() () () () () () () ()
%

世界情勢が荒れまくりですね。

米中冷戦という言葉が出てきましたが、私は完全に戦争だと思っておりますし、実際に南シナ海辺りで軍事衝突が起こってもおかしくはないと思っているのですが、最近出てきたのは「Gray War(灰色戦争)」という言葉です。

要するに、戦争と、冷戦との間のような感じだと思うのですが、一番的確な表現でしょうね。

この位、米中対立は激化している訳ですが、両国とも核保有国なので、本格的な戦争にはならないと思っています。

ですから、実際に行われるのは経済戦争になるのですが、中国に勝てる要素は全くありません。

米は完全に戦争モードで、中国に5つの宿題を投げついておいて、ファーウェイのCFO逮捕とか、全く手を緩めるつもりがありません。

中国はベタ降りで、米の要求を全て飲むか?それとも捨て身で戦いを挑むか?しかないのですが、いずれにしても大幅な弱体化は避けられないはずなのです。

この弱体化が世界経済にどれほどの影響を与えるのか?

有識者が色々な意見を述べておりますが、的を得ていると思えるようなものはありません。

的を得ていると思えるのは、あくまでも中国が弱体化するか、共産党が潰れるかという中国の状態の予想であり、その結果の世界経済に関しては未知でしかないのです。

これは株式市場にとっては痛い状況で、先行きが読めないという事は、投資も出来ないという事です。

また、これに加えて欧州が荒れまくっており、イギリスはブレグジットを決断できずにもたもたしておりますが、これは要するに移民は受け入れたくないが、モノとカネは自由に取引を続けたいという要望から生まれているのです。

欧州連合に入ってヒトが自由に入ってくるようになった結果、治安悪化と、医療崩壊を招いている訳で、それに怒ってブレグジットを選択したものの、そうなればモノとカネも自由に動かせなくなる訳です。

美味しいとこ取りをしようと思っても、余裕のないEU各国はそれを了承する訳もなく、ブレグジット自体が空中分解しようとしているのです。

やはり何かは犠牲にしなくてはならないのですが、EUという枠組みがもたらしたものは、結果として混乱でしかなかった訳です。

多くの加盟国は、人が自由に入ってくる状況に嫌気がさして居るのです。

一番富を享受してきたドイツさえも、最近では移民が多過ぎておかしくなっており、メルケル首相もレームダックと化しました。

フランスはご存知の通りの大混乱で「Frexit(フレグジット)」なんと言葉も出てきましたし、イタリアも財政問題で大変な状態です。

近い将来EUは空中分解となる可能性があり、これが世界経済に与える影響が懸念されているところです。



こうした面からも、投資に向いた状況ではないと言えますが、それでも生きているのが株式市場です。

今は何が起こってもおかしくない状況であり、強気で行動できる状態ではないのですが、それでも動く銘柄はありますし、今のところは銘柄を選別して行けばやりようはあると思っているところです。

例えば、先日ブログでもご紹介した6182ロゼッタは好調ですが、他にも魅力的な銘柄はあるのです。

銘柄を選別し、より良い銘柄に切り替えて、厳しいながらも利益を目指して行けば良いと思っているところです。

まあ、世界を見ていると、売りに転ずるしかない状況になるかも知れませんけどね・・・。

それでもまあ、今のところはまだ買いで行って良いと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

12月に入ってからの下げが酷く、直近の高値から見れば既に225は1300円以上下げている事になります。

ファーウェイのCFOが逮捕されたと発表されたのが5日で、この下げを見てファーウェイショックと呼ばれておりますが、逮捕されていたのは1日であり、相場は既にその直後の取引日である3日からおかしかったと言えます。

ですから、この5日発表の逮捕報道ですが、完全にインサイダーで流れていた可能性が高く、知らない我々は完全に嵌められた状態にあります。

証拠がある訳ではありませんが、チャートはそれを物語っておりますし、いつの時代になってもこうした取引は無くならないものだと実感しているところでした。

確かに犯罪はよろしくないのですが、現状インサイダーに近づいた人が得する状態ですし、実際問題としてインサイダー取引を撲滅することは不可能であろうと思うのです。

よろしい事ではないが、無くならないし、無くせないのであれば、極力それに近い情報を手に入れる努力はしなくてはならないでしょう。

まるで犯罪助長ですが、私の感覚でいえば、自動車のスピード違反の様なものです。

ただ、インサイダーでも許されない類のものはあると思っています。

それは、倒産確実なのに、良さそうな話をばらまいて売り抜けるとか、これはもう許されない犯罪であると思っています。

特に会社役員が、売り抜けるのは最低の行いであると考えておりますが、実際にインサイダー取引で捕まっているケースのほとんどは、こうした類のものです。

後は情報が集約される証券会社の調査部であるとか、そういう特殊な部署の人間がやると捕まっておりますね。

それ以外はそれ程厳しくない感じであり、同じインサイダー取引でも、許されるものと許されないものがあるのかな?という感じは受けております。

まあ、SECも全ての銘柄を解析している訳ではありませんし、苦情があった銘柄を重点的に調査するのでしょうから、こういう結果になるのだとは思うのですが、いずれこうした調査もAIで監視されるようになれば、怪しい取引等一切認められない。

そんな時代もやってくるのかも知れません。

まあ、インサイダー情報などというものは、喉から手が出るほどに欲しいとしても、そう簡単に手に入るものではありませんし、実際に手に入ったとしても、それがどれ程買われる材料になるのかは分からないのです。

株価というものは、材料云々は大事であるとは思いますが、それを買おうと思う人がどれだけいるかにかかっているのです。

ですから、どんなに凄い材料だと思っても、それを機に売ってくる投資家が多ければ、それはそこで終わりなのです。

どこの誰がどれ程買おうと思っているのか?

実はこれが、最も大事なところであり、インサイダー情報は喉から手が出るほどに欲しいとしても、一番欲しい情報ではないのです。

そして、この情報はインサイダー情報を手に入れるよりは容易に手に出来る情報なのです。

有力投資家と仲良くなれば、それだけで仕事の半分は終わりですからね。

とは言え、相手もメリットが無ければ情報を教えてきたりはしません。




メリットとは何か?となりますと、それは大概自分が売り抜けるための提灯が欲しいのです。

ですから、情報を手に入れるのはそれ程難しくはないのですが、利用方法は難しいのです。

下手をすればこちらが嵌りますからね・・・。

本当に一筋縄では行かない恐ろしい世界ですが、それが故に面白いとも言えますし、それが故に私はここに居続けているのだろうと思っているところです。

情報を集め、知恵を絞り、最適解をメンバーにお届けする。

もちろん失敗する事もあるのですが、勝率が上がるように精進を続けて行こうと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

相場は大荒れですね。

世界中に問題があり過ぎて、とても分かりづらい状態ですが、ポイントさえ抑えておけばやりようはある相場だと思っています。

まずは売買の対象ですが、基本的には材料株の売買にのみに限定し、今の225は手を出すべき存在ではありません。

理由としましては、9434ソフトバンクの上場に絡む換金売りが11日まで続くという点ですが、このタイミングに合わせてカナダで1日にファーウェイのCFOが拘束されているのですが、発表が5日というのは、どう考えてもインサイダーであり、それがここのところの酷い相場を演出していたと思うのです。

儲けるためなら何でもありな世界ではあるのですが、ここまでやられる状況になっておりますと、とにかくこの嵐が過ぎ去るまでは様子見しているしかないのです。

様子見の間に強烈に売られる場面があったりすれば、それは買い場という事になると思いますが、そうでもならない限りはしばし様子見が正解という事です。

ここで少し話を脱線しますが、このファーウェイのCFO拘束に対し、中国当局は「人権無視だ!」と、抗議声明を出しておりましたね。

「お前らが言うな」の一言でしかないのですが、本当に困った国ですね。

それと、米は世界中に中国製のファーウェイも含むハイテク機器の使用中止を要請しているのですが、日本政府もこれに応えましたね。

政府はファーウェイ製と、ZTE製の製品を政府調達品から除外すると決めました。

事の発端は米粒大のスパイチップが同社製品に組み込まれていた事から始まっているのですが、そもそも中国は人民を監視するためにスパイ装置を組み込んだ製品を中国国内に流しており、輸出品もそれと同じものであるというだけの事で、実際にスパイ目的であったかどうかは分かりませんが、意図時ではなかったとしても、どこかでは利用はするだろうなと思っているところです。

最近では日本でもファーウェイ製の携帯電話がテレビコマーシャルで流れているのを目にしますし、使っている人も多いのかもしれないとは思っているのですが、日本だから大丈夫という事はないと認識しておくべきでしょう。

さて、話を戻していきますが、225は見送りとしても、材料株は買って行くべきです。

もちろん銘柄は選別して行かなくてはなりませんが、選別さえ上手くやれれば素晴らしい利益を手に出来る相場です。




今一番自信のある銘柄は、流石に昨日は押しましたが、今日はその倍上げております。

何処まで行くのか分かりませんが、最終的には推奨から10倍にはなるのではないかと期待していますし、この調子ですと、来週中にも倍増達成までは行ってしまうのではないかと思っています。

非常に楽しみな銘柄であり、万全の態勢で取り組んでいるところですが、ここまでとは行かずとも、それなりに面白くなりそうだと思っているのが、先日からご紹介している6182ロゼッタです。

ロゼッタの翻訳機は本当に素晴らしい出来の様で、引き合いはものすごく多いと聞きます。

これからの世は、英会話を勉強するよりも、優秀な翻訳機を手に入れる時代であろうと思うのです。

まあ、本当に外国人と仲良くなりたいとか、本格的な交渉をしたいとか、明確な目的があるならば英会話はマスターした方が良いのですけれどもね。

それでもまあ、とにかくロゼッタの翻訳機の需要は今後益々伸びて行くものと思っているところです。

今一番持っていて欲しいと思っている銘柄ではありませんが、期待し続けてよいと思っている銘柄ですので、引き続き注目して頂ければと思っております。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。