() () () () () () () ()
%

イギリスから始まった反グローバルの動きは、遂にイギリスのEU離脱宣言まで来ましたね。

世界は自由主義と保護主義を行ったり来たりするのですが、所謂グローバル主義というものは、経済活動が好調な時はどんどんカネがカネを生む状態になり、誰もが得をするような錯覚に陥るのですが、結局はいずれ崩壊してそれまで以上に酷いことが起きるのです。

過去にもイギリスが覇権国であった時代にグローバル化を進めたのですが、結局は崩壊して世界大恐慌を招き世界はまた、保護主義に向かいました。

今回もまた歴史に習い、自由主義で疲弊した国々は保護主義に戻って行くという事でしょう。

日本はグローバルグローバルと叫びながらも、ほとんどグローバル化していなかったので、被害もなければ実態もよく分からないでいるのですが、特に欧州は人、物、金が自由であったために、完全に治安が崩壊してしまったのです。

また、当然の如く全てが自由であるために、賃金もフラット化して行くのですが、所得水準が同等程度の国が同盟して行くならまだしも、所得が何倍も離れた国が同盟になって行けば、元々所得が高かった国の国民は当然の如く所得が下がりますからね。

ドイツの様にモノづくりを安い労働力で賄いたい国はメリットもあると思うところですが、職を奪われる国民が多くなるのは当たり前ですし、やはり治安の悪化が避けられないのです。

ですから、今回はイギリスに続いてフランスも離脱か?と言われておりますが、実はこの儲け続けて来たドイツも離脱に向かう可能性もあるのです。

メディアの報道によりますと、フランスは離脱を思いとどまりそうな事を言っておりますが、そのまま信じる事は出来ないと思いますし、例えフランスが残留となっても、伏兵ドイツが離脱となればあっという間にEUは崩壊ですからね・・・。

まあ、EUはいずれは崩壊すると、前々からレポートしてきている訳ですし、結局は時間の問題だと思いますけどね。

難しい問題でありますが、こうした事も頭の片隅に置いて、今の相場を見て行かなくてはならないという事になると思います。






さて、今の相場でありますが、昨日は配当落ち日でありましたが、その下げ分は完全に消化されており、非常に強いと判断できる動きでありました。

基本的に来期の日本企業の業績は増益予想であり、現時点でも株価は安いと予想しているところですし、安ければ買って行きたいと考えているところですが、なかなか強い動きで新たに買うのは難しいなと感じているところでありました。

ただ、個別で見れば買える銘柄は沢山ありますし、焦る必要はないと考えているところです。

例えば、ここで一般公開した○○○○ですが、昨日は9%を超える上昇でありました。

○○○○は人気ブログランキング内の当ブログ紹介文中に載せてあります。 → 


ご紹介してから100円以上値上がりしておりますし、大分よい利益になっているのではないかと思いますが、4桁には乗ると思いますので、100円幅位で喜ばないで欲しいなと思っています。

まあ、ここから買い増しをする必要はないと思いますし、すべきとも思いませんが、一応そんな予想を打ち出しているところです。

どうせ買うならばもっと値位置に安心感があるところが良いですよね。

例えば先日ヒントを出した38・・値位置も良いですし、なんだかおもしろい事になりそうですよ・・・。

最後に人気ブログランキングをご確認ください。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日で権利付き最終の取引が終わり、本日から実質の4月相場入りとなりますね。

権利付きが終わったところで、今日は配当分の130円ほどが日経平均を押し下げますが、相場の雰囲気は好転してきておりますし、この下げ分を埋める事が出来るかどうかに注目しているところです。

私の予想は「埋める」でありますが、さてさてどうなりますか。




株式市場の状況でありますが、ここのところトランプ大統領の実行力に疑念が大きくなっていると盛んに報じられ居りますが、色々な意味で本当にそうなのか?と思いながら見ているところです。

本当にトランプがダメであるならば、どうして株価はしっかりしているのでしょうか。

確かにトランプ相場というものは存在したと思うのですが、一番重要だったのは上昇のきっかけを作ったことでしかなく、基本的には米経済が既に良い方向に向かって行っていたという事なのだと思うのです。

最後は批判の多かったオバマ元大統領でありましたが、経済政策についてはそれなりに成果は出していたと言う事になると思います。

まあ、貧富の差は確実に拡大しましたし、治安も悪くなりましたし、中国の暴走を許したのもオバマでありますので、総合的にはダメな大統領だったと思いますが、経済政策だけを見れば成功だったという事になるのだと思います。

ですから、トランプ効果が剥げてきているのに、相場はしっかりなのだろうと考えているところです。

また、日本株でありますが、これもまた増益基調でありますが、これは政治のおかげとは思いません。

この増益は、あくまでも企業努力であり、この環境下でよくここまで頑張ったなと思うところですが、相場の方は今一つパッとしておりません。

この原因は、やはり期末の売りが予想以上にきつかったことにあると思います。

本来為替も110円を割るほどの円高に向かう程ではなかったはずなのですが、大幅に円高に向かって株式市場が荒れた事は解説するまでもない事と思います。

この円高の理由でありますが、日銀がどんどん国債を買い取ってしまっており、国債を買いたくても買えない状態になっており、それが相場の歪みを作り出した結果、円が予想以上に高くなってしまった原因だと思うところであります。

ですが、この問題の歪みを作り出していた主因は3月期末を迎えるにあたっての特殊要因であり、いつまでも続くものではないと考えております。

場合によっては最後の最後である31日までもある可能性は残りますが、多くは昨日までに終えているはずですし、ここからは予想以上に円高になる可能性は低くなっているのではないかと考えているところです。

ですから、現時点での弱い場面は強気で対処して行けばいいだろうと考えているところです。

さて、225はプラスで始まりましたね。

やはり強いと思いながら見ているところですが、予想通りプラスのまま引けるかどうかに注目して行きたいところです。

最後に人気ブログランキングをご確認ください。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日は3578倉庫精練にTOBのニュースが出ました。

同社は技術力があるのに業績がパッとせず、時価総額が10億円を下回り上場維持基準に抵触し、4月末までに解消できなければ上場廃止という憂いにありました。

そこで、これは何としてでも上場を維持してくると判断し、120円台で買いを推奨した訳ですが、今日になって上場を維持するためと思われるTOBが発表され、株価は上昇となっております。

完全に読み勝ちであり、特に情報も何もない銘柄ではあったのですが、また一つ勝利を重ねる結果になりました。

小幅ではありますが、大事な利益ですし、こうして利益を重ねる事は重要だと考えているところです。

さて、本日から推奨の緊急推奨銘柄は結構面白そうな予感です。

こちらは情報アリの銘柄ですし、勝負はもっと早いと思いますので、質は違うのですが、利食い資金で向かって行って頂ければなと思っているところです。

買うなら今の内だと思います。

コードは38・・覚えておいてくださいね。




さて、株の世界では今日で3月も終わりで、明日から4月相場という事になりますが、今年の3月は本当に酷かったですね。

期待のトランプ大統領は予告した減税策が発表出来ておりませんし、オバマケアの代替え法案も撤回で、実行力が完全に疑われている状態です。

この状態で安心して投資できるはずもないというのが人心というものでありますが、良く考えて頂きたい事があるのです。

それは、今の米経済の好調さはトランプ大統領の功績ではないという事です。

確かにオバマケアは問題があると思いますし、若年層の失業率の問題や、貧富の差の拡大など、問題は山積でありますし、決して良い方向に進んできたとは言い難いのですが、NY株式市場に上場している様な会社に関しては儲かっているし、米経済全体も悪くない状態であるのです。

だからこそFRBは利上げに動いておりますし、年内少なくとも2回は追加利上げがあるとも見られているのです。

そこへ減税だ、公共投資だ、国債増発だとやれば、米はインフレが加速してしまう可能性が高いのです。

ですから、今は改革が必要な米国であるし、公共投資も減税もやるべきだとは思うのですが、彼が言う速度でやる方が危ないとも言えるのです。

今の米国は引き続き病んでいると言えますが、末期がんではではありませんので、ここでどうなるかもわからない強力な抗がん剤を投入する必要はないのです。

病状にもよりますが、軽い栄養剤でも与えておけば十分であると思われるのです。

ですから、確かにトランプ相場のおかげもあったと思うところですが、それだけがこの相場を作っていた訳ではないのです。

このまま公約が全て実行されてしまうよりも、しっかり精査して段階的に実行して行く方が良いので、そういう意味では誰もが驚く政策がさっさと出て来なくてよかったとも言えますし、何となく混乱気味ではありますが、あまり気にし過ぎてはいけないだろうと考えているところです。

トランプ相場の上昇が剥げたとても、下落幅は1割程度ではないかと思いますし、完全に乗れていなかった日本株は逆に面白くなる可能性すらあるように思います。

来期予想EPSは1288円程度と見られ、そう考えると今の株価は全然高くないですからね。

16倍まで買えればそれだけで20000円は超えますし、楽しみにして行けばいいだろうと思うところであります。

最後に人気ブログランキングをご確認ください。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。