北朝鮮が気になる東京株式市場かと思われますが、実は私はあまり気にしておりません。

相変わらず挑発や威嚇を続けている訳ですが、弱い犬程良く吠えるのです。

もちろん、ギャンギャン吠えているところに手を出せば噛みついてくるのですが、勝てないと思えば尻尾を巻くものです。

北朝鮮の目的は明らかに「金正恩体制の維持」ですから、一時的な感情に任せて噛みついてくるとは思えませんし、基本的には気にする必要のない、案件であると考えておけば良いと思うところです。

ただ、日本にも問題はあると思います。

殆ど攻撃能力を持たず、防衛に特化した自衛隊では抑止力効果がないのです。

9条がどうだとかと、敗戦後マッカーサーに押し付けられた、外国産の憲法を後生大事に守っている愚かな人々は、そろそろ目を覚ますべきです。

二言目には戦争する国にするなとか言いますが、自国民の生命と財産が脅かされるならば、戦争をしてでも抑止するという覚悟を見せる必要があるのです。

そうした姿勢を見せずにいるから中国・韓国・北朝鮮になめられるのです。

カネをせびられ、内政干渉を平然と許し、悪い噂をばら撒かれ、反論すらできない愚かな日本。

テレビをつければ、日本すげーの自画自賛の下らない番組ばかりです。

今の日本は隣国に手玉に取られている状態であり、本当に情けないのです。

それもこれも、ただ押し付けられた日本人の魂など何も入っていない外国産の憲法のせいではなかろうかと思う程です。

そろそろ目を覚まさないと、本当にこの国は滅びてしまうのではないかと思う程です。

ただ、この選挙で何をどう選択しても、明るい未来はなさそうです。

与党である自民党の前回の選挙で公約していたのは「デフレからの脱却」だったと思います。

しかし、インフレ率が上がるどころか、物価が下落しており、実質GDPはマイナスとなっており、公約は実現できていないのです。

原因は明らかで、最悪のデフレ政策である消費税を増税したからに他なりません。

失敗内閣が、自ら解散を選び、今度は国難突破内閣でしたっけ?

国難を北朝鮮のせいにしておりますが、結果を招いたのは間違いなく今の政府です。

これまでの対応が悪いからこんなことになっているのです。

北朝鮮が何処から資金や情報を得て、何を目的に行動しているのか?

こんなのは、とっくに対応していなくてはならない問題であり、ここまで何も出来ていない内閣に信任も何もないのですけどね・・・。

一方、対する小池氏ですが、総理候補すら出さないですし、そもそも「無駄」「削減」しか言わない人です。

「消費税増税凍結」は良いと思いますし、無駄を削るのも良いと思いますが、使うのを削ってはいけないのです。

使わないからデフレなのです。

これ以上削ってどうしようというのか?

日本の為にと考えれば考える程、投票すべき党も候補者もいない状態で、この状態こそが正に国難の様に思えてなりません。

我々は企業の将来に期待して投資を行う事が多いのですが、政治もそうでなくてはならないと思うのです。

期待できる政党なり、政治家なりが居れば応援するのですが、あまり良い未来は想像できないというのが現状であり、これからも苦しさが続くような気がしてなりません。

まだまだ政治から受けるダメージで苦しい思いをさせられそうですが、株は悪くないと思います。




良い悪いは別として、安倍政権は株価を上げる事だけには成功したのですし、これからも押し上げる事は出来ると思うからです。

「消費税で苦しくなる分は、株で稼ぎなさい。」

安倍氏のメッセージはこんなところなのだと私は勝手に理解しています。

メッセージ通り、株で利益を出していければと思っているところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。