6月も今日で終わりですね。

個人投資家は決算を出す必要がありませんから、成績を確保するために何もする必要はないし、逆にすべきではないと思うのですが、半年間の成績は気になるところですよね。

ただ、やり方にもよりますが、株の世界は100連勝しても1敗で全てを失う事がありますし、過去の成績よりも未来の売買の事を考えていく方が良いと思うところです。

ですから、例え良かろうが、悪かろうが、そこは気にせずが良いかと思うところです。

では「どうすれば勝って行けるのか?」でありますが、これは同時に「どうすれば大きく負けずに済むか?」でもあります。

100連勝の後に1敗でも全てを失う世界なのです。

ですから、インサイダーで間違いない情報を手に入れている場合であっても、財産を捨てる覚悟がないならば、一極集中の勝負は避けるべきだと思います。

「インサイダーだから大丈夫!」

そんな話も聞きますが、そんな人は東日本大震災の記憶もなくしてしまっているでしょうか?

リーマンショックなどは、注意深く観察すれば見破れる可能性はあるかも知れませんが、天災ばかりは無理なのではないかと思います。

あのような天災が一度起これば、インサイダー情報なんてなんの意味もなく砕け散りますからね・・・。

ですから、どんな場合においても、やりすぎはいけないのです。

昔は未だ株券が電子化されておらず、兜町周辺では株券のやり取りがそこら中で見られました。



バッグに何千万円もカネを入れて株券と交換・・・。

恐ろしい光景ではありますが、この時代に多くいた証券金融という仕事があります。

これは、投資家から少額の資金を預かって、株を代行して買う仕事で、大体2割の資金で信用取引が出来ました。

良いサービスとは言いませんが、株中毒の人たちの多くはこのサービスを利用しておりました。

今と違いまして、株の取引にかかる手数料は片道1.25%が普通で、往復で2.5%もの手数料がかかり、更には融資に絡む金利もありますので、最低5%位は利益を出さないと、儲けにならないのです。

ですから、多くの投資家は敗退する訳です。

そうしますと、証券金融の中には悪い奴が出てきます。

どうせみんな負けるんだから、最初から買わなきゃいい。

もしくは、買っても即売りして買った証拠だけを残す。

売る時も一緒で、大抵は下げて投げの注文が入るだけですから、買いなおして即売りすれば良いだけなのです。

今と違って個人は株価情報をリアルタイムで確認する術がほぼありませんでしたから、完全にやりたい放題でありました。

現在はそんな商売は成り立っていないと思いますが、とにかくやりすぎる人は今でもカモネギでしかないのです。

相場で勝てない人の多くは熱くなりすぎる人であり、信じやすい人でもあります。

本当に勝ちたいのであれば、最低でも売買の仕方や考え方を改めた方が良いと思うところです。

ところで、昨日ご紹介した3686DLEの動きは見ていましたか?

ちなみに、7月は良い仕込み銘柄があります。

10倍とかは言いませんが、上手くすれば倍位はありそうです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

株の方はまずまず堅調ですし、今日も悪くない相場になるだろうと思っているところですが、政治が酷いと言いますか、マスコミが酷いと言いますか、今朝もテレビはくだらないバッシング番組で溢れておりますね。

確かに稲田氏の自衛隊発言は「馬鹿じゃないのか?」の一言ですし、下村氏に加計から献金というのも「そりゃあるだろ!」の一言でありますが、ここで腐った自民党に制裁を加えるとして、民進党はもっと酷い烏合の衆ですからね・・・。

都民ファーストが第一党まで成長するには時間がかかると思いますし、そもそも小池氏は本当に大丈夫なのか?と。

マスコミがこれほどまでにバッシング劇を繰り広げるのは、都議選に絡んだものであり、優位に立ちたい側が温めていた材料をぶち込んでくるという、本当に姑息な手段から生まれた結果だと思うところでありますが、こういうのを見ていると、政治でギャーギャーやっているお隣韓国を笑う事は出来ないなと思うところです。

まあ、結局悪いのは官僚であり、ある意味では政治家は犠牲者なのかも知れませんが、知恵が足りないから犠牲となるのであり、やはりもっと賢い人間を国政に送り出さないといけないのだろうと思うところでありますが、見回しても姑息な奴は居ても、賢そうな奴は居ないのですよね・・・。

本当に未来が明るくなる日は来るのだろうか・・・。

別に自民党のおかげでこの相場が成り立っている訳ではありませんが、このまま都議選で敗北となり、次の国政選挙でも敗北となる様ですと、政治の混乱を嫌う外資は警戒を強めますからね・・・。



まあ、衆参共に過半数を取っているので、どれだけバッシングされても解散はしないでしょうし、当面は問題ないと思うところですが、間違いなく火種は大きくなりつつあると思うところです。

全てはマスコミが悪いと言えますが、突かれるような脇の甘い議員が多すぎるのも悪いという、悪者同士の相乗効果は本当に最悪の状態だと言えます。

とりあえず、相場は未だ死なないと思いますし、どうにもならないと判断すれば空売りで対応して行くだけなのですが、この見極めは本当に難しいところであり、未だ大丈夫だと思っていても、無理な取引はしない様にすべきだと考えているところです。

ところで、先日は金利が上がらない原因についてレポートしたのですが、欧州から金利上昇の流れが発生し、米国にもその影響が出てきました。株が上昇しているのは、国債を売って株を買うというリスクオンを示しているとも言えますし、この動きは利ザヤを稼ぐ金融株にとって追い風でありますので、大手金融株が中心となって買われる相場になっております。

ただ、続くか?となりますと、少しは続くかもしれないけれど・・・程度であり、新たな流れが始まった!とまでは行かない様に思っているところです。

また、仮に金利上昇が根付いたとしますと、米の自動車ローン業界は益々苦しくなるはずです。

現状でも苦しいのに、金利上昇ともなれば、特に新車販売には大きな影を落とすことになり兼ねません。

金利上昇に期待して円安となり、日経平均が騰がる相場ではありましたが、終焉の時は確実に近づいている様に思えるところです。

ですから、今は材料株で儲けていれば良いと思いますが、絶対に転換点は見逃してはならないと思うところです。

これを見逃せば、大変な損失につながる事に成りかねません。

難しい相場ではありますが、私の助言を参考に立ち向かって頂ければと思うところです。

さて、今日はサービス銘柄(3686DLE)をご紹介します。

メンバー向けには6月15日471円でご紹介した銘柄で、既に70円ほど値上がりしているのですが、面白いのはここからだと思っています。

内容についてはメンバー専用となっておりますが、メンバーに向けても助言は一行だけのものです。

何故か?

それは、こういう銘柄に中身の分析がどうだとかは全く必要ないからです。

こういう銘柄は情報収集が大事なのですが、私の判断としては「ここからが本番!」と予想しているところです。

興味があれば観察だけでもしてみてください。

きっと、驚きの結果になると思うところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は本格的な調整に入って来た感じがしますね。

大分上昇しましたし、当面はこれ以上、上昇して行く必要はないと思いますので、このまま調整を続けてくれれば一番良いのですが、場合によっては下落による強制的な調整の可能性もあるのかも知れません。

リーマンショックの様な住宅ローンの焦げ付きによる大規模なサブプライムショックに相当する訳ではありませんが、自動車ローンの焦げ付きが急増しており、場合によってはショックを起こす可能性はありそうです。

リーマンショックというものは、何が問題であったかと言いますと、質の悪い債券であるサブプライムローンが証券化され、AAA格付けの投資商品に混ぜ込まれていたために、世界中の投資家がその仕込まれた毒の存在に気付けずに購入し、サブプライムショックが起こった時に、とんでもない混乱に陥ったのです。

その結果として、あのリーマンブラザーズまでもが経営破綻に追い込まれたのがリーマンショックであります。

ですから、今回の自動車ローンの焦げ付きがショックを引き起こしたとしても、証券化された商品を買っているところはリスクを知った上でのことであるはずであり、リーマンショックの様な事が起こり得るはずがないのです。



ただ、それなりのショックは起こるでしょうし、今の株価は維持できないだろうな・・・と思うところではあります。

結局、リース契約で新車に乗っていた人が多く、それらのリース契約が切れて車を返す時が来ており、返された車が中古車市場に行きますので、大量の中古車によって市場価格が下落しており、リース会社は値崩れする分をリース料に上乗せしなくてはなりませんので、リース契約の代金は上昇しているそうです。

そうした事等から、新車販売が落ち込むのは必至でありますが、唯一の救いは原油価格の下落となりそうですが、これはこれで産油国を中心に激震をもたらしかねませんからね・・・。

いやはやではありますが、ありとあらゆるものが絡まり合って、どこかで発生した圧力で、何処にどう影響して行くのが読み難いですね。

今直ぐどうという事はないと思いますが、何が起こっても巻き込まれない様に注意しながら売買をして行って頂ければと思います。

まあ、身構えすぎてもいけませんし、適度でありますけどね。

何せこの相場、材料株で儲けるには最適な状態ですからね。

調子に乗っては危険ですが、緊張感を持ちながら、利益を目指して行って頂ければと思います。

そうそう、昨日から割り切りで推奨しているD社ですが、面白くなりそうな感じがします。

難しいかも知れませんが、探してみてください。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

藤井聡太四段がデビュー戦から負け無し29連勝を達成・・・。

本当に凄いですね。

株の世界では似たような文句をどこかで見ました。

「〇〇連勝で1億稼いだ!」とか、何だか見た事あるな・・・と。

実際のところ、勝ち続ける必要はなくて、極端な話、1勝3敗でも良いのです。

勝つ時に大きく勝って、負ける時に小さく負ければいいのですからね。

ですから、連勝には全く拘る必要はありません。

まあ、連勝に越したことはありませんが、それに固執して大事なものを見落としてはいけないのです。



さて、相場はいつどうなってもおかしくない状況ではありますが、7月もこんな調子で推移する可能性が高まっている様に思いますし、引き続き材料株相場を堪能して行って頂ければと思っているところです。

藤井報道が続く毎日ですが、国会が終わってくだらない報道が終息してきていたところでしたので、報道各社としては丁度いい材料であると言えますし、国会のくだらない論戦よりはずっといいなと思いながら見ているところです。

ただし、こうして国民の関心が何か一点に集まっている時は、大事なものを見逃すことが多いので、この点だけは注意したいところです。

何かに集中して前しか見えない状況は、どんな世界においても危険な行為でありますが、メディアは意図的なのかどうか分かりませんが、いつの間にやらこういう状況を作り出し、世の中の危機の初動を見落とさせてくれます。

まあ、とりあえず株式市場が熱狂している状態ではありませんし、怖さはありますが、まだ問題ないだろうなと思うところですので、引き続き材料株相場を楽しんで頂ければと思います。

最後に個別のお話をしますと、以前このブログで公開したあの銘柄(6545インターネットインフィニティ)が、今どうなっているかご存じでしょうか?

メンバー向け推奨は5月30日5800円でしたが、現在9000円台にまで上昇して来ました。

「倍増が見えるか!?」というところですが、メンバーには半分利食いを入れて頂き、引き続き高値を目指しているところです。

ここから買うのはどうかと思いますが、もし以前のブログを読んでお買い求めになられた方は、もう少し持ち続けても良いかも知れませんね。

では、またお会い致しましょう。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

先週末の米国株に大きな動きはありませんでした。

引き続き原油が値下がりしており、米にとっても個人消費にはプラスに働くと思いますが、波乱含みの状態は続くと見て良いと思います。

先週も書きましたが、原油価格の下落はベネズエラなどの中小産油国には大打撃であり、いつ破綻してもおかしくないですからね。

そうなると、ベネズエラに巨額の出資をしている中国には大打撃でありますし、中東も戦争に突入して原油価格を押し上げる作戦に出る可能性もありますし、原油安は何処でどんな爆弾に火が付くか分からない面倒な問題であると言えます。

ただ、多くの日本企業、個人消費にとっては、間違いなくプラスの要素であります。



原油安を背景に買われる企業もありますし、引き続き日本株は材料株を中心に賑わうものと思います。

日銀はどんどん日本株を買っておりますし、手放すつもりもなさそうですから、相場全体も売り仕掛けで崩そうという動きは感じられません。

流動性の低下を嫌う向きもありますが、外資主導で乱高下する相場よりはやり易いかなと思いますし、意外と悪くないのではないかとも思うのですけどね。

ただ、このまま行くと、多くが国有企業状態になってしまいますから「本当にそれでいいのか?」とは思います。

一番いいのは、個人投資家が目を覚ますことでありますが、どうもね・・・というのが現状です。

話題になるのは民事再生法を申請した7312タカタとか、まあいいのですけどね。

今日も買い気配スタートの様ですし、やはり先週の売り気配は面白いところだったなと思いつつも「本当にそれでいいのか?」と、また思うのです。

ちょっと考えて欲しいのは、タカタは民事再生法であり、最終的には1円になる可能性があるのです。

確かに、自動車会社が1兆円ほど借金を肩代わりしており、このまま潰れられては困るという事で、どこかが助けるのではないか?と、そんな思惑はあると思います。

ただ、それは単なる思惑に過ぎない話であり、決まったことではないのです。

週明けの今日は買い気配スタートで、上昇しそうな気配を見せておりますし「買って良いのか?」というような質問もあるのですが、博打以外なら見ているだけが正解だと思うところです。

どうなるか分からない話にカネを賭けるより、どうなるか分かっている方にカネを賭けた方が、間違いなく効率が良いのです。

まあ、こういう派手に動いている銘柄は、上手く乗れればあっという間に大金を手にできますけどね・・・。

ただ、こんなことが話題の中心になる様では、外資と日銀に支配された相場からは抜け出せないだろうなと思うところであります。

しかしまあ、とにかく個人投資家の多くは投資も投機も下手ですね。

色々やってダメになって、どこかで特別な情報とやらを手に入れて、一銘柄にどんどんカネを投入して行くとか、本当に愚かだと思ってしまいます。

私のところにも特別な情報はありますが、一銘柄に集中して投資するなんて馬鹿な事は絶対にお勧めしません。

どんなに確実な話であっても、何が起こるか分からないのです。

まあ、絶対に大丈夫なんて情報はこの世に存在しませんが、「大丈夫だろう・・・」位なら結構ありますからね。

ですから、この「大丈夫だろう・・・」に対して分散投資をして行くのが一番だと思っているところです。

本当は、人を騙すには「絶対に大丈夫」が最高の殺し文句なのだと思うのですが、そんな事をやってもどこかで失敗するし、その時は本当に甚大な被害が出ます。

S氏の相場観は10周年を迎えますが、こうして10年間もやってこれているのは、ただひたすらにメンバーの利益を考えているからだと自負しております。

ちなみに、絶対に大丈夫で怖いのは2度目だと知っておいてください。

1度目で成功した後の方が、間違いなく調子に乗っているので、ここで受ける被害の方が甚大で、この2度目の取引で命を自ら絶つ投資家が多いという事を・・・。

暗い締めくくりでありますが、調子に乗って全てを失って、死んでいった投資家は数えきれないほどに居るのです。

株は大きなお金がかかっているケースがほとんどですし、人生を華やかにしたりしますが、人生を終わりに向かわせることもあります。

安易に大金を入れる前に「本当にそれでいいのか?」とよく自問してください。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国、中国、北朝鮮、欧州各国、産油国に新興国・・・と、ありとあらゆるところに爆発しそうな爆弾が仕込まれており、どこからどうなってもおかしくない情勢ですね。

本当にあらゆるところに目を配らなくてはならないというのに、マスコミは次から次へとくだらないニュースを持ってきますね。

今度は自民党の豊田パワハラ議員が離党・・・。

これで二回生議員は何人目の離党や辞職だとなったのが、思い出すのも難しいほどですが、本当に議員の質の悪さに辟易します。

せめて民進党の方がまともであるならば、民進党を応援するのですが、こっちはこっちで自民党の何倍も酷いですからね。

本当にどうしたらいいのでしょうかね・・・。



話題の都民ファーストですが、豊洲へ移転して、築地を再開発して市場を二つになどと言い出しており、それってどうなんだ?と思っていたところへ築地の市場長が市場二つはあり得ないと、業界代表で反論しておりました。

どう考えてもそうだよな・・・と思いながらこのニュースを見ておりましたが、結局人気取りで中身なんかないのだろうなと、小池さんの底の浅さは明白と言ったところでしょうか。

そもそも豊洲が汚染されていたところで、その水を飲むわけでもなければ、農作物を育てる訳でもありませんからね。

そこらで撒かれる殺虫剤の方が、よほど有害ではないかと思う程です。

問題部分はさっさと改良し、問題なくすればいいだけですし、移転を引き延ばして余計なカネを垂れ流す必要などないのです。

しかしまあ、とにかく次から次へと政治面からくだらない材料が供給され続けられるこの状況は何とかならないのでしょうか。

例えば、私が見たいと思うのは、あれだけ核実験をやると思われた北朝鮮が、なぜ実験を強行できないでいるのか?

そして、ジャンジャン飛ばしていたミサイル発射が小康状態になってきているのは何故なのか?

北朝鮮からの石炭は買わないとして、国連安保理決議に協力している様に見える中国は、その分鉄鉱石の輸入を増やしている事実。

そして、それに気づいている米が怒りだしている事実。

核実験を強行していないところから考えて、おそらくは中国の抑止は上手く行っていると見られるのですが、このまま終わるとも思えないこの状況は、もっとしっかり報道すべきですし、もっとしっかり分析すべきです。

パワハラ議員の元秘書の訴えなんて、垂れ流している場合ではないと思うところです。

確かにあれは酷いですけどね。

でもまあ、女性の社会進出と共に、ああいった事例はどんどん増えると思いますし、それは国策であるから仕方がないでしょう。

まあ、議員では話になりませんけどね。

さて、本当にくだらない話ばかりになってしまいそうなので、株の方に話を向けて行きます。

昨日ご紹介した6545インターネットインフィニティでありますが、更に値段が伸びて行きましたので、メンバーには半分以上利食いして頂くように助言いたしました。

ただ、分析しているところの予測によりますと、近い将来分割が実行されるのでは?という事でした。

どの値段で、どの程度の分割が行われるかにもよりますが、8000円付近で2分割程度が行われるならば、10000円ぐらいは行くのではないかと考えているところでした。

そこに賭けたいならば、保有継続も良しとしておりますので、今後も注目して頂ければと思います。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

総合的に考えて、すぐにどうという事はないとは思うのですが、必ずどこかでとんでもない下落が起こるのだろうな・・・とは思います。

今は未だヘッジを考えておりませんが、いずれヘッジをしなくてはならないとは思いますし、万が一を考えれば足元も無理は出来ません。

怖いと言われているのは秋以降だそうですが、私の危機予想の仕方を少し公開しますと、実は多くのアナリスト予想を参考にしております。

と言いましても、単純に参考にしているのではなく、多くの意見の逆を考えております。

ですから、例えば、秋以降が危ない・・・そんな意見が増えてきましたら、秋は大丈夫だな・・・といった具合です。

結局のところ、多くが警戒しているところで危機は発生しないからです。

本当の危機というものは、殆ど誰もが予想していないところで起こるからです。

ある意味後出しじゃんけんみたいな感じですが、これは本当に重要です。

ですから、多くのアナリストが上昇を予想している時の方が怖く、そういう時の方が警戒しているのが私です。

まあ、多くのアナリストが上昇予想で、私も上昇予想の時もありますので、必ずしもではないのですが、多くの局面ではこの考えを基本としております。

どんな状況においても冷静に判断して行く事。

これこそが最も重要な投資判断だと思うところです。

ところで、現在の投資方針ですが、無理のない範囲で買いをお勧めしております。

特に材料株が好調で、未だこの好調は続きそうなので、ここで弱気な行動は儲け損なうだけですし、下落に賭けようものならば大変な損失につながる可能性すらあります。

下落の可能性はあるものの、下げに賭ける程ではないのです。

もちろん世界には火種が沢山あります。

原油価格がどんどん下がっているのですが、原油の下落はベネゼエラの破綻に結び付きそうで、巨額の出資をしている中国は、これでおかしくなる可能性もあろうかと思うところです。

サウジはイランともめておりますし、米の利上げも本当にそれで良かったのかも分からない状態で、米の消費を支えている個人消費も借金がどんどん増えておりますので、何処でどうなってもおかしくはないなと。

サブプライムショックの様な事は起こりえないと思いますが、巻き戻しの動きがいつ出てもおかしくないと思うところではあります。

この他にも山ほど悪材料がありますし、国内に関してもいつまでも加計学園問題が騒がれており、何がどうなってもおかしくないなと思うところです。

ただ、それでも今は買いなのです。

「どこかでかはおかしくなるが、もっとはっきりしてからでも遅くはない」

これが今の相場だと思うのです。

なんだかんだと言っても、何かしらの前兆はあると考えているところです。

そんな中での銘柄の推奨ですが、やるかやらぬかの材料株は割り切りでご紹介するシステムに改め、より機動的に投資と投機を行えるように運営方針を変えました。

技術力等に期待した投資を目的とした銘柄と、やるかやらぬかの力業に頼った投機を目的とした銘柄を区別することにより、より多くの投資家の方の需要に合わせた銘柄紹介を出来るようにしました。

投資目的で推奨した銘柄で、5月30日に5800円で推奨した6545インターネットインフィニティーがありますが、6月に入ってやや押しながら推移しておりましたが、ここは押し目買いとして強気で助言し、先週から一気に上値を取り始め、本日は8000円台に乗せてきました。

出来高の推移から考えて、未だ上値はありそうですので、一部利食いは推奨しておりますが、手仕舞いまではまだ引き付けていけそうだと考えているところです。

より一層の利益拡大が狙えそうで、メンバーからも喜びのお声を頂いているところです。

利食いするまでは気を抜いてはいけませんが、こういう銘柄に乗れたことは推奨した私にとっても非常に嬉しいところであります。

また、割り切りですが、推奨翌日からいい感じで上昇してきているのは7612Nutsです。

今日は小幅高で始まっておりますが、これは結構面白くなるのではないかと考えております。

未だ推奨したばかりですし、サポートは出来ませんが、これから大幅に動いてくる可能性が高いと思いますので、注目してみてはいかがでしょうか?

どちらかと言いますと、今のところは投資銘柄の方が良い感じですし、これから動いてきそうな銘柄もあります。

さて、今日の注目銘柄ですが、完全に博打ではありますが、注目に値すると思っている銘柄(7312タカタ)があります。



売り気配が続いておりましたが、今日は完全合致になりそうです。

最後は1円だと思いますが、底に至る前には乱高下があるでしょう。

勇気と余裕があれば、これは狙ってみる価値があると思います。

上場廃止までの間の遊びですが、今日は一つだけ好材料があります。

それは、S安より下がらない点です。

あくまでも寄るならばでありますが、今日はこれ以上下げないので、これは今日だけの好材料と言えます。

遊びではありますが、今日のS安は面白いところだと思います。

まあ、私ならばこれから動きそうな銘柄を買って行く方が好きですが、そんな考えもあるんだな・・・位に捉えておいて頂ければと思います。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株が安いですし、今日の東京はこの流れで安く始まりそうですが、材料株に関しては今日もそれなりに賑わうのではないかと予想しております。

引き続き材料株で利益を出して行って頂ければと思うのですが、所謂材料株というやつは、何かしらの材料がある事が多いのですが、この材料の質が徐々に悪くなってきている様に感じております。

昨日入って来た噂話ですが、6819伊豆シャボテンリゾート(ガチガチの仕手株であった旧オメガ・プロジェクト)が、リクルートに買収されるというものでした。

「リクルートが買うはずねえだろ!」

と、瞬間的に思ったところですが、本当にこんな程度の低い情報までもが出回る様になっています。

中には凄い情報もあるのですが、質が悪くなっているのは確かだと感じました。

余談ですが、あの銘柄には材料がある・・・。

そんな話をよく耳にしますが、基本的にどの企業でも材料の一つや二つはあります。

問題は、その材料がどこで出るか?

そして、その中身は?

でありますが、流石に中身まで行くと、インサイダー疑惑がかかったりしますし、私も知らない事が多いですし、基本的に会社から直接聞いたりする訳ではないので、誰が何を言っていてもそれを信じたりはしません。

可能性はあるかもな・・・位で、後は業績や値位置などで投資判断を下します。

話はあっても、それが本当かどうかを見極めるには、経験が必要なのですが、私も完全に見抜くことは出来ません。

本当にインサイダー情報ならば、わざわざ人にしゃべらずに、自分だけで上手い事やれば良いだけですからね・・・。

ですから、インサイダーっぽい話があっても、多くは作り話である事が多いのです。

それっぽい事を匂わせて誘い込む事例も見られますが、株はそんなに甘いものではないと知るべきです。

例えインサイダーでも、出たと思ったら先に買っているところがぶつけてきて終わったりと、本当に難しいのです。

「インサイダー情報」この甘い誘いに乗ってやられた投資家がどれ程居るかも分かりませんが、今尚誘い文句で使われていると思いますし、こんなものを謳っているところには注意した方が良いだろうと思うところです。



さて、そんな中で私が注目している材料株でありますが・・・。

3825リミックスポイントに続き、急騰できるか某バイオ株!?

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日も東京株式市場は良好なスタートになりそうですね。

米国株が高かったですし、欧州株も高かったので、特に目立った悪材料もありませんし、流れ的には当然の如く高いという事になりますね。

FRBの利上げは間違いではないかと、今でも疑っているところでありますが、それでも尚この強さですから、これはもうカネ余り以外に説明が出来ない様に思う相場であると思います。

ただ、このカネ余り相場というのは非常に怖いものでもあります。

とにかく、業績の裏付けとかは関係がないので、いつどこで売りに転じてもおかしくないのです。

カネが余っているために、利上げしても長期国債にカネが流入し、金利は低いまま、金利が低いならば株は買い安心という流れでありますが、これは一夜にして変わる危険な流れです。

と言いますのは、この「金利は低いならば株は買い安心」の部分ですが、これは突如として、「金利が上がらないのは景気の先行きに不安があるからだ」に変わり、「株は売りだ!」に変わってしまうのです。

そうなりますと、そこに信用買い残が積み上がっているなどの条件が重なると、暴落が起こりかねない危険な状態であります。

ただ、だったら売りなのか?となりますが、そうではないのです。

この状況がどこまで続くかは分からないですし、まだまだ先があるかも知れませんからね。

売るのは時期尚早で、今は買いで良いと思っているところです。



ただ、変化に敏感に反応できるようにしておかなくてはなりませんし、無理な事をやっていれば即死が待っていると思って良いと思います。

せっかく材料株が面白い状態ですし、買いで稼がない手はないのです。

怖さはありますが、これ程良い相場は滅多にありません。

良い相場は、そう長くは続かないので、そういう意味では嫌な相場とも言えますが、稼げるうちにしっかり稼いで行って頂ければと思いますし、いずれ来るであろう下落局面にも対応して行けるように心構えしておいて頂ければと思います。

ところで、メンバーには、押してはいるが、再度買われる可能性が高いとして推奨した4582シンバイオが急騰してきております。

今日も動きを見せると思いますので、よろしければ注目してみてください。

本気でやるような銘柄ではありませんが、日計りが好きな方にはとても良い銘柄だと思いますし、注目する価値はあろうかと思うところです。

という訳でありまして、大幅な下落へ向かう時が来ましたらレポートして行きますので、参考にして頂ければと思います。

まあ、この辺の情報は重要ですので、メンバー限定となりますけどね・・・。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

日経平均の上昇に期待は持てませんが、下落警戒まではしておりません。

外資がちょっと様子見しているかな?

であるとか、先々円高になりそうだな・・・と、将来的に売られそうな状態ではあるのですが、かと言って叩けるほどではないと思いますし、円高の規模にもよりますが、当面下値は限定的だろうと思うところです。

先々に疑念を持たせておいて、外資は買ってくるかも知れませんし、何にしても下手に決めつけないのが一番の相場だと思いますが、しばらくは目立って動きそうもないなとも思っているところです。

そして、この環境は、言うまでもありませんが、材料株にとっては最高の状況になります。

代表の3825リミックスがどこまで行くのか?も気になるところでありますが、その他にも多くの銘柄が派手に動いてくれておりますし、本当に楽しい相場になっております。

ただ、問題は多くの材料株には中身がない点です。

材料株とは、所謂「絵に描いた餅」であることが殆どで、どんなに美味しそうに見えても実際に食べる事は出来ないのです。



ですから、まともな銘柄に投資したいと願っている投資家にとっては、これ以上辛い環境はないとも言えます。

結局、株価が騰がらなければ、中身がいかにまともで意味がないのです。

例えば、仮想通貨で人気のリミックスですが、今は人気を博しておりますし、まだまだ行く可能性はあろうかと思いますが、目が覚めたらとんでもない事になっている可能性は高いと思うところです。

結局は元に戻った・・・。

それがいずれ来る未来だと思って良いと思うところです。

ですから、あくまで観賞用で、他の銘柄での運用をお勧めしているところです。

例えば、実はちょっと悔しい銘柄(4814ネクストウェア)がありまして、推奨して値上がりしたのですが、つい先日「利食いを入れて、再度押し目を狙いましょう」とした後にこの暴騰です。

メンバーに尋ねたところ、継続されて居られる方が意外と居りまして、サポートは継続としましたが、利益優先として少し焦り過ぎた銘柄でありました。

ただ、出来高も急増しましたし、ここまで来ると目標は達成しているので、続かないと思うのですが、今日もS高買い気配のスタートですね。

もしかしたら、これも大化けするのでしょうか!?

何にしても、やることは利食いだけであり、買いをお勧めする様な状態ではない事は確かです。

他にも色々あるのですが、バイオセクターの「あれ」アパレルの「あれ」が今後面白そうです。

とにかく今は材料株が面白いですね。

今後も色々入ってくると思いますのでメンバーは楽しみにしていてください。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

不良エアバッグの問題で負債を抱えていた7312タカタが、ここへ来て民事再生法を申請するとのニュースが出てました。

自動車関連株の値動きが悪く、どうしてここまで悪いのかが分らなかったのですが、どうやらこれが原因だったのでしょう。

大手自動車各社はリコール費用などが支払えないタカタに代わって支払っており、タカタが民事再生法となれば、もはや取り立てる術はないのですから、軟調に推移して当たり前と言えば当たり前です。

ただ、これで自動車各社も負債が確定するので、どうなるか分からないものが、はっきりと分かる形になりますので、これは悪材料出尽くしというやつになると思われます。

一方、当のタカタでありますが、これはもう債務超過も良いところですので、マネーゲームの水準まで売り叩かれることになるでしょう。

ただ、技術力があるのは確かでしょうし、会社がなくなる訳ではありません。

借金がないならば、この値段でも欲しいな・・・と思える銘柄であり、単にもうダメな会社だと思って見て行くのは問題だと思うところです。

株券の処遇に対する発表はありませんが、恐らくは既存株主の資産はゼロでしょうけれども、これがゼロではないならば、かなり面白いと思うところです。

という訳でありますので、あくまでも一応ではあるのですが、借金がなくなるならば価値のある会社であるとだけ認識しておいて頂ければと考えているところです。

まあ、あれだけ不良エアバッグをばら撒いておいて、技術力も何も無いような気はするのですけどね・・・。



さて、材料株相場が続いておりますが、昨日は本当にゲテモノ銘柄(3825リミックスとか4563アンジェス)しか動いていないと言っても過言ではないほどに、質の悪い材料株ばかりが目立っておりました。

こういうゲテモノ相場は、相場の最後の最後に出る事が多く、そういう意味ではちょっと不安ではあるのですが、それにしても、並みのゲテモノではない感じなのですよね。

普通クラスのゲテモノならば、もう終わっていて良いのですが、まだまだやる気満々なのです。

このゲテモノパワーがどこまで相場を牽引するのか分かりませんが、今日は広がりを見せるだろうと考えているところです。

いつかはぶっ壊れるのですが、それまでは逆らわずに、この相場を楽しんで行けばいいだろうと考えているところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米FOMCが終わり、大方の予想通りの利上げが行われましたが、足元の経済指標が悪化してきておりますし、特にインフレ率は目標の2%に全く届いておらず、本当に利上げしても良いのだろうか?という状況下での利上げでありました。

多くが利上げありきで行動して来ましたので、ここで利上げしないと大変な事になる・・・。

そんな思惑から強行された利上げに見えてなりませんし、このやや強引な利上げは後々響いてくるのではないかと危惧しているところです。

今後も年3回の利上げが見込まれている様ですし、相場もそのような方向で動いていると思うのですが、場合によっては2回、1回と下方修正されてしまう可能性がある様に思いますし、利上げ延期はドル安につながりますので、これによって現れる円高で日本株は苦しくなるだろうと予想されます。

まあ、米経済がこのまま調子よく推移してくれれば、何ら問題はないのですが、このやや強引な利上げが響く可能性がありますので、今後発表されてくる経済指標などには、よくよく注意して観察して行く必要があると考えているところです。

日本株は極端に買われている訳ではありませんし、現時点でも割安と評する事が出来ると思うのですが、円高に向かえば割安ではなくなってしまいますし、状況は変化するものと見て行動して行く必要があると思っているところです。

この利上げで直ぐにドル安円高になり、株価は本格的に調整に入るという事ではありませんが、注意して行動して行かないと、思わぬ打撃を受ける可能性があると言えるでしょう。

構えすぎてはいけませんが、調子に乗ってもいけない微妙な時だと思います。

引き続き材料株は面白いだろうと思うところですが、こうした注意点をよく理解して行動して行って頂ければと思うところです。

さて、先ほど共謀罪なるものが成立致しましたね。

野党が猛反対する中での成立でありましたが、本当にそこまで大騒ぎするほどの事なのでしょうかね・・・。

確かに審議は不十分な気はしますが、基本的にテロを起こした犯人は捕まえられても、支援した人物は捕まえられないのが今までの日本の法律で、支援した奴も捕まえられるようにしたのがこの共謀罪でありますから、いいんじゃないのかな?と思うのですけどね。

こんなことよりも、パチンコという非合法ギャンブルを野放しにしている事の方がよほど問題であると思うのですが、本当に頭のいい人たちの考える事はさっぱり分かりません。

パチンコを非合法として取り締まれば、もっと平和になると思いますし、北もミサイルを飛ばす資金が減るはずですからね。

合法にするならば、玉の貸し借りにマイナンバーカードを使って、のめりこみを防ぐなり、勝者には所得税を納めて頂くなりすれば良いと思うところです。

まあ、パチンコで所得税を払わなくてはならないほどに勝てる人はいないでしょうけどもね・・・。



それでも、パチンコ屋の経常収支が透明化されますので、パチンコ屋からの納税は増える事でしょう。

共謀罪がおかしいとか何とか大騒ぎしておりますが、もっと身近な問題に目を向ける必要があると思うのは私だけでしょうかね。

さて、ともあれこれでひと段落でしょうから、少しは政治の世界も静かになるかな?と思うのですが、マスコミは次に何を騒ぎ立てるのか。

何を騒ぎ立てても、惑わされずに行動して行きたいものですね。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

日経平均の値動きは小幅でパッとしない感じですが、材料株の値動きが良く、面白い相場になっておりますね。

材料株相場の到来は予想済みでありますし、この相場でまずまずの利益を得ている方も多いのではないでしょうか。

ここのところ力を入れて来たのが、6723ルネサスエレクトロニクスで、多くのメンバーが買いを決断している銘柄であります。

現在の方針は明らかに出来ませんが、今年に入ってから推奨してよかったなと思っている銘柄であります。

昨日は売り出し価格が予想外に安く、予想では上限いっぱいの900円と見ていたのですが、820円という結果で、朝はショック売りが出ました。

ただ、安かったのは寄りだけであり、その後は怒涛の上げに切り替わり、一気に直近高値を更新して来ました。

次は3月の1261円でありますが、これもいずれ更新して行くものと思うところです。

3825リミックスや3810サイバーステップは取り損ねましたが、ルネサスについてはしっかり取って行って頂ければと考えております。

まあ、何倍にもなったリミックスやサイバーステップではありますが、こういう銘柄を推奨されても怖くて買えないものです。

推奨しているこっちも怖いのですから、もっと怖くて当然です。

しかし、ルネサスの様な銘柄は、皆が知っている企業でありますし、誰でも根拠があれば買いに行けるというものです。

ですから、何倍にもなったわけではないとしても、実際に得る利益は大きいという事になるのです。

どうせリミックスなどを持っていたとしても、ここまで持ちっぱなしなんて出来ませんし、見れば悔しくもなりますが、現実に取れる利益の方が重要だと思うところであり、これはこれでよいだろうと考えているところです。

ただ、ああいう銘柄を当てたいな・・・と、思う気持ちはある事はあります。

リミックスにしても、サイバーステップにしても、急騰前に推奨していた経緯があり、こういう話を手に入れられる環境に在るのは間違いないのです。

ただ、一つ問題なのは、「やるぞ!やるぞ!」と言っている間は大したことがなくて、上手く行かなくて放置状態に至り、長期間干された後に突然こうして相場が始まるのです。

先日もお話ししましたが、小さい筋がシャベルで一生懸命集めた銘柄を、得体のしれない巨大な筋がごっそりショベルカーで持って行ってしまう現象です。

しかも、持って行かれた筋は、誰が持って行ったかも分からないのですからね・・・。

本当に恐ろしい世界でありますが、こうした事はよくある事です。

ただ、とにかく情報がないので、こうした前触れを掴むのが難しいのです。

大体のパターンは分ってきておりますし、いずれ掴みますが、今推奨している銘柄にもこうした可能性のある銘柄はあります。

ですから、より慎重に観察し、見逃さない様にしたいと考えているところですが、実はこういう動きを見逃さないための武器として、優秀なメンバーの存在が挙げられます。

S氏の相場観では、メンバーが書き込みが出来る、メンバー専用の掲示板があるのです。

ここで「動きがおかしいのでは?」の様な書き込みがあったりしますと、私も改めて確認したりすることが出来、非常に助かっているのです。

昔に比べて、書き込みの質が大分上がってきており、この掲示板は武器になるなと思っているところであります。

もちろん初歩的な質問があったりもしますが、そうした質問も私にっては勉強になったりしますし、これからも切磋琢磨しながら質が向上していけばいいと願っております。

多くのメンバーが相場を監視することにより、メンバー全員が勝利に近づいて行けるのではないかと考えているところです。



私も人であり、一人でやれることには限界があるのです。

時に見落としもあれば、勘違いもあったりします。

しかし、多くのメンバーが材料を見つけてくれたり、動きの変化を見つけてくれたりすることは、本当に嬉しい事であり、これからもメンバー各位の書き込みには期待して行きたいと思っているところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は揃って下落でありましたが、前日に大幅下落したNASDAQが、一時は安値を割り込む場面もあったのですが、比較的落ち着いた感じの値動きであったことには一安心といったところでしょうか。

PER100倍以上まで買われている様なハイテク株が多いそうですし、この位の下落は起こり得ることであり、問題ないとも言えるのですが、全体的にもPERは19倍越えでありますので、なかなか先行きを読むのが難しくなってきております。

ただ、一つだけ良いと思うのは、空売り比率が最高水準であり、下落時には買戻しが入りますので、大幅に下落することを防ぐ役割にはなります。

ですから、下げたとしてもあまり極端にはならない可能性があると考えております。

まあ、これを良しとするか、悪とするかは問題で、緩やかな下げが危機意識を遅らせる可能性はあります。

ですから、思ったよりも緩やかな下げでほっとしているところではあるのですが、こんなペースで続落されて、気が付いたら手に負えない値段だった・・・という事には警戒しなくてはならないと考えているところです。

ただ、こうしたじりじりとした下げであれば、そもそも買われていない日本株は逆に資金を集める可能性があろうかと思うところです。

NASDAQの下落が一時的な下げであるならば、上昇に転じた時に高水準の空売りが踏み上げられるので、思ったよりも大きな上昇となる可能性もありますが、どうなるかは観察し続けて行くしかないでしょう。

さて、今日は富士ゼロックスの不正会計がニュースになっておりましたし、数日前は安藤ハザマの領収書の改ざんがニュースになっておりましたね。



その前には東芝の問題もありましたし、好調が伝えられる中の日本企業でありますが、どうもおかしいなと。

株主から利益を求められるが故の事なのかも知れませんが、それにしても不祥事続きです。

まあ、持っていたら酷い目に遭いますが、持っていなければ好機になる事もあります。

例えばですが、東芝は売り叩かれて200円割れまで下落したのですが、220円頃から押し目買いを推奨し、レポート的には既に利食いは済ませましたが、今尚上昇で既に300円を突破しております。

一方ハザマでありますが、これは買いたいとは思っておりません。

理由としては、改ざんの理由は、恐らくは業績が不振になってきているからではないかと思うからです。

結局、基本的に日本政府は緊縮財政であり、公共事業が多くはないのです。

これが日本の景気を悪くしている主因であるのですが、この方針が変わらない限り、ハザマが儲かる構図が見えてきません。

これまではオリンピック需要期待があったので、それなりに相場になってきておりましたが、それも一巡であり、追加の材料がなければ株価は浮き上がれないと判断しているので、これを推奨することはないでしょう。

では、富士ゼロックスはどうなのか?

親会社である富士フィルムは売られておりますが、それ程強烈ではありませんね・・・。

妙味無しという事で、私は見送りです。

しかしまあ、こうして不祥事が連発しますと、株を持っているのが怖くなってしまいますね。

いい加減にして欲しいのですが、利益を求められる企業はこれからもこうした不祥事を続けて行くと思いますし、まだまだ震えて行かなくてはならないのかも知れません。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

NASDAQの下げが気になりますが、今日も東京株式市場は材料株相場という事になりそうですね。

NASDAQが本格的に崩れれば、日経平均も下げがきつくなるでしょうし、材料株もあちこちで急落が見られると思いますが、単に調整で終わるならば、材料株相場は続くという事になるでしょう。

騰がった株ほど下げはきつくなると思いますので、一番影響を受けるのは、現在主役の3825リミックスという事になるでしょう。

既にとんでもない上昇という事になっておりますが、調査の結果、最初に仕掛けを画策して集めていたところは既に抜けている状態だそうで、もはや誰が仕掛けているのかさっぱり分からない状態だそうです。

しかし、現物で50万株単位で買い注文が入ってきたりしているそうですし、どこか大きなところが相場を作っている事は明白だと思います。

何処がやっているのかまでは分かりませんでしたが、分からないからこそ良いのかも知れませんね。

結局、小さな筋がコツコツシャベルで集めて、上手く利食いして大成功!っと、喜んでいたら、実はブルドーザーで大きな筋が全部持って行った。

そんな状態だと思います。



ここまでデカイ相場をやるところですから、そう簡単に調べはつかないですが、調べが付いたからと言ってどうなるってものでもありませんし、今は観察を続ければよいだろうと考えているところです。

リミックスが続いてくれれば、他の材料株も良好な値動きを続けてくれるでしょうし、それこそが私の望みであります。

ちなみにですが、ここまで大きくなると、色々なところが勝手に参戦してきており、所謂全員参加型の仕手株状態になっておりますので、「俺に任せとけ」的な話も出て来ると思います。

しかし、恐らくは誰にも先は読めない状態だと思いますので、下手に乗らない方が良いと思います。

状況からの判断でありますが、取り組む場合は1000円やられる覚悟で1500円を取りに行く。

こんな感じだと思います。

買ったら後はチキンレースであり、情報なんて何も必要ありません。

崖に落ちるのが先か、飛び降りるのが先か、飛び降りたはいいが、結局けがをして終わりだったか、それとも大きな利益を手にしたか・・・。

まあ、要するにギャンブル中のギャンブルであり、見ているだけが良いという事です。

周りに面白い銘柄がいっぱいありますし、そういう銘柄を買って行けばいいと思っているところです。

例えばですが、しばらく前にご紹介した某銘柄3823アクロディアは、本日400円台に乗りそうです。

320円頃のご紹介でしたので、300円割れで売らされていると思いますが、メンバーに関しては押し目買いでコツコツやって来た銘柄です。

騰がるのが分かっていれば、押し目なんて怖くはないし、むしろ喜ばしい場面であるのです。

まあ、買っている銘柄すべてが騰がる訳ではありませんが、こういう銘柄を買っていたら嬉しい利益になるという事です。

とりあえず、400円台に入れば、メンバーも一部利食いをすべきところと思いますし、そうして行って頂く予定です。

お持ちの方が居られれば、メンバー同様に一部利食いもして行ったら良いと思います。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日も化け物3825リミックスの暴騰が続いておりますね。

何処まで行くのかなんて、最初に仕掛けたところも分からないと言いますか、恐らくはもう最初に仕掛けたところは全部利食いして持ってもいないのだと思います。

今の参加者の誰もが予想がつかない状態であろうし、最後は大暴落で幕を閉じるのでしょう。

ビットコインがどうだか知りませんが、明らかに買われ過ぎと言いますか、もはや材料がどうではなくて、騰がるから買う、買うから騰がる。

ただこれだけの状態である事を知って頂ければと思います。

さて、とても推奨は出来ませんが、第二のリミックスになりそうなのが4563アンジェスです。

一応バイオ関連で、それっぽい材料はありそうですが、本当に病気に効くかどうかはどうでもよくて、単に株価に効けば良いだけなので、今回は上手く行ってしまいそうですね。

もう何年も出るぞ、出るぞ、凄いぞ、凄いぞで、確かに何かが出て来るのですが、病気にも株にも効かない材料ばかりでどうにもならないゴミ株だったのですが、今回は何も出ないのに株価だけがどんどん上昇してきております。

リミックス同様に、騰がるから買う、買うから騰がるの状態に至っており、どうしてもリミックスを買ってみたいと思うならば、こちらの方が未だ被害が少なく済みそうですから、リミックスに手を出すならこっちの方が良いだろうと思うところです。

材料が出ると噂されても出てこない状態でここまで来てしまっているので、出た時が出尽し・・・という事もあるので、ちょっと怖さはありますけどね。

そう考えると、出尽くし売りを食らった時が買い場となるのかも知れませんが・・・。

まあ、いずれにしても遊びの範囲でしかできない質の悪い株でありますので、そんな駆け引きは無用かも知れません。

乗った者が勝ち!

これが今のリミックスであり、アンジェスであると思うところです。

もちろん買いは推奨しません。

遊びたいならば、こんな風に考えて遊んでみたらよいのでは、というだけの事です。

単に危ないから手を出すなと言っても、手を出して大けがをするのがオチですからね。

それならば、やるなというよりも、やり方を教えて遊んでもらうのが適切だと思うのです。

遊び方を知っていれば、やられても遊びと割り切れますし、遊びで財産を失う事もないでしょうからね。

さて、こうして相場の世界を見ていると、騰がるかどうかは中身よりも、人気なのだなと改めて思います。

中身のある方が安心なのですが、本当に騰がる株というものは、実は中身はない方が良いとも言えます。



これが相場の難しいところであるのですが、この見極めは何年相場を見続けていても難しいですね。

時折、掴むことも出来るのですが、どうも疑いの方が強くて、なかなか乗り切れません。

リミックスは完全に無理でしたが、アンジェスは暴騰前日に噂は聞いてましたからね・・・。

メンバーにお届けできなかったのは残念でしたが、常にアンテナを張り巡らせ、チャンスを物にしようと努力しておりますので、また次回にご期待頂ければと思うところです。

垂れ流しならばご紹介位出来ましたが、やはりメンバーの不利益は極力排除したいもので、なかなかこのバランスが難しいですね。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日の東京株式市場は、意外なほどにしっかりしてきて日経平均は小幅ながらプラスとなりましたね。

小幅なプラスならば、小幅なマイナスの方がテクニカル的に良いのですけどね。

まあ、テクニカル嫌いの私が言うのも変ですが、私もこの位は見ておりますし、売買方針に多少影響がある事もあります。

「テクニカルだけで投資方針を決める事はないが、参考にはする。」

そんな風に考えて頂ければと思うところです。

ところで、昨日も材料株が賑わっており、なかなかよい一日だったと思うのですが、主役だったのは3825リミックス・・・ではなく、あの銘柄6723ルネサスだったと思います。

リミックスは派手にS高でしたが、今更買えない中身の怪しい銘柄がS高しても、何の役にも立ちませんからね。

一方、こちらはもう誰もが買えるまともな銘柄であります。

知名度もありますし、中身も良いのですから、言う事なしです。

昨日は、S高までは行きませんでしたが、10%を超える上昇であり、私はこれが昨日の主役だったと判断しているところです。

ちなみにですが、先日このブログで予告していた銘柄です。

メンバー各位には、安いところをコツコツ拾って頂いており、昨日は喜びのメールが沢山届けられました。

未だ手仕舞いしていないので、喜ぶのは早いのですが、これだけ短期で上昇すれば嬉しくなります。

配当のない仕手株と違って、安心感がありますし、かなり強めに推奨しておりましたので、多くのメンバーが買っていたと思います。

後は何処で利食いするかでありますが、その辺はメンバー専用情報になります。

いくら話題の株だとしても、買えなくては何の意味もありませんが、私にはこうした銘柄の売買を判断する力があり、こういう投資で失敗することは多くありません。

例えば、先日の6502東芝でありますが、200円近辺で徹底した買いを推奨し、少し時間はかかりましたが、利食いに成功しました。

仕手株も悪くはないのですが、やはりこうした話題の銘柄の投資判断が出来るという事も必要であり、バランスよくやれることこそが、本物の利益につながって行くものだと思います。

さて、今日はまたも政府が乱暴な事をやり始めましたね。

日経新聞一面トップの記事ですが、金融庁は地銀に対して債券の保有を規制するというものでした。

これは、高止まりする債券価格が崩れれば、大変な損失につながるからという事でもあるし、企業融資を増やせという事でもあり、勘ぐって行けば株も買えよという事でもあると思います。

まあ、確かに債券はどうなってもおかしくないでしょう。

今のところ暴落するとは思いませんが、政府の悲願であるインフレに持って行く事が出来れば、当然の如く債券価格は下落するはずですからね・・・。

まあ、米は下落しておりませんので、必ずしも・・・ではあるのですが、下落する可能性は考えておくべきでしょう。

そうなれば、体力のない地銀は窮地に立たされますから、言っている事も分らなくもないです。

しかし、そもそも株の保有に制限を設け、どんどん株を吐き出させて外資に安値で売り渡させた経緯があり、そういうことを考えると、本当に勝手な連中だなと思う次第です。

また、融資を増やせと迫るのは良いのですが、返してくれない奴が増えるのは明らかであります。

融資の焦げ付きに対する罰則を強化したのも金融庁であり、そうした経緯で融資がしぼんだのも事実であり、本当に目先の事ばかりしか考えない場当たり的な連中だなと。

アメリカに言われてやっているのか、本当にそれが国益だと思ってやっているのかは分かりませんが、議員も官僚も全取っ替えする方が日本のためだと思うところです。

という訳でありまして、先行きは本当にどうなる事やらではあるのですが、とにかく株は買っておくべき時だと思っています。

225は目先は500円かそこら下がってもおかしくないとは思いますが、結局は高値を更新して行くのが今の相場だと思います。

強気の相場関係者は少ないですし、個人投資家は相変わらずの売り越し姿勢で、空売りまで入れちゃっています。

そして、外資は引き続き買い越し・・・。

経験上、これで相場が本格的に崩れる事は殆どありません。

日本は豚で、太らされてから食べられるのですが、まだまだ肥え足りないので、まだまだ食われる時ではありません。



今は肥えて肥えて肥えまくれば良いのです。

餌だけしっかり食って、食われる前に脱走すれば良いのですし、その時の判断、脱走経路については、私にお任せいただければと思います。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225の押し目買いを狙っているのですが、どうも弱気な意見が多くなってきておりますね。

総弱気と言ってもよい位で、強気の意見はほぼ見かけなくなりました。

基本的に日経平均は割安状態ですし、買われてもよい状態だと思うのですが、米が利上げでドルに資金が集まりつつも、国債が買われて行くためにドル安となっているのに対し、日本は一段の金融緩和に踏み込める状況でありますので、どう考えても円高の流れなのです。

米も株がどんどん騰がるとなれば、リスクオンとなって債券が売られて株が買われますし、そうなればドル高円安となって行くのですが、ここまで上昇した米国株は全く割安ではありませんし、なかなかそういう状況にはなり難そうです。

まあ、上昇してきた反動で目先はお休みしているだけとも取れますし、これだけ弱気一色になってきますと、一緒に弱気になるのは愚かだろうと思うところではあるのですが、確かに高値圏でありますし、取引は慎重に行わざるを得ませんね。

もし下げるとした場合ですが、中心となるのは日経平均であり、材料株がどこまで巻き込まれるかであるのですが、多くは巻き込まれてしまうでしょう。

ですから、日経平均が急落するとか、大きな変化が出てしまった場合に備えて、無理のない範囲での取引が理想であると言えます。

とりあえず、目先は少し売られても、大きくは売られずに揉み合いに入り、材料株が中心の相場になると見ておりますが、外れる場合も考慮した投資をお勧めしているところです。

気になるのは、3825リミックスポイントのような質の悪い銘柄が暴騰しており、未だに生き続けているところです。

こういう極めて質の悪い銘柄が急騰し、比較的内容が良いところが反応できない相場というのは、正直言ってあまり良い状態ではありません。



まあ、これが何時までも続く訳ではありませんし、再度、質の良い方へ資金は戻ってくるのですが、そうなるまでは待っているより他はありません。

こうした機会に押している銘柄を買って、上昇に備えて仕込んで行けば良いと思うところです。

では、何を買ったらよいのか?となりますが、その辺の情報はメンバー限定になります。

その内、新しい銘柄もこのコーナーで発表したいと思いますが、今日は未だ無理です。

まあ、その内良いのを出して行きますので、非会員の方も楽しみにしておいて頂ければと思います。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

難しく考えようとすると、難しい相場ですが、現実を見れば上昇している訳で、ある意味買っていれば儲かる簡単な相場だとも思います。

個人投資家の多くは売り姿勢であり、買い機運は高まっている様にも思いますが、まだまだ乗り切れていないのが現実でしょう。

買い姿勢の私としては、儲かる相場だとの認識でありますし、まだまだ買える銘柄はあるのですが、流石に方針は慎重気味です。

と言いますのは、何がどうなってもおかしくない相場であり、いずれ必ず大きな揺さぶりか、変化の時が訪れるのです。

ですが、それを恐れてばかりでは投資などできやしません。

テロが頻発しておりますし、米がいつ北朝鮮を攻撃してもおかしくない状況でもありますので、突発的に経済を揺るがすような事が起こる可能性は十分あるのです。

ですから、安心できるような状況ではないのですが、本当に脅威が迫っているのであれば、VIX指数がここまで下落するはずもありません。

リスクを取る事こそがある意味で投資であるのですし、誰もが買いたいと思うような相場の方が怖いとの認識でありますので、そういう意味ではあまり怖くもないかな?とも思いますし、怖さがあるのですが、今は攻めるべき時だろうと思うところであります。

まあ、攻めるにしても攻め方もある訳で、単に攻めれば良いという事でもないのですけどね・・・。

とにかく、世界に溢れたマネーは運用先を探している状態なのです。

米は利上げを続けておりますが、それでも長期金利は上昇しておりませんのは、少しでも利回りが良いところにマネーが向かっており、短期金利を利上げしても、長期国債にマネーが流入しているために、どうしても長期金利が上がらないのです。

結局、債券買いは限界に達しており、先進国で2%を超える利回りが得られないため、運用難に陥っている年金などが、次々に株式へと資金シフトしており、そうした流れが株高を作り出しているのです。

株高に対する怖さはあるのですが、流入している資金の質は悪くないと思いますし、私はこの流れに乗るべきだと考えているところです。

目先は何かしらの混乱が起こる可能性があると見ておりますが、中長期のトレンドでは上昇が優勢であろうと見ているところです。

とりあえず、目先は材料株で良いと思いますので、銘柄を選別して有望な材料株をポートフォリオに加え、利益を目指して行って頂ければよろしいかと思うところです。

ちなみにですが、足元では徐々に回転が利かなくなってきており、地場の証券マンは大分弱気になってきておりますし、みんな強気の相場よりは、ずっとよい感じです。



こういう時こそが買い場か、買い場が近いと思いますので、あくまでも強気の目でこの相場を見て言って頂ければよろしいかと思っているところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

先週の東京株式市場は週末にかけて急上昇となり、日経平均は一気に20000円を超えてきましたね。

先週初めには、SQ位まではもみ合いに入るのではないかと予想していたので、完全に予想外の上昇ではありましたが、基本的には上昇期待の相場であり、下落期待の相場ではないとしておりましたので、この予想外の動きでも被害は出ておりませんし、日経平均が調整しても材料株は賑わうと判断しておりましたので、利益はそれなりに出ている状態にある事は確かだと思います。

20000円到達が急激でありましたし、あのタイミングで相当な踏み上げがあったであろうし、ノックインもあったはずですから、強制的な反対売買が上昇に弾みをつけたのは間違いないところでしょう。

ですから今週は恐らくその反動でもたもたするのではないか?と、考えているところですが、上か下かと聞かれれば、上だろうなとは思います。

ですから、押し目を狙って買って行ったら良いと思いますが、やはり狙うべきは材料株だろうと思うところです。

ちなみに、1日に「一部昇格期待銘柄61●●を買うのも良いと思います」とブログでお伝えしたのですが、あの直前にメンバー向けに推奨していたのは6196ストライクでありました。

その後、金曜日の大引け後に、東証一部、もしくは二部に指定替えするとの発表があり、本日は買い気配スタートとなっております。

予想よりは早い発表でありましたが、良いタイミングでの推奨であり、多くのメンバーから感謝のメールが送られて来ました。

感謝のメールは何度読んでも嬉しいものでありますが、私にはもっとこうしたメールを頂きたいという欲望があります。

また良い情報をお届けしたい!と、読んでは励まされるのですよね・・・。

という訳で、今週もまた何か面白い銘柄が出て来ると思いますし、メンバーは引き続きご期待頂ければと思って居るところです。

さて、本当はもう少し安心して相場をやりたいところなのですが、ロンドンではまたもテロが発生しておりますし、北朝鮮は相変わらず強気の威嚇を続けており、なかなか気が休まりませんね。



まあ、何も問題がない状態で、安心しきっているところでいきなり殴られるよりは、警戒しているところで殴られた方が被害は少ないですからね。

前向きに考えて行けばいいだろうと思っているところです。

常々思うのは、皆やってはいけない事をやるから儲からないのです。

例えば、信用取引ですが、素人が下手にこれに手を出したら大抵は終わりの始まりです。

運が良ければ短期で大幅な利益を手にしますが、普通は全部無くして終わりです。

結局、相場の急変は読み切れない事が多く、材料に対処しなくてはならない事が発生するのですが、そこで対処しきれないのが素人なのです。

大至急逃げなくてはならないのに逃げなかったり、落ち着いて嵐が過ぎ去るのを待てばいいのに待ちきれなかったり、持ちきれなかったり・・・。

対処できる力がないのに信用取引に手を出すのは、殺してくれと言っているのと同義です。

後は分散の仕方です。

せっかく現物の範囲で取引していても、少ない銘柄に資金を集中させて身動きが取れなくなってしまうのです。

持っていれば、結局は利食いできるとしても、その間に他の銘柄がどんどん騰がって行きますから、もう気分は最悪としか言いようがありません。

こうなると精神との闘いであるのですが、そうした無用な戦いを避けるためには、分散が必要になるのです。

一発で儲けたいとかの発想は止めた方が良いです。

しっかり分散して、現物の範囲で無理をせず、的確に行動していれば、多くは儲かるはずです。

正直読みを外すこともありますし、私は絶対の存在ではないのですが、人様に教えられるぐらいの経験と情報は間違いなく持っております。

勝てない・・・と、お悩みの方は是非。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。