() () () () () () () ()
%

225は荒れた動きとなっておりますが、チャートに忠実な荒れであり、荒れて当然の局面でしょう。

特別チャートを重視している訳ではありませんが、確かにそうなる可能性が高いと思う場面はありますからね。

100%ではないとしても、80%位でその動きをするだろうと思えば、それに従っていれば良いと思っているところです。

さて、米国株は下げたとはいえ、意外としっかりで、理由としては米中通商交渉が良い方向に行くのではないかという甘い見通しが支えになっている様なのです。

何度も書いておりますが、米が中国に迫っているのは「国際ルールを守る普通の国になれ!」という事であり、貿易赤字を削減が主ではないのです。

あれはメディアが貿易戦争だと騒ぎ立てるためにピックアップしている題材であり、保護主義がどうだとかと話ではありません。

これは民主主義と、中国共産党帝国との戦いであり、我々は民主主義側で戦わなくてはならないのです。

とにかく、中国に歩み寄るような姿勢を見せつつも、結局はファーウェイの重役を逮捕したりしておりますし、世界中にファーウェイ製品の排除を求めたりして行っているのです。

これは、どう考えても中国と融和する気など無く、叩き潰す!という意思の表れでしかありません。

その辺が理解できないと、いざという場面に対応できなくなるという事を知っておいて頂ければと思っております。

という訳で、今日は荒れ気味の東京株式市場ですが、テクニカル的に押す場面でしかないので、特に問題はないが、世界情勢の変化が急であると本物の下げにつながる可能性もある。

そんな風に考えてみて行けば良いでしょう。




さて、上昇しても上値は重いですし、下もそれ程下げ圧力はないと思っているところですので、ここで注目していくべきは材料株という事になります。

最近、強めに推奨していた8186大塚家具は、材料発表もありました。

今日はファイナンスの発表をしておりましたが、価格が安すぎますので、やはり荒れるだろうな・・・と思っています。

まあ、既に手仕舞いした銘柄であり、今後はどうなろうとあまり興味はないのですが、とにかく注目される前に買って、注目されたら売る。

そんな感じの取引が一番手堅いでしょう。

さて、ここで一つプレゼント銘柄です。

相場全体が軟調なために注目されていないのですが、7254ユニバンスが好決算を発表しておりました。

第三四半期で通期予想を上回っており、3か月後の本決算では大幅な上方修正が必至です。

現時点でもPER7倍ちょっと、とPBR0.4倍以下は余りに割安です。

相場全体も影響もありますし、そもそも人気株ではないという事で動きは鈍いのですが、買っておいて損は無い銘柄だと思っています。

この好決算が浸透して来れば、次第に上値も買われると思いますし、期待できる相場になる可能性は高いでしょう。

慌てて上値を買う必要はありませんが、緩い場面を狙ってコツコツ拾って行けば、一足先に春を感じることが出来るのではないかと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は引き続き堅調ですね。

225は先行して上げていたので、今日は小幅な上昇での取引となっておりますが、しばし強い相場は続きそうな感じがします。

ただ、米国株が強い背景にあるのは「消費者物価指数(CPI)がインフレが抑制した状態で、早期利上げの必要はなさそうだ」とか「米中通商交渉が良い方向に向かっている」とかであり、どれも危うい材料であるような感じがしております。

ここのところ原油価格は上昇してきておりますし、米中通商交渉が融和的になるとも思えないのです。

ですから、目先は意外と盛り上がってきている相場ですが、高値を追って買いに行く様な事はしたくないと思っているところです。

何度も書いてきておりますが、米は中国を潰しに行っているのであり、中国が元気になるような結果にはならないはずなのです。

貿易赤字に不満があるというのは真っ赤な嘘で、それを理由に中国に対して改革を迫っている訳です。

戦争とは武器で殴り合いをするだけではなく、経済で打撃を与えるのもまた戦争であるのです。

貿易戦争と言ってしまうと、この時代に何を!?と言いたくなると思うのですが、そうではないという事を理解しておくべきでしょう。

また、CPIについてですが、現在は原油価格が上昇してきており、それが多方面に影響を与えてきておりますので、インフレ圧力は高まってきている可能性があります。

ですから、今のところは問題なしとしても、必ず問題となる時が来ると思っている方が良さそうです。

さて、連日ご紹介していた8186大塚家具ですが、会社側は報道内容を否定しましたが、資本業務提携の道を模索して動いているのは確かですね。

今日の決算は3期連続赤字という事で、会社側はかなりのピンチですから、締結まで持っていけていない話をリークして株価を維持しようとしたのかも知れませんね。

この手の話は、どこが出資するかで評価が全く変わってしまいますので、現時点では買えない話という事になりますが、間違いなくどこかには決まって会社の再建策が出てくると思っていて良いでしょう。

残念ながら発表内容が中途半端ですし、株価は先行して買われておりましたので、今日は売り気配スタートでありますが、こうした事態も想定して昨日の内に一部利食いは出しておりますし、今日は残りも利食いしてしまえば良いと思っているところです。

今後の材料次第では再度買われてくる可能性はあると思っておりますので、引き続き監視は続けて行きたいところです。

まあ、短期でそこそこの利益が取れたので、これはこれでももう良いと思っているところですし、おそらくはこれを利食いした資金がどこかへ向かいます。

それを探り当て、また良いところから仕込みを開始したいと思っているところです。

ちなみに、5G関連で注目して推奨している某銘柄がいい感じで高値更新となってきております。(某銘柄はブログランキングに掲載中)




先日までは4592サンバイオがバイオ相場を牽引しておりましたが、これが終わり新たなテーマが何になるかと思っていたのですが、睨んだ通りに5Gが賑わってきております。

相場においてテーマはとても重要ですので、こういう視点でも相場を見て行けば良いのではないでしょうか。

さて、色々候補はあるのですが、次は何処に狙いを定めようか・・・。

今後の推奨銘柄にも注目して頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は21000円を回復してきましたね。

警戒感を持って見守っていた相場でしたが、意外にも直近高値更新へと向かってきました。

21000円を超えても21200円付近には75日移動平均線があるために、そう簡単に上昇出来るとは思っていないのですが、それにしても強い相場だという印象です。

懸念していた米の今年度予算は与野党が合意しましたし、明るいニュースもあった為だとは思っているのですが、弱気の意見が多かったですし、相場はその逆を取りに来たのでしょうが、意外な強さに少々驚いているところです。

まあ、意外と言っても、空売りするほどの下げに期待していた訳ではなく、上げなら上げで利益は出ます。




連日ブログでもお伝えしている8186大塚家具は、今日も順調な伸びを見せており、500円台まであと一歩のところです。

ただ、問題は明日が決算発表であり、ここで良い数字が出る可能性は低いでしょうね。

良い数字が出ないが故に、会社側は何らかの対策を練っているはずで、その何らかの対策が発表されるのではないかと見ているところですが、以下3つのシナリオが考えられます。

・悪い決算と同時に材料出し

・時間差で材料出し

・まさかの無策

まあ、予想外に良い数字が出るというシナリオもなくもないのですが、この場合は株価も上昇につながる可能性は高いので、問題はないでしょう。

ただ、予想外に数字が良かった場合は、無策でしょうね。

今の相場は業績を買いに行っているのではなく、新たな策に期待した相場だと思っているので、下手に良い数字が出れば出尽くしで売られる可能性もあるでしょう。

ですから、無難に行くならば、今日は確実に一部利食いを入れておくべきでしょう。

さて、最近は飲食店の馬鹿なアルバイトが営業妨害につながる動画を投稿して吊し上げられる事件が頻発しておりますね。

バイトテロなんて言われてますが、この問題の背景にあるのは何であるのか?

単に馬鹿なのか?とも思うところではあるのですが、真面目に働きたくなるような環境の職場ではないのではないか?

そんな疑問もなくはないですね。

そもそも、もっと給料が高かったら、おそらくはこんな馬鹿な事をする奴は激減するのではないでしょうか?

そして、そもそもこういう程度の低い従業員を雇わずにも済むのではないでしょうか?

昔からこの手の従業員にこういう輩が多かったのでしょうが、昔はスマホやネットが無かったので、発覚しなかっただけとも言えます。

スマホやネットというのは、本当に恐ろしい武器になるなと思っているところですが、これらの事件を見ていて私が思い出すのは、実は北朝鮮なのです。

どういうことかと言いますと、あの国は日本株を空売りしておいて、ミサイルを飛ばして日本の株価が下がったところで買い戻すのです。

酷い話ですが、国家ぐるみで行える荒業であった訳です。

しかし、今の世は考えようによっては個人でも同じような事が出来てしまうのです。

あのようなバカ動画が原因で対象となった企業の株価は下がることが多いのです。

最近では、くら寿司が6日に130円下落し、時価総額約27億円が飛びました。

損害賠償がどれ程の額になるかは分かりませんが、上手くやればそれ以上に儲ける事は可能だろうと思うのです。

昔は国家ぐるみでやるとか、大規模な仕掛けが必要だった悪行ですが、今や個人レベルでもそれが可能になってしまったのです。

私自身もスマホ無しで生活できない状態ではありますが、この小さな機械に人は支配されている様で、本当に恐ろしい世界になったと感じているところでした。

企業はこういう事も起こり得ると認識して欲しいと願っております。

事件が起こると従業員を教育して・・・というコメントが毎度出てきますが、教育以前に待遇はどうなのですか?と、そんな話です。

くれぐれも、この話を参考にして犯罪を犯さない様にお願いしたいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。