225は軟調な感じになってきておりますが、材料株はどこかがS高する毎日であり、先週も推奨銘柄からS高が出ており、情報提供者として本当に嬉しく思っているところです。

さて、メンバーから「ソニーがどうしてこんなに高いのか分からないので、解説して頂けませんか?」という旨の質問がありました。

良い質問だと思いましたので、回答はこのブログで書いてみる事にしました。

ただ、基本的にはメディアなどから普通に得られる知識をつなぎ合わせたものであり、特別取材したりした訳ではありません。

所謂想像力の部分もありますので、その点はご容赦ください。



そのソニーでありますが、主な材料は自動運転絡みであろうと思います。

同社のイメージセンサー抜きに自動運転は不可能と言われる位に優秀だと聞きます。

自動運転は自動車業界ではEVに次ぐ大材料でありますので、この材料は大きいと思うところです。

そして、自動運転絡みのハイテク株という事であると同時に、既に50%以上が外資である同社は、既に日本企業ではなく、グローバル企業であり、どちらかと言えば米国株を基準に考えた方が理解しやすいと思うのです。

例えばハイテク企業が多いNASDAQですが、レシオは80倍を超えている銘柄もありますので、20倍そこそこの同社はまだまだ安いと見る事も出来るでしょう。

まあ、80倍まで買われるとは言いませんが、40倍でも、株価は倍ですからね。

ですから、高いところに居ると思えるソニー株でありますが、見方次第では実はまだまだ割安であるとも言えるのです。

こういう株は騰がると思っていても、推奨する機会はあまりないのですが、株はこうやって分析して考えて行くと良いかな?と思っているところです。

こんな回答でご満足頂けるかどうかは分かりませんが、また私の意見が聞きたい時は、メンバーは遠慮なくご質問頂ければと思っております。

私も改めて考える機会を頂き、嬉しく思っているところです。

(ただし、こういう有名企業だからある程度分かるのであり、聞いたことも無いような企業の場合は色々調べなくてはなりませんので、丁寧な回答ができない場合もありますのでご了承ください。)

さて、先週は2338ファステップスを全利食いした旨をレポートしましたが、振り返って見ると、ほぼ天井で利食い指示が出せた事になりました。

未だ終わっていない可能性もありますし、望みはつないでも良いようには思うのですが、とりあえずの利食い場は完ぺきだったなと手前味噌ながら思っているところです。

まあ、利食いしたら利食いしたで、次に何を買おうかという事になるので、これまた問題となって行くのですが、本日は新規で銘柄も追加しておりますし、更に8月も追加して行く予定ですので、まあこの点も問題はないかと思うところです。

相場は円売りが積み上がっており、巻き戻しで荒れそうな気配もあるのですが、材料株はまだまだ行けるだろうと考えているところです。

例えばブログでも公開している、あの推奨銘柄(4080田中化学)ですが、まだまだ強気で継続中です。

利食い場はメンバー優先にサポートして行きます。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

粘っていた稲田防衛大臣が辞意を表明しましたね。

あれだけの失態で、よくもまあここまで粘ったものだと感心させられますが、この粘りが安倍政権にダメージを与えたのは言うまでもない事です。

そして、この安倍政権を追い立てている民進党も蓮舫代表が辞任ですからね・・・。

与党も野党もぐちゃぐちゃで、もうどこから手を付けて良いのやらでありますが、やはり必要な人材は若手ではないのかなと思うところです。

多くの年寄りは垢で汚れ過ぎているし、頭も固すぎてダメなのです。

こんなのが政治をやっていては、本当にどうにもなりません。



ただ、政治を執り行うには、絶対に肝っ玉が据わっていないとだめなのです。

政治を執り行う事の責任。

この重圧を官僚の脅しに屈せずに実行できる人材がなくては話にならないのです。

自民党の中でも景気を良くするために、消費税を5%に戻せという意見が、若手の中で上がってきている様ですし、こういう動きは大きくなって欲しいと願っているところです。

本来こうした政治ネタは相場を揺るがすことが多かったのですが、政治ネタの代表であるトランプ発言と株価の動向を観ても分かる通り、今の相場は政治を粗方無視している状態で、稲田が辞めようが、蓮舫が辞めようが無関係と言ったところであり、今のところは無視していて良いだろうと思うのですが、突如として気にしだしたりしますので、一応こういう事が起こっていると、心に置いておくと良いかと思うところです。

さて、昨日もご紹介いたしましたが、4080田中化学研究所が好調ですね。

今日も年初来高値を更新ですし、この2年で一番高いところに来ておりますので、買っているメンバーはどこでも利食いできる状態であります。

推奨銘柄が上昇して来ると通常、一部利食いなどをお勧めして行くのですが、同社に限っては全く利食いの指示を出しておりません。

基本的には一部利食いしておくことには賛成でありますし、して良いとも思いますが、田中の相場はこんなものではないと思っているので、未だ一部利食いさえも指示していないのです。

まあ、何処まで行くかは分かりませんが、ゆくゆくは3000円以上の可能性はあるのではないかな・・・と。

お買い求めになられた方は、参考にして見て頂ければと思います。

昨日も説明いたしましたが、EV相場がぐんぐんと育ってきており、これが相場の柱になって来たのです。

しかも、この柱は太いと思いますので、こんな一週間やそこらで終わる相場ではないと予想しております。

他にもEV関連を推奨しておりますが、どれも好調ですし、今日は新たにもう一本推奨したいと考えているところです。

ただ、これはちょっと薄い銘柄なので、どうしようかと少し悩んでいるところでありますので、未だどうなるかは分かりませんが、とにかくEV関連は今後も注目して行きたいと考えているところです。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

欧州を中心にEV(電気自動車)シフトが鮮明になってきましたね。

基本的に二酸化炭素が地球温暖化の原因とは思いませんし、エネルギー効率は間違いなくガソリンよりもEVの方が悪いと思うところですが、ガソリンを燃やした際に出る有害物質の数々が町中に排出されなくなるというのは良い事だと考えているところです。

この結果として残念な事に成りそうなのはトランプ大統領で、脱パリ協定方針は納得できることでありますが、それはガソリンを燃やしたいからであり、ガソリン車を作る米自動車メーカーを支援するためであるのですが、世界中でEVが中心になれば、アメ車は内需向けのみという事になる可能性が高いという事です。

まあ、アメ車は元々海外での競争力は低いので、大勢に影響なしという事かも知れませんが、米のセレブ達は環境に煩い人が多いですから、米もEVの流れが加速するかもしれませんね。

反感を買いながらもパリ協定離脱方針のトランプ大統領も、EVの流れに飲まれて行くのかな?と思いながら、このニュースを見ているところでした。

さて、このEVの流れですが、いずれはこうなると思っていたところであり、EV関連で注目される可能性の高い電池株を頑張って押し目買いでつないできました。

このブログでも何度か取り上げたことがある推奨銘柄の4100戸田工業や4080田中化学研究所がそうですが、いずれもこのEV相場に乗り、順調な値上がりとなってきております。

特に田中は、昨日はどんどん買いを集めてS高まで行きました。

正直な話ですが、ここまで買われても未だ安いとは思います。

ですが、790円から推奨しておりますので、流石にここを時価買いで行け!とまでは言えません。

ただ、持っていないならば少し押し目を買ってみたら?とは思います。



何せこれからの世界はEVが主力となるのですから、先々を考えたら田中の業績はいったいどれほどまで上昇するのか分かりませんからね・・・。

「どれほどになるか分からない」

この状況が良いのです。

株に与えられる最高の材料であり、この最高の材料を味わう事が出来なければ、これ程もったいない話はないのですからね。

ただ、安いところで頑張ったメンバー各位は、利食いだけを考えている事は言うまでもありませんし、買うならもう少しリスクが低い方が良いだろうと思っておりますし、今からEV関連を買うならやっぱり違う銘柄の方が良いかと思っているところです。

今からでも買えるEV関連銘柄のヒントは銘柄コード(77・・)です。

8月はお盆がありますし、比較的荒れやすい相場でありますが、世界を揺るがすFOMCはイエレン議長の下で非常にハト派的に運営されており、当分波乱は起き難そうな気がしますし、材料株相場は続くのではないかと予想しているところです。

懸念として北朝鮮のミサイル問題がありますが、日本本土に直撃でもしない限り、飽きられた材料であると言ってよいでしょう。

米軍が攻撃を開始するとでもなるならば、それは問題となりますが、やはりこれも当分やるにやれないのではないかと思うところであり、北が多少暴れても、無視して行けるような気がします。

と言いますか、実は北というのは注目されたくて暴れている悪ガキ見たいなものであり、注目されなくなる方が危ないかも知れないな・・・とは思います。

同じことを繰り返していると、大抵は飽きられるのが人間心理であり、飽きられたな・・・と思うと、とんでもない事をやらかすのが少年の心理と言うものであり、悪ガキ北朝鮮が予想外に暴れるのは怖いなとは思いますが、今のところ気にしすぎても何も出来なくなりますので、現時点では無視でよいかと思っているところです。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

材料株相場は利益が出しやすく、最も私の得意とする相場であるのですが、この好況が一体いつまで続くのでしょうか。

今日で終わるのか、今月で終わるのか、8月は大丈夫なのか、年内は・・・と、常に色々なシナリオを想定して予想しているところです。

大きな流れとしましては、安いところは日銀や年金などの公的資金がどんどん買ってしまうので、とにかく深い押しはないと考えて良いと思います。

8月不安説はあるのですが、押してもそれは買いの機会になる可能性が高いと見ております。

ただ、信用買い残がどんどん積み上がっており、今のところは回転が利いている状態で、好循環の材料株でありますが、いずれ回転が利かなくなって、必ず悪循環期に入る時が来るのです。

これが男性的な短期的な調整で済むのか、女性的な長期的な調整が必要になるのかは分かりませんが、何にしても波乱は迫っているだろうと考えているところです。

この他にも色々考えなくてはならない事がありますし、簡単に答えは出せないのですが、とりあえず言える事は、今のところは大丈夫であり、当面は材料株で利益が出しやすいだろうと考えております。



例えばですが、このブログでもご紹介していたあの銘柄(2338ファステップス)を利食い推奨としました。

買い下がって上昇に備えていたので、最大3倍もの利益を手にした取引もあったかと思いますが、平均しても2倍近い利益になっているメンバーが多かったと思います。

未だ終わりという訳ではないのですが、昨日のS高は目先良いところだと判断しましたので、後はもう継続も利食いも好きにして欲しいとのことで、手仕舞いとしました。

実は、この利食い推奨というものは、他ではなかなか見られないものです。

何故かと言いますと、こういう仕手の入った銘柄と言うものは、情報源から買い上がりの手伝いをさせられる事が多いので、思惑通り値上がりしても利食いはなかなかさせてもらえないのです。

特に高いところではそうそう利食いさせてもらえません。

しかし、私の場合は何処にも義理はありませんし、判断は私の自由で、本当にメンバーを勝たせるためだけの事を考えてレポートしておりますので、こうした利食い指示も出せるのです。

これからも微力ながらも皆様のお力になれるように日々精進させていただく所存です。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

加計学園問題を解明するために、閉会中審査が行われておりますね。

言った、言わない、のくだらない応酬が続いておりますが、これが解明に至る事はないのだろうと思うところです。

ですから、本来はこんな問題で叩かれる事などあり得ないのですが、安倍首相は外交以外は本当に酷い政策ばかりですから、あちこちで怒りが爆発しており、そうした影響がこうした安倍叩きに転じて来たのだろうと思うところです。

結局、証拠はない可能性が高いので、解明は不可能と思いますが、確かに不都合な事実はあるのでしょうし、こうしたやり取りは不毛ながらも国民に不信感を抱かせるには十分でありますからね・・・。

ここまで来ると内閣改造でも回復不能ではなかろうとかと思う次第でありますが、安倍政権を追い落としたとして、その後はどうするのでしょうね?

民進党なんてものは、それこそ自民党以下の集団でしかありませんし、都民ファーストにしても国政レベルではどうなの?と言わざるを得ません。

若い力に任せたいとの思いは、私の中に強くあるのですが、若者に官僚が使いこなせるとも思えませんからね。

結局は、知恵者である官僚に巻き取られて終わり・・・と、そんな気がしてならないところです。

今のところ、この政治不信が外資離れにつながってはいないのですが、このまま追い落とされるところまで行きますと、流石にどうなるか分からないと思うところではあります。

株の予想は、企業業績だけで考えられれば、もっと楽を出来るのですけどね。

ただ、この企業業績でありますが、これに政治が絡むのは当然ですし、仕方がないと言えば仕方がないのです。

ですから、政治は一歩間違えれば企業業績を大きく変えますし、景気も大きく変えるのですから、本当にしっかりしてほしいと、心から願わずにはいられません。

ちなみに、株価の予想で必要なのは企業業績を左右する政治と景気の動向だけでは不十分です。



これらはもちろんであるのですが、主体別売買動向であるとか、国内外の有力証券会社の動向であるとか、有力投資家の動向であるとか、全体的な事に限らず、細かなところまで目を配って分析する必要があります。

特に今の様な材料株相場では、細かなところでの情報収集が非常に重要なのです。

例えば、昨日で3度目のS高となった2338ファステップスでありますが、偶然これを出発前に仕込めていた訳ではないのです。

これを自信満々で仕込んでいる有力投資家の動向を見て、これは何かあるな・・・と、睨んでの推奨であるのです。

まあ、情報だけではなく、純粋な読みで推奨する場合もあります。

例えば4080田中化学研究所ですが、大きな相場が出ると確信しておりましたので、621円の安値に至るまでずーっと徹底した買い下がりを推奨しました。

メンバーから色々と質問もありましたが、その間弱気なコメントは一切なしです。

多少時間はかかりましたが、今は思惑通りの相場になってきており、信念を持って推奨してきて良かったと、つくづく思うところであります。

まあ、ファステップスも思ったよりは時間がかかっているので、買って直ぐにS高して行った訳ではありませんので、面白くない期間があったのは事実です。

しかし、何時上がるのかまで分かっていたら、それこそインサイダーでしかありません。

正直な話ですが、殆どの場合は「何時?」は分からないのです。

しかし、それが重要ではない事は、これらの銘柄の結果が物語っていると思うところです。

まあ、買って数日で大幅に上昇する銘柄もありますし、買ったとたんに騰がってしまう株もあるのですけどね。

ただ、大幅に利益が取れるのは、こうして仕込み期間があったような銘柄の方が多い様に思うところです。

ですから、仕込み銘柄は、慌てず急がず押し目を狙ってコツコツ行くと良いと思っているところです。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

7月の相場も残り後僅かとなりましたね。

週末に主体別投資動向を見ていて思ったのですが、本当に日本には個人投資家が居なくなってしまうのではないかと思えるほどに、個人は売り越しを続けておりますね。

一方、外資の動向ですが、小幅に売り越しする場面もありましたが、やはり大幅に買い越しとなってきました。

ただ、これは円安局面での買い越しであり、先週から円高に向かってきておりますので、先週は売り越したかもしれないな・・・とは思っています。

まあ、方針を転換した訳ではなく、あくまでも大きな流れの中の一場面という事に過ぎないと思いますし、特にどうという事もないと思っているところです。

ちなみにですが、ここのところ思ったよりも円高になってきているなと思っていたのですが、どうやらヘッジファンドが円安局面で大量に円売りを行った様です。

ところが、予想通り円安が進まなかったようで、これの買戻しが断続的に出ている様で、これが円高を作り出している様ですね。

こうした局面を見て、投資家はどう行動すべきなのか?

まあ、それ程難しい事ではありませんが、分からない様でしたらメンバー専用でレポートしておりますので、参考にして見てください。

後は日銀や年金などの公的資金の動向ですが、何も変わらず買い越しですね。

高くなればリバランス売りでもすればいいのに・・・と思う位ですが、先週末も小幅安局面で日銀が買ってきておりますし、引き続き買う気満々ですし、動向に変化が出そうな感じはありませんね。

このペースで行くと、後何年で上場企業が国有企業になってしまうのか分かりませんが、いずれは国有企業化されてしまいそうで、そういう意味では危機だと思うところです。

国は企業間の持ち合いや、銀行との持ち合いを規制し、株は買うな!という事をバブル後に推し進めてきた訳ですが、今では率先して株を買い、銀行などにも「買え買え!」とやっているのですからね・・・。

せめて売らせたのは間違いだったと、謝ってからなら許せなくもないのですけどね。

全く恥も何もあったものではない酷い話だと思うところではあるのですが、当時の政策を決めた連中は、粗方引退したか墓の中であり、誰も覚えていないのかも知れませんけどね。

そういう意味でも、やはり未来への責任が明確な若い世代に政策をお願いしたいと思うところですが、相変わらず政治家は年寄りばかりですし、なかなかこうした問題は解決しないのだろうなと思うところであります。

今後も色々問題が続きそうですが、とにかく今は安定的な相場であり、材料株でかなり稼ぎやすい相場であります。

材料株と言いますと、中身のあるところ、中身のないところ、中身がある様に見えるが、実はないところ等々、色々なタイプがあるのですが、大幅に上昇する銘柄の条件は、実は中身が有るか無いか分からないところが良いのです。

簡単に説明いたしますと、「よく分からないけど凄そうだ!」これが一番の材料株です。



後は、力業の銘柄ですね。

これは、「こんなに騰がるはずないだろ!」が、原動力となります。

ですから、ファンダメンタルズを分析していては掴むことができない銘柄こそが、大化けするという事に成るので、こういう銘柄は頭で考える人ほど掴みずらいという事になります。

株は一株利益だけが上昇要素ではないのです。

もし、あなたが助言を求めるならば、この辺も分かっている人に助言を求めたら良いと思うところです。

私は両方とも理解しているので、バランスよく銘柄を選別して推奨しておりますので、中身重視の方にも納得いただける銘柄をご用意しています。

ちなみにですが、先週ビットコイン関連の材料を発表して急騰した某推奨銘柄(2338ファステップス)ですが、どうですかこのビットコイン関連と言う怪しげな材料。

こういう株が、信じられないような相場に発展する可能性があるのです。

既にメンバー様の中には倍増を達成された方も居られますが、今後どうなって行くのか?

ここからでも買いなのか?

それとも終わりなのか?

どうすればこんなことを考えずに済むのか?

それよりなにより、こうなる銘柄を買いたい!

いずれの疑問、願望にも、S氏の相場観はお応え出来ると思います。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

株式市場が平和ですね。

急落が起こらないので、本当に平和でやり易い良い相場でありますが、この平和もいつかは崩壊するのでしょうね・・・。

常に危機はありますし、何処でどうなってもおかしくない相場ではあるのですが、どうにかなる可能性はかなり低いように思えてなりません。

利上げに動いて来た米と、追随して来た欧州でありますが、いずれも賃金が上昇し難いという病巣が完治しておりませんし、物価の上昇も思うようには行っていないのです。

結局、多くの国が年金などの公的資金の運用を行っているのですが、リーマンショック前までは債券中心でそこそこ回っており、低リスクで運用することが可能だった訳です。

ところが、どこもかしこも超低金利で、金利が高いのは新興国位になってしまいましたので、これでは運用が厳しい訳で、債券市場から溢れたマネーは株式市場に向かった訳です。

年金資金は短期運用ではありませんので、比較的安定的な株主となる事が多く、これが異常なまでの強い株価の形成につながっているのでしょう。

これに異を唱え、いずれは暴落するのだから、株は売りだ・・・と言うのは簡単なのですが、そんなに簡単な話ではないと思うところであり、見送る位ならまだいいのですが、空売りまではすべきではないと思うところです。

私がいつも見ている1552国際のETFVIX という商品がありますが、もはや80円も割れそうなところまで来ております。

2011年のギリシャ危機の局面では17900円まで買われたのですけどね。

普通の株なら上場廃止です。

基本的に、時間と共に価値はなくなって行く商品だそうですが、それにしても80円ですからね・・・。

100円の時も、買ってはどうでしょうか?との質問が結構来ましたが、長期で考えるならば買っても良いと思いますが、買い場ではないと思いますと、レポートしました。

ただ、今に思うと、本当に100円も回復出来るのだろうか?との疑問さえ浮かぶ状態になっていると言わざるを得ません。

まあ、いずれは年金だって売らなくてはならないのですし、本当に金利が上がりだせば、株を売って債券に資金は流れて行きますので、必ず巻き戻しの局面はあると思うのですが、本格的に金利が上がるためには、物価の上昇であるとか、賃金の上昇が必要なのです。

しかし、当分これは無理な感じで、少なくともこれらが実現するためには、トランプ大統領の政策である「移民の制限」「公共事業の拡大」「大規模減税」などが必要であり、その他の多くの国々が突き進んでいるグローバル化政策では物価も賃金も上昇しませんので、利上げは無理と言わざるを得ません。

昨日は黒田総裁が記者会見で渋い顔を撮られて新聞に載せられたりしておりましたが、2%の物価目標は今回で6回目の先送りでした。



相変わらず発言内容には自信がみなぎっておりますが、ここまで来るとオオカミ少年であります。

結局、何が間違っているのかと言えば、日銀のは既に物価を上げる能力がないという事です。

マイナス金利まで行っている状態で、どうして物価を上げられるのか?

そもそも、物価が上がらないのは消費者が消費税増税で委縮しているからであり、これだけでも解決してやれば、物価は間違いなく上がるし、景気も良くなるのです。

ですから、本来日銀は「物価が上がらなくなるから消費税は上げるな!」と言えば良かったのですが、消費税増税は日銀の悲願でもありましたし、それが物価を押し下げるなんて夢にも思わなかったのかも知れませんね・・・。

さて、ここでちょっと推奨銘柄についてお話しします。

銘柄は推奨して直ぐに上昇してくれればそれに越したことはないのですが、なかなかそうも行かない銘柄もあります。

例えば某電池関連銘柄(4080田中化学)でありますが、これは将来性が抜群との判断で790円の時に押し目買いで推奨しました。

その後、だらだら下げ続け621円まで下落してしまうのですが、将来性は全く変わらないという事で、押せば押すほどに強気で買う様にと何度もレポートし続けました。その後、やっと株価は反転し、今度は押し目らしい押し目を作らずにじりじりと上昇し続け、今週になって電池関連が話題となり、一気に900円台に乗ってきました。

それでもまだまだこんなものではないと考えており、一部利食いはして良いと思っているところですが、しつこく推奨を継続して行く予定です。

S氏の相場観の推奨銘柄は、大口の投資家が買い集めている銘柄の情報以外に、将来性を見抜いて私独自の判断で決断する銘柄もあるのですが、この将来性を見抜いて行動した場合は、ちょっと時間がかかったり、思ったよりも押したりする例があります。

そうした局面の時に、どう判断し、どう行動するのか?

見ての通りですが、単に押したらロスカット・・・だけではいけないという事が分かるかと思います。

ロスカットは必要な時は必要なのですが、それはあくまでも銘柄によりけりであり、なんでも下げたらロスカットではだめなのです。

時には恐怖を乗り越えてぐっと我慢する必要もあるのです。

昔から言っていることのなのですが、やはり「株の利益は恐怖の代償」なのです。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は怖い位強いですね。

この強さの背景は、原油価格が上昇してきている事や、ドル安等が影響してのことだと思うのですが、どうやらトランプ大統領によるレパトリ減税に期待する部分も出てきている様ですね。

オバマケアの代替え法案が通らないとか、公共投資が思ったよりも増やせていないとか、あっちもこっちも不発だらけであり、レパトリも無理なんじゃないの?と言うのが正直なところであり、まだやれそうな気はしないのですが、相場はそれを織り込み始めているという事なのかも知れません。

ただ、もしも予想通りこの上昇がレパトリの先取りであるとするならば、実行されても期待値に届かなければ売られるし、期待値に届いていても出尽くしで売られる可能性が高いでしょう。

サプライズがない限りは、目先天井となる可能性が高いと考えて良いかと思うところです。

そうなった場合の日本株の動向予測ですが、今日はブログでも考え方を公開してみたいと思います。

今のところですが、日経平均は米国株に追随して買われてはおりません。

底堅さは出ておりますが、上値を買って行く動きまでは見えません。

これは、為替が影響していると考えて良いと思います。

米国株が上昇しても、どんどんドル安円高に流れて行っておりますので、これで日経平均が買われる事はないと思っても良いです。

ただ、米国株が強いので、為替分を打ち消すぐらいの強さは、日本株にもあると見て良いかと思うところです。

ドル安の原因は様々でありますが、基本的には利上げは超小幅で、時間をかけて・・・としているのですが、それすらも難しくなるのではないかという見通しがある点が大きいかと思っているところです。

ですから、この見えている材料によってドル高が進んでいるのですが、為替は今回出てきていると思われるレパトリを全く織り込んでは居りません。

株は先行して織り込んで行っていると思うのですが、為替は全く織り込んでいないのです。

となれば、レパトリが発表されたとしたら、どう動いて行くのか?

この辺の解説はメンバー専用になります。

さて、引き続き材料株は好調でありますし、今日も何かしらの面白い銘柄が出ると思うのですが既に面白くなっているのが、このブログでもご紹介した2338ファステップスで、二日連続でS高になっております。

ただ、ここからは利食いだけを考えておりますし、買いはお勧めしておりませんので、変に触発されて買いに行ったりしない様に。

まあ、未だ行くと思いますし、買いたければ買っても良いと思うのですが、どうせ買うならこんな風に爆発する前に買っておきたいですよね?

しかし、今の相場でそんな銘柄が本当にあるのかと、疑問に思われるでしょうし、疑うのが普通でしょう。



まあ、お約束は出来ませんが、可能性のある銘柄はいくつか用意しております。

私も、確実にこれが、この時にとは言えないのです。

神様じゃないので、そんな予想は無理なのです。

しかし、この銘柄は買われる可能性が高いとしてレポートした銘柄のほとんどは、時間はかかっても、最終的にはほぼ上昇しております。

まあ、そんなに長くは待ちたくないでしょうし、私も待たせたくはないので、出来るだけ早そうなものを優先して推奨しているところであるのですがね。

ちなみに、以前ブログでご紹介し現在進行形で推奨を宣言している某銘柄(6723ルネサス)は押し目をコツコツ拾って頂いておりましたが、じりじりと上昇してきておりますね。

私の見立てでは1200円、1400円と進んで行く可能性の高い銘柄だと考えておりますので、このままメンバーには保有を継続して頂こうと考えている銘柄です。

まあ、気が変わって利食い指示を出してしまう可能性はありますが、現時点では中長期志向での保有をお勧めしているところです。

安いところでじっくり買えたはずですし、放置しても資産株になると思うのですけどね・・・。

まあ、配当を貰う銘柄にするか、短期で値幅を取る銘柄にするのかは、人それぞれの好みでありますし、そこは自由にやって頂きたいと思うところです。

ただ、お勧めはバランスよく組み合わせる事ですけどね。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

2338ファステップスがビットコイン関連の材料を発表してS高気配となりました。

メンバー向けに安いところをコツコツ拾って頂き、吹いた場面では一部利食いを入れて頂いたりしながら、本格上昇を今か今かと待ち続けて来た銘柄で、本当に思い入れ深い銘柄でしたが、これでやっと花咲いた感じです。

当初から4桁も狙える出世株になる可能性がある銘柄と説明して来たのですが、これでやっとといったところでしょう。

何処まで行くかは分かりませんが、楽しみにしながら動きを観察して行きたいと思っているところです。

「S氏の相場観」はこうした銘柄にも出会える機会がありますが、流石にこういう情報を無料でばら撒いたりはしません。

重要なところは、あくまでもメンバー専用であります。

ところで、このビットコインですが、正直言って私はあまり好きではありません。

今でもこんなものは詐欺的であると思っておりますし、いずれどこかで崩壊するだろうと考えているところです。

1年で倍にもなるようなものが通貨として利用出来るはずがありませんし、厳しすぎる銀行に代わるマネーロンダリングの舞台でしかないだろうと思います。

政治家もマネロンをしたいからなのか、野放しどころか支援までしている様な状態ですから、当分はなくならないと思うところですが、こんなものを野放しにしておけば、いずれ大変な事に成るのではないかと、危惧しております。

ですから、こんな材料を出すファステップスなる会社も、微妙だと思うところでありますが、私は株価が思惑通りに動いてくれれば利用させて頂くだけです。

そんな自分も・・・と思ったりもしますが、少なくとも私はメンバーの皆さまには喜んでいただいていると思いますし、やれることは何でもやりたいと、常に意気込んでいるところです。

とにかく、私の願いはメンバーの皆さまに勝利して頂くことであり、そのためには情報を集め、分析して行くのです。

まあ、法律は守っておりますので、その点はご安心して頂きたいのですが、ぎりぎりまでは切り込みます。

このぎりぎりがプロだと思うところですし、その位出来なければ10000円もの会費はいただけないなと思うところです。

ところで、長らく決着がつけられずに保有を継続して来た4100戸田工業と言う推奨銘柄がありまして、これを買ったまま退会されてしまったメンバーの方も居られました。

ですが、この銘柄は電池関連でよい技術を持っており、戦略もなかなかでありましたので、保有していれば必ず相場は出ると確信しておりまして、少なくとも推奨値段ぐらいまでは戻るだろうと考えており、ロスカットはせずに保有を訴え続けておりました。

それが、結果として電池相場の再来となり、買値を上回るところまで上昇してきてくれました。

泣く泣く退会されてしまった元メンバーの方も、これで大分助かると思いますので、特に来月は戻ってこられる方が増えるのではないかなと思っているところです。

以前にも書いたことがありますが、S氏の相場観の入会者の多くは一度退会した方なのです。

大抵は一度退会したら戻ってこないのがこの業界の常識ですが、うちは全くの逆で、殆どが再入会者であります。

派手な宣伝など何もせずとも、ちゃんと運営できているのは、こうした理由があるからなのです。

ちなみにですが、この電池相場がどこまで続くのかは分かりませんし、目先は何処までなのかも分かりませんが、世界の電気自動車はこの10年で何百倍、何千倍にも増えるだろうと思うところであり、10年後には多くの自動車が電気となっていると思います。



その時に優秀な電池が必要なのは言うまでもない事であり、それまでの相場を取りに行く相場が出るとすれば、戸田工は1000円越えでも全くおかしくないという事に成ります。

まあ、どこまで取りに行くのか?

そして、それはどのタイミングでなのか?

これは分からないのですけどね・・・。

ただ、ここまで来たら付き合ってみたいなと、思っているところでもあります。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

主要各国の金融政策を見ると、日本以外は金融引き締めの方向であり、日本は依然としてデフレから脱却できないために緩和継続でありますので、どう考えても円安方向であるのですが、なかなかその方向へは動いて行かず、相場は膠着状態に入っておりますね。

デフレから脱却できないのは、デフレから脱却できそうな時に消費税を増税したせいでしかないのですが、プライマリーバランスの正常化しか頭にない官僚と、その手下である政治家には、到底達成不能としか言いようがありません。

この辺が変わると、日本も変わるのですが、日本を強くしたくない米の思惑でもあるのかも知れませんし、そういう意味では仕方のない事なのかも知れません。

まあ、こうした大きな問題はさておくとして、足元の相場をおかしくしているのは、9843ニトリ、7453良品計画、8227しまむらの三社だと思います。

好決算を出したにもかかわらず、非常に軟調であり、これが相場を分らなくしている最大の原因の様に思うのです。

結局、買っていたところは決算がどうあれ、出たら売りと考えていたのではないかと思うのですが、本当にこういう事をされると相場は読みが難しくなります。

まあ、こうして売られたところは買って良いと思うのです。

結局、日本はデフレから脱却できないのですから、こうしたデフレで儲かる企業は業績を伸ばして当然なのです。

ですから、何処が買い場になるかは分かりませんが、中長期で見るならば買って行って良い銘柄だと思うのです。

もはやアベノミクス以前に、安倍政権がぐらぐらでありますし、デフレからは脱却できないとなれば、デフレ銘柄が一番強いと思って良いのですからね。

推奨銘柄ではありませんが、中長期志向なら参考にしてみて頂ければと思います。

しかしまあ、このぐらぐらの安倍政権ですが、やはり外資はこういうのを非常に嫌いますね。

未だはっきりとした売り姿勢ではないにしても、外資は買いの手を緩めておりますし、一部では売りも見えてきております。

内閣改造ごときで信認が取り戻せるかは微妙であり、本当にどうなるかでありますが、本当に不幸だと思うのは自民党に代わるまともな政党がない事です。

民進党、共産党は言うの及ばずですが、注目される小池新党も、問題は山積です。

若い力に任せて政治を執り行って行くのは良いのですが、果たしてあの官僚たちに立ち向かえるのか?

民主党が政権を取った時もそうですが、結局は言いなりになって、最後は消費税増税ですからね・・・。

そもそも小池氏は、さして問題もない豊洲を大問題としてぶち上げて、余計なカネを使いまくる酷い政治家としか言いようがありません。

その後も現場の意見を全く聞かずに、市場を二つ作るとか、トンチンカンもいいところでしたし、築地を売却して豊洲の移転費用にするとの計画だったはずなのに、ここを再開発するとか、もう訳が分かりません。

そんな無駄金を使う事に対し、都民は良いと判断しているのですから、別にそれでもいいとは思うのですが、要は人気取りが上手いというだけで、政治能力はどうなのかが疑問であると言わざるを得ません。

また悪人を作り上げて、とんでもないことをやらかすのではないか・・・。

ちょっと人気が落ちれば、あっという間にマスコミの餌食になりそうなやり方であり、それが日本の中枢に座るとなると、流石に怖いなと思うところであります。

この様な状態を、外資が嫌わないはずがないですし、不安で仕方がないのですが、とにかく目先は日銀や年金が下値を買って行きますし、信用買い残が危険なほどに積み上がっている訳ではありませんので、それ程強烈な下落は考えなくてよいと思うところではあるのですが、本格的な上昇には未だ材料が足りなすぎると思うところです。

ですから、当面は材料株相場が続くのだろうと思いますし、そこは私の得意なところでありますので、今しばらくは稼ぎやすい相場であろうと思うのですが、常に警戒を怠ってはいけないと思うところであります。



利益が出ているからと、有頂天になっていると、痛い結果になりかねませんので、本当に注意して行って頂ければと思っているところです。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

好調な「S氏の相場観」でありますが、本日からもう一本利食い態勢に入った銘柄があります。

このブログでもご紹介した事があったかと思いますが、2338ファステップスです。

推奨は350円からで、一度500円を超えて、280円台まで押しましたが、この安いところでも引き続き買いをお勧めして来ました。

そして、先週から急激に動きが変わり、昨日は一気に500円を超えてきております。

詳しい方針は明かせませんが、今朝のレポートで利食いの方法をレポートしており、近い内に利食いは完了するものと思われます。

本当に次々と利食いできる銘柄があり、嬉しい毎日でありますが、利食いすればするほどにメンバーからの期待が膨らんで行くのが分かりますし、私もこれにお応えしなければと思っているところであります。

まあ、多少の重圧もあるにはあるのですが、基本的に株好きでありますし、材料株は得意なので、何とかお応えして行けるものと考えているところです。

ちなみにですが、ファステップスに絡んで、昨日は40円台のボロ株を、割り切りで推奨しました。

ファステップスが動くなら、こっちも動くはず・・・。

まあ、くだらない理由であるとも言えますが、材料株相場で利益を得ようと思うならば、こういう考えも必要なのです。

今日は気配が良い感じですし、近い内にこの銘柄も発表して行けるのではないかと思うところです。

ところで、トランプ大統領がパリ協定からの離脱を表明し、各国の説得も効力無しで、考えを改める可能性はなさそうですね。

世界から見れば異端そのものでありますが、これを曲げたら選挙公約違反ですし、それこそ支持率は地の底でしょう。

ですから、誰が説得してもそれに応じるはずがないのですから、そんな説得はするだけ無駄という事に成ります。

そもそもですが、二酸化炭素を悪者にしたのは米元副大統領であるゴア氏です。

彼が原発を推進して大儲けしようと企んで、それまで少数派だった二酸化炭素悪玉論を正当化してしまったのです。

二酸化炭素を悪者にすれば、間違いなく原発推進につながりますからね。



それに次いで風力だ、太陽光だと、色々出てきましたが、とにかく大きかったのは原発推進の力だったと思います。

最早科学雑誌も他の温暖化理論は載せてくれない状態に至っており、このままでは本当かも知れない他の理論が埋もれて、しかも研究すらされなくなる可能性すらあるのですが、多くの人はこの事実を知ろうともしません。

そもそも米が二酸化炭素を悪者にし、そこから始まったパリ協定であり、今度はこれを米が真っ向から否定。

何という茶番だろうかと、呆れて見ているところではあるのですが、米が言い出したことなのだから、もっと理論的に間違いは間違いと認めて舵を切ればいいのになと思うところです。

例えばですが、クリーンエネルギーと称しての風力発電がありますが、あれを間近で見たことがある人がどれ程居られますでしょうか?

あの、圧倒的な威圧感、不快な風切り音、そして、小さなことではありますが、渡り鳥の事故死なんてのもあります。

一番クリーンな様な気はしますが、あの巨大風車はあるべき姿だとは思え無いのですけどね・・・。

風力を利用するにしても、もっと他のやり方があるのではないかと。

そして、太陽光発電でありますが、以前にも書いたのですが、あれに使われている化学物質の処理には多額の費用がかかるのです。

耐用年数は約30年とのことですから、後25年ぐらいすると、とんでもない量の太陽光パネルのゴミが生み出されるのです。

それまでの間に処理技術は進むとは思うのですが、果たしてその費用は誰が払うのか・・・。

それと、メガソーラーの近くに行くと分かるのですが、周囲が反射熱でとんでもない事になっているのですよね・・・。

直射を受けている家なんて住みようがない位に加熱されて居たりしますし、本当にこれは温暖化を防止しているのか?と。

もう一言言わせていただくと、人間が困るのは温暖化ではなく、寒冷化です。

過去に人口が激減した時代がいくつもありますが、いつもそれは寒冷化による食糧不足であります。

今よりもはるかに気温も二酸化炭素も多かった恐竜時代は、緑にあふれた地球であり、あの巨大な生物を養える豊富な食糧が温暖な気候によってもたらされたからに他なりません。

まあ、暖かくなると南国の生物が流入して来ますので、どうしても今までになかった伝染病とかが入ってきますが、南国の人が居なくならないという事は、そんな病気が入ってきてもその程度だという事です。

それと、南の島が水没するとかが問題だとか言っておりますが、原発を作るカネがあるならば、そういう島に住んでいる人に移住するお金を出すとか、水没しない場所を作ってやるとか、そのように使った方が絶対に効率的です。

それこそ、世界中でカネを出し合って助ければ良いだけの事です。

儲かるから・・・という理論は分からなくもないのですが、二酸化炭素を悪者にして原発推進だとか、これは流石にどうかしていると思うところです。

まあ、二酸化炭素は悪くないとしても、中国の様に乱暴に石炭を燃やされたりすると、硫黄が飛散して大気汚染が深刻になります。

ですから、二酸化炭素を理由に圧力をかけて、空気を清浄化させていくのはいいかもなとは思うのですけどね。

トランプ大統領は、言っている事に間違いはないと思うところが多いのですが、やり方に品がないし、メディアを敵に回しているので、悪い面ばかりが報道されてしまうので、良いところが見えにくいのですよね。

残念な大統領でありますが、その内世界がその考えに賛同する日も来るかもしれませんので、あまり馬鹿にし過ぎない方が良いかも知れません。

移民の制限にしても、保護貿易にしても、国を守ろうとすれば当然の判断なのですからね。

馬鹿の一つ覚えの様に、自由自由って・・・何でも自由にして、主権を失う事がそんなに幸せなのでしょうか?

国民はよく考えるべきところに来ている様に思えてなりませんね。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

メンバーに推奨後、ジリ貧でご心配をおかけしていた3541農業総合研究所が好材料を発表しました。

1:2の分割と、農産品の輸送にJAL、佐川と提携というものでありましたが、これはかなりのインパクトでありますね。

今日は朝から買い気配で、S高でも寄らないかも知れませんね。

現時点での気配では何とも言えませんが、少なくともS高には行きそうで、助言者としてこの結果に満足しているところです。

推奨理由は、国策銘柄となっており、このまま終わるような銘柄ではないし、何かがあるはずだとの睨みからでありました。

ただ、当然の如く何時?は分からない訳で、その時が来るまでは押し目買いで行くしかないのです。

ですから、とにかくジリ貧で面白くない動きでありましたし、苦情と言いますか、苦言と言いますか、とにかく色々頂いた銘柄でありましたが、先週末のレポートでは5500円辺りが目先の底になると思われるので、強気で押し目買いを継続してくださいと言う旨のものでありました。

その結果が、このS高気配ですからね。

今までの仕込みは全て利益ですし、もう私もいう事ないと言ったところです。

最近は「当たり過ぎでは?」と、逆に心配されてしまう程当たっているのですが、まあ確かに当たり過ぎていて怖いな・・・とも思うところではあります。



ただ、材料株相場は得意ですし、とにかくメンバーに利益を得て頂くために、日々改良を重ね続けて来た結果であろうと考えているところであり、上手く嵌ればこんなものさ・・・と、思っている部分の方が強いと思います。

8月はお盆もありますし、相場が激変する可能性もありますので、今は調子に乗って買いまくるような相場ではありませんが、強気で行くという基本は貫いていくべきだと思うのです。

先週はG20を警戒して持ち株を減らす様に指示したりしましたが、空売りやヘッジなどはしない様にお勧めしていたところです。

怖さはあるのですが、弱気になる相場ではないと思いますし、的確な銘柄を買って、利益を目指して行って頂ければと思っているところです。

そうそう、推奨銘柄でもう一本良いのがありました。

このブログでも、過去に触れたことがあったような気がするのですが、2338ファステップスが直近高値を更新してきております。

メンバー目線からはちょっと買いたくない値段でありますが、本格的な上昇はこれからが本番だと思うところであり、見ておく価値はあるだろうと考えているところです。

上昇直前に、そろそろ動くのでは?とレポートしておりますし、大分力を入れて来た銘柄でしたので、買っているメンバーは多いと思います。

何処まで行くかは分かりませんが、上昇を喜ばしく思いつつも、何処で利食いして頂こうかと観察しているところです。

ちなみに、ファステップスが来たのですから、あれも来るはずだと思って見ております。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

7月になったと思ったら、あっという間に7月も半分が終わろうとしておりますね。

年々時の経つのが早いと感じる様になりましたが、毎日忙しいと、更に早く感じるのかも知れないですね。

ところで、先日ブログでご案内した「買ってほしい銘柄」(7/7)を覚えて居られますでしょうか?

今買っておきたい1500円前後の銘柄があるので、メンバーとなってこの銘柄を仕込んで欲しいと。

この銘柄は既にそれまでのメンバーがコツコツ拾って来た銘柄でありますが、正解は2372アイロムです。

先日はTwitterで某氏がつぶやいたとかで、突然急騰しましたが、急騰しているところで飛び乗るってどうなのでしょうね?

出来高が多く、誰でも直ぐに買えるような銘柄なら良いのですが、こういう銘柄は前もって上昇を予想し、コツコツ拾わなければならないのです。

例えば私が、メンバーに「大至急この銘柄を仕込んでください!」とレポートしたならば、この程度の銘柄ならば、S高させてしまうでしょう。

ですから、そういうバカな推奨は絶対にしません。

この銘柄の推奨は、上昇までまだ時間があるので、1500円前後をコツコツ拾ってください。

と言うものでありました。

そして、昨日はIPS絡みの材料が発表され、今日も上昇で始まりそうで、メンバーからは返信するのが大変な位、感謝のメールが届けられております。

このタイミングでこの材料が出て来るとは思いませんでしたが、そろそろ何かありそうだな・・・とは感じておりました。

まあ、材料が出て上昇するのは良い事ですし、メンバー共々喜んでいるところでありますが、本当に喜べるのは利食いを完了したところでありますし、現時点では達成されておりませんので、喜ばしくも思いながらも緊張しながら動向を観察しているところです。

さて、この材料を受けて、私はどう考え、どうしようとしているのか?

まあ、この辺はメンバー専用でありますし、一般公開するつもりはないのですが、とにかく、こういう銘柄に出会いたければ「あいつがこんなことを言った!」「あっちが騰がった!」「こっちが騰がった!」と、目先の情報に振り回されない事です。

その様な行いは、トンボ捕りと一緒なのです。

結局、空高く飛ぶトンボを捕まえようと網を振り回しても、躓いて転んでケガをするだけだと思うのです。

多くの個人投資家が行っているトンボ捕りの場となっている株式市場は、泥沼があったり、落とし穴があったり、毒蛇が居たりと、ただの草原の様に見えても大変恐ろしい場所であるのです。



残念な事ではあるのですが、個人投資家の多くがこの事実をあまり分かっていないのです。

ですから、Twitterや掲示板などに目を凝らし、あっちだこっちだとやる訳です。

私はTwitterなどでの影響力はありませんが、影響力が出たら出たで怖いなと思うところでありますし、そういう提灯を手玉に取っても面白くもなんともないので、やはりあまり興味はないなと思うところでありました。

また、こういう面白くなる銘柄が出てきましたら、メンバー向けに推奨して行きますので、期待して行って頂ければと思います。

さて、今日は中国が国有企業で9割が不正な会計をしていたと、日経新聞が報じておりましたね。

反腐敗を志しての異例の発表という事だそうですが、要するに今までのGDPもなにも、全部嘘だったという事に成る訳で、やはり中国は信用ならないなと、改めて認識させられた記事でありました。

まあ、世界中が信用していないでしょうし、やはりか・・・というレベルの話だとは思うのですが、先日モルガンが中国株での運用を開始したのですが、モルガンさんはこの辺も理解した上での参入だったのでしょうかね?

とりあえず、この記事を見て世界中の投資家がどう思うかですが、前向きに考えれば、これから腐敗を無くして健全化して行くと捉えるか?後ろ向きに考えれば、やっぱりか!やはり中国は信用ならん!となる訳です。

まあ、この答えはモルガンの動向を観ていれば分かるでしょうし、中国株の動向を観ていても分かるでしょう。

ただ、即座に反応するのではなく、数日遅れて反応したりするので、判断は非常に難しいのですけどね・・・。

さてさてどうなりますか。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

相場の流れが変わって来たかも知れませんね。

これまでの相場は材料株が中心で、色々な銘柄が急騰しておりました。

特に目立っていたのは3825リミックスポイントで、色々なところがリミックス、リミックスと騒いでおりましたし、実際に凄い出来高で凄い上昇となりましたが、高値を付けた後もしばらく騒ぎが収まらず、大口の資金が買いに来ているぞ!と、旧知の証券マンが興奮気味に話をしていたりしました。

その後にどうなったかは分かりませんが、あそこで買っていたら助からないのではないかと思うところではありますが、買っていたのは誰かは知りませんし、あんなところで買いに行く方がどうかしているのだし、どうでも良いと言えばどうでも良いのですが、実は死んだふりであり、本当は生きているとなれば、いずれ3000円なんてこともあるのかも知れませんね。

未だに3000円!と豪語している人も居るようですし、見るだけ見といてやろうかなと思っているところですが、別に夢も希望もこの銘柄に託したりはしておりません。

群がるカネの亡者がどうなって行くのか?という人間ドラマを観察しているにすぎません。

私の目的はメンバーを勝たせることであり、こんな銘柄を推奨していてはメンバーが居なくなってしまう可能性の方が高いですからね。

たとえ、ここから騰がったとしても、この銘柄の場合は悔しくもなんともありません。

少し話が脱線しましたが、とにかくこの材料株一色の相場が、ちょっと変わってきた様に思うのです。

ここのところ材料株が好調で、大分稼がせてもらっているのですが、そのペースは鈍りそうな気がしているところです。

ただ、この状況を黙って見ている訳ではなく、その対策は、既にメンバー向けにレポートしているところでありますので、これを参考に利益を目指して頂ければと思っているところです。

さて、好調と言えば、6月19日に5350円で推奨した銘柄(3623ビリングシステム)が、急騰して昨日はS高の8630円まで買われました。

ここまで来ればもういいでしょうという事で既に利食いにしておりましたが、こういう相場は本当にやりやすくていいです。

今日は今日で900円台でもみ合っていた銘柄が1000円に乗ってきておりますし、他にも色々動きはあります。

注目は、ちょっと急騰し過ぎた銘柄があって、これがもう少し押してくれたらな・・・と、少し欲張りな願いをしているところでありました。

昨日は某氏がツイッターでつぶやいた事が原因で急騰した様ですが、これはうちの仕込み銘柄でもありますので、本当に邪魔しないでください。

もう少しの期間コツコツ拾う予定なので、イナゴが邪魔でしょうがないのですが、まあ、それも株の世界でありますから、イラっとはしますが、仕方がないなと諦めても居ります。



ちなみにTwitterってのは、そんなに影響力のあるものなのでしょうかね・・・。

やり方なのでしょうかね?

そんなことを考えたりしているところではありました。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

どうなるかと思いながら見守ったG20でありましたが、良くも悪くもいつも通りの顔合わせ程度の会議であり、個別会談においても特別大きな合意がなされた訳でもありませんしでした。

注目点はいくつかあるのですが、やはり米は単独でも北朝鮮を攻撃すると言いつつも、中露が背後に居ては手を出しづらいのは確かであり、このままでは攻撃は不能そうでありますので、当面はイライラしつつもにらみ買いが続くのだろうと思うところでありました。

大体読めていた中身ではありましたが、万が一が起こり得る状態でしたので、投資方針としては余裕を持たせて下げにも対応できるように様子見としておりました。

よって「怖さは残るものの、再度強気を高めて攻めて行きましょう」というのが、今日からの投資方針であります。

問題は銘柄の選び方でありますが、再度材料株相場だと思いますので、材料株を厳選して攻めて行って抱ければと思っているところです。

今は期待の大きい良質な材料株が多いので、それらを中心に据えつつ、リスクが高めの不良材料株も動きを見ながら買ってったら良いと思っているところです。

人間と一緒で、優秀な奴も活躍するのですが、不良は不良で優秀な奴とはまた違う活躍をするものです。

そして、株の世界ではこの不良の活躍がまた面白いのです。

ですから、決して反感を持たず、単に活躍出来そうかどうかに注目し、不良でも活躍しそうだと思えば割り切って買って行けばいいだろうと考えているところです。

また、不良は不良でも、更生して立派になる事例もありますので、単なる不良でも良いのですが、やはりこういう立派になる不良を探し出して買って行きたいものです。



そこでお勧めしたい銘柄があるのですが、これは未だ一般には公開できません。

メンバー限定でのみの取り扱いとなりますが、メンバーの買いの影響でしょうか・・・想定よりも上昇してしまっておりますね・・・。

未だ仕込み期間で、あまり急いで上値を買う必要はないのですけどね・・・。

これ以上騰がるならば様子見が正解ですし、この値段でこれを買うならば、他の方へ資金を向けた方が良いだろうと考えているところです。

さて、今日も何かしら出て来ると思いますし、株は楽しく売買して行けそうだと考えております。

当面戦争はなさそうですし、相場は面白いだろうと・・・。

ただ、お盆の頃はどうなりますかね?

例年この辺りは株は元気がなくなりますからね。

とにかく、元気がなくなる前にしっかり稼いで、元気がない時は冷静沈着に行動できる余裕を持たせておきたいものです。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

外国人の買い越しが減速しているとの報道がありましたが、減速していても買っているのですし、特に問題はないだろうと思うところです。

問題なのは個人の売り越しであり、もはや個人投資家は存在しなくなるのではないかと思う程の売り越しです。

新興市場は賑わっているものの、経験則から言わせて頂くと、新興市場だけで勝者になれる個人は少ないです。

上手く行っても次で失敗など、大抵はダメです。

そこまで相場は甘くないです。

投資対象は相場全体を見ながら、適切に選んで行かなくてはならないですし、より利益を得るためには本気のプロの情報が必要なのですが、正直言って本気のプロはそう多くは居ません。

特に情報を出す仕事をしている多くのプロは、ほぼ会費目当てであり、投資家が勝とうが負けようが関係ないのです。

では、私もか?となりますが、私の場合は大ありです。

と言いますのは、私が頂いている会費は月々1万円のみであり、しかも1か月契約しかないのです。

気に入って頂けなければ返金もしますし、退会も自由ですからね・・・。

本気でやらないとあっという間に会員が居なくなってしまうのです。

ですから、私がここにこうして書き続けていられるのは、いつも本気で情報を提供しているし、それを会員の皆さまが理解してくれているからだと自負しているところです。

さて、今、一番買って欲しいと考えている銘柄は1500円ぐらいです。

2000円はほぼ間違いないと思いますし、2500円も可能だろうし、3000円ぐらいは行くかな?と。

どこかの銘柄みたいに調子に乗ればもっともっと行ってしまうかも知れません。

それ位面白くなる可能性のある銘柄です。

まあ、こんな予想をしていても、何かが狂って実現不能に至る事もあるのですが、現時点では大丈夫だろうと感じております。

未だ2週間ぐらいは仕込み期間がある様に思いますので、その間に1500円割れをコツコツ拾って行くと良いと考えているところです。

もちろん推奨銘柄は他にもありますし、これだけを買うのは危険です。

何があるかは分かりませんし、やはりチャンスは幅広く受け止められる様にした方が良いからです。



今週はG20という重要な会議がありますので、これを見極めていきたいところですが、見極めができれば、来週は本格的に買いをお勧めして行きたいと考えているところです。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

北朝鮮がミサイルを飛ばし、更にはスポークスマンを使って米を挑発していますね。

まるで中学生の喧嘩の様な雰囲気ですが、その末にあるのは戦争という事に成るかと思いますので、馬鹿げていると思いつつも怖い状態だとも思います。

ですから、私としてもメンバーに対して警戒する様にとレポートしている次第ですが、ヘッジをお勧めしたり、空売りをお勧めしたりはしておりません。

お勧めしているのは、あくまでも口座に余裕を持たせ、下げが出ても売らされない様にしてくださいという事だけです。

現時点でも、基本的には強気で見ておりますし、機会あらば買いと考えているところです。

手段などについてはメンバー専用でお伝えしておりますが、そうしてチャンスを物にして行くのが相場に挑む者の在り方だと思うのです。

「北がミサイルを飛ばしそうだ・・・戦争が勃発するのではないか・・・じゃあ空売りだ!」は、素人の考えとしか言いようがありません。

そうした安易な空売りは、時には実を結ぶこともあろうかとは思いますが、大抵は踏まれてお終いです。

たまに実を結んでも、いい気になって次の取引か、その次の取引かで大失敗して終わりが関の山です。

ですから、やるだけ無駄であり、成功するほどに、その先の地獄はより強烈なものになると考えて頂ければよろしいかと思うところです。

ところで、昨日は某銘柄(2538ジャパンフード)を、メンバー向けにご紹介しました。

相場の状況が状況だけに、推奨までは出来ませんでしたが、そろそろ本格的に動きそうですよ・・・と。

今日も買いで始まっており、やはり今回は本気っぽいなと思いながら見ているのですが、これが動くならば・・・・も、と考えている銘柄があります。

ここのところ値動きがしっかりしておりますし、行くんじゃないかな?と。
まあ、ちょっと様子見したい相場であるという見解は、多くの相場関係者と一緒ですし、特に今週はあまり買いたくはないと思っていますし、買うのは来週でも間に合うだろうとも思っています。

しかしまあ、目先は本当に読み難い相場ですね。

特に今週は北朝鮮が暴れすぎですし、本当に何が起こっても不思議ではない感じです。



ただ、乱暴に言ってしまいますと、相場的には北朝鮮との戦争は勃発してもらった方が良いと思っています。

こういう「やるかやらないかの中途半端な状況」でうだうだやっているのが、相場にとって一番悪いのです。

色々な銘柄で見られますが、決算が悪いと見込まれてどんどん売り込まれて行くのですが、予想通り悪い決算が出ても、それが底値になって切り返すのです。

所謂悪材料出尽くしと言うやつですが、北の問題もこれに該当する可能性は高いのです。

まあ、ちょっと問題は大きいので、出た瞬間の出尽くしはないのですけどね。

でもまあ、材料はその時々で変化しますし、その時々で対応手段も変わります。

今現在はこう考えていても、事態に直面した時の行動はその時に最善と思われる判断を下してレポートして行きますので、内容が変わる可能性はあります。

最新情報を売買に生かしたい方はメンバー専用情報を入手できるようにしておく必要があると思うところです。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

またも北朝鮮はミサイル発射で、ICBMが完成と宣言しましたね。

おまけに核兵器も保有していると。

確かに核兵器を持たない独裁国家は、陰謀によって潰される事が多いのですが、ここまであからさまにやると米国を刺激するのは間違いないのです。

現時点ではICBMはアラスカまでが精いっぱいで、ワシントンやNYは狙えないと見られておりますし、核弾頭の小型化、体験再突入技術などには成功していない可能性があろうかと思うところですが、この様な技術は米・露を中心に何十年も前に確立された技術でありますので、このペースで行けば北朝鮮も手にする技術であることは確かだと思うところです。

米国は、先日同胞を北朝鮮に殺害された経緯もあり、相当怒っているはずなのです。

これに加えてミサイル発射の強行と、核兵器保有宣言ですからね・・・。



中・露は北朝鮮をこれ以上刺激するなと呼びかけますが、本当に言うべきことは、北朝鮮に対して米をこれ以上刺激するなと言うべきであろうと思うところです。

既に米は単独での武力行使も宣言しておりますし、武力行使の可能性は相当高まっていると言わざるを得ません。

この状況で安心して株を売買できるはずもなく、ポジション縮小をメンバーにレポートしているところですが、本当に迷惑極まりない話です。

まあ、期待の大きい銘柄は継続方針ですが、ちょっと怪しいところなどは整理対象にしております。

しかしまあ、北朝鮮は本当に何を考えているのでしょうね・・・。

潰されたくないのは、分かるのですが、何もしなければ潰されることはまずありません。

西側に潰された独裁国家で有名なのは、リビアのカダフィ政権でありますが、あれは今世紀最高の福祉国家であり、国民の支持率は異常なまでに高かったのです。

それが何故に潰されたのか?

それはカダフィ大佐がアフリカをもっと良くしようと考え、アフリカ中央銀行を作ろうと動き出したからと言われております。

その後の情報操作などからカダフィを追い詰め、殺害し、結局最後にアフリカに中央銀行を作ったのはユダヤ資本ですからね・・・。

本当に恐ろしい限りです。

自国のみで幸せを満喫していれば良かったのですが、本当に残念です。

北朝鮮に話を戻しますが「核兵器を持っているぞ」と宣言し、米国は認めないと反発しておりますが、持っているというのならば「認めてやるから見せてみろ」の話で、確認できたら認めれば良いだけの事でしょう。

ただ、問題は北の態度であります。

核兵器を持つのは良いとして、それでも他国に対しては専守防衛を貫くとでもしておけばいいのです。

そうすれば、米だってあそこまで怒ったりしないはずですし、少しは穏便に国家を継続できるのではないかと思うところです。

ただ、現状は本当に攻撃してくる可能性がある国が核兵器を持つのは脅威でしかありませんし、潰すしかないところまで来てしまったのではないかとは思うところです。

話し合いで解決できそうな国ではなさそうですからね・・・。

全く面倒な事ばかりをやってくれる国がすぐ隣と言うのは、気が休まりませんね。

実際の危機・・・所謂戦争勃発によって東京も標的になる可能性ですが、総理や天皇陛下の行動を見ていたら分かるかも知れません。

特に天皇が東京から離れた時は、警戒が必要かも知れません。

首相は代わりがいても、天皇は代わりがいないですからね・・・。

行動予定にはよくよく観察して行く必要があろうかと思うところでありますが、何にしてもそこまで行かないで解決してくれたら良いなと願っているところです。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

テレビの話題は政治一色でありますが、悲しいのは政策の中身ではなく、気に入らない奴をつるし上げるだけのくだらない内容でしかなく、これをここで話題にしてもな・・・と、思うところです。

しかしながら、政治は株に多大な影響を及ぼしますので、話題にしない訳にも行かず・・・と、ちょっともどかしく思っているところですが、誰もが見た通りの話でしかないとも思いますし、まあ今日はパスします。

とりあえず、自民惨敗でも株価は堅調ですし、しばし影響はないかなと、見切っているところであり、放置でも良いだろうと思うところです。

さて、先日ブログでもご紹介した6545インターネットインフィニティーが好調ですね。

9000円台に乗って、調整して7000円台に落ち込むも8000円台を回復して来ました。

現時点でもメンバー各位は十分な含み益がありますし、半分利食いもして頂いているので、利益も得ている状態でありますが、この銘柄をお勧めした理由は、発行株式数が少なく、将来的な一部昇格に影響があるために、分割を行う可能性があるという旨での推奨でありました。

未だ分割は発表されておりませんが、予想通りに株価は上昇してきました。

7000円台でも十分分割ラインであると思いますし、そろそろ出て来るのではないかな?と、観察しているところですが、分割で更に上昇すれば手仕舞いしてしまう予定ですので、このブログでお買い求めになられた方も、その機会が訪れたならば、見逃さない様にして頂ければと思います。

この他にも好調な銘柄として、ブログ未公開の銘柄(3623ビリングシステム)もあります。

これは6月19日に5350円で推奨いたしましたが、昨日になって直近高値を更新し、6700円台まで急騰しました。

聞いたことも無いような会社ではありますが、郵貯銀と業務提携をする程の技術力があり、そうした材料で買われるも調整となっていたところでの推奨でしたが、かなり良いタイミングで推奨できたと自負しているところです。

とにかく、中身は抜群に良いと思いますし、更なる上昇が期待できる有望株だと考えておりますので、メンバー各位にも継続を推奨しているところです。

興味があれば見ておいてください。



後は、何と言っても材料株ですね。

先週は3686DLEの急騰を先取りできましたし、やはり材料株の爆発力は魅力ですね。

今週は未だつかめておりませんが、今日も色々動いておりますし、何かしらの情報は入ってくるものと思っています。

メンバーはお楽しみに。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

注目の都議選が終わり、結果は小池氏率いる都民ファーストが圧勝となりました。

候補者50人中49人が当選という快挙であり、自民党は大幅に議席を減らし大敗を喫しました。

本来、政策で争われるべき選挙が、スキャンダル叩きの様な選挙になり、本当にこれで良いのか?という疑念はありましたが、それでも頭の固い自民党にやらせるよりは良いと思いましたし、何よりもあの若さが良いと思いました。

同じ失敗をするにしても、年寄りに失敗されるよりも、若者に失敗される方が良いですからね。

若者のこれからの活躍に期待したいところです。

さて、惨敗の自民党でありますが、今後の国政選挙への影響は避けられないでしょう。

自民党が復活するために必要な手段は内閣改造でありますが、今直ぐやれば焦りが見えるから・・・という事で前倒しはしないとか言っておりましたが、やはり年寄りは考えが浅はかだなと思いました。

大惨敗の原因は、今の国政にあるのですから、至急改造が必要なのですけどね。

では、どんな改造をすれば自民党が復活できるでしょうか?

おそらく、手段はたった一つです。

それは、人気の小泉進次郎を官房長官位までに一気に引き上げてしまう事です。

そして、次期総理大臣に押し上げてしまう。

この位の覚悟があれば、自民党も回復するかもしれません。

議員の年齢が高すぎるのも問題で、この辺の新陳代謝は絶対的に必要だと思うところです。

まあ、ここまでやれるはずがないのですし、恐らくは自民党もこのまま終わりでしょう。

民進党は言うに及ばずですが、自民党もまた民進党の様な存在になって行くのだろうと・・・。

しかしまあ、自民党は小池氏をなめましたね。

都知事に立候補した時に応援してやればよかったのに、離党させましたからね。

まあ、ああいう体質があったからこそ、ここまで小池氏が脚光を浴びたとも言えますが、何にしても古い政治はもうダメだろうと思うところです。



さて、この選挙により、国政も大きく変わる可能性が高くなった訳ですが、株価の方はどうでしょうね。

政治のおかげで企業が儲かっているとは思いませんが、国政が変わるとなると、変化を嫌う外資は様子見か逃げ腰になる可能性はありますね。

ただ、今解散したら負ける自民党が解散するはずがありませんし、解散を要求する民進党も議席を減らしているところですし、それ程しつこく突っついてくる事もないかなとは思うのですが、時間と共に解散に追い込まれそうな感じはしますね。

世論がどこまで盛り上げられるかは分かりませんが、このまま消えてなくなる様な話ではなさそうです。

ですから、基本的には軟調な相場になると思うのですが、現時点では米国株がしっかりしておりますし、売り叩かれるほどの相場にはならないだろうと思うところです。

当面上値も厳しそうですが、下値もしっかりして行くのではないかと。

ですから、相場は引き続き材料株という事に成ると思うところです。

先週はこのブログで発表した3686DLEが急騰したりしましたが、今週も何かしら出て来るのではないかと期待しているところです。

しかしまあ、今回の都議選ですが「秘書にパワハラ」「自衛隊からもお願い」「加計学園理事長からの献金」等々、狙いすましたかのように次々に出てきましたね。

出て来たというか、出されてきたというか、明らかに都議選を狙った材料放出が、どうも気になります。

まあ、「自衛隊からもお願い」に関しては裏切りでないとすれば、単なるボーナス材料でしかありませんが、追い詰められておかしくなっていたとでも考えれば、納得できない事もないかなと。

これを見ていて思ったのは、株の世界でも狙いすましたかのように次々と悪材料が出てきて売り叩かれる企業であるとか、どんどん買われて行く企業だとか、良くある話と言えば良くある話です。

ところで、材料株におけるこうした動きとは、動きに合わせて材料が出て来るのか?

材料に合わせて株価を動かしているのか?

その辺も分かるような情報があれば、売買の仕方も変わってくるというものです。

材料株相場は未だ続きそうですし、私と一緒に楽しい相場で利益を目指して頂ければと願っているところです。

皆様には重要情報を確実に入手出来るメンバーレポートをご利用して頂ければと思っているところです。

もし、入会後気に入らないとなれば、理由は問わず返金も行っておりますので、

実質無料お試しが出来る様なものであります。(新規の方限定)

では、メンバー専用レポートでお会い致しましょう。

本日の申し込みが最もお得です。

→ http://soubakan.com/

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。