない印象ですが、既にピークアウトしたところも出始めておりますし、実際にEPSも低下してきており、決算シーズンの前から考えれば、やや割高になった印象はあります。

まあ、そもそも割安でしたので、気にする程の割高感ではありませんが、単純に225が強いから相場も強いと考えてしまいますと、大きな間違いとなってしまいます。




225の中でも買われているのは一握りの銘柄であり、多くは軟調である。

そんな認識で相場を見て行けば、自身の置かれている状況もより冷静に分析できるのではないかと思っているところです。

さて、そんな中ではありまして、多くの銘柄は軟調であり、上手く行っていない方も多いのではないかと思いますし、推奨銘柄でも軟調なものがあるのも事実です。

しかし、好調なものも当然あります。

例えば、9517イーレックスは、バイオマス発電など、代替えエネルギー関連株として4/24から注目し始めた銘柄です。

原油高で代替えエネルギーが注目されるとの読みで、原油価格が上がれば上がるほどに買われる可能性が高く、もちろん中身も悪くないので押し目買い推奨としておりました。

そこへ好決算・増配が発表され、先週末はS高で、週明けも買い気配スタートとなりました。

短期でこれ位、値上がりすれば、当然利食いするべきなので、本日利食いの指示は出しておりますが、原油高は誰もが気にしていた訳ですし、原油高騰による影響をヘッジするための推奨銘柄でありましたが、原油高で得られると見込んでいた利益より大きな利益を得る事が出来ました。

未だ上値はあるかも知れませんが、目的は「原油高に対するヘッジ」であり、手堅く利益を得ておくことに成功していれば、今後の原油高で被る損失は先に補てん出来たと考えれば良いだけですし、結果良しでしょう。

もう一本継続中の銘柄もご紹介します。(4847インテリジェントウェイブ)

これは言われのない程に売られていた銘柄で、安値の揉み合いが長かったのですが、しつこく押し目買いで上昇機会を待っていた銘柄です。

先月末頃から動きに変化が表れ、先週は大幅高となり、本日も大幅高スタートで200日線を抜いてきました。

ここを抜いて大引けとなってくれば、年初来高値748円をも抜き去る動きになるだろうと考えているところであり、引き続き注目したいと思っている銘柄です。

ただし、200日線を割って引けて来る様であれば、手仕舞いにしようとも思っています。

良いとは思っているのですが、単純に買えば良いという訳でもありませんので、売買の際にはより注意を払って行って頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は堅調に推移しており、NYダウは6連騰となりましたね。

イランの問題などもあり、とても楽観できるような相場環境ではないのですが、その割にはVIX指数は低下しておりますし、本当にどうなっているのだろうかと首を傾げてしまいます。

まあ、それだけマネーが溢れているのであろうし、見た目だけで判断は出来ないというのがマーケットのお約束と言ったところでしょうか。

ですから、常に裏側まで想像したりしながら相場を予測して行かなくてはならないのですが、やはり読み切れない時は無理をしないというのが鉄則です。

毎日毎日売買していないと気が済まない方も居りますし、その気持ちは分からないでもないのですが、それでは勝ちは拾えないですよと、忠告させて頂きます。

勝ちたいのであれば、勝てる可能性が高い時にだけ、勝負すれば良いのです。

所謂「休むも相場」であり、これが出来る投資家と出来ない投資家の差は歴然と言えます。

さて、今のマーケットを牽引しているのは、大型の自社株買いであろうかと思うところですが、日本ではトヨタで、米ではappleですね。

結構な事だとは思いますが、気になるのはこのappleの自社株買いで、発表直前にウォーレン・バフェットが大量に買いましたね。




バフェットは知っていた?

それとも、自社株買いをやらせた?

まあ、間違っても偶然はないでしょうね・・・。

バフェットは毎日マクドナルドとコーラで生きているという不思議な人物ですが、どう考えてもSECは調査しなくてはならない案件だと思います。

まあ、彼レベルならば足がつくような事は100%していないでしょうし、立件は無理なのだろうなと思うのですが、そもそも彼を調査しようなどと言う機関は存在しないのかも知れません。

計り知れない人脈と言いますか、もう何もかもが裏でしっかりと、繋がっていそうで、これを悪だと言っても仕方がないでしょうし、これが彼の実力であるという事で認めるしかないでしょう。

とことん極めれば悪も悪ではなくなる。

そんな事例なのではないかと思っているところです。

当然ながら、私はどんなに背伸びしてもバフェットの足元にも及ばないでしょう。

そんなにお金もないですし、人脈もそれ程強くはありません。

まあ、兜町に関してはそこそこある方だと思いますが、ここの人脈は睨まれるばかりで、目立ち過ぎると直ぐに当局に連れて行かれます。

ですから、兜町で生きて行くのは本当に大変な事であり、何においても細心の注意が必要なのですが、活かせば良い事が沢山あります。

これまでも、沢山の銘柄に出会う事が出来ましたし、今もまた新たな出会いもあります。

この出合いを最大限に生かし、個人投資家の皆さまには株の楽しさを知って頂きたいと願いながら、11年間に渡り日々情報をお届けしているのです。

時には苦しい時もありますが、株の利益はこの苦しさの向こう側にしか存在しないのですから、そこはしっかりメンバーをサポートしつつ、共に苦しさを乗り越えて利益を手にして行って頂きたいと思っているところです。

私の推奨銘柄は全部が全部上手く行くわけではないですし、時には大失敗もあるのですが、大抵は利益水準まで戻ってきますし、大幅な利益につながるものもあります。

そんな情報で、皆さまには勝利して行って頂きたいと願っている毎日です。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

明日は5月のSQであるのですが、5月は第一週に連休がありますので、どうしてもSQの到来が早く感じてしまいますね。

世界情勢は非常に不安定であり、荒れてもおかしくないと思っているところですが、特に米国株は安定的な値動きになってきており、株価だけを見ていますと、世界情勢の不安定さはまるで嘘の様です。

とりあえずの関心事としては北朝鮮の非核化が成功するのかどうかでありますが、事実上北朝鮮の選択肢は「非核化を拒んで焼け野原にされるか?」「非核化を受け入れて国際社会に復帰するか?」の二択でしかなく、拘留していた米国人3人を今更解放したからと言って許される問題ではないのです。

この調子で日本人の拉致被害者も開放してくれればいいのですが、金正恩はどこまで事態のマズさを理解しているのか・・・。

まあ、少なくとも焼野原だけは避けたいはずですから、どう考えても非核化しかないですし、ボーナスで拉致被害者の開放がついてくるかどうかぐらいだと思っているところですけどね。

とにかく、この件はしばらく観察し続けるしかないのですが、非核化が現実になりそうだとなれば、円もリスクオフで安くなって行く可能性は高いかと思っているところです。

ですから、北朝鮮の問題だけを考えれば、株は買いなのですが、問題は中東情勢です。

こちらは莫大な石油の利権が絡むので、一筋縄では予想できない難しいものとなっておりますし、この件に関してはまた別の機会に述べたいと思っております。

よって、これさえなければ単純に買いだけ考えれば良いのですが、なかなかそうもいかないのがこの相場の世界です。

個人投資家もすっかり構えてしまっておりますし、特に材料株が低迷しておりますので、多くの個人は「動け!動け!」と、願いながら見ているのです。

ですから、残念ではあるのですが、今しばらくは本格的な上昇にはならないでしょう。

「騰がる!買わなきゃ!」そんな心理になるまでは、本格的には無理なのです。

動き出している銘柄もありますし、決してどうにもならない様な相場ではないのですが、皆が喜ぶような相場にはまだ少し時間が必要だろう。

そんな風に思っているところです。

ただ、こういう場面でコツコツと拾った方が、本物の利益を手にするものだと思っているところでもあります。

誰もがつまらない・・・そう思っている時に何をするか?




私の好きな相場格言に「人の行く裏に道あり花の山」というのがあります。

株で利益を得たいと考えるならば、とにかく皆とは違う事をしなくてはならないという格言なのですが、これが相場での勝利の秘訣だと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

世界情勢は混乱へ向けて動いている様にも見えますが、VIX指数は特別変化しておりませんし、単にそう見えるだけなのかも知れませんね。

米朝会談を前に、金正恩が中国を電撃訪問しておりましたが、一体何を話し合っているのか・・・。

中国も米と事を構えるより、北を抑え込んだ方が楽だと思っているはずですし、北も焼け野原にされたくはないでしょうから、答えは見えている様なものですけどね。

トランプ氏のイランへの強固姿勢は、北に対しても妥協はしないぞ!との圧力であると思いますし、基本的に北に選択肢はないと思うのですけどね。

それ程警戒する必要はないようにも思いますが、結果がどうなるのかは分かりませんし、しっかりと観察は続けて行かなくてはならないと思っているところです。

それと、4月の第4週の売買動向が発表になっておりましたが、個人は当然の如く売り越しとなり、これで5週連続でしたが、外資も売り越ししていたのですね。

これはちょっと意外でした。

買い越しは証券会社の自己売買部門だったようですが、これはファンドなどに組み入れらて行く分だと思いますし、悪くない買いだと思っております。

今後再度外資は買い越しに転じて来ると予想しておりますが、何にしても今は慌てずに様子見で行けばよろしいかと思っているところです。




個別では当ブログでも先日公開した4998フマキラーが上方修正と、増配を発表しておりましたね。

良い決算だと思いますし、今後も業績は良くなっていく可能性が高いと見ておりますので、引き続き注目して行って頂ければと思っているところです。

それと、昨日は3808オウケイウェイヴがS安でしたね・・・。

楽天が4%ほど売ったそうですし、何か雲行きがおかしい様に見えますが、詳細はメンバーレポートで内容をご確認ください。

利益を確定すべきか?

持ち続けるべきか?

もしかして買うべきなのか?

等、知りたい情報はすべてここにあります。

なお、8000円到達後のきつい下げ局面は昨日の朝に既にメンバーにレポート済みです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日は反落でのスタートとなっておりますが、推奨中の3808オウケイウェイヴは昨日ついに8000円を超えてきましたね。

当ブログで一般公開したのは2000円台中頃ですから、少しサービスし過ぎたなと思っているところですが、しっかりとした情報がなければここまでホールドは出来なかったでしょうし、こういう銘柄で一番大事なのはサポートだと思っておりますので、少し早めの情報公開ではありましたが、そこはメンバーも納得して下さればと思っているところです。

実際に「過去最高の利益を得ています!」等、喜びのメールがかなり届けられているのですが、多くはこのオウケイウェイヴの功績です。

もちろん他にも成績の良い銘柄はあるのですが、やはりメンバーにかなり強く推奨した銘柄が4倍以上にもなっておりますからね。

今後についても引き続きメンバーに優先してレポートし続けて行きます。

ここまで高くなったオウケイウェイヴよりも、これから何倍にもなって行く可能性の高い銘柄も推奨しておりますので、情報を手にして頂き、そういう銘柄を買って行って頂ければと思っているところです。

さて、今週はSQですし、場合によっては波乱もあり得る国際情勢ですが、米国株は堅調でしたし、日本株も特に問題のない動きとなっておりますね。

例えば、イラン情勢ですが、再制裁になる可能性が高そうですし、イラン側は強く反発しておりますので、場合によっては紛争に発展する可能性もあるでしょう。

また、米中貿易摩擦ですが、解決の糸口は全く見えていないと言っても良いと思っています。

これらの材料は、普通に考えれば格好の売り仕掛け材料であり、特に上げて来た225はターゲットにされる可能性が高いのです。

しかし、今のところ目立って売られる気配はありません。

これは非常に不気味です・・・。

気にする必要のない悪材料であるとの判断で良いのか?

それとも、気にする必要がないと思って行動したところを狙い撃ちにする悪質な罠なのか?

まあ、正体が分からない以上は様子を見るのが妥当だろうと思っているところです。

読める疑問ならば問題ないのですが、読めないと思った時は立ち止まって考える。




この様な行動は、相場で勝利するために必要な行動だと思っているところであり、特に個人投資家の皆さまには身に着けて頂きたい戦略の一つであります。

実はこの戦略は、個人投資家の特権でもあるのです。

例えば、機関投資家などは、この様な運用は出来ないのです。

常に何かを買っていなくてはならないですし、額が大きくなると、簡単に乗り換えたり出来ないからです。

しかし、個人はいつも機動的に、如何様にでも行動できるのです。
しかも、期限を切る必要もありません。

まあ、自己ルールで期限を切っている個人投資家も居られますが、なぜそのような事をするのか私には理解が出来ません。

期限を設けずに行動できるのが個人の最大の強みであるのに、それを自ら投げ捨てて、鎖で縛ってしまうのですからね・・・。

何にしても、個人の強みを生かしつつ、良い銘柄を買って、良い利益を得て行って頂きたいと願っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

連休も無事終わり、本格的に5月の相場が始まりますね。

通常、5月はSell in Mayが意識されるのですが、今年はそれ程荒れない様な気がしております。

以前は少し危ないかも知れないと思っておりましたが、国際問題も片付いてきておりますし、為替も円安に修正が入ってきており、どんどん円高になって行く様子でもありませんので、何とかなるのではないかと思っているところです。

連休前に警戒して売った向きは買戻しに来ると思いますし、今日明日に関しては買われて行くのではないかと思っているところです。

後は個別での勝負となりますが、公開している3808オウケイウェイヴが好調でありますし、こういう銘柄を上手く買って行けるかどうかがポイントになると思っております。

また、3808オウケイウェイヴに関しましても「更に継続するのか?」「利食いしてしまった方が良いのか?」「はたまた買って行けば良いのか?」と考えて行かねばならないでしょう。

既に4倍増以上もの上昇を得ている訳ですが、やはり最終局面まで利益を取りたいですからね。

最新の判断につきましては、メンバーにレポートして行きます。

さて、やはりこれから期待したいのは4倍増達成にもなった銘柄よりは、まだ1.5倍程度の銘柄ですよね。

ここから更に2倍、5倍、10倍と狙える可能性のある「極上銘柄」ですので、うちのメンバーは少しでもこれを買っておくべきだと思っているところです。

当初の予想よりは時間がかかっておりますが、何の問題もありませんし、引き続き強気で継続して行けば良いだけです。

ただ、いくら自信のある銘柄であっても、予想外の事態が起こる可能性は否定できませんし、本当に株は何が起こるか分からないのです。

ですから、全く違うセクターで、全く違うコンセプトの銘柄を仕込む分散投資が大事であり、是非とも行って頂きたいと思っているところです。




例えばメンバー向けに2000円前後で仕込みを行って頂いている銘柄(4998フマキラー)があります。

これは皆さんの知っている、殺虫剤で有名なあの会社です。

推奨の理由は東南アジアの生活水準がだいぶ上がっており、これまでは気にされていなかった虫が、気にされる様になって来たそうで、殺虫剤がかなりの勢いで売れているそうなのです。

また、国内でも蚊のシーズン到来であり、またデング熱がどうだとかと騒ぎ出されるでしょうから「夏の銘柄」としての楽しみもあると思っているところです。

殺虫剤は環境的にはあまり好ましい事とは思いませんし、好きではないのですが、東南アジアは日本よりも虫は多いでしょうし、これから更に売れて行くのであろうと思いますと、同社の売り上げもまた上がって行くのであろうと思うところです。

所かまわず殺虫すれば、環境生物もまた殺してしまう訳で、あまり良い事なんて無いのですけどね・・・。

個人的な好き嫌いとは別に、私の仕事は株価がどうなるかを予想するものですし、騰がる事が予想されるならば感情抜きに売買に徹するしかないだろうと思うところであります。

メンバーには利益を取って頂きたい。

これが私の根幹の部分になるのだと思うところであり、これからもメンバーの利益を考えて情報を発信して行こうと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

連休谷間2日目ですね。

明日からまた4連休という事ですが、株式市場は主要国に比べて2日多く休むことになり、これだけでも結構疲れるというのに、来年は新天皇即位を絡めて休日を増やして10連休にする可能性があるとか・・・。

一般的には消費拡大効果もあると思われますが、現実的に10連休まで行くとどうなのでしょうか?

その分、生産活動も低下するのですし、売り上げを落とす企業もそれなりに増えるのではないでしょうか。

まあ、観光業界等にとっては確かに良い事なのですが、流石に10連休まで行くとマイナスを食らう業種も出てくる訳ですし、休みが多ければ良いと単純に考える訳にも行かない様な気がします。

そして、何より大変なのが株式市場です。

他国に比べて一週間以上何も出来ない日が続くのです。

これはもう恐怖としか言いようがなく、今から戦々恐々です。

その時が世界的に平穏で、何の問題も無く、実際に何も起こらないのであれば良いのですけどね・・・。

どれだけ休みが増えようが株式市場だけは動かしておいて欲しいと、切実に願っているところです。




連休は経済効果を考えての事だと思うのですが、こんな一時的な経済効果よりも、もっと恒久的な経済効果を考えた方が良いのではないかと思うのです。

例えば、米国をはじめ、多くの国が春先からサマータイムとなっており、時計が1時間早くなります。

確かに朝は早くなるのですが、その分早く仕事や学校を終えられるので、帰宅時間が早まります。

明るい内に帰ってこられる人が増えるので、間違いなく経済効果があります。

サマータイムはその昔、一度は日本でも導入されたのですが、経営モラルがグタグタだった時代でしたので、単純に労働時間が引き延ばされてしまい、労働団体からの反対で廃止に追い込まれましたが、今の世ならそこまで酷い事は起こり難いでしょう。

時代は変わったのですから、この位の事は上手くやって行くべきだと思うのですけどね。

明るい時間に活動できれば光熱費も抑えられますし、悪い事は無いと思うのですが、いかがなものでしょうね?

さて、相場の話に戻りますが、皆が警戒している中で相場の方は堅調に推移しておりますね。

円相場もじりじりと円安に向かっておりますし、なかなかよい感じだと思っておりますが、実は4月23日の軟調な相場展開の中で、225の買いをメンバー向けに推奨いたしました。

安値からの推奨ではありませんが、自信を持って買いで取れると判断出来たために、ここからの推奨です。

後は個別ですが、昨日も無料メルマガで触れましたが3808オウケイウェイヴの動きが変わって来ましたね。

乱高下の後に揉み合いとなっておりましたが、まだ継続中です。

引き続き注目してみてください。

それと、オウケイウェイヴ以上に育つと思っているテンバガー候補銘柄の仕込みも継続しております。

今はちょっと押し目で仕込みとしては良い場面です。

是非ともこの銘柄を安い内にコツコツと拾っておいて欲しいと願っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。