() () () () () () () ()
%

何とも読み難い相場ですね。

企業業績は良いですし、買われても良い状態なのですが、北朝鮮問題や、頻発するテロ、そして日米共に酷い政治・・・。

これに加えてヘッジファンドの巨額円売りポジションと来れば、いくら企業業績が良くても買えないという事になってしまいますね。

企業業績的にはどう考えても買いなのですが、これではどうしようもないと言わざるを得ません。

こういう相場は、一度投げさせられるような相場が出た方が整理がつくので、どうせならばそういう場面が出れば良いとさえ思っているところです。

しかしまあ、とにかく政治が酷いのですが、足元では民主党が総裁選をやっておりますね。

枝野氏と前原氏の戦いの様ですが、どちらも民主党をぐちゃぐちゃにしたB級戦犯でしょう。

A級戦犯はもちろん菅氏と鳩山氏でありますが、いずれも落選と引退という形で議員資格を失っております。

私に言わせれば、B級も議員で居る事自体が恥とも思えますし、潔く引退が妥当だろうと思うところです。

このままどちらが勝ったとしても、民主党は分裂するでしょうし、B級もこれでA級へ格上げで、最終的には議員資格を失う結果になるのではないかと思うところです。

ぐちゃぐちゃなのは自民党だけでなく、民主党もこれですからね・・・。

今後の政治を考えると、本当に恐ろしくなります。

連日トランプ大統領の失言だとか、反対派のデモだとか、そんな報道ばかりでありますが、他国の事を笑っている場合ではありません。

今は企業業績が良いから、まだなんとかなっているのですが、これが悪化し始めたら目も当てられない様な相場になりかねませんからね。

ところで、相場の世界に政治がどれ程影響しているかですが、例えば今はEV関連が湧いておりますが、これは欧州が政治主導でEV推進を打ち出した影響が大きいと考えております。

日米は燃料自動車を一生懸命作っているので、なかなかEVにとは言えないのですが、もはやこの流れは止めようがないと思います。

ではEVがエコなのか?と聞かれれば、多分エコではありません。

専門家ではないので、細かいところまでは分かりませんが、EVとはどこかで作った電気エネルギーを蓄えて動力として使うものなので、どうしても電気エネルギーは運んでいる途中でなくなってしまう分があるのです。




それに比べてガソリンなどの燃料は、その場でエネルギーに替えるのでエネルギー効率はとても良いのです。

ですから、EVが主流になれば、発電所が足りないとかで、再度原発が推進される可能性もありますし、そこら中に太陽パネルが設置され、反射熱でヒートアイランドがあちこちにできてしまう可能性もあるのです。

さて、この政治主導でのEV化ですが、主導しているのは欧州でありますが、現行の自動車を主力にしているドイツはEV推進ではありません。

やはり、現行の自動車を作っている国にとってはマイナス材料となりかねないのです。

部品メーカーも多くが要らなくなりますし、自動車産業を抱える国はEV宣言し難いという事になります。

という事は、日本にとってもマイナス材料となりかねないのですが、株式で利益を得ようと思うならば、恩恵を受けるところだけをピンポイントで買えば良いだけですので、特に気にする必要はありません。

EV関連銘柄で私が推奨しているのは4080田中化学を中心とした電池関連企業ですが、既に推奨から2倍増を達成しております。

ここから田中を買えとまでは言いませんが、それでも田中はまだまだ上値があるのではないかと予想しているところですので、買いたければ買っても良いと思いますが、今の一番お勧めはこれではありません。

という訳でありまして、政治が酷い状態で、本当に困った相場ではありますが、やってやれない事はない相場です。

良い銘柄を見つけて行って頂ければと願っているところです。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

企業業績vs.政治の悪さ。

最悪の綱引きが行われてきた株式市場でありますが、ここへ来て政治の悪さが優位に立ち始めておりますね。

一番酷いのは米で、トランプ政権の閣僚が辞任したり、解任されたりは見ての通りでありますが、とにかくこんなに人事が変わり続けては必要な政策が実行できないでしょう。

私はトランプ氏の掲げる多くの政策には賛成ですし、当たり前だと思う事が殆どなのですが、それらを実行するのは難しいだろうとも思っています。

ですから、この難しい政策を実現するのには、政治家としてのカリスマ性が必要であるのですが、政治家としての能力は低いと言わざるを得ませんし、マスコミには良いように遊ばれていますからね・・・。

これではもうどうにもならないか、相当時間をかけないと解決しないだろうと思うところであり、この失望感や停滞感は、株価にも悪影響を及ぼしかねないと思うところです。

次に酷いのが日本の政治で、今は国会が閉会している為に静かですが、会期中であれば相当煩いはずです。

しかもくだらない問題で・・・。

最近はマスコミの力によって、法に触れずとも国民感情に触れると追い落とされますからね。

本当に恐ろしい世の中です。

既に忘却の彼方になっているかも知れませんが、東京の元知事であった舛添要一氏も、「セコイ」だけで法律に触れた訳ではないのですが、マスコミが世論を煽って辞任に追い込みました。

まあ、確かにセコイとは思いましたが、政治家としてはそれ程悪くなかったと思うのですが、本当にマスコミとは恐ろしい存在であります。

これは今の加計学園問題にも言える事で、特区なんだから総理が独断で決めても良い事であり、何も法律に触れている訳ではないのです。

ただ、友達がその学園長では、世論的に許されないのは明らかであり、総理も随分と下手を打ったなとは思いますけどね・・・。

本来マスコミは特区を作る法そのものが間違っていると報道すべきだと思うところです。

しかし、国民が面白いと思うのはそっちではないので、マスコミは視聴率欲しさにどうでも良い事を根掘り葉掘りやる訳です。




さて、興味深いのは韓国の政治です。

ここへ来て徴用工問題を再燃させました。

慰安婦問題も再燃させていますね。

いずれも政治的、カネ的解決は何十年も前に終わり、韓国政府は莫大なカネを受け取った過去があるのですから、今騒ぐだけでもおかしいと言わざるを得ないのですけどね・・・。

しかし、何故このタイミングで騒ぎを大きくするのでしょうか?

北朝鮮が暴れ、今にも戦争に発展しそうで、日米間の連携が必要だと騒がれる中、どうして日韓関係を冷え込ませるような事をするのか?

これにはそれなりの意図が隠れていると思うのですが、その辺はメンバー限定に解説しておりますので、参考にして見てください。

さて、先週もご紹介いたしましたが、例の銘柄(ブログランキングに掲載中)が今日も好調ですね。

板が薄いので荒っぽい値動きですが、やっと同社の中身の良さが世に認知され始めたという事でしょう。

配当が8円ありますし優待も1000株保有でホテルの無料宿泊券が2枚と配当・優待共に優秀そのものですし、PBRは1倍割れで安心感があります。

実力的には株価は800円ぐらいはしていても良いのではないかと思うところであり、そういう意味ではまだ割安感もありますが、メンバーには500円以上に吹いたら利食いを入れるようにと指示しております。

ここから無理に買う必要はないと思っておりますが、注目しておく価値のある良い銘柄だと思っています。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

トランプ政権がグラグラですね。

なんだかんだと言いながらも、インフラ投資や減税に期待して来た部分もある株式市場はたまったものではありませんね。

大分高いところまで買っておりましたし、調整が必要な場面でありましたので、こういう材料はてきめんでありますね。

ただ、本当の問題は米が利上げ不能に至っているという現状です。

これまで、米は好調な消費を背景に株価が上昇してきていたのですが、この流れに暗雲が立ち込めてきているのです。

予定通りインフラ投資、減税などを実行して行ければ金利も上がるし、株も上がるし・・・となるはずだったのですが、結局未だに大きな事が何も出来ていないのがトランプ政権です。

また、本人はともかく、閣僚は優秀である・・・。

そんな安心感もあったと思うのですが、それがここへ来て大分揺らぎ始めておりますから、これでは相場も荒れて当然と言える事でしょう。

米の景気の良さは本物だと思いますが、こうして政策が滞れば、悪化して行ってもおかしくありません。

結果として米の利上げは見送り状態であり、現時点では利上げ機会が見通せない状態になっております。

景気は良いが、金利は上がらない・・・。

であれば、株価は上がって行くものですが、現状は景気が悪くなりそうな雰囲気なので、これでは株価も上がらないという事になります。

相場は生き物であると言いますが、まさにその通りで、常に相場がどちらを取るかは分らないのですが、今の状態ならば売りで応えるというものでしょう。

ただ、これはあくまでも高いところまで買われていた米国株の話であります。

安値圏でうろうろしていた日本株も、この下げに巻き込まれている状態ですが、こういう単純な動きをしている時は、それに飲まれない様にした方が良いと思うところです。

下げて来ると、すぐ「空売りはしないのか?」という質問が毎度届くのですが、安易だな・・・と思う事が殆どです。

今も目先はまだ下があるかも知れないが、自信を持って売れる程に高いところではないし、ここから売ってもな・・・と言うのが正直なところです。

今の下げは買いのチャンスであり、売る場面ではないのです。




空売るのには、高くてどうしようもないところか、下がるしかない位に買い残が溜まっているだとか、何かもっと他の理由が欲しいところです。

現時点で売りの材料になるかも知れないと思うのは、主体別売買動向が示すところの外資の売りでしょうか。

恐らくは北朝鮮の動向が不安を煽り、手放すところが出た結果だと思いますし、ここから本格的に売り崩そうという動きではないと思うところです。

まあ、もしかするとこの勢いでもう少し売られる場面もあるのかも知れませんが、今は弱いところで弱気になる相場ではないと考えているところです。

安ければ買えば良いという事になりますが、ただ買えば良いというものでもありませんし、もっと具体的な考え方についてはメンバー限定に解説しております。

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。