() () () () () () () ()
%

材料株相場は利益が出しやすく、最も私の得意とする相場であるのですが、この好況が一体いつまで続くのでしょうか。

今日で終わるのか、今月で終わるのか、8月は大丈夫なのか、年内は・・・と、常に色々なシナリオを想定して予想しているところです。

大きな流れとしましては、安いところは日銀や年金などの公的資金がどんどん買ってしまうので、とにかく深い押しはないと考えて良いと思います。

8月不安説はあるのですが、押してもそれは買いの機会になる可能性が高いと見ております。

ただ、信用買い残がどんどん積み上がっており、今のところは回転が利いている状態で、好循環の材料株でありますが、いずれ回転が利かなくなって、必ず悪循環期に入る時が来るのです。

これが男性的な短期的な調整で済むのか、女性的な長期的な調整が必要になるのかは分かりませんが、何にしても波乱は迫っているだろうと考えているところです。

この他にも色々考えなくてはならない事がありますし、簡単に答えは出せないのですが、とりあえず言える事は、今のところは大丈夫であり、当面は材料株で利益が出しやすいだろうと考えております。



例えばですが、このブログでもご紹介していたあの銘柄(ブログランキングに掲載中)を利食い推奨としました。

買い下がって上昇に備えていたので、最大3倍もの利益を手にした取引もあったかと思いますが、平均しても2倍近い利益になっているメンバーが多かったと思います。

未だ終わりという訳ではないのですが、昨日のS高は目先良いところだと判断しましたので、後はもう継続も利食いも好きにして欲しいとのことで、手仕舞いとしました。

実は、この利食い推奨というものは、他ではなかなか見られないものです。

何故かと言いますと、こういう仕手の入った銘柄と言うものは、情報源から買い上がりの手伝いをさせられる事が多いので、思惑通り値上がりしても利食いはなかなかさせてもらえないのです。

特に高いところではそうそう利食いさせてもらえません。

しかし、私の場合は何処にも義理はありませんし、判断は私の自由で、本当にメンバーを勝たせるためだけの事を考えてレポートしておりますので、こうした利食い指示も出せるのです。

これからも微力ながらも皆様のお力になれるように日々精進させていただく所存です。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

加計学園問題を解明するために、閉会中審査が行われておりますね。

言った、言わない、のくだらない応酬が続いておりますが、これが解明に至る事はないのだろうと思うところです。

ですから、本来はこんな問題で叩かれる事などあり得ないのですが、安倍首相は外交以外は本当に酷い政策ばかりですから、あちこちで怒りが爆発しており、そうした影響がこうした安倍叩きに転じて来たのだろうと思うところです。

結局、証拠はない可能性が高いので、解明は不可能と思いますが、確かに不都合な事実はあるのでしょうし、こうしたやり取りは不毛ながらも国民に不信感を抱かせるには十分でありますからね・・・。

ここまで来ると内閣改造でも回復不能ではなかろうとかと思う次第でありますが、安倍政権を追い落としたとして、その後はどうするのでしょうね?

民進党なんてものは、それこそ自民党以下の集団でしかありませんし、都民ファーストにしても国政レベルではどうなの?と言わざるを得ません。

若い力に任せたいとの思いは、私の中に強くあるのですが、若者に官僚が使いこなせるとも思えませんからね。

結局は、知恵者である官僚に巻き取られて終わり・・・と、そんな気がしてならないところです。

今のところ、この政治不信が外資離れにつながってはいないのですが、このまま追い落とされるところまで行きますと、流石にどうなるか分らないと思うところではあります。

株の予想は、企業業績だけで考えられれば、もっと楽を出来るのですけどね。

ただ、この企業業績でありますが、これに政治が絡むのは当然ですし、仕方がないと言えば仕方がないのです。

ですから、政治は一歩間違えれば企業業績を大きく変えますし、景気も大きく変えるのですから、本当にしっかりしてほしいと、心から願わずにはいられません。

ちなみに、株価の予想で必要なのは企業業績を左右する政治と景気の動向だけでは不十分です。



これらはもちろんであるのですが、主体別売買動向であるとか、国内外の有力証券会社の動向であるとか、有力投資家の動向であるとか、全体的な事に限らず、細かなところまで目を配って分析する必要があります。

特に今の様な材料株相場では、細かなところでの情報収集が非常に重要なのです。

例えば、昨日で3度目のS高となった2338ファステップスでありますが、偶然これを出発前に仕込めていた訳ではないのです。

これを自信満々で仕込んでいる有力投資家の動向を見て、これは何かあるな・・・と、睨んでの推奨であるのです。

まあ、情報だけではなく、純粋な読みで推奨する場合もあります。

例えば4080田中化学研究所ですが、大きな相場が出ると確信しておりましたので、621円の安値に至るまでずーっと徹底した買い下がりを推奨しました。

メンバーから色々と質問もありましたが、その間弱気なコメントは一切なしです。

多少時間はかかりましたが、今は思惑通りの相場になってきており、信念を持って推奨してきて良かったと、つくづく思うところであります。

まあ、ファステップスも思ったよりは時間がかかっているので、買って直ぐにS高して行った訳ではありませんので、面白くない期間があったのは事実です。

しかし、何時上がるのかまで分かっていたら、それこそインサイダーでしかありません。

正直な話ですが、殆どの場合は「何時?」は分らないのです。

しかし、それが重要ではない事は、これらの銘柄の結果が物語っていると思うところです。

まあ、買って数日で大幅に上昇する銘柄もありますし、買ったとたんに騰がってしまう株もあるのですけどね。

ただ、大幅に利益が取れるのは、こうして仕込み期間があったような銘柄の方が多い様に思うところです。

ですから、仕込み銘柄は、慌てず急がず押し目を狙ってコツコツ行くと良いと思っているところです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

7月の相場も残り後僅かとなりましたね。

週末に主体別投資動向を見ていて思ったのですが、本当に日本には個人投資家が居なくなってしまうのではないかと思えるほどに、個人は売り越しを続けておりますね。

一方、外資の動向ですが、小幅に売り越しする場面もありましたが、やはり大幅に買い越しとなってきました。

ただ、これは円安局面での買い越しであり、先週から円高に向かってきておりますので、先週は売り越したかもしれないな・・・とは思っています。

まあ、方針を転換した訳ではなく、あくまでも大きな流れの中の一場面という事に過ぎないと思いますし、特にどうという事もないと思っているところです。

ちなみにですが、ここのところ思ったよりも円高になってきているなと思っていたのですが、どうやらヘッジファンドが円安局面で大量に円売りを行った様です。

ところが、予想通り円安が進まなかったようで、これの買戻しが断続的に出ている様で、これが円高を作り出している様ですね。

こうした局面を見て、投資家はどう行動すべきなのか?

まあ、それ程難しい事ではありませんが、分らない様でしたらメンバー専用でレポートしておりますので、参考にして見てください。

後は日銀や年金などの公的資金の動向ですが、何も変わらず買い越しですね。

高くなればリバランス売りでもすればいいのに・・・と思う位ですが、先週末も小幅安局面で日銀が買ってきておりますし、引き続き買う気満々ですし、動向に変化が出そうな感じはありませんね。

このペースで行くと、後何年で上場企業が国有企業になってしまうのか分かりませんが、いずれは国有企業化されてしまいそうで、そういう意味では危機だと思うところです。

国は企業間の持ち合いや、銀行との持ち合いを規制し、株は買うな!という事をバブル後に推し進めてきた訳ですが、今では率先して株を買い、銀行などにも「買え買え!」とやっているのですからね・・・。

せめて売らせたのは間違いだったと、謝ってからなら許せなくもないのですけどね。

全く恥も何もあったものではない酷い話だと思うところではあるのですが、当時の政策を決めた連中は、粗方引退したか墓の中であり、誰も覚えていないのかも知れませんけどね。

そういう意味でも、やはり未来への責任が明確な若い世代に政策をお願いしたいと思うところですが、相変わらず政治家は年寄りばかりですし、なかなかこうした問題は解決しないのだろうなと思うところであります。

今後も色々問題が続きそうですが、とにかく今は安定的な相場であり、材料株でかなり稼ぎやすい相場であります。

材料株と言いますと、中身のあるところ、中身のないところ、中身がある様に見えるが、実はないところ等々、色々なタイプがあるのですが、大幅に上昇する銘柄の条件は、実は中身が有るか無いか分らないところが良いのです。

簡単に説明いたしますと、「よく分からないけど凄そうだ!」これが一番の材料株です。



後は、力業の銘柄ですね。

これは、「こんなに騰がるはずないだろ!」が、原動力となります。

ですから、ファンダメンタルズを分析していては掴むことができない銘柄こそが、大化けするという事に成るので、こういう銘柄は頭で考える人ほど掴みずらいという事になります。

株は一株利益だけが上昇要素ではないのです。

もし、あなたが助言を求めるならば、この辺も分かっている人に助言を求めたら良いと思うところです。

私は両方とも理解しているので、バランスよく銘柄を選別して推奨しておりますので、中身重視の方にも納得いただける銘柄をご用意しています。

ちなみにですが、先週ビットコイン関連の材料を発表して急騰した某推奨銘柄(2338ファステップス)ですが、どうですかこのビットコイン関連と言う怪しげな材料。

こういう株が、信じられないような相場に発展する可能性があるのです。

既にメンバー様の中には倍増を達成された方も居られますが、今後どうなって行くのか?

ここからでも買いなのか?

それとも終わりなのか?

どうすればこんなことを考えずに済むのか?

それよりなにより、こうなる銘柄を買いたい!

いずれの疑問、願望にも、S氏の相場観はお応え出来ると思います。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。