早いもので5月も今日で終わりですね。

今月は一気に19500円を突破し、20000円に乗せるかとも思われたのですが、結局は19500円付近から20000円手前までの間での狭い揉み合いの一か月でありました。


日経平均の売買には適さない一か月であったと思いますが、材料株は好調となり、様々な銘柄が急騰しましたし、今尚連騰している銘柄もありますね。

とても手は出ませんが話題になっているのは3825リミックスポイントですね。

ピーチエアがビットコインの決済を導入し、システムに同社の技術を・・・とのことですが、正直ここまで株価が上昇する様な材料とは思いません。

鼻息の荒い兜町の証券マンは「2000円は行く!」なんて事を言っておりましたが、恐らく根拠なんてものは持ち合わせていないのだと思います。

まあ、行くのかも知れませんが、どこかで必ず壊れるのは明白であり、見ているだけが正解なのです。

こういう片道信用の売りが利かない銘柄は、壊れたら大変な事になりますからね。

売りが出来ないが故に、こうした一方的な上昇にもなっている訳ですが、今から買うような銘柄ではない事だけは確かです。

賑わってはおりますが、素人が手を出すような銘柄ではないと思いますし、プロは見ているだけにしていると思うところです。

悔しい銘柄としては、2656ベクターが挙げられます。

韓国製の人気スマホゲームの独占販売権を取得したとのことで暴騰しているのですが、実はこの材料の発表直前まで同社株を推奨しておりました。

同社を取材していたアナリストが、買っておいた方が良いという事で推奨したのですが、出て来たのはBJリーグ絡みのゲームの発表で、これが売れるとは思えず、手仕舞いが妥当としたのですが、その後にこの材料ですからね・・・。

ここまで知っていたのか?

それとも偶然だったのか?

解き明かしてはならない謎なので、このまま解き明かさずに行こうと思っておりますが、こういう話をしてくれるアナリストとは仲良くして行かなくてはならないなと、改めて心に刻むことにしましたし、また面白い銘柄が出て来るだろうと期待しているところでありました。

嬉しい推奨銘柄もありこれもビットコイン関連ではあるのですが、とにかく中身がとても良いのです。

嬉しい推奨銘柄は人気ブログランキング内の当ブログ紹介文中に載せてあります。 → 


元金融庁の五味氏を取締役に迎えており、将来の販路に期待が高いと判断しておりまして、しつこく押し目を拾う様に推奨していた銘柄でした。

キツイ局面が続いていたのですが、上昇場面がどこかで必ず来ると睨んでおり、こうして急騰してくれまして、本当に嬉しく思っているところでありました。

この他にも、楽しみな銘柄がありますし、これからも色々出て来るものと思います。

日経平均は、しばし揉み合いとなりそうですし、当面は材料株でしょうね。

6月は材料株でよい取り引きが出来ると思いますので、ご興味のある方は6月のお供にS氏の相場観を選択して頂ければと願っているところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日は若干ではありますが、円高に振れ始めており、日経平均はこの動きに反応して売られて100円近い下げになっておりますね。

この程度の下げならば、材料株が賑わっていても良さそうですが、材料株も一緒にお休みの状態です。

まあ、材料株は先週よい感じで賑わっておりましたから、その反動でのお休みと言ったところであり、特別気にする程の事ではないと思いますし、こうして安いところは買って行けばいいだろうと考えているところです。

株は買ったところより上がらなければ利益にならないのですし、流れの中に下げの場面は必ず出て来るので、ここで買って行く様にすればいいのです。

どうしても、上げだすと買いたくなるし、下げだすと怖くなるものですが、利益を出したいのであれば、基本的にはこの逆をやらなくてはならないのです。

下げの局面は見逃さない様にして行きましょう。

ただ、やはりいくら押し目を拾うと言いましても、拾うべき押し目と、そうではない押し目があるのも事実です。

騰がる可能性が高い銘柄の押し目は買いですが、下げに転じた銘柄の押し目では押し目も何も・・・という結果になり兼ねません。

ただ、時間はかかっても必ず騰がると確信が得られるような業務内容であるとか、業績であるとか、何か光るものがあるならば、予想外に長期化しても信念を持ち続けた方が良い例もあります。

まあ、全ては時と場合による訳で、その判断は非常に難しいと言えますが、その辺の見極めが出来れば、利益を得る可能性は更に高まると言えるでしょう。

さて、ここのところ賑わいを見せているのがビットコイン関連株ですね。

ピーチエアがビットコインで決済できるサービスを導入と発表し、3825リミックスポイントが決済サービスで提携と発表して急騰し、一体どこまで上昇するのやらでありますが、このビットコインとやらは一体どうなって行くのでしょうか。

値動きを見ると、この1年で価格が倍増したということですから、これはもうとんでもない急騰ぶりです。

ドル円で考えれば、1ドル100円だったものが、一年で1ドル200円になるのと一緒ですからね。

普通に考えて、通貨でこうした激しい値動きが出れば社会はぶっ壊れてしまいます。

ですから、こうした激しい動きが出ようとすれば、政府はそれを抑えようとしたりするのですが、ビットコインにはそうした政府機能はありません。

乱暴に言ってしまえば「誰でも簡単に売買できる野放しの投機商品」と言ったところであります。



値上がりしている内はワイワイお祭り騒ぎで良いのですが、必ずどこかで壊れますからね・・・。

壊れるまでの間に楽しむなら良いのですが、どうもこうして一通貨として市民権を得て、あたかも善良な市民の如く振る舞って行く姿には違和感を感じます。

善良な振りをしていても、必ずどこかで凶悪な犯罪を犯すし、それが行われても、誰も裁けないという悲惨な状態であるのですからね。

とりあえず、中国人が元を海外に持ち出す手段として、どんどんビットコインを買っている様で、それに日本人も乗っかっている状態で、まともな状態だとは思えませんが、中国の元流出が止まるまでは値上がりは続くのだろうと思います。

しかし、中国はある日突然と強力な規制をしてくる国であり、お祭り騒ぎも突然と終わりを迎えます。

いつどこでどうなるかは分かりませんが、相当覚悟して遊んだほうが良いと思うところですし、こんなもので遊ぶならば、普通に株で遊んだほうがいいだろうと思うところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日は朝から北朝鮮のミサイル発射に絡んだ報道ばかりで、見る価値も無いような番組ばかりですね。

G7で危機を共有しようが、経済制裁を強化しようが、それに屈する北ではないと言ったところでしょうか。



結局、中国も圧力に合意はしていても、統制が利かなくなっている北部戦区と呼ばれる北朝鮮に隣接する巨大な地域が北とガッチリ結びついているので、いくら習近平が圧力をかけても北は平気でありますし、それに加えてロシアまで近づいて、関係が深化してきておりますからね・・・。

もはや攻撃して潰すしかない状態ですが、攻撃すればロシアや中国の北部戦区が敵対する可能性があり、小国だけの問題ではなくなりそうです。

おそらく、金正恩はその辺の事を十分に承知しているのでしょう。

そもそも、習近平も本当にやる気があるのかどうかも疑わしいです。

恐らくは、トランプから北朝鮮を抑え込めれば、貿易について考慮する様な提案があったと思いますし、その餌に食いついたのではないのかな?とは思うところであるのですが、そもそも米が一番気に入らないと思われるのは、南シナ海での無人島埋め立てです。

中国がこの件で折れるはずがないですし、これも強引に解決しなくてはならない可能性のある事案なのですが、これを棚上げして米中が一致して北へ圧力?

どうも説得力がないのですよね・・・。

まあ、こうした問題があるので、そう簡単に米中が連携するとは思えませんし、そういう意味では少し安心だと思いますが、日本もどうなるか分らない部分は多くなったと思うところです。

と言いますのは、例えば自由貿易を標榜する日本は、既に自由貿易で疲れ果てた米国に対してTPPに参加する様に促している様ですが、トランプが大統領であり続ける限りは米が参加する訳がありません。

色々方針を転換してきているところではありますが、こればかりは譲らないと思います。

おまけに、どう考えてもリーダーは米であり、日本ではないのです。

そこへ、やらないと宣言しているトランプに対して、安倍首相がTPP・TPPと言うのですから、トランプはけむたがっていると思います。

G7の後に日米首脳会談がありましたが、北朝鮮への圧力では合意して、固く握手はしたように思えますが、手を放した後のトランプの表情は、相当固いように見えました。

映像が短く、しっかり確認できておりませんが、あまり心情穏やかではない様に見えましたし、その原因はTPPだと思うところです。

今後がどうなるか不安な材料でありますが、今は見守っているしかなさそうです。

さて、週明けの東京株式市場は軟調なスタートですね。

上値を取ってもおかしくはないのですが、為替に大きな変化がありませんし、しばし揉み合いとなりそうな気配が濃厚ですね。

ただ、ここのところ騰落レシオが警戒水準を突破して160台に乗っておりましたし、こうしたお休みはあって当然ですし、あった方が良いと思いながら見ているところでした。

また、軟調ながらも材料株はそこそこよい感じですし、こうして資金が循環して行くのは良い事だと思うところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は強くなっておりますが、これはトランプ大統領のロシアゲート問題が収束に向かっている証だと思います。

ロシアゲートが一番の問題でしたから、これが何とかなるのであれば、株価は高値に向かって当然とも言えます。

ですから、昨日は原油安の影響が出るかと思って見ていたのですが、その影響よりも問題収束の方が勝ったという事なのだと思います。

次なる問題は、安倍首相の加計学園問題ですが、これも収束に向かうような気がします。

昨日は元事務次官が記者会見を開き、総理のご意向などとする文書が存在するなどとして注目を浴びておりましたが、問題はそこではないと思うのです。

要は、安倍氏が直接文書で命令したとか、指示した時の録音データがあるだとか、何かをやらせてカネを受け取り、領収書もあるだとか、何かしらの物的証拠がなければ話にならないのです。

文書なんてものは、それこそ偽造でも何でもできますし、この程度では正直言って証拠不十分でしょう。

野党に力があれば、徹底的に追及して総辞職まで追い込める材料だとは思いますが、今の彼らに力はありませんし、まあここまでだろうと思うところです。

証人喚問も与党が認めなければそれまでですし、正直多くの国民はこの件にあまり関心を抱いている様に思いません。

要は、政治家とは選挙で勝てるかどうかだけの生き物でありますから、証人喚問をやらなければ国民が納得しないとなれば、それはやるだろうとは思いますが、関心が低い状態でケツに火をつけられるような事はやらないでしょう。

メディアは問題だと騒ぎながらニュースで取り上げておりますが、元事務次官まで出てきてこの程度の話では、もはや勝負ありと思うところです。

何度も書いておりますが、個人的には安倍氏はあまり好きではありませんし、日本のためにはならない首相だと思いますので、擁護するつもりは全くありません。

しかし、外交については歴代首相の中ではトップクラスだろうと思いますし、評価ゼロの訳ではありません。

一言で言えば「こんなくだらない事で相場が荒らされるのはごめん被りたい」

こんなところです。

さて、今週から投資判断を全体的に引き上げており、メンバー各位には株は強気で買って行くようにとお勧めしているところです。

ちなみに、昨日ご紹介した推奨銘柄(2372アイロム)ですが、材料噴出で高く寄った後にもたもたしておりました。

今後どのようになって行くのかが気になる方は、メンバー専用情報をご覧ください。

きっと、良い結果へと導いて行けるだろうと思いますので、情報に期待して頂ければと思います。

今は買いなのか?

売り場は何処なのか?

私の予想をしっかりとお伝えいたしますので、それに沿って売買して頂ければ良い結果に結びつくと思います。



とにかく、今は日経平均がしっかりしておりますし、材料株も賑わいがあって良い相場だと思います。

いつまでもこんな好環境が続くとは思いませんが、相変わらず個人は目立って買ってきませんし、外資の買い越し姿勢に変わりもありません。

信託は買いに転じ始めておりますし、しばし下げる要素は見つからないなと。

とにかく、稼げるうちに稼いで行って頂ければと考えているところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

騰落レシオが164まで上昇しており、どう考えても過熱状態・・・とは思わないのが私で、その理由はメンバー限定になります。

さて、材料株相場になるとして、材料株を強気で推奨して来たのですが、完全に材料株相場の様相となっておりますね。

その結果として騰落レシオが上昇しているので、逆に言えば騰落レシオの上昇が、材料株相場である事を証明しているという事にもなります。

日経平均の売買も良いのですが、やばり材料株相場は材料株で勝負するのがお勧めで、急騰する可能性のある銘柄を幅広く拾って行くのがお勧めです。

例えばですが、昨日メンバーにご紹介した推奨銘柄(2372アイロム)はIPS細胞絡みの好材料が発表されて、朝から買い気配となっております。

この他にも色々あるのですが、とにかく材料株が面白い!

そう思う相場環境であり、多くの投資家の皆さまにも、こうした相場を味わってもらいたいなと考えているところです。

さて、株の方はまあ問題ないだろうと考えているのですが、一番懸念しているのは、やはり政治の問題です。

トランプ大統領の方、もしかしたら少し落ち着いたかな?と思うところですが、安倍首相の方はどうなのでしょうね・・・。

所謂加計学園問題でありますが、事実かどうかは別として、官僚が首相に不利になるような記録を残すでしょうか。

別に安倍さんをかばうつもりはありませんが、一応選挙で選ばれた人ですからね。

それを、国民の監視を受けない公務員が進退に影響する様な事を画策しているとすれば、これは問題であると言えます。

こうして問題になってから資料が出て来ただとか、そんな事の方がおかしくて、最初からそんな事が行われていたのであれば、最初から資料を出すべきであるし、問題になる前から公開しておくべき資料だと思うのですけどね。

まあ、何にしてもこうした問題は少なからず株価に影響を与えますので、本当に勘弁してほしいの一言です。

人手が足りないと言えば、自助努力をせずに安易に移民受け入れに動く首相ですからね・・・。

まあ、企業にとっては安い労働力が得られて嬉しいのでしょうけれども、これが賃金上昇に歯止めをかけているのですから、国民は怒って然るべきなのですが、多分この愚かな政策の問題の本質には気付いていないのでしょう。

対する野党はこうした問題を追及して行かなくてはならない立場だと思うのですが、彼らは彼らでなぜか日本人よりも外国人を保護するのが好きで、せっせと生活保護などで保護して医療費や生活費をジャンジャン垂れ流しておりますからね・・・。

もはや日本は右も左も売国集団なので、一度ぶっ壊さないと話にならないような状態なのだと思います。



正しい事を考え、そして実行できる人が政治を執り行い、腐った官僚を切り捨てて、真に日本を再生させてほしいと願っているところですが、更に壊されるまでは多くの国民は気付くこともなく食い荒らされて行くのだと思います。

本当に酷い事ばかりでありますが、我々はせめて材料株で利益を出して、自分たちだけでも消費を増やして世に貢献して行きたいものですね。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

日経平均は堅調な上昇となっておりますし、材料株もまた堅調な値動きで、好スタートとなっている今日の東京株式市場です。

先週は突如としてトランプ問題が先鋭化し、VIX指数が跳ね上がり、株価は急落という事になり、流石に少し余裕を持たせて様子を見るようにとしていたのですが、心配し過ぎだったような感じですね。

トランプ大統領というのは異例ずくめであり、本当に何がどうなるのかが読み難いですね。

昨日も予算教書が発表された訳ですが、普通はどう考えても大統領自身が執り行うべきものであり、今まではそうされてきたと思いますが、外遊中で代役に任せての発表でありましたからね。

本当にどこまでやる気があるのか・・・。

まあ、今は外交の方が大事なのかも知れませんし、こだわる必要はないと思うのですが、それでもこうした異例が続くと「次は何だ!?」と、身構えてしまいます。

面倒な大統領だなと思うところですが、低支持率である事は確かだと思いますし、この支持率を回復させるためには、約束通り3%の経済成長を実現させるか、戦争を始めるより他は無いでしょう。

相手はもちろん北朝鮮であろうと思いますし、そうなった場合の韓国の被害は甚大でしょうし、日本もまた被害が出るでしょう。

北は攻めてくるというよりも、ミサイルや砲弾で攻撃してくる事が主であろう事が予想できますが、これを自衛隊の能力だけで防ぎきれるでしょうか?

敵は、日本には攻撃能力が少ないと見ている節もありますし、日本としても、いい加減に自衛隊を軍と認めて攻撃能力も持たせておくべきと思うところです。

名前は自衛隊としていても良いと思いますが、軍と明記しておかないと、国際法上も色々と面倒だと思うのです。

海外派遣の最中に戦闘に巻き込まれ、反撃した弾が一般人に命中したとします。

軍であれば他国の軍人を裁く権利はないのですが、自衛隊員は軍隊ではないので、基本的には殺人罪で裁かれてしまいますからね・・・。



中国や韓国に何を言われようが、自国を守る軍は必要であるし、それは法律でしっかりと守られたものでなくては、自衛隊に従事する人たちに申し訳ないのです。

相変わらず野党はギャーギャーやっていますが、これ以上、北を野放しにしないためにも、必要な法律はさっさと通して欲しいものです。

こう言う問題を放置しているので、また北はミサイルを飛ばしてきたりするでしょうし、日本でもテロが起こる危険性は否定できない段階に来ておりますので、何処でどう横やりが入るか分かりませんが、とにかく売るよりは買った方が儲かる相場だと思います。

無理はいけませんが、買っとけば儲かると思いますし、引き続き強気で相場を見て行けばいいだろうと考えているところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

日経平均はしっかりした状態ですし、材料株が賑わっておりますので、私としては非常にやりやすい相場になって嬉しい限りですが、相変わらず北朝鮮が挑発的であり、本当に腹立たしいですね。

ただ、腹立たしいだけでは済まない状況になってきているのは確かで、彼らのミサイルは着実に性能が強化されており、もはや大気圏外から爆撃する技術も手に入れてしまっている状態です。

これに核弾頭と言わず、サリンやVXなどを積んで攻撃すれば、攻撃された方は大打撃である事間違いなしです。

高い金を出して米から買った迎撃ミサイルも、大気圏外からの攻撃には対応できない様ですし、これはもう本格的に不味い状況だと言わざるを得ません。

中国は中国でまたも邦人を言いがかりで拘束したようですし、本当に隣国はろくでもない国ばかりです。

怒るべき時は怒った方が良いのではないか?



大人しくばかりしていても、奪われるだけ・・・。

それが今の日本ではないか。

どうもそんな気がしてならないのですけどね。

国内に目を向ければ加計学園問題で安倍首相が追い詰められて行っておりますし、政治は本当にどうなるのか不安ですが、今はこの辺には目をつぶって買うべき銘柄を買って行けばいいだろうと考えているところです。

今は儲けるには良い時だと思いますし、ここを逃す手はないと考えているところです。

例えば、ちょっとパワーが足りない様ですが、高値更新へと向けてじりじり上昇しているのが3799キーウェアです。

何度か取り上げておりますが、こういう銘柄が更に上昇して行く様な相場だと思っております。

また、正式に推奨まではしなかったものの、環境がこれ以上悪化しないならば買いとした注目銘柄6199セラクは、昨日になって大幅に上昇して来ました。

買っていたメンバーも居られた様で、何よりと思っているところですが、これらの銘柄には共通した材料があります。

そして、その流れは他の銘柄にも・・・。

という事で推奨している銘柄もあります。

まあ、いずれ発表して行きますので、楽しみにして頂ければと思います。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

先週の東京株式市場は日経平均が20000円まであと一歩のところで反落し、その後はトランプリスクが急速に拡大して19500円割れまで売り込まれました。

大分メディアの煽りがあり、単にロシアゲートだとか、弾劾手続きが行われる位の話ならば、私も特に気にすることはなかったのですが、FBI長官をクビにしたのは流石にまずいのではないか・・・と判断し、様子見としました。

しかし、結局のところ、トランプ氏が弾劾されたとしても、副大統領が大統領となるだけですし、基本的な政治方針は変わらないのです。

ちょっと下品なトランプ氏よりも、ペンス氏の方が大統領っぽいとも言えますし、もはや弾劾は気にするような材料ではなくなったとも言えそうです。

ところで、今回のトランプ騒ぎで危機感を持った投資家は私以外にも相当居た様ですが、多くの投資家は私とは異なる行動を取った様です。

と言いますのは、私は「余裕を持たせて様子を見てください」としたのですが、多くの投資家は下落で儲かる225ベアを大量に買った様です。

この結果、ETFベアの買い残が過去最高レベルとなった様ですが、これは225先物を空売りしたのと同じです。

このまま下がれば大勝ちですが、騰がりだしたら買い戻さなくてはなりませんし、相当な買い勢力となる可能性は高いと言えます。

先週もレポートしましたが、外資が買い越しを続け、個人が売り越しを続ける相場で売りは無いのです。

確かに目先はリスクが高まっておりましたし、比較的強気派の私も様子見が適当と判断したのですが、間違っても売りではないとしておりましたし、押したとしても買いに行ければいいだけであり、その下げで下手に利益を得ようとしてはいけないとしていたのは、こうした事が起こり得る相場だったからであります。

正直言って、今の相場でETFベアを買うなんてことは、どう考えても選択肢としてあり得ません。

個人レベルでそうした判断をしてしまったのであれば、それは仕方がないなとも思いますが、プロがそうした判断をしていたとすれば、それは大変な間違いであると言えます。

空売りは、どうしても買いでは取れないし、下げが長期化すると確信できる時以外にはすべきではない取引であると思うところです。

どれ程の買戻しが発生するかは分かりませんが、今週は上を目指す展開が予想されますので、早速上昇に備えて行きたいところですね。

さて、そうは言っても気になるのは北朝鮮ですね。

昨日もミサイルを飛ばしてきましたし、現時点で攻撃するつもりはないとしても、どんどん技術を高めておりますし、その内核弾頭も完成させて、更に強気な外交を展開してくる可能性がありそうです。

まあ、正直言って核弾頭は開発するより買った方が安いですし、ロシアには余っていますからね・・・。

そう考えますと、ミサイル実験だけすれば十分とも言えます。

ところで、安倍首相は平和的解決に向けて・・・などと言っておりましたが、経済制裁というものは平和的なのでしょうかね?

武力行使以外は平和的であるというのであれば、そうなのかも知れませんが、経済制裁が平和的であるとは言えないのではないかと思うところですし、もっとはっきりと感情も込めて非難しても良いと思うのですけどね。

TPPは米抜きで11カ国で実行し、米にも働き掛けるとか石原氏が言っていましたが、早速米は反論して来ましたし、米はトランプ大統領がやらないと宣言しているのに、戻ってくる訳がありません。

こんなことをやっていると、日本が受注する可能性が高いと思っている米国新幹線もどうなるか分かりません。



敵対するのは、間違いなく中国新幹線ですからね。

中国新幹線は、JR東海から盗んだ技術で作られているものであり、日本の新幹線とほとんど変わりがありませんが、値段は日本の半分で出来るそうですからね。

現時点ではやれそうもない中国による北朝鮮への抑圧ですが、北朝鮮を旨く抑圧して大人しくさせる事が出来たならば、これはもう新幹線は中国に取られる可能性が高いと思っても良いかも知れません。

北朝鮮は中国に任せるなんて、悠長なことをやっていると、日本はもっと大事なものを失う可能性がある事を知るべきだと思うところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

なかなか面倒な相場ですね。

最大の懸念は、やはりトランプ大統領が弾劾されるのではないか?

というところでありますが、これに加えて安倍首相が口利き問題で解散に追い込まれるのではないか?

といったところもあり、こういう話は経済とはまた違うところにあるために、本当に読み難いのです。

分かる人間などほとんど居ないと思いますが、とにかくこういう問題が一番厄介であり、外資は政治リスクを嫌うのですが、こうして見ていると、その理由がよく分かりますね。

結果が分からないものは投資の大敵ですからね。

これらの問題さえなければ「買い」で間違いない相場なのですが、本当に迷惑極まりない話です。

ところで、くだらないニュースが色々ありますが、最近気になっているのは豊洲移転問題です。

確かにベンゼンが出ただとか、シアンが出ただとか、穏やかではないところでありますが、地下水を飲む訳ではありませんし、溜まった地下水は排水するなり、換気するなりすればいいだけであると思うのですけどね・・・。

現在の築地市場は、ネズミ、カラス、鳩、カモメ、ゴキブリ・・・と、まあ風情はあろうかと思いますが、食の安全に関してはよほど酷いかなと。

見えない化学物質は怖いとも言えますが、これらの生き物は見えない菌やらウイルスやらを運んできますからね。

そもそも豊洲市場の建物はカネをかけ過ぎだとか、構造がおかしいだとか、色々問題はあろうかと思いますが、作ってしまったものは仕方がないし、そういう事をさせた議員が悪いし、監督できない様な議員を選んだ都民が悪いのです。

放射性汚染水とは訳が違うのですし、ギャーギャーやっていないで、さっさと移転した方が身のためでしょう。

移転せずに税金をこれ以上垂れ流す必要もないし、食の安全をこれ以上ないがしろにするのはどうかと思うところです。

もはや問題を投げかけた小池百合子都知事にも収拾不能になっているのかも知れませんが、ここまで問題を長引かせ、税金を垂れ流しにしている小池氏の責任問題に発展してもおかしくないと思うところです。



どこもかしこも政治問題で嫌になりますが、それでも必ず落ち着く時が来ます。

基本的に株は割安水準にまで売られておりますし、安いところでは強気で良いのです。

ただし、目先はちょっと分かりません。

今日明日の取引をするならば、絶対に休むべきところです。

まあ、今日明日は良いんだ!となれば、買って行って良いと思いますし、買って行って良い銘柄はメンバー向けレポートでお届けしておりますので、そちらを参考にして頂ければと思います。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

トランプ大統領は一体どうなっているのか・・・。

大抵の悪材料は先行きを読んで行動できるのですが、この件に関しては本当に難しく、現時点では予想が立てられておりません。

オバマケア代替え法案であったり、大型減税であったり、大規模インフラ投資であったりと、様々な目玉政策があったのですが、どれも実現にまではこぎ着けておりません。

特に減税に関しては、そもそも無理であったのでは?とする意見も多く、それ程期待している訳ではないとも言えますが、これらの政策に対する期待でここまで米国株が買われてきたのは事実であり、このままトランプ大統領が辞任や弾劾に追い込まれるようですと、株価へのダメージは相当なものとなるでしょう。

ただ、副大統領のペンス氏はトランプ氏よりはしっかりしているのは間違いないと思いますし、政権を引き継いで修正を加えてくれれば、株価は更に上昇する事になろうかと思うところです。



ですから、すんなりトランプ氏が身を引いてくれれば話は意外と簡単なのですが、とにかく彼はしつこそうですから、粘りに粘ってぐちゃぐちゃになるか、粘り勝ちとなるのか・・・。

この辺がよく分からないのです。

まあ、とにかく言えるのは、FBI長官をクビにしたのは不味かったのではないかと。

何か問題がある人物で・・・という事ならば、それはまあ分からなくもない話ですが、このタイミングでやれば突かれるのは避けられませんし、そんな事も分からないのか?とも思うのですけどね。

やはり、政治経験のない人間を大統領にしてしまった米国民の罪は重いのかなと思っているところです。

基本的に掲げている政策に間違いはないのですが、様々な既得権益を破壊しなくてはならないでしょうし、簡単なはずはないのです。

既得権益を破壊されたくないところからすれば、トランプは邪魔でしょうし、このごたごたの裏には何かがあるのかも知れませんが、いずれにしても今のトランプ大統領の行いは評価され難いと思うところです。

これに加え、日本では安倍首相がピンチで、解散総選挙に追い込まれてもおかしくない状況になりつつあります。

ヒラリー応援で失敗したものの、上手くトランプ氏に気に入られたのですが、ここへ来てトランプ氏への逆風増大ですからね・・・。

外交は確かに上手いと思う安倍首相ですが、内政に関しては酷いの一言であり、そろそろ潮時ではなかろうかとは思っていたところですが、それにしてもこのタイミングでかな・・・と。

事あるごとに消費税を10%にとか言ってる麻生氏であるとか、正直顔も見たくない様な政権ですから、交代で良いとは思うのですが、問題は誰に?

そして、何処に任せれば、良い方向に動くのでしょうか?

結局、消去法で自民党しかないのでしょうが、誰かまともな人は居るのでしょうかね・・・。

まあ、今の政治家では誰にやらせても、結果は同じかも知れませんけどね。

本当に先行きが見えにくい状態になってしまっておりますが、見えない時は見えるまで静かに観察していれば良いと思います。

分らない時に無理をしてはいけない。

これが株式投資の鉄則だと思います。

どこかでは必ず予測できる時が来ますので、それまでは少し静かにしていましょう。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

相場は「Sell in May」にはなっておりませんが「Buy in May」にもなっておりませんね・・・。

「ここまで上値が重いのは何故だ!?」と、色々考えていたのですが、とりあえず言えるのは、急激に上昇して来たので調整が必要だという事です。

ただ、騰がると直ぐに利食いを出す個人投資家は、ここ数週間売り越し姿勢でありますし、上値を抑える程の勢力ではないと見ており、どうも説得力には欠けるな・・・と、考えていたところに出て来た事実が年金資金の売り越し姿勢でありました。

信託は売ってきてるなとは思っていたのですが、年金が中心に割高になった銘柄にどんどん売りが出されている様で、これが上値を抑える原因になっている様です。

これまで買ってきたのは外資と日銀でありますが、ここのところの相場上昇で日銀は先月18日から今日までで買い出動したのは1回のみです。

となれば、やはり外資主導という事になるのですが、何度も書いてきている通り、個人が売って外資が買っている相場で上昇しない事は殆どありません。

何処で利食いするつもりなのかは分かりませんが、まだ強気で居ていいだろうなと思うところです。

とりあえず、年金はここで売っていると言っても、空売りをしている訳ではありませんし、下げればまた買ってくるのです。

大幅な上昇は、しばしお預けかも知れませんが、弱気になるような場面ではないと思いますし、こういう相場では材料株が動いてきますので、材料株に期待して行けばいいだろうと考えているところです。

さて、ちょっと驚いたのはここのところのサイバー攻撃騒ぎの根源は北朝鮮だったようですね。




それ程ハイテクに詳しい訳ではないのですが、恐らくこうしたサイバー攻撃というのは、大抵の先進国や新興国でもやれることなのです。

ただ、やったら大変な事になるからやらないだけで、北の様に国がハッカーを育成し、更には保護している国だからこそできるという事になるでしょう。

この事件から思うのは、ロシアにしろ、アメリカにしろ、本気で戦争だとなれば簡単にサイバー攻撃もするのだろうなという事です。

しかし、この北朝鮮という国は本当に迷惑ですね。

ミサイル発射にしろ、核開発にしろ、もはや日本人の生命を脅かす存在であり、行いを正さないのであれば力づくでも止めなくてはならない段階かと思うところです。

中国に止める力はなさそうですし、日本もしっかり考えて行かなくてはならないと思うところでありますが、報道は相変わらず森友を引っ張っていますし、今日は仕方がないとも言えますが、朝からずーっと眞子様婚約ですからね。

めでたいと思いますが、メディアの姿勢はやりすぎの一言ですし、もっと伝えるべきものがあるだろうにとしか言いようがありません。

相変わらずのマスコミの姿には辟易でありますが、朝から金正恩や朝鮮中央テレビの垂れ流しよりはマシでしょうかね。

さて、やはり材料株が面白そうですね。

高くなっている銘柄を無理に追いかけたくはないですが、更に買われると思えば、ちょっとぐらい高くても買わなくてはならない時もあります。

ご紹介している注目銘柄3799キーウェアですが、今日は反発しておりますが、小幅安の内に買っておいた方が良いだろうと考えているところでした。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

なかなか強い相場ですね。まずはランキングをご覧ください。

上昇の予想はしていたものの、目先は調整せざるを得ないだろうなと判断していたのですが、目立った下げにもなりそうもありませんし、今日は再度の20000円への挑戦となりそうですね。

20000円に到達したからどうという事もないのですが、気分的には良い事間違いなしです。

高値不安も出て来ると思いますが、今は上と見て行動して行ったら良いと思うところです。

ただ、高くなっている銘柄に関しては取り組み方が難しいので、やはりこれから買われるであろう銘柄を買って行くのがお勧めです。

経験上、高くなっている銘柄を無理に追いかけて、たとえ目先上手く行ったとしても、最終的には反動で一気にやられることが多いものです。

買いたい銘柄は色々あるのですが、とにかく大事なのは「何処で売ろうか?」ではなく「何処で買おうか?」と相場を見る事です。

いずれ、相場も売り時を迎えるとは思いますが、今はあくまでも買いの目で見る事が大事なのです。

4月は予想外の下落がありましたが、ご存じの通り、強気対応して来ましたので、それが今になって利益につながってきているのです。

目先というのは、どうしても予想外の事が起こりますが、そうした場面で、変化と見れば、ロスカットする必要があるでしょうし、目先だけの事と見れば、何としてでも買いに行くべき押し目という事になります。

この判断が出来るかどうかが勝敗を分ける事は言うまでもないでしょう。

個別でも同じことが言えますが、例えば話題の6502東芝はどうでしょうか?

既に推奨は終了しましたが、私は220円辺りで買い場であると判断し、200円前後まで買い下がって行く事を指示しました。

そして、今日は新たにと言いますか、継続の材料であると思うのですが、米WD社が再建に必要な東芝の半導体部門売却に待ったをかけてきました。

この売却が出来ないと東芝は債務超過確定でありますので、流石に上場維持は難しくなると言えます。

結局、上場を維持するためだけに稼ぎ頭の半導体部門売却でありますから、酷いと言えば酷いのですが、そもそもこれらの原因となったのは、米WH社の不正会計問題です。

WH社は、最初から東芝を騙すつもりだったのだと思いますし、上手く騙すことが出来たという事になるのでしょう。

一番の悪人はWH社であり、そんな会社を存続させていた米であるとも言えますが、騙された東芝にも当然落ち度があるでしょう。

ソフトバンクの孫社長なら、こんな騙しには絶対に引っかからなかっただろうなと思いますが、脇の甘いサラリーマン社長だからこそ起こったことなのだと思います。




東芝の創業者であるとか、創業一族であるならば、この程度の詐欺には引っかからなかったのではないかなと。

まあ、全ては後の祭りですし、これは違う意味での「買い」の目が必要でしたね。

一般的には、あまり詐欺としての認識はないと思いますが、WH社の不正会計は、最初から仕組まれた可能性が高いと思いますし、さらに勘ぐれば、こうした半導体の売却までもが計算された可能性すらあると思います。

とにかくこうした事件に巻き込まれない様に注意して行きたいものですね。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

企業業績から見れば、もはや日経平均は20000円を超えてもおかしくないところであるのですが、余計な事が起こってきておりまして、またもやお預けかな・・・と思いながらこの相場を見ているところでした。

余計な事というのは、もちろん北朝鮮の弾道ミサイル発射です。

ロシア側に飛ばしている事から、ロシアには了解済みなのだろうなと思いますし、日本海やら日本を飛び越えて太平洋という事ではないので、形的には「俺の話を聞け!」なのだろうと思います。

この程度の事に本気で武力で応える必要はないと思うのですが、トランプ氏はFBI長官を解任したことによって追い詰められつつあり、アメリカ人はこうした行動に対して武力行使することを好みますから、トランプ大統領が自身への批判をかわすネタにするのではないかと、流石に不安に思うところです。



まあ、現時点ではそこまでではないと思いますし、流石にこの程度では踏みとどまると思いますが、調子に乗り過ぎれば痛手となる可能性はありそうですので、基本は買いで良いと判断しているところですが、やり過ぎないように注意して行った方が良いとも思っているところです。

企業業績的には上を見ていて良いと思いますし、こうした悪材料も買い場提供の一つでしかないと思うのですけどね・・・。

また、今日の日経平均は円高の影響もあって下げて始まると思われますが、材料株は意外としっかりしてそうな感じがします。

全てがとは行きませんが、今日もそれなりに良い銘柄が出て来ると思いますし、そうした動きになると思われる銘柄を買って行く事が大事だと思います。

225は買い難いですが、材料株ならば、買って行って良いと思っているところです。

例えば、特殊事情で売られたような銘柄は買っておくべきだと思います。

先日、増資を予定しているとして売られた銘柄がありますが、正直この反応は愚かだと思います。

確かに増資をすれば一株利益は減少しますから、分らなくもない話ではあるのですが、最近の投資家は増資の本質をあまり深く考えていない様です。

大事なのは「何処が?何のために?」であり、結果として現れる一株利益の減少は、その後の期待値で十分賄える事が多いのです。

確かにカネだけを目的としていて、単に社長が遊ぶ金が欲しいという増資もありますからね・・・。

ただ、こうした質の悪い増資は、引き受けるところも質が悪いので、逆に株価はいじくってきますので、暴騰したりもします。

こういうところの方がよほど質が悪いと言わざるを得ませんし、敬遠されるならば話も分かるというものですが、まともなところが行う、まともな増資に関しては、売る材料にはならないと思っているところです。

ですから、こうした愚かな反応で売られた銘柄は、美味しいと思いながら買って行けば良いのです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

5月SQを迎えた今日でありますが、これまでのところ株価はしっかりであり「Sell in May」ではなく、やはり「Buy in May」になっておりますね。

引き続き期待と不安が入り乱れており、強気一辺倒でもなければ、弱気一辺倒でもない、なかなかバランスの良い相場環境だと思っています。

ただ、主体別売買動向を観ますと、大分いびつですね。

外資は5週連続で買い越し、個人は4週連続売り越しで、売り越し姿勢は上昇と共に強まっております。

まあ、先週は少し弱まっておりますが、先々週の大幅売り越しは、やはり「Sell in May」を気にしたものであろう思うところでありますが、現時点では全くの空振りという事になっている状態です。

いつも書いている事ですが、外資が買って、個人が売る相場で個人が勝つことはほぼありません。

目先の勝負は勝てたとしても、少し長く見れば、ほぼ確実に外資が勝ちます。

これはもう揺るぎない法則の様なものであり、勝ちたいならばこの法則を忘れないように行動すべきだろうと思うところです。



ところで、ここのところの上昇で、「新興市場に個人の資金が・・・」などと解説されていたのですが、体感的にはそんな事はなく、元気に買っている個人なんてそんなに居ないよなと、違和感のある記事があったのですが、主体別売買動向によりますと、個人は新興市場に対しても売り越しですからね。

個人が元気に新興市場に資金を振り向けているならば、これはもう危険な状態になる可能性がありますので、気にしていた記事だったのですが、実際は気にする必要はなかったという事になりそうです。

日々の相場の解説は、本当に誰に聞いて、何を見てそう判断しているのだろうか?と疑問に思えるようなものが時々ありますので、変な解説には流されない様に注意しながら行動して行かなくてはならないと考えているところです。

さて、このSQ通過で相場はどう動いていくのか?

この辺りはメンバー限定に解説しております。

後は材料株でありますが、一般公開している注目銘柄の3799キーウェアは700円台に乗ってきましたね。

この他にも動き出しそうな銘柄、動いてきている銘柄、これから動くであろう銘柄と、色々面白い銘柄もありますので、そちらも投資の参考にご利用いただければと思います。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

このブログで何度かご紹介している3799キーウェアに材料が出まして、昨日は大幅に買われる場面があり、瞬間ではありましたが、高値を更新する場面がありましたね。

目指すは〇円ですが、まずは直近高値を更新しなければ、そこには到達しない訳ですし、一つのきっかけとなってよかったなと思っておりますが、随分と値持ちが悪かったために、少々高いところにしこりが出来たかも知れません。

ただ、明日はアナリスト向け説明会があり、これを機に会社の評価は大きく変わるのではないかと期待しているところです。

まだまだ大きな材料が隠れていそうな雰囲気ですし、引き続き〇円目標で取り組んでいって頂ければと思います。

全体的な話になりますと、225は先物で20000円を超える場面があったりしたのですが、どうもこの値段が重いのですが、どうやら重いと見た投資家がOPを売ったりして上値を抑えている様です。

まあ、なかなか抜けない可能性もあるとは思うのですが、こういうやり方は嫌いと言いますか、死人が出るやり方ですね。

同じような考えの売買が集中して来ますと、必ず大口にそこを狙われるのです。

抜けないと思っていた20000円があっさり取られれば、売っていた投資家は踏まれるしかありませんからね・・・。

上げの地獄は下げの地獄の数倍の悲惨さを生み出しますし、そんな地獄に巻き込まれて欲しくないなと思っているところですが、地獄も一度は経験しなくては分らないものであり、死なない程度なら味わってきてもらっても良いのかな?とは思います。



ところで、昨日は6176ブランジスタが急騰し、一時S高まで買われまして、あちこちの投資顧問が推奨を開始したようですね。

買われた理由は秋元康が買い増しを続けており、次の四季報では大株主として顔を出す・・・。

というものでしたが、本当にそんな理由で株が暴騰するでしょうか・・・。

既に推奨していた私としては、この急騰は見逃せない売り場であり、殆どの玉を利食いして頂くことにしまして、昨日は色々なところが推奨してくる中でどんどん利食いをさせて頂きました。

ただし、全部は利食いしません。

何故か・・・。

それまあ、色々理由があるのですが、秋元康がどうだとかでは全く関係ありません。

ですから、こうした一時的な材料でワイワイやっているところは、格好の利食い場でしかなく、また押して来たらコツコツ拾うのです。

拾うべき値段は、動きを見ながら判断して行きますが、買うべき時が来たら、またメンバーにはレポートして行きたいと思っています。

ただ、一般にも公開してしまったという事もあり、何かと取り上げて行く可能性はありますので、ご注目頂ければと思っているところです。

さて、未だ色々書きたい事もあるのですが、今日のところはここまでとします。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

大分相場が強くなってきておりますね。

昨夜は225先物が20000円台を回復する局面がありましたし、20000円はもはや通過点でしかない様に思われます。

多くの場合ですが、ナイトセッションで付いた値段は、上でも下でもその値段を現物が取りに行く事が多いので、今日はザラバ中に日経平均は20000円を回復してくる可能性もあるだろうと考えているところです。

4月は予想外に荒れましたが、向かっているのは結局は上という事でしょう。

下げる過程では外資が売ったりしておりましたが、下げたところではしっかり買っていましたから、売り崩すための売り仕掛けというよりも、仕込むための売り仕掛けであり、だからこそ大崩れにならなかったと考えているところです。

下げてはおりましたが、下げた材料はフランス大統領選挙だとか、北朝鮮がどうだとかであり、そこまで酷い状況ではないと感じておりました。

今回は恐れるべき下げではなく、堪えるべき下げであり、買えれば尚良いとしておりましたので、買うべきとした値段で買えたメンバーは大幅に利益が出た事と思うところです。

さて、今後の日経平均ですが、昨日の時点で予想が色々変わりました。(詳しくはメンバー限定)

ところで、こうして日経平均が大幅に上昇して来ますと、大抵は材料株が軟調で、どうにもやりようがない相場になることが多いのですが、今回の上昇相場は材料株も悪くはない動きでありますね。

スカッとするほどの相場ではありませんが、悪くはないです。

今のところ慎重に見ているプロが多いせいか、あまり派手な話は入ってきておりませんが、これから非常に面白い相場になって行く事と思います。

次にどれがとまでは行きませんが、楽しみにして行って頂ければと思っております。



そうそう、6502東芝をどこで買ったら良いかとの質問が過去に結構ありまして「どこで買うべきか?」「どう考えて行動して行くべきか」を事細かにレポートして来ました。

200円前後でコツコツ拾って来たものが、遂に260円まで上昇して来ました。

買い場としては良いところを買えたと思いますし、全員利食いできる状態ですので、「以後は保有して行けばそれなりの利益になって行くので、好きに利食いしてください」という事で、推奨銘柄としての扱いは終わりましたが、事故というか事件というか、こういう事をやった銘柄の扱いは得意です。

次にまた、何かこうした銘柄が出てきた場合は助言を求めてもらえればと思います。

全部が全部当てられる訳ではありませんが、今後も期待して頂ければと思うところです。

では、またお会い致しましょう。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

日経平均は一気に19900円台を回復して来ましたね。

今年は「Sell in May」にはならず「Buy in May」になるだろうと予測していたのですが、予想通りの上昇で安値に向かうとされている5月に日経平均は年初来高値を更新して来たという事になりました。

私としても4月の下落は少々意外と言いますか、北朝鮮が暴れたりして予想外の相場になってしまったのですが、それでも先行きは変わらないだろうとの判断で、強気の対応をして来て良かったと思っているところです。

結局、5月に売るところが4月に売ってしまったという側面も、この上昇にはあるのだと思うところです。

未だに円急落で105円に・・・などと言っているところもある様ですが、中国バブルが崩壊であるとか、北朝鮮が米軍を攻撃だとか、何か予想以上に派手な悪材料でも出てこない限り、当面その様な動きにはならないだろうと考えているところです。

どちらかと言えば、米景気が良好であり、更なる利上げが意識されておりますし、円安の可能性の方がまだ高いかと思うところです。

まあ、米長期金利が上昇しなくなってきており、思った程には円安にならないかも知れないなとは思いますが、それにしても円高は無いだろうなと。

何か変化があれば話も変わりますが、現時点では何もそうした変化に繋がるような話は無いと考えているところです。

韓国の大統領選挙の行方がどうだとか、色々言われている事もありますが、結局あの候補者たちの誰が大統領をやろうと韓国が変わるはずはありませんし、何も出来やしないだろうと思うところです。

ですから、何も気にする必要はないだろうなと、本当に危険な状態にあるならば、VIX指数がここまで低下するはずがありませんし、所謂メディアが言う程の危険はないのが今の相場なのだろうと考えているところです。

ただ、安心してカンカンの強気で行けるような状態ではありませんし、やるにもやり方というものがありますので、強気であるから買えば良いという、そう単純なものではありません。

買いはお勧めいたしますが、気を付けて売買して行って頂ければと思うところです。



とりあえず、今週はSQなのですが、このSQへ向けてどこまで上昇するかに注目です。

私の予想はメンバー向けに解説してありますので、この予想を参考に投資方針を決定して行って頂ければ嬉しい限りです。

サポートも万全ですので、よろしければご利用ください。

では、またお会い致しましょう。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

「Sell in May」を警戒して手控えムードが強かったのですが、相場はそうした不安を完全無視で上昇してきており、連休明けの東京株式市場は更に買われて20000円が見えてきそうな気配ですね。

私の予想としましては、先日もこのブログで書いた通り「Buy in May」であります。

カンカンの強気とまでは行きませんが、下よりは上の可能性の方が高いと判断しており、こうした予想を打ち出しておりました。

4月は予想以上に下げたのですが、そこは強気で対処する様にとレポートし、多くのメンバーが売らされない様に耐えたり、頑張って安いところを買いに行ったりしており、その成果はしっかりと出てきているという事になります。

まあ、日経平均が中心ですので、戻れていない材料株がありますので、現時点で完全利益とまでは行っていないと思いますが、大きな希望を持てる状態になっている事と思います。

ただ、流石に問題だと思っている事があります。

それは、中国のバブルです。

詳しくは5月6日の日経新聞1面をご覧いただきたいのですが、もはや日本のバブルを上回る膨張ぶりなのです。

これは、いつ崩壊してもおかしくないレベルである事は間違いないですし、崩壊すれば、その衝撃は世界を揺るがす一大事になる可能性が高いでしょう。

ただ、一つ勘違いしてはいけないのは、中国は共産主義である点です。

まあ、実質的に資本主義的な事もやっている訳で、それがこのバブルを作り出しているのであり、何とも予想が難しいのです。

今にも崩壊してもおかしくないが、まだまだ膨張してもおかしくない・・・。

結局どこかでかは崩壊するのだと思いますし、その時は大変な事態に至るのだろうと思うのですが、とにかくこの時期の予想が難しいです。

では、どうすべきか?となるのですが、これはやり方があります。

こういう問題を意識すると、直ぐに空売りだ!とする安易な投資家が居る訳ですが、そうした安易な考えで生き残った投資家なんて誰一人知りませんし、そうすべきこととは思いません。

詳しくはメンバー向けに解説しますが、一般の方に助言させて頂くとすれば、いざという場面では、あなたの買った株価はいくらであろうとも高値であるという事です。

買った株価が基準価格であると勘違いする方が多いのですが、これが命取りです。

バブル崩壊時の日本で、この考えに支配された投資家が五万と死にました。

生き残るためには、常に買った株価は高値であると認識して頂ければと思ってるところです。

さて、こうした問題があるので、ちょっと怖い相場であると思っているところではあるのですが、今は未だ乗って行くべき相場だと思います。

目先は予想外の事が起こったとしても、先々に与える影響を考え、撤退すべきか、耐えるべきかを判断し、この判断さえ間違えなければ、勝利はあなたのものなのです。




私は、決して意地でホールドを推奨したのではなく、こうした上昇をある程度予想していたのです。

本当にダメだと感じたならば、撤退と、空売りを推奨した事でしょう。

手替わりを行うためには、必要な条件が色々ありますが、私のメンバー向けレポートを参考にして頂ければ、より勝利に近づける事でしょう。

特にここ最近の相場で振り回された感が強い方は、参考にして見ると良いと思いますよ。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

連休谷間でやり難い日でありますが、予想通りに相場は強くなってきておりますし、悪くない状態だと考えております。

5月は「Sell in May」と言われ、誰もが売る事を意識した月なのですが、今年はそれは当てはまらず「Buy in May」になるのではないかと予想しているところです。

結果がどうなるかは分かりませんし、月末の予想までは難しい状態ですが、少なくとも来週のSQまでは強いのではないかと考えているところです。

懸念されていた北朝鮮は、やや静かな感じになりましたし、フランスの大統領選挙はマクロン氏が勝ちそうな気がしますので、連休明けに向けて新たな悪材料が出てこない限りは、問題なく過ごせるのではないかと考えているところです。

ところで、やや大人しくなってきた北朝鮮ですが、彼らと言いますか、金正恩一人を指した彼とすべきかは分かりませんが、願いは生き残る事が第一でありますが、第二か第三辺りの願いは米に存在を認めてもらう事もあるのだろうと思うのです、

認めてもらうとは、所謂対話をする関係でありますが、条件付きとはいえ、トランプ米大統領が対話の用意があると発言しましたので、今のところ実現するとは思いませんが、彼らの願望は一つ実現に近づいたとも言えそうです。

まあ、なんだかんだと言っても武器輸出で食っている様な国であり、西側にとっては邪魔な存在でありますので、核開発を止めても、いずれは潰されるでしょう。

恐らく彼らもその辺は分っているはずで、いくら願望が叶うとしても、対話の席に着くために核開発を止めるとは思えません。

今はやらずに少し様子見と言ったところでしょうか。

株もそうですが、よく分からなくなったら様子見をするのも手でありますからね。

悪くない判断だと思いますが、北朝鮮が兵器開発以外でどうやって食って行くのかを考えますと、結局は隙をついて核開発に行く様な気がしないでもありません。



後はフランス大統領選挙でありますが、EU離脱も考えているルペン氏は負けそうですし、ここも混乱にはつながりそうもありません。

まあ、この状態でルペン氏が勝ったら面倒ですけどね・・・。

また、マクロン氏が勝ったとしても、フランスにはEUというグローバル化がもたらした弊害が渦巻いており、またいずれ混乱は発生するだろうと思うところです。

もはや欧州の平和時代は終わっており、今後もことあるごとに色々問題が出て来る事になるでしょう。

ですから、いくら予想通りに上昇したとしても、調子には乗らない様に注意して行く必要があると思うところです。

さて、3799キーウェアソリューションズが好調ですね。

業績が良い事が確認されておりますし、今後に期待して良い銘柄だと思いますので、安いところがあれば引き続き買って行って良いと考えておりますし、高値更新に期待して行きたいと考えているところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

北朝鮮がミサイルを発射した事には驚きましたが、攻撃の意図ならば一発という事はないですし、それで東京の電車を止めるのはどうかと思うところです。

明らかに過剰反応でありますが、こうして日本人に恐怖を植え付けて、「株なんて買いたくない」という心理状態にしつつ、外資はコツコツ株を買って行っているというこの現実。

押し目買いは得意な日本人ですが、この程度の上昇でみんな売ってしまっている様ですし、特に障害になりそうな売りが待ち構えているとも思えませんので、やはりここから上もあるのだろうなと感じているところです。

この他にも根拠はありますが、詳しくはメンバー向けに解説になります。

ところで、このブログで何度か取り上げている3799キーウェアソリューションズですが、まずまずよい感じの決算が出ておりましたね。

これでまた買われてくると思っているところですが、どうもおかしいのです。




と言いますのは、元々取材や、業績などから増額修正含みであろうとの予測を打ち出してメンバーに推奨した銘柄なのですが、2か月前に下方修正を発表して売られたのです。

たいして売られませんでしたし、その日だけ売られて、その後1か月ほどもみ合いが続き、その間にメンバー各位に仕込みを行う様に指示していたのですが、突如として大幅に上昇して来たのです。

下方修正から何も変わっておりませんでしたが、足元はともかく来期以降などを評価し始めたか!?と考えておりましたが、何と2か月前に下方修正を出しておきながら、ここで黒字転換の上方修正です。

こんな馬鹿げた話はありませんし、こうした事をやるところは経験上株価が荒れながらも上昇します。

と言いますのは、こんな予想を出した経営陣は退陣すべきミスであると言えますが、ミスというよりは作為的である可能性があるのです。

ミスならクビですが、どこかに株を買わせたかった。

そして、そこに儲けさせて、利益を手にしたい・・・。

まあ、この場合はクビというよりも逮捕ですが、私としては株が面白くなってくれた方がいいので、これを深く追求するつもりはありません。

例え犯罪であったとしても、この位の事は仕方がないと諦めておりますし、調査すればこの位業績が良くなるのは読めておりましたので、下方修正で投資方針が揺らぐこともありませんでしたから、何の問題もないとも言えます。

しかしまあ、性質は悪いなとは思います。

まあ、私にとっては株価こそが正義でありますし、それに乗れていればそれでいいのですが、こういう事をされるのは株式市場全体にとっては好ましくないかな・・・とは思います。

とりあえず、どこまでこの決算に反応するかは分かりませんが、高値更新に向かって行く銘柄だと思いますので、引き続き注目して行って頂ければと思います。

また、期待できる銘柄は他にもありますし、こだわる必要は何処にもないのですし、私がこれをここで買うべきとまでは思っておりません。

今買いたいのは他にありますので、そちらに目を向けて行って頂ければと思っているところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。