() () () () () () () ()
%

昨日の東京株式市場は勢いよく高値を更新したものの、後場には急速に上げ幅を縮小してしまいましたが、この上げの原因は空売りを入れていた個人投資家の間にある程度の踏み上げが起こったとが要因の一つとして挙げられそうです。

空売りを入れている個人投資家の気持ちは痛いほどに分かるのですが、この相場では空売りをすべきではないと、書き続けておりますし、取るべき行動は「買い」であるして何度もレポートしてきている次第です。

昨日の踏み上げにしても、外務員などに聞いた話では、一部を踏んだ状態で、売り姿勢はそのままだし、もっと高いところで売ってやろうと考えている客が多い様でしたので、踏んだとはいえ本格的な踏みではないし、劣勢ながらも戦闘態勢の投資家が多そうです。

高いところで売りたいと考えるならば、買いで取ればいいのに・・・と思うのですが、まあ確かに買うとなれば怖いのも事実であります。

今日は米の雇用統計、日曜日はイタリアの国民投票。

この週末は株は持ちたくないと思うのが普通ですし、持たなくてもよいだろうとも思うのですが、取るべき行動は「持ち高調整」か「押し目買い」であり、「空売り」の選択肢は、依然として私の投資戦略にはありません。

私もいずれ売る側に回ると思いますが、売るべき相場は今ではないし、売りを検討するまでもない上昇相場だと思っているところです。

とにかく、こうした「売ってやろう!」的な動きが強い間は天井なんて付きません。

外資は買い姿勢、日銀は押し目買いで、時にはザラバの押し目ですら出動して来ます。

なんでいつも同じ額なのかは分かりませんし、このやり方には弱点があるのですが、何にしても外資と国が買い姿勢である中で、どうしてそれに逆らわなくてはならないのか?

売っている投資家の皆さんは、こうした事をよくよく考えるべきだと思うのです。

天井を打つときは、「やっぱり上か!」と、多くの投資家が考え始め、買いが増えて行った後です。

ただ、今度の場合は売りに売った個人が、泣く泣く踏まれた局面になるのかも知れません。

それはいったいいくらなのか?

19000円ぐらいじゃ泣く泣く踏まれたりはしませんよね・・・。

20000円?

21000円?

値段は決めつけてはいけませんし、あくまでも日々検討を重ねて最新の予測で行動して行くべきでありますが、下落を取ろうと思うぐらいならば、この位の値段を見ていても良いと思うところです。

ただ、日経新聞を見ていても、大分上げに肯定的な記事が出てきておりますし、少しずつ警戒は強めて行かなくてはならないとは思うところです。

まだ売るべき相場とは思いませんが、微妙な変化を見逃していくと、大きなミスにつながりますので、注意してください。

私は日々相場に異変がないかしっかりと観察しておりますので最新の戦略を知りたい方はメンバー登録してみてください。

ちなみにですが、高くはなりましたが、それでも買いだと推奨した8306三菱UFJフィナンシャル・グループは、遂に700円台に乗ってきましたね。

為替や原油も大切ではあるのですが、相場はそれだけではないのです。

危機を認識しつつ、勝負所は勝負する。

こんな姿勢で投資活動を続けて頂ければと思います。

最後に人気ブログランキングへ → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今年も遂に師走相場に突入ですね。

師走だからなんだってこともないのですが、やはり正月は暖かく迎えたいと願っておりますし、そのためには相場で勝利しなくてはならないのが私の使命でありますので、いつもの月と何も変わらないのに変わった一か月となる訳です。

今回の相場上昇で、上昇に根拠はないと判断したと思われる個人投資家の空売りがどんどん入ってきており、私もここまで買う根拠はないなとも思うのですが、相場というものは勢いも読まなくてはなりませんし、時として悪材料を好材料にすり替えてしまう都合のよさも考えなくてはならないのです。

ですから、相場全体の雰囲気を読むことも非常に重要な注目点となるのですが、こればかりはここ数年で株を始めた投資家には分かりようもない話だろうとは思います。

理解するには時間がかかると思いますし、正直言って一生分からない投資家も居るのだろうとは思いますが、これは精進し続けるしかないのです。

何故こんなに乱暴な言い方をするのかと言えば、先日の米大統領選挙の時の相場を思い出してください。

「トランプ当選では暴落だ!」と、洗脳的な情報が溢れ、当選確実になるにしたがって相場は急落し、日本株は悲観論でいっぱいになりました。

そもそもトランプ当選を予想していなかった人がほとんどで、相場はパニック状態でしたからね。

少しでも雰囲気が読めていれば、あそこでパニックになるはずもないのですが、結果はご記憶の通りです。

あの時の私は、昼には買いの準備をするようにとレポートし、午後2時半には買いを入れて行って良いとレポートしました。

さすがに、ここまでの上昇は読めていませんでしたが、まあこの辺で下げ止まるな・・・とは思いましたので、その旨をレポートしたのです。

結果としてメンバー各位は利益を享受できただろうと思うのですが、こうした全体の雰囲気を読む力は、数年で出来上がるものではないのです。

ブラックマンデーをも経験し、更に911や311、エンロンショックやリーマンショックもありましたし、細かいショックは数えきれないほどでありました。

しかし、これらのショックで被害を受けつつも、被害の原因を研究し、被害が及ばない様にするためにはどうすべきなのかなどを、日々磨き上げた結果が今の私なのです。

そして、この経験や知識が詰まっているのが、メンバーレポートなのです。

数日中に新たな銘柄も発表できると思いますが、足元も良い銘柄の仕込みを行っておりますし、なかなかよい感じで今日もレポートを書いております。

昨日推奨した某銘柄も、まずまずの値上がりですし、お楽しみ相場はまだ続いていると考えているところです。

ご興味のある方はメンバー登録してみてください。

本日1日の申し込みが最もお得です。

さて、今日の相場の上昇要因は、OPECによる減産合意が産油国の米にプラスであり、それがドル安を作ったために円安で日本株が買われるという流れになっております。

確かにOPECの決断は驚きではありましたが、減産の合意は一時的にでも原油価格を上昇させ、サウジの石油会社サウジアラムコを上場させる時に上場値段を少しでも高くしたいとの思惑からでしょう。

時価総額で200兆円にもなると言われるサウジアラムコでありますから、上場さえ上手く行けば目先の減産による減益なんてなんの問題もないのです。

OPECの目的はこの程度のものであり、あまり関心出来る様な内容ではありません。

そもそも原油価格が急騰したと言っても、50ドル手前での値動きでありますし、ロシアが乗ってくるかどうかは分かりませんし、当然米は喜んでシェールを掘るだけでしょう。

目先は材料視して原油が急騰していても、これが本物の上昇になる可能性は低いのではないかと考えて居るところです。

また、サウジアラムコが上場すれば、当然200兆円分の株や債券が換金され、そのカネがサウジアラムコに向かって行くのです。

ですから、世界規模では200兆円規模の売り材料となりかねませんし、実は非常に大きな問題をはらんだ下手をすれば金融危機を起こしかねない恐ろしい上場になる可能性もあると考えておくべきなのです。

こんなに脅すと、また個人投資家の空売りが入ってきそうですが、空売りは上昇のための燃料でありますので、どんどん入れて頂いて結構なのですが、私は利益を出していきたいので、引き続き買って取れる銘柄をレポートし続けて行きたいと思います。

売りは、どうしても買いで取れなくなってからでも遅くはありません。

「頭と尻尾はくれてやれ」

この格言は最も大事なものでありますので、今一度思い出して行動して行って頂ければと思います。

上昇中に下落期待で売る必要などないのです。

最後に人気ブログランキングへ → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

波乱の11月も今日で終わり、明日からは師走相場が始まります。

今日と明日とでは何も変わりはしないとも言えますが、やはりこの師走を目にしますと、気持ちも相場も変わってくる様な気になります。

今年の11月は大注目であった米大統領選挙があり、五分五分の戦いであったトランプ対ヒラリーの戦いは、ヒラリーを応援したい大企業やその傘下であるマスコミによって、ヒラリー勝利が当然との情報統制が行われ、多くの人が事実を誤認したために相場は大混乱となりました。

トランプ勝利が現実味を帯びてくると、どんどん売りが増えて暴落を予感させるような下げが出て、当選が決った頃にはピークで売り叩かれておりましたが、トランプの勝利宣言の後には株価が急騰となったのです。

トランプの悪いところばかりを聞かされていた多くの人は、ここで起こっている事にどう反応したらいいのか分らないのです。

私は下げのピーク近くで買いをお勧めできた数少ない一人でありますが、最初からメディアの報道には懐疑的であり、トランプは確かに過激ではあるが、間違った事は言っていないと思っていたので、トランプが勝っでもおかしくないと考えていたので、この相場を冷静に見る事が出来ていたのが良かったのだと思います。

そんな私が今見ているのは、これだけの上昇相場において何時踏まれるかも分らないドロドロの空売り作戦を続行している個人投資家です。

はっきり申し上げておきますが、外資がどんどん買ってきている状態に個人が売り向かって勝てる事はまずありません。

外資もいずれ売りに転じるし、売り仕掛けもしてくると思いますが、その時は未だ先だと考えた方が無難です。

現状は、未だにトランプ大統領の政策に懐疑的な個人投資家が、先行きは暗いと判断して売っている状態で、堪えていれば下落は来るし、そこで儲かると考えている状態です。

ただ、この考えは甘いでしょう。

こんな美味しい状況を外資が見逃すはずがないのです。

下落が出る条件は単に割高だとか、将来不安だとかだけではないのです。

全く逆の現象でありますが、完全に割安なのに、一体どこまで売るんだ!?という悲惨な売り相場もあります。

そろそろ?と思いつつも、どこまでもどこまでも売ってくるのです。

そして、もういいだろう!と思ったところで更なる大幅安。

原因はいつも外資の売り仕掛けでありますが、こうした売り仕掛けの時の状態は絶対に忘れてはいけないのです。

私はいつも、そうした相場でも買い場を見つけて行きますし、特に225の買いは今年に入ってからは未だ全勝を続けております。

まあ、チャンスにしか動かないので、連日連勝という事ではないのですが、この成績の良さは先物を売買している方にはよくわかる事かと思います。

そんな私が今思っているのが、個人は外資に無謀な戦いを仕掛けている悲しさです。

外資も日銀も買っているのに、どうして売りなのか?

国と外人に逆らってこの世界で生きて行こうなんて、思い上がりにも程がありますが、この簡単な事も経験しなければ分らない事です。

ただ、本当に残念なのは、今回の相場で売りで負けたとするならば、多くはメディアの被害者という事になるのだと思いますが、その事実にすら気付くことなく敗退して行く投資家が多いのではないかとも思っているところです。

さて、基本強気で上げ賛成の私は、今月も買いをお勧めし続けております。

今週か来週前半までには新規銘柄を発表できると思いますし、まだまだお楽しみは継続すると考えて居ります。

まあ、強気ですし、上げ賛成ですが、相場はある日突然に変わる可能性もありますので、完全なるお約束はできないのですが、大事なことは強気で上げ賛成でも、上げに固執している訳ではない点です。

これはもう下がるなと判断すれば、私も売りをお勧めするし、売りでも取らせていただく所存であります。

ただ、今は売る時ではないと判断しておりますし、売って恨めしく上昇を見るぐらいなら、買ってドキドキしている方が良いだろうと思っているところです。

相場は、誰が買って、誰が売っているのか?これをしっかり把握しないと勝てないのです。

もちろんほかの要素もありますし、私が見ているのはこれだけではありませんが、一番間違いやすいのが割安割高とチャートを見ての投資判断です。

まあ、明日には大幅下落で売り方が勝利しているかも知れませんけどね・・・。

何せ今日はヘッジファンドの決算であり、上昇相場もここまでの可能性はあるにはあるのです。

さてさてどうなりますか・・・。

何にしても対応していける様に、やるべきことをきちっとやりながら、利益を目指して行って頂ければと思います。

最後に人気ブログランキングへ → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。