() () () () () () () ()
%

いよいよ今夜米国大統領がオバマ氏からトランプ氏に代わりますね。

米国初の黒人大統領は、多くの米国民の期待を裏切りましたが、初の政治未経験大統領は米国民の半数ほどの期待しかないスタートになりますが、この大統領がもたらす世界はいかなるものなのか。

とりあえず、相場目線から考えますと、期待は先行するほど怖いものなのです。

ですから、人気が高かったオバマ大統領が就任した時は、演説の終わる頃には相場が下落し始め、結局は結構な下げになってしまったのです。

「トランプ大統領の就任演説直後も同じような動きをするのではないか・・・。」

そんな懸念もあると思いますが、今は少なくとも期待でどんどん買われている状態ではありません。

当選当初はトランプラリーなる相場がありましたが、この一か月は休憩状態で、しかもこの一週間は下げ局面もあり、よい感じの調整も行われた状態です。

これだけで安易に買い材料になるとまでは言いませんが、変に弱気になるような場面ではないと考えているところではあります。

買われる可能性の高い銘柄を仕込み、日経平均も下げれば押し目を買って行けばよいと判断しているところです。

私の好きな相場格言に「人の行く裏に道あり花の山」というのがあります。

株で利益を得たいと考えるならば、とにかく皆とは違う事をしなくてはならないという格言なのですが、売買動向を見れば引き続き個人は売り姿勢であり、これを皆と判断して行けば良いと思うところです。

誰もが怖くて様子見・・・。

だったら目をつぶって買うべきが相場というものです。

もちろん材料株も買いでありますが、例えば18日に吹き上がった○○○○は、これで終わったのでしょうか?

○○○○の答え → 

答えは人気ブログランキング内の当ブログ紹介文中に載せてあります。


今日は小安いスタートになりそうですが、ここに注目しているところです。

最後に人気ブログランキングへ → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

週明けからの東京株式市場はトランプ大統領就任演説へ向けて、一方的に買っていた外資が警戒感からポジション調整の売りを出してきたと見られ、荒れた展開が続いておりましたが、昨日の前場が売りのピークであった様で、本日は19000円台を回復してきております。

この動きはおおよそ想定通りであり、下げる前に買っていた225は手仕舞いとして、更に18日か19日が目先の安値になると見て再度買い指示を出していたところでした。

本格的上昇は来週と見ておりますので、未だ利食いはできませんが、今回も利食いできるだろうと自信を持っているところであります。

また、個別では去年末に300円ほどで推奨した3807フィスコが急騰し、昨日は369円まで付ける場面がありました。

吹いたら利食いを基本としておりますので、この上昇で利益を手にしたメンバーも多いかと思いますが、この相場は未だ終わってはいないと思いますので、引き続き継続方針で様子を見ているところです。

ところで3810サイバーステップが凄いですね。

700円どころで買っていた大口投資家が居り、売らずにずっと堪えていたのですが、全部利食いになってしまいました。

一時は巨額損失と呼ぶにふさわしいほどに損失が膨らんでいたのですが、これには本当に参りました。

この大口投資家は、いつも利食いして行く強者でありますが、次に何を買うのでしょうね?

二つほど目星があるのですが、もう少し様子がはっきりして来たならば、メンバー向けに推奨して行く事にしますので、お楽しみに。

あと気になるところでは、6502東芝の下げがきついですね。

原因は東芝の損失5000億円超との報道ですが、これでは仕方がないかなとも思います。

ただ、12月29日の安値232円を割り込むような動きではありませんね。

まだ本格的な反発は望めないと感じており、推奨は見送ってましたが、意外とこれで悪材料も出尽くしになるかも知れませんね。

まあ、損益が確定した訳ではありませんし、まだまだ分らないので、引き続き監視のみの銘柄でありますけどね。

さて、全体的には想定内の動きが続いているだけで、特に何もないのですが、とにかく大体の予想は当たっておりますし、材料株の賑わいは潤いをもたらしてくれております。

こんなにも材料株が動く状態で、潤っていないのであれば、私の情報を参考にして見てください。

きっと共に潤って頂けるのではないかと思います。

最後に人気ブログランキングへ → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株の下げは大したことがないのですが、日本株だけは大きく下げており、ちょっと不安になっている個人投資家が多いかも知れませんが、私はチャンスだと判断しております。

大統領就任式に向けて相場が調整する事は想定内ですし、特に今回の修正は一気に流れ込んできていたヘッジファンドによる円買い株売りの短期的な調整場面であると見ております。

空売り比率は久しぶりに40%を超えており、このチャンスを生かし切れていないのではないかな・・・。

と、ちょっと心配したりしておりますが、今は見守って行くしかありませんね。

さて、台風の目となっているトランプ氏でありますが、首都ワシントンでは就任式のリハーサルが行われた様ですね。

就任当日は就任の演説が行われるのですが、基本は「アメリカを再び偉大にする」です。

一日本人から言わせて頂くと、そもそもいつアメリカが偉大であったのか?

第二次世界大戦から今も世界のどこかで戦争を続けておりますので、もう70年も戦争を続けている野蛮な国だと思うのですけどね・・・。

日本には、未だ大量の軍を置いて占領を続けている様なものですし、全く困ったものであります。

トランプ大統領は米軍にもっとカネを出さないならば引き揚げる的な事を言っており、いよいよ帰ってもらうチャンス到来なのかも知れません。

ただ、戦後70年を超えた今もGHQによる骨抜き教育が日教組によって引き継がれており、日本人はすっかり愛国心を失い、防衛意識も下がる一方です。

「中国が空母を作って公海に進出したってよ」なんて言っている場合ではないのですし「米軍が守ってくれるから大丈夫」なんて言っている場合でもありません。

大統領が代れば政策も変わるし、突然手のひらを返して防衛は自分でやれと言ってくる可能性だってあるのです。

防衛を自国でとすれば、防衛費は内需拡大になるのですし、思い切ってやって行くべきなのですが、この70年以上も続く骨抜き教育はそうした選択を安易にさせないのでしょう。

平和ボケした日本人でありますが、間違いに気が付く力はあるはずなのです。

英国が何故にブレグジットを選択し、米国が何故にトランプ氏を大統領に選択したのか?

「ブレグジットなんて馬鹿げている!」「トランプなんて最低だ!」なんて言っている場合ではないのです。

これらの変化に日本は確実に巻き込まれて行くのですし、日本人もまた一人一人がしっかりと考えて行かなくてはならない時が来ているのではないでしょうか?

とりあえず、私は株の世界から色々と見ている訳ですが、こうした下げはチャンスです。

高いところを買っていると辛いのですが、押すことは予想できておりましたし、準備はしてきました。

さて、何を買いましょうか。

私のお勧めは67・・とか、75・・、27・・もいいですね。

今週は買い場になると思いますので、見逃さない様にしたいところです。

最後に人気ブログランキングへ → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。