このブログでもご紹介している3808オウケイウェイヴでありますが、昨日は大引け前に少しまとまった売りが出まして、急激に下げてしまいました。

昨日は事前に2000円ぐらいまでの下げはあるかも知れないので、そういう場面を狙って行くようにとメンバーにはレポートしており、あの一瞬ではなかなか対応出来なかったかも知れませんが、一応想定内の動きではありました。

元々薄い銘柄であり、時にはあのような動きが出てしまう事があるので、そこは怖さでもありますが、面白さでもあります。

また、あれほどの下げがあるという事は、あれほどの上げもあるという事であり、今後も期待して頂ければと思っているところです。

ただ、本当に申し訳ないと思うのは、こうして一般向けにレポートした銘柄は、大抵こうした嫌な場面を一度は見せられてしまうという事です。

何の悪意もありませんし、純粋に儲けて欲しいと願っての事なのですが、メンバーよりは高いところでの推奨となりますし、どうしてもリスクは高めになってしまうという事をご理解ください。

まあ、それでもこれは大儲けできる可能性を秘めた銘柄であり、諦めずに持っていて頂ければと思いますし、余裕があればこうした安いところを上手く拾っておいて頂ければとも思っております。

ところで、オウケイウェイヴと共に大きな期待を寄せている銘柄があり、今買って欲しいのはこっちの銘柄だともレポートしておりましたが、こちらの方は特に荒れる事もなく推移しております。

まあ、上昇は一服しており、現在は調整中ですが、調整中の中でもやや安い感じではありますので、こちらは絶好の仕込み場であると考えているところです。

3月末にはここから大きく上昇していると思いますし、早い段階でしっかり仕込んで行って頂ければと思っているところです。

さて、全体の相場ですが、とにかく出来高が減少しており、非常に薄商いの状態となっておりますね。

昨日は上げ幅が大きかったのですが、とても買う気にはなれない嫌な上げでありましたし、メンバーには手出し無用で様子見する様にと伝えておりました。


私が今気になるのは以下の二つです。


・個人投資家が強気転換しており、押し目を買って来ている状態で、信用買い残も大分積み上がってきていること

・個人投資家のドル買い需要が旺盛であること


外資は売り越し姿勢でありますし、機関投資家は米債券安による損失の穴埋めで株で益出ししている状態であり、この売りに買い向かっているのが個人投資家・・・。

個人主導の上昇相場とまでは行かないと思いますし、個人は少し上昇すると売って来る事が多いので、安心できるような状態ではないのです。

為替もドル買いが積み上がれば売り崩しの仕掛けが入る懸念もありますし、あまり良好な状態とは言えません。

FRBはパウエル新議長の議会証言がありましたが、まだみんな様子を見ている状態であり、はっきりとした方向性が見えてきません。

確かに現状では日本株は割安だと思いますが、実はこの割安という投資判断ほどあてにならないものはありません。

まあ、長い目で見れば良しとも言えるのですが、長い目で見ている内に世が大きく変わってしまう事もあるのです。

特に今年は大きな変化が出る可能性があり、「割安だから買い」という安易な投資判断は地獄への入口になってしまうかも知れません。




最近の個人投資家は賢くなっており、少し下げたぐらいでは売らされませんが、大分信用残も積み上がってきましたし、先日の安値を割り込むような相場になってきますと、流石に売らされる可能性もあるでしょう。

とにかく、上昇期待が個人投資家の間で高まっており、これが狙われる時は必ず来ると思っているところです。

ですから、今は行動は慎重にして行かなくてはなりませんし、銘柄選びも厳選して行かなくてはならないのです。

だんだんと相場が難しくなってきましたが、知恵と経験で乗り切って行ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

ここ数日間、様子を伺っているのですが、思いの外225は強くなってきておりますね。

かなり為替離れしているとはいえ、更に円高になる可能性もありそうですし、105円ぐらいまでは良いとしても、それ以上になると流石にどうなるか分かりません。

ですから、現時点では3月はある程度の上昇はあると見ているのですが、瞬間的な急落にも耐えられる様にと、今は無理な行動をしない様にお願いしているところです。

毎日何かをしていないと落ち着かない投資家は、最終的には勝てませんし、休む時は休んでいればいいのです。

有名な相場格言で「休むも相場」とありますが、この短い言葉の意味は本当に深いと思っており、こういう相場の時にこそ、じっくり噛みしめて頂きたい格言だと思っているところです。




ただし、基本的には様子を伺っている状況ですが、メンバーにレポートしているのは「今は勝負所ではないので余裕を持たせ、押し目も買えるように」という事であり、全部売って現金にしている訳ではありません。

ですから、このまま上昇したら上昇したで、予想外ではありますが、それはそれで別に問題はないのです。

また、225に関してですが、既に今年に入って3連勝しましたが、こちらは現在ノーポジションでお休みしております。

まあ、こうして上昇して来ると「どうして買わせなかった?」と言う厳しいご意見も頂いたりもするのですが、メンバーも私への期待も大きいのでしょうが、私も全部の動きが完璧に予測できる訳ではないのです。

買っていない状態でスルスルと上がって行くと、悔しくなる気持ちはよく分かりますが、予想外の状態で上がっている時は涼しい顔をしてのんびり相場を見ていればいいのです。

昨日のメンタルの話にも関連しますが、完璧を目指し、自らのハードルを上げすぎるからメンタルが弱るのです。

相場を続けている限り、チャンスなんていくらでも転がっているのですから焦りは禁物です。

相場にはいくつものポイントがあり、必ず「ここだ!」と思える場面があるのです。

そうした局面でしっかり動けるかどうか。

ただ、これだけの事だと思っているところです。

それはまあ、毎日上だ下だと身勝手な予想もやれなくもないのですが、そんなことよりは勝率の高いピンポイントでの予想の方が勝率も高くお役に立てると思うのです。

私のレポートの目的はメンバーの勝利であり、勝利して頂くために必要な事を日々レポートしておりますので、読み続けて頂ければこの辺の事も自然に分かって頂けるとは思います。

中には多少呑み込みの悪い方、株中毒症状から抜け出せない方も居られますが、レポートを読み続けて頂ければ、必ずや自分なりの勝利への道が見えて、行動が的確になって行けるものと確信しているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

株式投資はメンタルが大事だと、よく言いますよね。

「どうすればメンタルは強くなるのですか?」と言う質問もよく頂きますし、私も確かにメンタルは大事だと思います。

基本的に株式投資において強いメンタルを維持できるかどうかは、以下2点が重要です。


・株というものをどれ程理解しているか?

・自身の実力に合わせてポートフォリオの資金管理ができているか?


株を知らないから値動きが予想出来なくて不安になるのです。

ですから、ある程度の動きの予想が出来ていれば特に不安も無い訳で、必然的にメンタルは強いという事になる訳です。




ただ、上級者程ほど分かる事ですが、完璧に予想できる事なんて有り得ないのです。

それはまあ、10回予想すれば7、8回ぐらいは当てる事が出来るようになるとは思いますが、10戦10勝はまず無理です。

10戦10勝を目指す人の行く末は10戦10敗です。

10戦10勝は不可能なのに10戦10敗は可能なのです。

それは何故かと言いますと、完璧を目指し、自らのハードルを上げすぎるからメンタルが弱るのです。

弱ったメンタルの結果なんて、お決まりの「損切りに次ぐ損切り」であり、簡単に10戦10敗できますからね。

ですから、多くの個人投資家は己に負けているのです。


では、どうすれば株を理解して行く事が出来るのでしょうか?

チャートの本を読み漁りますか?

SNSで有名人の本当かどうかも分からない売買報告を読み漁りますか?

残念ながら、多くの方法は無駄に終わるでしょうね・・・。

株を理解するためには、情報と判断を手に入れるのが大事で、後は株の怖さ、楽しさをしっかりと教えてくれるメンターが必要です。

別に私が皆様のメンターになりますと我田引水するつもりはありません。

身近にいる信頼できる方で良いと思います。

後は自身の実力に合わせてポートフォリオを管理していけばよいでしょう。

ところで、よくある心情に「含み益が怖い」というものがあります。

目標にはまだまだ届かないが、怖くて持ちきれないという事が多々あるのです。

これは、解決方法が凄く簡単で、怖くなくなるまで株数を減らせばいいのです。


己の実力を上回る欲望が恐怖を生んでいるのです。


実力を上回る株数を持ったまま高値を目指そうとするから怖いのであり、一部利食いをすればコストは下がるのですし、怖さも軽減するはずなのです。

まあ、そもそも欲が無ければ株など買わないでしょうし、欲があるのは良い事だと思っていますが、欲が強すぎればそれは恐怖に代わってしまうのです。

ですから、怖いなと感じたならば、その原因を取り除けばいいのです。

また、押し目買いという指示がよくありますが、これの恐怖心を無くすためには、一度に買わない事です。

古くからの有効な手法としてはドルコスト平均法というものがありますが、思わぬ押し目でひるまずに買いに行けるのが大事です。

例えば、先日ご紹介した3808オウケイウェイブという銘柄がありますが、これはメンバーへの最初の推奨が1700円台でした。

その後1200円台にまで押す場面がありましたが、「ご紹介のタイミングは失敗しましたが、ここは買いです」と推しまして、「歯を食いしばって買いました」などと言うメールも来ておりましたが、とにかく安値で頑張りました。

その後、底値からは既に倍増以上となっています。


とにかく一度に買わない事、一度に売らない事。


これが資金管理の基本中の基本です。

こうしたことの実践でメンタルをコントロールして行けるものと思っているところです。

とにかく、強いメンタルとは精神修行ではなく、株を理解することや資金管理への慣れであり、ここを乗り越えて行ける者だけが成功するのでしょうね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

先日ご紹介した3808オウケイウェイヴですが、昨日は連騰で3000円乗せかと思っていたのですが、反落でありました。

ただ、小幅な下げでありましたし、安いところでは玉の移動も見られましたので、必要な下げだったのであろうと思っているところでした。

週明けにでも3000円に到達するだろうと考えているところです。

昨日の予想は外してしまいましたが、強気維持には変わりありませんし、引き続き注目して行って頂ければと思っているところです。

さて、全体の話になりますが、どうもここ最近はしっくりこない相場となってきているのです。

一番気になるのは個人投資家の買い越し姿勢で、ここのところの下落でそこそこ買って来たな・・・という印象です。

今までの売り越しを考えれば大したことはないのですが、どうも下値はないという安心感がそうさせている様で、これがかなり気になります。

多くの個人が下値はないと判断しているという事は、その行動は逆手に取られる可能性が高いのです。

相場というものは、いつも個人の思惑とは違う方向へ動くものであり、今回もまたそうなるのではないかと懸念しているところです。

また、空売り比率が高水準で、昨日の46.2%と、非常に高い数値となっておりました。

幾らなんでもここまで増えるものかと、流石に困惑しているところであり、そういう意味でも本気にはなれない相場であります。

上に行くにしても下を見てからという事はよくありますし、先日の急落の余震は未だ残っている可能性はあろうかと思っているところです。

安心して個人が買いに来ている相場・・・。

経験上これは相当危ない悪材料です。




基本的には買いで考えているところですが、ここは買い場ではないな・・・と、そんな風に思っているところです。

まあ、個別ではこの限りに入らない銘柄もありますし、何でも様子見で待てばいいというものでもないのですが、とにかく全力で買いに行く様な相場ではないとだけ認識して頂ければと思っているところです。

私が全力で買うべきと思う相場というのは、明らかに個人が投げさせられている様な悲鳴が出ている相場であり、こんなに個人が買いに来るような相場ではありません。

弱気過ぎるのも問題でありますが、ここでの強気は少し危ないなと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株安で軟調なスタートとなっている東京株式市場ですが、先日ご紹介した名古屋セントレックスの3808オウケイウェイヴは問題なしで上昇スタートになっておりますね。

今日はこのまま3000円突破!?と思いながら見ているところです。

メンバーには1000円台でご紹介しており、後は何処で利食いをして行くかですが、現時点での大幅な含み益であり、御礼のお便りが沢山送られて来ます。

まあ、気持ちはありがたいのですが、利食いするまでは戦いは継続しているのですからね・・・。

気を引き締めて行って頂ければと思っているところです。

何処で利食いすべきかはメンバー専用の情報となりますので、その点はご了承ください。

まだ売らない方が良いとは思いますが、利食いしたければいつでも利食いして頂いて結構です。

売るな!という事は一切ありません。

本当に好きな様にやって頂いて結構です。

回転重視で行くもよし、ホールドで行くもよしです。

まあ、ブログではちょっと高いところからのご紹介でしたので、多くは指をくわえて見ているだけで買いづらいとは思いますがね。

ただ、今ここから買いたい銘柄NO.1ではありません。

その銘柄は今日は全体に連れ安している状態ですから、こういう緩いところを狙って行って頂ければと思っているところです。

などと文章を書いている内にオウケイウェイヴが少し安くなってきましたね。

安くなってきたという事は、買いチャンスとして考えて行けば良いという事です。

さて、105円台まで突っ込んだ為替でありましたが、あっという間に107円台まで戻ってきましたね。

仕掛けによる円高であり、気にすることはないとレポートしておりましたが、読み通りの展開となってきました。

ただ、円高に反応しなかった225ですが、円安になってもあんまり反応して来ませんね。

まあ、当然と言えば当然であるのですが、それでも110円ぐらいまで戻れば反応も出てくる事でしょう。

とは言え、先日の急落の後遺症は未だ残っているでしょうし、このまますんなり戻るとは思えません。

未だ何度も行ったり来たり、そして時には大幅な下落もあろうかと思うところでありますので、特に吹くような場面は警戒して頂ければと思っております。

株を売買している時点でリスクを取りに行っているのですが、問題はそのリスクを取る度合いであり、今は控えめにしておくべきところだと思っているところです。

ゆっくり待っていれば、ガクッと下げる場面があるかと思いますし、そうした場面で買いに行けてこその投資なのです。

待つのも投資のうちなのです。




私が225の売買指示をほとんど外さないのは、勝つためのポイントを抑えているからなのです。

ですから、毎日225を売ったり買ったりしたい方にとっては物足りないかも知れませんが、勝率であるとか、利幅に関して多くの方に比べて負けない自信があります。

本当に勝ちたいのであれば、毎日売ったり買ったりではなく、ここぞというポイントでだけ出動し、的確に利食いを入れて行くべきなのです。

相場をやっていると常にポジションを取りたくなるとは思いますが、ノーポジションで待つのも投資のうちなのです。

現在は225はノーポジションとなっておりますが、また必ずどこかで買いに入って行く事になります。

次も勝てるかどうかは分かりませんが、勝つつもりで真剣に予想しておりますし、今年に入ってからの連勝を3から4に伸ばして行きたいと思っております。

ちなみにですが、去年は7勝1分け1敗で小幅ロスカットでありましたが、負けは1度のみです。

引き分けも1度ありましたが、後は全勝でした。

今年の目標は全勝であり、なんとか実現しようと意気込んでいるところです。

まあ、相手は相場でありますし、予期せぬことが起こるかも知れません。

負けたくはないのですが、相場は相場であり、予期せぬことが起こったならば、素直に負けを認めて決済して頂くつもりです。

ですから、負けを認めたくないという意地や、自慢する為だけの勝率に捕らわれて判断を見誤ったりはしないつもりです。

勝率だけ高くても利小損大ではお話になりませんからね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今のところ特に問題ない動きですが、どうも不気味な相場ですね。

これと言って目立った悪材料がある訳ではありませんが、東証の空売り比率が高すぎます。

直ぐにどうという事はない様に思いますし、単にCTAの仕業であり、あくまでも一時的であるというのであれば問題ないのですけどね。

例えば先日の急落局面での45%越えの空売り比率という事であれば、それはまあ、そんな事もあるかも知れないなと思えたのですが、昨日も44.4%でしたからね・・・。

何か大きなものが隠れている可能性が無きにしも非ずであり、ここは警戒せざるを得ないところです。

この不気味なデータがありまして、本日は安いところで買いに行っておりました225を手仕舞いして頂くようメンバーに指示致しました。

これで今年に入ってからの225売買指示は3連勝確定ですが、次の勝負までは少し様子を伺おうと考えているところです。

しかし、一体何が問題となるのでしょうか?

先々を考えれば消費税増税による消費減少であるとか、デフレ深化であるとか、確かに問題はありますが、今からそれを売りに行くには早すぎると言わざるを得ません。

企業業績も増収増益傾向でありますし、今後円高で修正がかかったとしても、ここから売り叩くほどに悪くなるとは到底思えないのですけどね・・・。

しかし、メンバー各位にはより確実に勝利を収めて頂きたいと考えており、懸念を放置した状態で勝負に挑ませるといった無責任な行為は出来ません。

私の仕事は、あくまでもメンバーに勝利して頂く事ですからね。

まあ、持ち株を全部売れという事ではなく、あくまでも「少し余裕を持たせておいてください」という事でありますし、引き続き材料株は面白いと思っております。

ですから、少し警戒を強めつつも、材料株で利益を目指して行って頂ければと思っているところです。




さて、昨日は3808オウケイウェブを当ブログでも初めて取り上げました。

当然メンバーの買値はもっと安いのですが、ここからでも取れるとの判断での一般公開でした。

一般公開後も株価は順調に値上がりし、本日も買い気配スタートとなっておりますね。

高いと思われた方も居られたかも知れませんが、この値段でもサービスの一般公開であったと、自負しているところであり、この流れに乗って利益を得て行って頂ければと願っているところです。

目標株価であるとか、利食い場についてはメンバー限定情報ですが、少なくとも2000円台で終わる事はないだろうとだけは予告しておきます。

3808オウケイウェブはメンバーも楽しみにしている銘柄ですが、メンバーではない皆さまにもこれから楽しんで行って頂ければと思っているところです。

ところで話が変わりますが、日本政府は外国人をもっと働きやすくという事で、農業や介護、建設作業員などの分野での外国人労働者を受け入れる方針の様ですね。

人手不足はインフレ要素であり、長く苦しむデフレからの脱却に一番の好材料であるのですが、政府はこれも潰そうというのですから残念です。

このままだと、何時まで経ってもデフレからは脱却できず、最後は日本株も再度10000円割れまで戻ってしまうかも知れませんね。

本当に困った話ですが、この外国人労働者の受け入れについては移民政策ではないとして労働継続年数や、家族の受け入れ拒否などの条件が付けられております。

過去の日本を見ますと、我が国の経済が苦しい時は移民で米国やブラジルなどに日本人は受け入れられて行ったのです。

移民を受け入れればデフレは必至でありますが、少子化には歯止めがかかりますし、将来的には消費増につながる可能性はあるのです。

まあ、日本人の国ではなくなってしまいますが、過去の日本を考えたならば、生活に困っている様な国からは、多少移民は受け入れるべきだとも思うところではあるのです。

少なくとも、ちょっと働かせて帰れ!とするよりは、良いと思うのです。

犯罪を起こす様なら帰ってもらいたいですし、質の悪い人は入ってこないで欲しいとは思いますが、今の政府の方針はあまりに非人道的だと思うところであり、この政策には個人的には反対です。

まあ、移民も労働者も受け入れず、自然とデフレから脱却する道を見つけるのが一番なのですけどね。

なんだかんだと言いながらも、最強のデフレ政策である消費税増税がありますし、政府は根本ではデフレが気に入っているのかも知れませんので、こういうアイディアは無限に出て来るのかも知れませんが、とにかくこれ以上我が国を衰退させて欲しくないと、心から願っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

相場の世界は本当に面白いですね。

最近は勉強が出来て頭が良い人ほど失敗するのが相場の世界なのではないかと思っています。

と言いますのは、ここのところの円高です。

米が利上げ基調で、長期金利は上昇を続け、一時は3%をも突破。

この状況でドルが売られるという事が、頭が良い人ほど理解できないのです。

ニュースを見れば、米国の財政がおかしくなるだとか、色々不安になるような話が出てきますし、これは不味いという判断になるのです。

ここで重要なのは、根本の金利上昇ですが、これはほぼ間違いなくドル高要因です。

こんなのは誰にでも分かることですし、全くその通りなのです。

にもかかわらずドル高にならずにドル安になった。

頭が良い人ほどこれが理解できないのです。

そして、理解したいがためにニュースを探しまくり、出てきた答えが米国の財政不安だとか、まあそんなものです。

ここで答えを申し上げますと、金利上昇はドル高は正解なのです。

しかし、その答えと違う結果が相場にあるのです。

ですから、頭が良い人ほど悩むのです。

所謂これが「ザ・相場」というやつなのですが、誰もがドル高だと思うからドルを買った訳です。




そうなりますと、資本力のあるところは何を考えるかと言いますと、この買い持ちをまとめて売らせてやれ・・・と、なる訳です。

誰もがドル高を信じて円高になっても耐えますし、ここぞとばかりにドル買いを追加して来ます。

しかし、それをニヤニヤしながら見ているのです。

一般投資家の思惑とは違う動きが相場に出て、どんどん円高になって行くのです。

そして、止めの一撃として出て来ると言いますか、出されてくるのが米の財政不安だとか、そんなニュースです。

もうこうなると投資家は混乱状態で、もはや損失確定をせざるを得ません。

本当に残念な事ですが、相場とは知識や計算で導き出されるものではなく、資本力があるところが何を考えているのかを当てるゲームであるのです。

ですから、勉強すべきは心理学であるとも言えます。

長年この世界に居ますと、心理学を勉強せずとも、投資家の心理が自然と分かる様になってきますので、本当に心理学を勉強しろとは言いませんが、チャートの本を開く暇があるなら、心理学の本を少しでも読んだ方が、幾分かでもプラスになると思っているところです。(でも最低限のチャートの勉強は知識としては必要ですよ)

突き抜けている人は、恐らく自然とここに到達しているのでしょうね。

一番必要なのは、勉強よりも、目には見えない人の心や気持ちが読めるかどうかであり、所謂地頭の良さだと思っているところです。

さて、今日は個別のお話をしましょう。

何度かご紹介している2160GNIですが、最近は停滞気味になっておりますね。

そんな中、最近は投資方針を色々と調整しております。

それと、注目しておくと良い銘柄(3808オウケイウェイヴ)を本日初めてご紹介します。

これは名証セントレックス銘柄であるため、売買できない方も居られるかも知れませんが、興味があれば調べてみてください。

メンバーはもっと安いところで買う事が出来ておりますが、こんなところで利食い推奨するつもりはありません。

もちろんブログ公表に合わせて売りに行くセコイ真似をするつもりもありません。

純粋にサービス精神でご提供する銘柄であり、この銘柄もまた、今までご紹介してきた銘柄同様に、ここで買っても利食いできる可能性の高い銘柄です。

面白くなる可能性は非常に高い銘柄ですので、買わずともしっかり見ておくと良いと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

日経平均は22000円付近まで戻ってきましたね。

この上昇で安いところで買い推奨した225の取引は、今回も勝利確定となりそうなのですが、この動きには100%満足しておりません。

特に連動は薄れているとはいえ、やはりこの円高の影響があるのでしょうが、NYダウの戻りを考えれば23000円付近まで戻ってもおかしくないと思っているのです。

また、先日の21000円付近の時には東証の空売り比率が連日45%越えであり、何故にここで、これ程までの売りが出るのだろうかと疑問に思いました。

最近はCTAの取引が主であり、売買しているのが感情を持たないコンピューターですので、人間には理解できない事をするのかも知れませんが、それにしてもここで45%超えの空売りというのはどう考えれば良いのか少々悩んでしまいます。

余程下げに自信のあるインサイダー的な何かでもない限り、あそこまで強烈に売れるものではないと思っているからです。

まあ、そんな風に考える自分は、やはり人間なのだろうと思うのですが、人間のままの感情で良いのかどうかと、葛藤しながら相場を見ているところです。

ただ、単にこの空売りは愚かな判断であり、踏まれてくれるならば問題はないですし、そうなるのではないかと思っているのですけどね・・・。

CTAがいくら優秀であったとしても、まだまだ判断はこっちが上だと思っているところではあります。

まあ、CTAの方が強い場面もあるのでしょうが、なんだかんだと言っても動かしているのは人間の感情であろうと思うところです。

何故かと言えば、CTAにカネを預けるのは人間だからです。

まあ、いずれ私もCTAに太刀打ち出来ない日が来るかもしれませんが、まだ今のところは大丈夫だと思っているところです。

さて、人間の感情の話になりましたので、もう少しこの感情について話を続けたいと思います。




先週は米国で再度の銃乱射事件がありましたね。

またもや高校生が犠牲になった訳ですが、多数の高校生が銃規制を求めてデモや集会を行い始めており、規制に反対の立場のトランプ大統領も流石に無視できなくなってきているのではないかと思うのです。

米経済は銃乱射が起こるたびに売り上げが伸びる銃器会社が牽引している部分もありますし、米にとっては一大産業です。

その一大産業をサポートしているのが全米ライフル協会ですが、ここは銃器メーカーや銃器販売店などの会員から多額の活動資金を得てロビー活動を活発に行っている全米屈指の圧力団体です。

ここからの多額の献金が、大統領を含めて多くの議員に配られている訳で、それが理由で銃規制が簡単に出来ない訳ですが、育ち過ぎた産業を安易に潰す訳にも行かないという側面もあるのだと思います。

ただ、流石にこれ以上無視すれば、銃による無差別殺人は更に増加して行くでしょうし、そろそろ何かしらの対策を本格的にしなくてはならない局面まで来ていると思うのです。

アメリカは人命より営利を優先する国だとは思いますが、それでも流石に行き過ぎでしょうし、そろそろ流れが変わる可能性もあるのかな?と。

ただ、本当に流れが変わるとなれば、株式市場も大きな変化が起こる可能性はあります。

銃の製造や販売で儲けている企業は沢山ありますからね・・・。

これらの事件で米が変わるのかどうか?

トランプ大統領が真の尊敬される大統領になるためには、絶対に必要な決断ですが、彼にそれが出来るのでしょうか?

まあ、尊敬されると同時に暗殺される可能性もかなり出てきますがね・・・。

もちろん規制の内容にもよりますが、銃規制で米株が大暴落するかと言えば、そこまででは無いと思うところですし、少なくとも全面禁止は出来ないはずなので直ぐにどうという事はないと思っているところです。

ただ、一応そんな懸念はあるんだ位には考えておいて頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

強烈に円高が進んでおりますが、株の方は影響が小さいですね。

これは為替が行き過ぎている状態で、一時的なものとの判断で良いと思います。

今後の懸念としては、トヨタなどの大企業が想定レートをどこに設定して来るかで、これがこの一時的と思われる動きを反映して高めの設定になれば、相場はそれを基準に動こうとします。

まあ、今の動きは一時的なものであり、企業もその辺は予想しているとは思うのですが、こうした円高が一時的なものにならなかった場合は大幅な修正が余儀なくされると思いますし、そうなるとまた相場は荒れる可能性があるという事になるでしょう。

ただ、それも一時的であり、結局は円安方向で大幅上方修正につながりますので、株式市場はまた賑わい、特に問題はないでしょう。

とは言え、目先はそうした材料によって振り回される可能性がありますので、分かっていながらやられるような事の無いようにして頂ければと思います。

ところで、円高による収益圧迫懸念ですが、10年前に比べれば大したことがないとも言えます。

既に現地生産になっているものが多く、円高だから収益が大きく圧迫され・・・という程のものではなくなっているのです。

むしろ国民にとっては輸入品が安くなりますし、ほぼ輸入に頼っているエネルギーが安くなるのは非常に良い事です。

政府はインフレにしたいと言いながら、これ以上ないデフレ政策で、来年は消費税増税が待っています。

国から受けるダメージは、輸入物価の低下で何とかまかなえれば良いと思いますし、円高は悪い事ばかりでもないと考えておけば良いでしょう。

ただ、あまりに急激に円高が進んで行きますと、金融市場においては混乱が生じますので、不安がないとは言いません。

まあ、黒田総裁の続投が決まったのですし、他もイエスマンであろうと思いますので、そういう意味でも特に問題はないので、今の円高は「目先としては行き過ぎている」と判断すれば良いと思っているところです。

ちなみに、225は先週の金曜日から21000円前後の押し目買い方針で買い推奨しており、現在も継続中です。

これを確定させれば、今年に入ってからの225売買成績は3戦3勝という事になりますが、さてさて・・・。

後は個別の勝負になる訳ですが、個別も徐々によい感じです。

まだ未公開の一押しのバイオ銘柄が順調なのが、何より嬉しいのですが、この辺は買っていて良いと思っているところです。

とにかく、相場をどう読み、どう行動するか?

これが株取引において大きなポイントとなりますが、メンバーにリアルタイムで配信している情報は、投資判断の手助けとなるはずです。




難しい世界ではあるのかも知れませんが、これ程安心して戦えるギャンブルは他にはないのです。

一夜で倍になったりする事は稀ですが、裏を返せばそれだけリスクが少ないという事です。

上手く利用して、あなたの資産形成にお役立ていただければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

株式市場の乱高下が続いておりますね。

ここのところ外資は売り越しですが、円高のおかげで上手く売り抜けているところは多いでしょうし、特に短期筋はCTAを使って売り仕掛けも行ってきている様な感じですから、まだまだ荒れ模様は続くのかも知れませんね。

ただ、徐々にではありますが、落ち着きも見え始めておりますし、仕掛けの対象となる225と違って、材料株の方はそれ程悪い動きではありません。

魅力的な動きの銘柄もありますし、荒れている様でも意外とやれているのが今の相場だと思います。




直近では割り切り推奨ですが、1711省電社を13日1100円台で1100円割れを狙う様にと指示致しました。

その後1100円を割れてきまして、大引けまで1100円割れで推移していたので、やれているメンバーはここでコツコツ拾ったものと思っているところです。

そして、昨日は大幅に上昇して1220円となった訳です。

背景や目標などの詳細は書けませんが、買うべきポイントさえ分かっていれば、こんな荒れた相場でもやりようはあるのです。

また、何度も推奨している2160GNIですが、下げの準備は整えておりましたので、今回の急落も難なく乗り切っております。

昨日はぎりぎり陽線でありましたが、一応根性は見せた感じでしたし、相場は未だ終わっていないと思っているところです。

どう行動すべきかはメンバー向けにレポートしておりますので、参考にして頂ければと思っているところです。

また、期待の某バイオ株ですが、そろそろ本格的な上昇に入るのではないかと思っているところです。

ここ数日大人しいのですが、こういう場面でこそ買って行ったら良いと思っているところです。

ここを逃すと、後にちょっと悔しくなるのではないかと思っているところです。

まあ、この他にも色々あるのですが、とにかく荒れ模様でも何とかなるし、荒れている225ですらも、動きを読んで利益を出すことが出来るのです。

今回もまた利食いさせて頂きたいと思っておりますし、また次も取らせて頂きたいと目論んでいるところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

ボラティリティが大幅に上昇しており、これで安心とまでは行けない相場ですが、少しは落ち着いてきそうな気配は出て来ましたね。

5日、6日と続いた大幅安が大地震だとすると、その余震は未だ続いておりましたし、また突然と大きな揺れはあるかも知れませんが、ここからは少し落ち着いて見て行けるのではないかと思っているところです。

ただ、これですんなり上に行けるかとなりますと、まだしばらくは難しいだろうと思いますし、相場の中心は材料株になって行くだろうと考えているところです。

さて、この混乱した相場ですが、大体は読み通りであるのですが、現在気になる事はいくつかあります。




特に気になっているのは、危機的状況だと言われ続けながらも生き続けている中国です。

基本的に対外債務がない状態で、共産国家でありますので、問題は起こらないと言うより、起こらせないと言う感じの国ですが、最近は流石に危なくなってきているのではないかと、少し危惧しながら見ています。

そもそも共産国家ですので、我々の尺度では理解しきれない部分が多いのですが、無理に民族をまとめて巨大国家にしている部分があり、場合によっては分裂する可能性もあろうかと思っているのです。

一つの国で言語がまとまらないというのは、実は国家にとって致命的なのです。

中国では大別すると北京語と広東語があるのですが、例えば内乱が起こったのが北京語地域だとすれば、広東語の軍隊を連れて行って反乱者を射殺するのです。

天安門事件がそうでしたが、あの時は同胞でもあるにも関わらず、笑って引き金が引かれたそうです。

騒いでいる学生が何を叫んでいるか分からないのですから、それはもう当然と言えば当然なのかも知れません。

戦争で人を殺せるのは、ある意味では言葉が通じないからでもあるのですが、中国は国内でそれが出来てしまうのです。

そういう意味では恐ろしい国ですが、別の言い方をすれば分断は簡単に起こり得るのです。

そして、何故に今その心配かと言いますと、中国が大量に消費しているために値上がりしていたコモディティ相場が下落しており、明らかに中国の消費が落ち込んでいるのです。

このまま何事もなく抑え込めていれば良いのですが、どうなってもおかしくない国ですからね・・・。

直ぐにどうとは言いませんが、少し注意して見て行かないと、我々も巻き込まれる可能性はありますので、変化は見逃さない様にして行かなくてはならないと思っているところです。

そういう意味でなのかどうかまでは分かりませんが、思ったよりも2160GNIが伸びて行かない理由はこの辺にあるのかも知れないとも思っている位です。

正直、少し心配だな・・・とは思っておりますが、現時点で方針を大幅に変えるほどではないのですけどね。

ちなみに、アメリカが移民でも上手く行っているのは英語を強制して来たからです。

最近ではスパニッシュを認めたりしている様ですが、このままこの流れを続けて行くと将来は危険でしょうね。

また、イギリスが移民を受け入れて、英語を強要しなかったので、結果として多言語国家になった訳ですが、その行く末はテロやら情勢不安やらで、国がおかしくなって行きました。

そして、EU離脱だなんだと大騒ぎとなったのです。

最初から英語を強要していれば、ここまで酷くはならなかっただろうにと思います。

同じ国に住むのであれば、同じ言葉をしゃべって当然であり、そうした事が出来ない国は問題が起きて当然なのです。

株に話を戻しますが、ここは言葉よりも数字が言語みたいなところですから、外国人がいても何とかなりますね。

ただ、外国株を売買しようとしますと、やはり言語の障壁はありますね。

ニュースが出てきても翻訳されないと意味が分からない・・・。

やはり、日本で売買するのは日本株が一番良いかな?と思ったりもするのですが、株はこの分からないところが良かったりもします。

問題なのは、今までは数字を通して言葉の分からない外資から攻撃されていただけなのですが、今はCTAというターミネーターが現れましたからね。

何処まで行っても株式市場が平和になる事はなさそうですが、数字という世界共通の言語を理解し、勝ち残って行く事は可能だと思っているところです。

平和なら平和なりの稼ぎ方もありますし、戦乱なら戦乱の稼ぎ方がある訳で、その辺を理解して行けばいいのですからね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は少し落ち着きを取り戻しつつあるようにも見えますが、ボラティリティが大きくなっておりますし、これで混乱も終わりとは言い難いですね。

先日の急落を地震に例えましたが、余震は起こっておりますし、まだ安心はできないと思っているところです。

ただ、このボラが大きい状態ではありますが、的確に行動すれば短期間で大幅な利食いが可能で、今年に入ってからの225の売買は既に2連勝です。

また、先週末の安いところからは、再度225の買いを推奨しており、今日の上昇で3連勝もほぼ確実だと思っているところです。

難しい相場ではありますが、動きさえ見切れば短期大幅利食いも可能な相場と言ったところです。

さて、ニュース番組は何処も平昌オリンピックの話ばかりなのですが、報道の内容はいつにも増して酷いですね。

「日本勢メダルラッシュか!」などと言いながら、今のところは大した成果も上げられておりませんし、成果が上げられないのは天候のせいだとか・・・。

皆同じ条件で戦っているのに、情けない話です。

一方、株式市場で利益を求めて戦っている我々ですが、確かに米国株が安いだとか、企業が不正を働いていただとか、予期せぬ打撃を食らう事はありますが、そのうえでどうするかを考えて戦って行くのです。

そこで成績を出さなければなりませんし、どんな結果であれ他人にとやかく言われたくはないですね。

選手に期待をかけるのが悪いとまでは言いませんが、選手自身の気持ちは何時も置き去りだなと、個人的には残念に思います。

ところで、この平昌オリンピックでありますが、韓国にとっては政治利用がメインでスポーツの成績なんて全く興味がなさそうですね。

北朝鮮との融和がどうだとかと、友好ムードを作り出すことばかりに注力しており、本当に愚かな話ばかりです。

表面上は統一だとか言っておりますが、どちらも心の奥底でそんなものを願っているとは思えません。

特に北の目的は金正恩体制の維持が目的であり、米から攻撃されたくないだけの話なのです。

融和ムードを作り出しておけば、米は攻撃してこれないだろう・・・。

ただこれだけの事です。

融和報道で北朝鮮への圧力がぼけそうですし、本当に何をやっているのやらです。

まあ、マスコミが愚かな事は今に始まった訳ではありませんが、注意して見ていないと方向を見誤ってしまいます。

特に番組がオリンピック一色になりますと、色々なものが隠れてしまいますので、大事なものを見逃さない様にして頂ければと思っているところです。




さて、先週8日720円で推奨した4556カイノスがS高まで買われ、9日も堅調な値動きでありましたが、今日も買い気配スタートでなかなかいい感じですね。

ちょっと薄い銘柄であり、割り切り推奨しか出来なかったのは残念ですが、まずまずの値動きに満足して見ているところでした。

後はテンバガー候補のあれですが、今日はまずまずのスタートです。

丁度押し目が入っているところであり、買い場としては最適だと思っているところですので、狙ってみたい方は今がお勧めの買い場だと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

NYダウは再度の1000ドル超の下げでありましたね。

先日の1000ドル超の下げは大地震であり、未だ余震は続くと思いましたが、早速来ましたね。

驚きと言えば驚きでありますが、想定済みの事でありますし、この程度の下げは出て当たり前と思っているところです。

既に225は回転済みでありますし、ここでこの程度の下げが出ても何の問題もないと言ったところです。

余震であるのですから、対処は簡単なのですが、メンバーに向けてどう行動すべきかはしっかりとレポートしておりますので、しっかり理解して取り組みたい方は、メンバー向けのレポートをご利用いただければと思っております。

ただ、先ほど知った事なのですが、今日はシステム変更やらで225先物等の夕場の取引が休止なのだそうですね。

夕場の取引がないために、後場の取引で決済してしまう動きもあると思いますし、思ったよりも荒れる可能性はあるのかも知れません。

予定していたことでしょうし、変更はないのでしょうけれども、ちょっと余計な材料だなと思っているところではありました。

さて、225はともかくなのですが、ここで注力すべきは個別の材料株です。

特に来週は素晴らしい上昇となる可能性が高い銘柄がありますが、今日は連れ安の状態になりそうです。

こんなに素晴らしい仕込み場があるとは・・・。

このまま押さずに行ってしまう可能性がありましたので、昨日も買いでお勧めしている銘柄ですが、今日の押しは天与の買い場だと思って行動して行って頂ければと思っているところでした。




どれもこれも買い気配よりは、ずっと楽しい相場であり、ワクワクしながら見ているところです。

特に良いと思っているのはもちろんあれです。(ヒントは4000番台)

バイオ銘柄である事は予想できると思いますが、これだけは買っておいた方が良いと思っております。

何しろ重要な「テンバガー候補銘柄」ですからね。

特に今日はここで仕込まず何処で仕込む?と言った感じです。

もちろんここよりも安いところから推奨しておりますし、もっと安く買っているメンバーもいると思いますが、この値段ならばまだまだ問題ないですし、自信を持って買いに行って良いと思っています。

ただ、今日中に買った方が良いと思っており、待っている暇はあまりありませんけどね・・・。

この局面で良質な銘柄を仕込み、来週を楽しみに待って頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は高く推移しておりましたが、終わってみれば小幅安と、まだまだショックからは立ち直れておりませんね。

まあ、そんなに簡単には立ち直れないでしょうし、未だこんな程度の動きだと思っていますが、結局は今週のSQをターゲットにした売り仕掛けでしかないと考えており、大きな流れとしては何の問題もないと思っているところです。

先週までの様に上げ続ける相場よりは、この位の押しがあった方が良いと思っている位です。




さて、直近の売買状況ですが、一昨日の急落の最中ですが、1000円安以上に売られたところで225は買いだとしてメンバーにレポートしました。

そして、1000円安から1500円安に向かう中で頑張って買いに行ったメンバーでありましたが、昨日の反発で全て利食いして頂きました。

利食いのタイミングは前場の一番高いところであり、一泊で大幅な利益を得る事に成功して頂いております。

今年2度目の225推奨ですが、これで2連勝であり、メンバーからは喜びのメールを沢山頂きました。

225の売買タイミングというものは、本当に難しいもので、これ程神経を使う売買指示はないと思っているところですが、本気で分析をして行けば大体勝利を収める事が出来ます。

連勝をお約束できる訳ではありませんが、次も当てるつもりで、相場を観察しておりますし、ほぼ間違いなく勝てると思う場面が出れば、再度メンバーに推奨して行きます。

さて、225はショックから立ち直るまでもう少し時間が必要だと思いますが、材料株は元気一杯ですね。

中には売られたりしている銘柄もありますが、銘柄によってはチャンス到来でしょう。

上げているところは買いたくないのですが、下げているところは積極的に買って行けば良いと思っているところです。

まあ、もちろん銘柄は選ばなくてはなりませんが、多くは売られたようなところは買いが正解という事になるでしょう。

良い銘柄を仕込んで、良い利益を手にして行って頂ければと願っております。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日の東京株式市場は本当に悲惨でしたね。

どれもこれも大幅値下がりで98%の銘柄が値下がりしていたそうです。

あそこまでの下落を予想していた訳ではありませんでしたが、不穏な空気を感じていたので先週から銘柄の整理と、225の手仕舞いをメンバーにレポートしておりました。

嬉しい下げであったはずなのですが、それでもあれほど荒れれば流石に恐怖は感じる事でしょう。

しかし、その恐怖を感じていると知りつつも、レポートしたのはもちろん「買い」でありました。

225の新規押し目買い、2160GNIの押し目買い、そして2倍増達成の1500円になったら一般公開するとしているテンバガー候補銘柄の押し目買いです。

この銘柄は昨日は1100円割れまで売られましたが、大引けではそこそこ値を戻しましたし、今日は買い気配で1300円台に乗っています。

一般公開まであと少しだなと、思っているところですが、正直、1500円での公開は勿体ないような気もしてしまっているところであり、少々葛藤しているところではあります。

別に提灯をつける必要などありませんし、ほっといても5000円、10000円とするすると値上がりして行く可能性が高いと思っているので、1500円ではサービスし過ぎかも知れないなと。

また、この銘柄を知りたくてご入会されている方が、沢山居られましたしね・・・。

よって、公開はしようと思っているところではありますが、タイミングについては分かりません。

まあ、既に気付いている勘の良い方もいらっしゃるかも知れませんけどね・・・。

さて、大幅反発となっている今日の東京株式市場でありますが、ここで買いに行こうと考えているならば、それは素人です。

昨日の様な大幅な下げがあった後は、投資家の警戒心が強いですし、戻り売りも多く出て来るものです。

ですから、今日の様な相場で買いに行くと回転が利かなくなり、身動きが取れなくなる可能性が高いです。

最近の主流は自動取引で、予想外の動きになる事もありますが、安心して買いに行ける場面ではありません。

買うべきは昨日の様な地獄の様相を見せている時であり、今はその時ではないのです。

昨日の下げを大地震に例えるとすれば、自然界と一緒で大抵は大きな余震は起こるのです。

狙うべきはそうした余震のところであり、誰もがほっとしているようなところで買いに動いてはならないのです。

まあ、銘柄によっては買ってしまった方が良い物もありますが、基本は押し目を狙う事であります。




昨日頑張って安いところを買った物が大幅に反発していれば一部利食いするぐらいが正解なのです。

騰がっているところでどれを買おう?なんてやっていては、何時まで経っても負け組から抜け出せません。

より良い取引が出来るように精進して頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

NYダウが一時1500ドル安!

久しぶりに凄い下げを見た気がしましたが、大引けは1175ドル安で4.6%の下げ。

率で考えれば、そこまで大した下げではありませんし、そもそも下げる事は想定済みです。

昨日もこのブログで書きましたが、これは参戦してきている個人投資家をふるい落とすための粛清相場なのです。

私が勝手に名付けたので粛清相場なんて聞いたことが無いと思いますが、イメージは伝わると思っております。




まあ、いくら粛清と言っても皆殺しではなく、あくまでも波乱分子と言いますか、調子に乗っている邪魔な奴だけでありますので、メンバーにとってはあんまり関係のない話です。

特に先週からは銘柄の整理も大分進めてきましたし「何が起こってもおかしくないから余裕を持たせておくように」「現物の範囲で取引をしてください」と何度も申し上げてきました。

ですから、目先は少々きつい相場ではありますが、誰一人泣き言を言っておりません。

昨日は「資金が2倍になりました」とか「含み益で恐怖を感じています」などというコメントやメールも頂きましたし、皆さん現物の範囲で頑張っているのに大したものだなと思っているところです。

まあ、信用だったらもっと利益は出たと思います。

しかし、信用は勝負勘を磨くことも出来る反面、それまでに何度も失敗しなくてはならないと言いますか、失敗しながら覚えて行くものなのです。

ですから、失敗を続け、限界を突き抜けてプロ中のプロに育って行くか、やはり信用はダメだと諦めるかだと思います。

お勧めなのは、失敗しながら覚えるよりは最初から信用は諦めて現物の範囲で取引する事です。

プロ中のプロを目指したいのならば止めやしませんが、現物の範囲だって十分に利益は出るのです。

着実に取引をして行けば、現物の範囲だって何倍にも利益を得て行けますし、そうした取引を心がけるべきだと思います。

相場で大事なのは、とにかく死なない事なのです。

生きていれば何度でも戦えますし、復活も出来るのです。

だから、死ぬような相場は張ってはダメだと、何度も書いてきているのです。

これさえ理解して頂ければ、1000円安の日経平均を見ても怖くもなんともないのです。

まあ、見通しが立てられないと、流石に怖いでしょうけれどもね・・・。

ところで、今私が考えている事は、どこが一番美味しい買い場になるかです。

そして、どの銘柄が一番美味しいのか?

申し訳ないのですが、皆が悲鳴を上げているところで買いに行くのが一番美味しいのです。

久しぶりにワクワクしながら相場を見ているところでありました。

ただ、良い銘柄はこんな相場でもあまり下げないのですよね・・・。

それでも多少は下げておりますし、こうした場面は見逃さない様にして頂ければと思っているところです。

とにかく、皆が投げるようなところで買う!

これこそが勝利への道である事を知って頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

NYダウが665ドル安と、大幅な下落で、遂に嵐がやってきましたね。

メンバーには先週、225の買いをお勧めしましたが、米長期金利の急上昇がどうしても気になり、急遽先週金曜日の寄り付きで手仕舞いとし胸を撫で下ろしているところです。

また、材料株もある程度利食いし、整理してもらう事として、メンバーには余裕を持つよう助言いたしましたので、嵐は来ましたが備えは万全といったところです。

嵐と言っても暴落とかではなく、あくまでも調整と考えており、この嵐の間にどう行動するかが問題だと思っているところです。

先週までの段階で弱気だった個人が大分買いに入ってきておりましたし、個人が買ってくるとろくな事にならないなと、改めて思っているところでありますが、この下げを見て個人はどう判断するのでしょうか?

いつも通り強気で買い下がるのか?

それとも投げさせられるのか?

雰囲気的には投げさせられそうであり、粛清相場であろうと予想しているところですが、この下げは間違いなく買いを狙う相場であり、粛清だけは絶対に避けなくてはならないと思っているところです。

ただ、安易に今日の下げを買いに行っては、やはりそれは粛清の対象になるだろうと思いますので、買いのタイミングは慎重に図る必要があると思っているところです。

ところで、メディアを見ているとリーマンショック後最大の下げだとか、何かとんでもない下げが出たような話が出ておりましたが、ベースとなる値段が全然違いますからね・・・。

幅は大きいかも知れませんが、問題は率であり、ダウが2.5%程度下げたからと言ってどうという事もないのです。

まあ、これで下げが終わりとまでは言いませんが、弱気になるような下げではないと思ってよいでしょう。

問題となるのは、あくまでもこの調整がどこまで続くかだけであり、中長期での先行きに変化が起こった訳ではないと考えているところです。

そもそも、今問題になっているのは米長期金利の上昇ですが、景気が良いのに長期金利が上がらない方がおかしかったのです。

やっと正常に金利が上がりだしただけであり、これのどこに問題があるというのでしょうか?

目先としては株から債券への流れが起こるのは当然であり、その動きが急であったことから株はショック安となりましたが、いつまでもそう続くものではないのです。

必ずどこかで落ち着きますし、落ち着けばまた株へと流れが戻るのです。

そうしてシーソーの様にあっちが上がってこっちが上がってとしながら、相場は熟成して行くのです。




ですから、目先としてはショック的な動きが出ているのですが、こういう時こそがチャンスだと思って行動して行けば良いのです。

まあ、今日が買いではありませんけどね。

ただ、銘柄によってはしっかりしているものもありますし、今日の内に買っておいた方が良いかも知れない・・・という銘柄はありますね。

何度も取り上げている2160GNIは再度の700円割れがありましたが、こういう場面は美味しいなと思いますし、他にも色々買いたいと思える押しの入った銘柄はありました。

「上げ続ける相場よりずっといい!」

これが正直な感想であり、この下げはワクワクしながら見ているところです。

より良い銘柄を上手く仕込んで、より大きな利益を手にして頂ければと願っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株はNYダウが37ドル高、NASDAQが25ポイント安と、一見すると普通の朝ですが、上下幅が非常に大きく乱高下の末のこの値段なので、あまり良い状態とは言えないですね。

ですから、この何の変哲も無いような数字でありながらも日経平均は売られてのスタートとなっているという事でしょう。

原因はやはり米長期金利の上昇であり、2.7%超えは気になるところです。

2.6%台で落ち着いてくれていれば問題ないと思っているところですが、流石にこれでは様子を見るしかないと言ったところです。

ただ、直ぐに暴落するとか、そういう危機的な状況ではないと思いますし、恐らくは材料株の活況は続くものと思いますので、少し警戒をしつつも材料株へは積極的な投資をして行くと良いと考えているところです。

さて、その材料株でありますが、既にお伝えしている2160GNIは750円のラインも突破して来ましたね。

このブログでご紹介したのは600円のところですから、ブログを見て買った方もそこそこの利益になってきているところでしょう。

実際にメンバー以外の方からも御礼のメールが届いており、嬉しい限りです。

ただ、ここで知って頂きたいのは、このGNIのメンバー向け推奨価格は422円であった事と、そこから一切ブレのない推奨を続けている点です。

一度押すと思えば途中の利食いも推奨しておりますし、細かくサポートしているのです。

そして、何故にここまで細かくやれているかと言えば、徹底的に調べた企業価値と、長年相場を見て来たことから生まれる勝負勘が有ってのものであるのです。

引き続きメンバー向けには徹底的にレポートして行きますし、可能な限り最大の利益を得て行って頂ければと願っているところです。

ところで、今一番買って頂きたいと思っている銘柄はこれではありません。

昨日も一昨日も何度も予告している「テンバガー候補銘柄」ですが、ここからならばこっちを買った方が良いと思っています。

ただ、今日も大幅な値上がりであり、そろそろ美味しく買える値段ではなくなってきたな・・・とは思っております。




まあ、ここからでも間に合うとは思っているのですが、どうせならばリスクが低い安い内に買って頂きたいなと。

今日も高いのですが、目標を考えればまだまだ安い!

ただ、やっぱりもう買って良いとは言い難くなってきている値段でありますね・・・。

買って良いとは思っているのですが、今日が買いでお勧めできる最後の日かも知れません。

高いところは買うところではなく、売るところなのですからね。

まあ、未だ売り指示は出しませんが、そろそろメンバーにも仕込み終了で様子見にしましょうと、方針を改めようかと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

年初から買われた東京株式市場でありましたが、1月末にかけて売りが多く出されて値下がりし、結局日経平均は333円高で終わりましたね。

情けない値動きであったと思いますが、買えていない多くの個人投資家にとってはまたとないチャンスとなったと思います。

まあ、この下げを見て強気になれていればの話ですが、とにかくこうした押し目は見逃さない様にしなくてはならないと思っているところです。

先日もレポートしておりますが、今回の下げは予想済みであり、日経平均の買いは24000円前後で利食い完了とさせて頂いております。

その後、何処で買いに行くべきなのかは、メンバー限定にレポートしております。

ちなみにですが、去年の225の売買指示は7勝1敗1分でありました。

今年はリクエストが非常に多いので、去年以上に225に力を入れて行きたいと思っているところです。

ただ、225の予想は材料株の予想よりも非常に神経を使うので、正直なところ、あまり好きではありません。

世界情勢、各国中銀の動向、株価の動向など、多くのことを分析しなくてはなりませんからね・・・。

材料株の分析は、情報を入手し、それを分析して行くだけなので、それ程手間はかからないのですが、日経平均の予想は情報も何もあったものではないのです。

ただ、しっかりやれば大体は当たるので、今後もメンバーの期待には応えて行きたいと思っているところです。

さて、材料株ですが、年初から700円台で推奨している例のテンバガー候補の大注目銘柄が4桁まで進んできました。

1月入会のメンバーは既にそこそこの含み益を得ている訳ですが、これは未だ序章に過ぎません。

この程度の上昇でテンバガーでは笑われますし、こんなもので終わるとは微塵も思っておりません。

ですから、本来この程度の上昇が得られれば一部利食いなどをお勧めしたりするのですが、現時点ではホールドが正解だと思っておりますし、余裕があれば買って行けば良いと思っているところです。

買うのは早ければ早いほど良いですし、まだまだ押し目買いでの推奨となっている銘柄であります。

推奨から倍増を達成いたしましたら、このブログでも発表して行きたいと思っております。

まあ、いくら自信のある銘柄であったとしても、100%大丈夫という事はありませんし、万が一の事を考えて投資先は分散すべきなのです。

ですから、一獲千金を狙いたいならばこれ一本でも良いとは思いますが、リスクをしっかりと考えて、他にも資金を回していただければと思っているところです。




テンバガーに期待しつつも、手堅く分散投資。

こうしてリスクと上手く付き合う事によって、資産形成はより確実なものになって行くと信じているところです。

ただいま2月メンバー募集中です。

11年間にわたり、多くの個人投資家が選択する私の投資情報を、1か月だけでも試しにご利用になってみてください。

万が一納得できなければ理由を問わず返金も致しております。(新規入会の方限定)

平日は朝昼晩の3回のレポートをお届けし、新情報や、相場に変化があれば、即座に臨時レポートを発行しており、相場対応が臨機応変に出来ます。

また、メンバーは私に直接、質問が可能で24時間以内に回答するようにしております。

情報を基に売買してみたいと願っているならば、私の情報を利用してみてください。

無料では決して得られない、良質な情報のお届けをお約束致します。

自信があるのにはそれなりの理由があります。

本日の申し込みが最もお得です。

→ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。