() () () () () () () ()
%

トランプ政権がグラグラですね。

なんだかんだと言いながらも、インフラ投資や減税に期待して来た部分もある株式市場はたまったものではありませんね。

大分高いところまで買っておりましたし、調整が必要な場面でありましたので、こういう材料はてきめんでありますね。

ただ、本当の問題は米が利上げ不能に至っているという現状です。

これまで、米は好調な消費を背景に株価が上昇してきていたのですが、この流れに暗雲が立ち込めてきているのです。

予定通りインフラ投資、減税などを実行して行ければ金利も上がるし、株も上がるし・・・となるはずだったのですが、結局未だに大きな事が何も出来ていないのがトランプ政権です。

また、本人はともかく、閣僚は優秀である・・・。

そんな安心感もあったと思うのですが、それがここへ来て大分揺らぎ始めておりますから、これでは相場も荒れて当然と言える事でしょう。

米の景気の良さは本物だと思いますが、こうして政策が滞れば、悪化して行ってもおかしくありません。

結果として米の利上げは見送り状態であり、現時点では利上げ機会が見通せない状態になっております。

景気は良いが、金利は上がらない・・・。

であれば、株価は上がって行くものですが、現状は景気が悪くなりそうな雰囲気なので、これでは株価も上がらないという事になります。

相場は生き物であると言いますが、まさにその通りで、常に相場がどちらを取るかは分らないのですが、今の状態ならば売りで応えるというものでしょう。

ただ、これはあくまでも高いところまで買われていた米国株の話であります。

安値圏でうろうろしていた日本株も、この下げに巻き込まれている状態ですが、こういう単純な動きをしている時は、それに飲まれない様にした方が良いと思うところです。

下げて来ると、すぐ「空売りはしないのか?」という質問が毎度届くのですが、安易だな・・・と思う事が殆どです。

今も目先はまだ下があるかも知れないが、自信を持って売れる程に高いところではないし、ここから売ってもな・・・と言うのが正直なところです。

今の下げは買いのチャンスであり、売る場面ではないのです。




空売るのには、高くてどうしようもないところか、下がるしかない位に買い残が溜まっているだとか、何かもっと他の理由が欲しいところです。

現時点で売りの材料になるかも知れないと思うのは、主体別売買動向が示すところの外資の売りでしょうか。

恐らくは北朝鮮の動向が不安を煽り、手放すところが出た結果だと思いますし、ここから本格的に売り崩そうという動きではないと思うところです。

まあ、もしかするとこの勢いでもう少し売られる場面もあるのかも知れませんが、今は弱いところで弱気になる相場ではないと考えているところです。

安ければ買えば良いという事になりますが、ただ買えば良いというものでもありませんし、もっと具体的な考え方についてはメンバー限定に解説しております。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

高値圏での調整となっている米国株は、調整後に上昇するのか、しないのか。

利上げ観測が後退しているので、上昇しても良いとは思うのですが、原油価格は上がりそうもありませんし、最近問題にされてこなかったトランプ大統領の失言が、ここへ来て大きくクローズアップされており、この影響が9月に行われる米の債務上限引き上げに暗雲となりました。

人種差別問題から発生した小競り合いで、けが人程度の話であれば、双方共に暴力を・・・の発言でも問題にならなかったかも知れませんが、死人が出ている状況であれは不味いですよね。

普通に考えれば分かりそうなことなのですが、どうも彼にはそういう事が分からない様です。

個人的には好きな部分もあったトランプ大統領でありましたが、流石にがっかりさせられます。




そもそもメディアを敵に回しているのですから、こういう失言は更に増幅されますし、この問題は何処まで拡大させられるか分かったものではありません。

債務上限引き上げの問題は、またか・・・程度のものであったのですが、今年は本格的に問題になる可能性がありそうで、警戒を強めているところです。

NY株が高いところに居ないのであれば、それ程気にも留めない事であるのですが、とにかく高いところでありますので、何がどうなってもおかしくはないと思っているところです。

対する日本株でありますが、そもそも買われていないし、割安であると言えますので、絶対に巻き込まれると決まったわけではありません。

米国株から流出した資金が流れ込んでもおかしくない位だと思うところであり、期待すらしている部分もあるのですが、とにかくこういう事はなってみるまで分かりません。

とまあ、この様な状況でありますが、しばらくは日経平均は動き難いと思います。

その間に材料株が盛り上がるかどうかでありますが、私は盛り上がると見ております。

材料株相場は一番得意であり、多くのメンバーが大分利益を得ていたと思うのですが、8月後半からは再度面白くなることを予想しており、ここからもう一儲けして頂くつもりであります。

面白くなりそうな銘柄はいくつかありますが、鳴かず飛ばずで我慢を強いられてきたあの銘柄(ブログランキングに掲載中)に動きが出てきました。

上げ始めてから買おうと思っても、なかなか手を出し難い薄い銘柄なのですが、安いところで頑張ったメンバーは良い思いを出来るのではないかと考えているところです。

この銘柄は配当が8円ありますし優待も1000株保有でホテルの無料宿泊券が2枚ついてきますし、意外と長期投資向けの良い銘柄ですので、ここから買ってもまだ間に合うとは思うのですが、この上昇で上手く利食いして行ければと考えているところです。

500円から700円ぐらいの株価は見込めるのではないかと考えているところです。

後は、もちろんEV関連です。

EV関連で一番のお勧めはお馴染み4080田中化学なのですが、既に倍増となったメンバーも居りますし、ここから買って行くべきとまでは言いませんし、今からこれを買うならほかの方が良いと思うところでありますが、引き続き動きだけでも注目して行って頂ければと思っているところです。

ここからでも買いたいEVは・・・。

まあ、これはメンバー専用限定情報になります。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

72回目の終戦記念日を迎えましたが、何故に記念なのでしょうね?

戦争が終わったことは良い事だと思いますが、敗戦でありますし、その後の洗脳教育は未だ続いており、未だに敗戦から心が立ち直れていない日本の原因はこの記念日と言う表現が問題なのではないかと思うのです。

経済的には立ち直りましたが、学力低下は年々でありますし、未だに教育方針がおかしい為に、日本は弱体化の一方です。

確かに当時の軍部には間違った考えを持った人も居たとは思いますが、世界中の力ない国々が植民地にされて行く時代で、そうならずに72年前まで生き続ける事が出来たのは、間違いなく当時の軍人や政治家たちの偉業です。

全てが正しかった訳ではないのですが、決して全てが間違っていた訳でもないのです。

日本のメディアまでもがA級戦犯が合祀されている靖国を・・・等と報じておりますが、A級もB級も、勝戦国である米が一方的に裁いた結果であり、もし日本が戦争に勝っていたら彼らは英雄です。

国、家族を守るために、戦った先人たちは、死んでも靖国で会えると信じて戦ったのですから、これを国会議員が参拝するのは当然のことなんですけどね。

それを、中国や韓国から批判される事を恐れて参拝しない根性なしの閣僚たち・・・。

奴らは直ぐに過去の過ちがどうだとか言ってきますが「ところで、お前たちは何か反省してる?」と聞きたいし「過去より今の方が問題だろう?」と言いたくもなります。

中国は領空侵犯、領海侵犯を繰り返し、いつか尖閣あわよくば沖縄までも自分達のものにしようとしているのは明らかです。

韓国は解決した問題を持ち出しては強請りにかかり、カネを出させて問題解決としても、また頭を替えて同じ要求をするという、もはやチンピラ国家としか言いようがありません。

竹島も実効支配して平然としているし、何故にこんな奴らとお友達にならなくてはならないのか?

政府としては何処にも波風立たせずに、平穏にやり過ごしたい気持ちも分からなくもないのですが、チンピラ相手にそんな事を言っても足元を見られるだけとしか言いようがありません。

昨日も言ったように力の問題は、力以外で解決しようがないのです。

当時の日本は悪い事をしたのだと言わんばかりの番組ばかりで、未だ洗脳作戦が続いているのだなと思うところであるのですが、そもそもどうして戦争に至ったのか?については、全く報じようとはしません。

まあ、報じたとしても、きっと都合よく解釈した洗脳番組しか作らないと思いますけどね・・・。

ともかく、未だ間違いだらけの日本は、弱体化の道をまっしぐらだなと、敗戦の日から72年を迎えても思うところであります。




さて、株の話に入って行きますが、20000円前後で安穏としていた日経平均でありましたが、北朝鮮が弾道ミサイルをグアム近くに着弾させると発表し、これが日本株を揺さぶる結果になりました。

昨日は流石に言い過ぎたか!?と反省したのか、米の出方次第ではやらないというような発言をし、目先の危機はやや後退したようですね。

ただ、本当にやらないかどうかは分からないですし、この発言で株価が20000円以上に戻るのは難しいだろうと思うところです。

特に9月9日は北朝鮮の建国記念日だそうで、これまでの間に何かしらの挑発行為はあろうかと思うところですが、以前にも指摘している通り、北朝鮮の目的は金正恩体制の継続でしかないのです。

ですから、挑発の結果、自国が爆撃されたら失敗なのです。

既に相当無理がかかっている国家なので、一度破壊されると再建は不能となる可能性が高いのは、金正恩本人が一番わかっている事かと思うところであります。

怖く見える北朝鮮情勢ではありますが、実はそれほど恐れる事はないだろうと考えているところであり、一昨日14日の急落局面は、225買いで良いとメンバーにレポートし、安いところでいつものアレを(1570日経平均レバレッジ上場投信)買いに行く事をお勧めした次第でした。

まあ、未だ何があるか分からない状況ですので、簡単に20000円には戻れないかと思いますが、その間にも危機を煽って売られる場面があれば、それは買い場になるだろうと予測しているところです。

ただ、当分はこの辺でのもみ合いとなるような気がしますので、その間は材料株が面白いだろうと思っているところあり、引き続き材料株の売買を中心にして行けば良いだろうと思っているところです。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。