() () () () () () () ()
%

米国株は本格的な調整に入って来た感じがしますね。

大分上昇しましたし、当面はこれ以上、上昇して行く必要はないと思いますので、このまま調整を続けてくれれば一番良いのですが、場合によっては下落による強制的な調整の可能性もあるのかも知れません。

リーマンショックの様な住宅ローンの焦げ付きによる大規模なサブプライムショックに相当する訳ではありませんが、自動車ローンの焦げ付きが急増しており、場合によってはショックを起こす可能性はありそうです。

リーマンショックというものは、何が問題であったかと言いますと、質の悪い債券であるサブプライムローンが証券化され、AAA格付けの投資商品に混ぜ込まれていたために、世界中の投資家がその仕込まれた毒の存在に気付けずに購入し、サブプライムショックが起こった時に、とんでもない混乱に陥ったのです。

その結果として、あのリーマンブラザーズまでもが経営破綻に追い込まれたのがリーマンショックであります。

ですから、今回の自動車ローンの焦げ付きがショックを引き起こしたとしても、証券化された商品を買っているところはリスクを知った上でのことであるはずであり、リーマンショックの様な事が起こり得るはずがないのです。



ただ、それなりのショックは起こるでしょうし、今の株価は維持できないだろうな・・・と思うところではあります。

結局、リース契約で新車に乗っていた人が多く、それらのリース契約が切れて車を返す時が来ており、返された車が中古車市場に行きますので、大量の中古車によって市場価格が下落しており、リース会社は値崩れする分をリース料に上乗せしなくてはなりませんので、リース契約の代金は上昇しているそうです。

そうした事等から、新車販売が落ち込むのは必至でありますが、唯一の救いは原油価格の下落となりそうですが、これはこれで産油国を中心に激震をもたらしかねませんからね・・・。

いやはやではありますが、ありとあらゆるものが絡まり合って、どこかで発生した圧力で、何処にどう影響して行くのが読み難いですね。

今直ぐどうという事はないと思いますが、何が起こっても巻き込まれない様に注意しながら売買をして行って頂ければと思います。

まあ、身構えすぎてもいけませんし、適度でありますけどね。

何せこの相場、材料株で儲けるには最適な状態ですからね。

調子に乗っては危険ですが、緊張感を持ちながら、利益を目指して行って頂ければと思います。

そうそう、昨日から割り切りで推奨しているD社ですが、面白くなりそうな感じがします。

難しいかも知れませんが、探してみてください。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

藤井聡太四段がデビュー戦から負け無し29連勝を達成・・・。

本当に凄いですね。

株の世界では似たような文句をどこかで見ました。

「〇〇連勝で1億稼いだ!」とか、何だか見た事あるな・・・と。

実際のところ、勝ち続ける必要はなくて、極端な話、1勝3敗でも良いのです。

勝つ時に大きく勝って、負ける時に小さく負ければいいのですからね。

ですから、連勝には全く拘る必要はありません。

まあ、連勝に越したことはありませんが、それに固執して大事なものを見落としてはいけないのです。



さて、相場はいつどうなってもおかしくない状況ではありますが、7月もこんな調子で推移する可能性が高まっている様に思いますし、引き続き材料株相場を堪能して行って頂ければと思っているところです。

藤井報道が続く毎日ですが、国会が終わってくだらない報道が終息してきていたところでしたので、報道各社としては丁度いい材料であると言えますし、国会のくだらない論戦よりはずっといいなと思いながら見ているところです。

ただし、こうして国民の関心が何か一点に集まっている時は、大事なものを見逃すことが多いので、この点だけは注意したいところです。

何かに集中して前しか見えない状況は、どんな世界においても危険な行為でありますが、メディアは意図的なのかどうか分かりませんが、いつの間にやらこういう状況を作り出し、世の中の危機の初動を見落とさせてくれます。

まあ、とりあえず株式市場が熱狂している状態ではありませんし、怖さはありますが、まだ問題ないだろうなと思うところですので、引き続き材料株相場を楽しんで頂ければと思います。

最後に個別のお話をしますと、以前このブログで公開したあの銘柄が、今どうなっているかご存じでしょうか?

以前このブログで公開したあの銘柄は

人気ブログランキング内の当ブログ紹介文中に載せてあります。
 → 


メンバー向け推奨は5月30日5800円でしたが、現在9000円台にまで上昇して来ました。

「倍増が見えるか!?」というところですが、メンバーには半分利食いを入れて頂き、引き続き高値を目指しているところです。

ここから買うのはどうかと思いますが、もし以前のブログを読んでお買い求めになられた方は、もう少し持ち続けても良いかも知れませんね。

では、またお会い致しましょう。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

先週末の米国株に大きな動きはありませんでした。

引き続き原油が値下がりしており、米にとっても個人消費にはプラスに働くと思いますが、波乱含みの状態は続くと見て良いと思います。

先週も書きましたが、原油価格の下落はベネズエラなどの中小産油国には大打撃であり、いつ破綻してもおかしくないですからね。

そうなると、ベネズエラに巨額の出資をしている中国には大打撃でありますし、中東も戦争に突入して原油価格を押し上げる作戦に出る可能性もありますし、原油安は何処でどんな爆弾に火が付くか分らない面倒な問題であると言えます。

ただ、多くの日本企業、個人消費にとっては、間違いなくプラスの要素であります。



原油安を背景に買われる企業もありますし、引き続き日本株は材料株を中心に賑わうものと思います。

日銀はどんどん日本株を買っておりますし、手放すつもりもなさそうですから、相場全体も売り仕掛けで崩そうという動きは感じられません。

流動性の低下を嫌う向きもありますが、外資主導で乱高下する相場よりはやり易いかなと思いますし、意外と悪くないのではないかとも思うのですけどね。

ただ、このまま行くと、多くが国有企業状態になってしまいますから「本当にそれでいいのか?」とは思います。

一番いいのは、個人投資家が目を覚ますことでありますが、どうもね・・・というのが現状です。

話題になるのは民事再生法を申請した7312タカタとか、まあいいのですけどね。

今日も買い気配スタートの様ですし、やはり先週の売り気配は面白いところだったなと思いつつも「本当にそれでいいのか?」と、また思うのです。

ちょっと考えて欲しいのは、タカタは民事再生法であり、最終的には1円になる可能性があるのです。

確かに、自動車会社が1兆円ほど借金を肩代わりしており、このまま潰れられては困るという事で、どこかが助けるのではないか?と、そんな思惑はあると思います。

ただ、それは単なる思惑に過ぎない話であり、決まったことではないのです。

週明けの今日は買い気配スタートで、上昇しそうな気配を見せておりますし「買って良いのか?」というような質問もあるのですが、博打以外なら見ているだけが正解だと思うところです。

どうなるか分らない話にカネを賭けるより、どうなるか分かっている方にカネを賭けた方が、間違いなく効率が良いのです。

まあ、こういう派手に動いている銘柄は、上手く乗れればあっという間に大金を手にできますけどね・・・。

ただ、こんなことが話題の中心になる様では、外資と日銀に支配された相場からは抜け出せないだろうなと思うところであります。

しかしまあ、とにかく個人投資家の多くは投資も投機も下手ですね。

色々やってダメになって、どこかで特別な情報とやらを手に入れて、一銘柄にどんどんカネを投入して行くとか、本当に愚かだと思ってしまいます。

私のところにも特別な情報はありますが、一銘柄に集中して投資するなんて馬鹿な事は絶対にお勧めしません。

どんなに確実な話であっても、何が起こるか分らないのです。

まあ、絶対に大丈夫なんて情報はこの世に存在しませんが、「大丈夫だろう・・・」位なら結構ありますからね。

ですから、この「大丈夫だろう・・・」に対して分散投資をして行くのが一番だと思っているところです。

本当は、人を騙すには「絶対に大丈夫」が最高の殺し文句なのだと思うのですが、そんな事をやってもどこかで失敗するし、その時は本当に甚大な被害が出ます。

S氏の相場観は10周年を迎えますが、こうして10年間もやってこれているのは、ただひたすらにメンバーの利益を考えているからだと自負しております。

ちなみに、絶対に大丈夫で怖いのは2度目だと知っておいてください。

1度目で成功した後の方が、間違いなく調子に乗っているので、ここで受ける被害の方が甚大で、この2度目の取引で命を自ら絶つ投資家が多いという事を・・・。

暗い締めくくりでありますが、調子に乗って全てを失って、死んでいった投資家は数えきれないほどに居るのです。

株は大きなお金がかかっているケースがほとんどですし、人生を華やかにしたりしますが、人生を終わりに向かわせることもあります。

安易に大金を入れる前に「本当にそれでいいのか?」とよく自問してください。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。